ここから本文です

書庫全体表示

たった27文字の憲法改正、考えてみませんか? \?\᡼\? 1\?\᡼\? 1

野党統一候補の方へ
勇気あるご決断に敬意を表し、及ばず乍ら応援させて頂きます。

 野党共闘による参院選での勝利は、衆参の捻じれで安倍自公政権のフリーハンドに重しを付けることにはなるわけですが、非改選議員の中の自公+次世代+元気にする会+新党改革+無所属の安保法制賛成勢力総数は86、改選議員は比例48、選挙区73のうち反対勢力をどこまで伸ばせるかが問題です。新しく87議席を獲得してねじれ状態を作れるのか、それが難しい場合でも、最小限46以上の新議席を獲得して憲法改正発議を許さない状態を作ることが求められます。民主党や維新の中には憲法改正・TPP・消費増税容認勢力もいますので、彼らの裏切りも想定すると更なる上積みが必要になると思います。

 夏の参院選で、衆参ダブル選挙の可能性も消えたわけではありませんから、そちらへの備えも必要だと思います。仮に安倍政権打倒がなった場合でも、新政権が先の民主政権のように自滅するようなことがあれば、彼らの再起を阻むことはできません。

 慶應義塾大学名誉教授 小林節氏は、「反対勢力を一本化できれば安倍政権を打倒できる」と言われましたが、その先まで考えておられるのでしょうか?

 私案ですが、立憲主義を明確なものにするために憲法98条を以下のように、太字部分を挿入する改正案は如何でしょうか? 現憲法前文には立憲主義、民主主義、平和主義、その他私たちが目指そうとする理念がぎっしりと詰め込まれています。たった27文字の憲法改正で、安倍や日本会議の目論見を葬り去ることができると思います。これなら護憲派と言われる人々も、決して反対することはないと思います。

『第九十八条  この憲法は、国の最高法規であつて、その制憲意思たる前文は全ての条規の解釈基準とし、前文および条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。』

 野党も憲法学者も、安保法制が憲法違反であると言う場合、日本国憲法前文の政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意しという件を持ち出さないのは、前文そのものが「裁判規範になりうるか?」について賛否両論に分かれているためではなかろうか。

 日本国憲法前文が「裁判規範」に格上げされれば、安倍政権が成立させたとする安保法制は、当然に憲法違反となり、無効となる。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事