超時空伝説研究所 presents...

これはすべて想像の産物である。

超時空小説の部屋

すべて表示

「Firenzeの街角から」その2。午後のお散歩です。

昼食休憩で体力が回復したので、ブラブラと歩いて移動しました。 まずは、外国人観光客でごった返す「ヴェッキオ橋」。 上の写真は、別の日のものですが、「浅草仲見世通りか?!」ってくらい、いつもごった返しています。 橋の両側には、何故か宝飾店のようなお店が多いですね。 今気が付きましたが、左の店は、瓦屋根と言い、雨どいと言い、日本の古い駄菓子屋さんみたいですね。 橋の中央部には川面を見下ろせる、空間。 連れの研究所員(息子)は、ここに来るまで、もう橋の上を渡っているということに気が付いていませんでした。 そのくらいの「街路感」。 ヴェッキオ橋にいると、ヴェッキオ橋を客観視できない訳です。 外から見た方がよい観光地ですねすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

たまたまスーパーに、パックで売られていたので 骨付きリブ肉 を購入。 よく見なかったが、たぶん仔牛肉。 人参、タマネギ、ジャガイモをざっくり切って、肉とともに圧力鍋へ。 (浄水器でろ過した)水を加え、鶏がらスープの素、 ...すべて表示すべて表示

いつもの先生は、バカンス中。 代わりの先生が2週間勤めるということだったのだが、連絡の行き違いで、 本日の授業はキャンセル になっていたことがわからなかった。 30分かけて学校まで出かけたのだが、そういうことで、本日は授業な ...すべて表示すべて表示

おお! 久しぶりの 超時空伝説日本史編 ではないか? まずは、ネタ元のページは こちら 。 正確に言うと、池坊さんのサイトにこのエピソードは語られているということなので、「秘話」ではありませんな。 世に知られてい ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事