脱!竜馬がゆく

『小説は小説として楽しみ、史実は史実として理解したい』、そんな思いからのタイトルです。

トップ

すべて表示

はじめに

  イメージ 1

 私が龍馬を好きになったのは今から30年ほど前のことです。武田鉄矢さんが坂本龍馬をテレビドラマで演じていたのを見て、茶の間にいた父と姉に「面白かったね」と言うと、二人とも「司馬遼太郎の『竜馬がゆく』の方がずっと面白いよ」と言うのです。その日のうちに本を借りて読むと、あまりの面白さにビックリしました。その気持ちは今でも変わりないのですが、ある雑誌に松下幸之助さんが「私は龍馬が大好きです。心の中のヒーローのままでいてほしいので、あまり深く研究しないようにしています」と書かれておりました。それが心に残っていて、その後、龍馬関連の本を何冊読んでも突っ込んで考えることはありませんでした。
 ところが、思うところがあって「竜馬がゆく」を読んだ程度のファンから、もう少しレベルアップをしたくなり、平成11年に「脱!竜馬がゆく」というHPを開催いたしました。そして、本当に多くの仲間と知り合うことができました。
 決して司馬遼太郎先生の「竜馬がゆく」が嫌いなのではありません。それどころか今までの人生で書いた履歴書の愛読書欄には全て「竜馬がゆく」と書いたほど好きな本です。『小説は小説として楽しみ、史実は史実として理解したい』、そんな思いからのタイトルです。
 「脱!竜馬がゆく」は「史実を追求することをベースにもっと龍馬を知ろう」という場です。一緒に話をしましょう。上のロゴをクリックしていただければ、ホームページ版のトップへ行きます。

その他の最新記事

すべて表示

本日、関東出張です。 今回は、数日前に偶然ネットニュースで見た、横須賀市大津町でやっているパネル展を見てきました。 大津行政センターの2Fなのですが、昨日、念のためネットで調べたところPM9:00まで開いているようでした。会議がいつもより一時間早く終わったので、明るいうちにおりょうさんのお墓参りをしてからパネル展を見ようと思ったのですが、行政センタ ...すべて表示すべて表示

青山霊園

2010/9/3(金) 午後 6:32

一晩寝たら疲れが取れたので、予定通り青山霊園へ行きました。 今回の目的は、次の12箇所。 黒田清隆 大鳥圭介 中江兆民 周布政之助 大久保利通 川路利良 吉井幸輔 後藤象二郎 秋山好古 相楽総三 白峯駿馬 西山志澄・加尾 青山霊園までは順調に着いたのですが、レイアウトの看板をなかなか見つけられず、かなりの時間うろ ...すべて表示すべて表示

池袋周辺の墓地

2010/9/2(木) 午後 8:23

一昨日、昨日と福島県へ出張でした。明日、東京で本社の会議があるので、札幌に戻らず東京へ移動しました。電車の関係で、3時半ぐらいに付いたので、池袋周辺の墓地へ行ってきました。 私はタバコを吸わないのですが、今回、お墓参りをするので線香と100円のターボライターを持って家を出たのですが、千歳空港でターボライターを没収されました。一人1個持ち込めると聞いて ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事