超時空伝説研究所 presents...

これはすべて想像の産物である。

超時空小説の部屋

すべて表示

「Firenzeの街角から」その2。午後のお散歩です。

昼食休憩で体力が回復したので、ブラブラと歩いて移動しました。 まずは、外国人観光客でごった返す「ヴェッキオ橋」。 上の写真は、別の日のものですが、「浅草仲見世通りか?!」ってくらい、いつもごった返しています。 橋の両側には、何故か宝飾店のようなお店が多いですね。 今気が付きましたが、左の店は、瓦屋根と言い、雨どいと言い、日本の古い駄菓子屋さんみたいですね。 橋の中央部には川面を見下ろせる、空間。 連れの研究所員(息子)は、ここに来るまで、もう橋の上を渡っているということに気が付いていませんでした。 そのくらいの「街路感」。 ヴェッキオ橋にいると、ヴェッキオ橋を客観視できない訳です。 外から見た方がよい観光地ですねすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

2016年秋、冬シーズンは、あまりお小遣いを使っていなかったので、年末年始休暇での日本帰国時に、少し無駄遣いをしました。 Dellのデスクトップパソコン :こいつは、日本の自宅用ラップトップが老朽化していたので、更新のために購入。 ...すべて表示すべて表示

ありがたいことに、伊日辞書データ、辞書検索ソフトともに フリーの環境 が入手できます。 まずは、辞書データ。 Giappitalix という立派な伊日辞典が公開されています。収録見出し数 約5万4千語 ! すばらしい。 ...すべて表示すべて表示

ヴェッキオ橋を後にして、徒歩で向かった先は「ピッティ宮殿」でございました。 入場券は予約購入済み。チケット売り場でちゃっちゃと切符を受け取って、入場しました。 沢山の絵画が飾られていましたが、やはりキリスト教関係の宗教画って ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事