ここから本文です

アジ釣り カゴアジ師良竿の鰺釣亭

書庫釣行記

「釣れ釣れなるままに、日ぐらし海に向かいて、クーラーに入り行く釣果の良し無しごとを、そこはかとなく書き綴れば、あやしうこそ干物ほしけれ」釣れ釣れ草(笑)

ホームページは  カゴアジ師良竿の鯵釣亭 です。アジ釣りのヒントを満載していますので開いてみてください。
記事検索
検索

全38ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

サーフヒラメゲーム

 昨年から続いているアジの不釣でモチベーションが下がる一方のため、気分転換にサーフからのヒラメゲームに出撃していますが3回ともノーバイトです。

 ヒラメが好調のためか凪ぎた朝マズメのサーフには沢山の釣り人が並んで竿を振っています。
 8時前に撤収するのは出勤前に出撃した現役世代でサンデー毎日アングラーは10時過ぎても振り続けており何人かはヒラメを釣り上げています。
 昼の休憩を挟んで夕マズメにも竿を振ります。

 今まで使用していたロッドは、シマノのディアルーナS1006Mとダイワのラテオ100TH・Q(振出)ですが、今年になってシマノのネッサCI4+S1002MH を購入しました。
 ロッドのせいではなく腕がないのは分かっているのですが少しでも飛距離を伸ばしたいと・・・・・(笑)

イメージ 1

 ミノー(F・S・HS)に加え、32g・35g・40gのメタルジグもピンク系・赤金系・ブルピンの他にDUOのフリッパー32g・40gのピンク・ピンクゴールド・ヒラメゴールド、ジグヘッド&ワームも今までの物に加えてDUOのジグヘッド(21g・27g・35g)&ワーム(4インチ・5インチ)のピンクとヒラメゴールドを加えました。


イメージ 2

イメージ 3


釣り下手の道具調べ
「下手な釣り人に限って道具にうるさく、あれこれと選びたがるって戒め」
のことわざがありますが何とか結果を出したい、ヒラメを釣りたいとの思いからあれこれと選んで道具を買い込んでいます。(笑)

この記事に

開くトラックバック(0)

回復の兆しが見えてきた房総のアジ釣りに半年ぶりに出かけてきました。
釣り場に着いたのは午後2時過ぎ、釣り場では顔見知りの常連がカイズ釣りとアジのカゴ釣りをされている方がひとりだけです。
カイズ釣りの常連さんは良型のカイズ2枚と手のひらサイズのシマアジやヘダイを10枚ほど釣りあげていましたがカゴ釣りの釣り人はアタリすらないようです。

隣に釣り座を確保してコマセのアミエビを解凍し車に戻ってお湯を沸かしてドリップパック珈琲を2杯飲みながらのんびりまったりの時間を過ごします。

15時過ぎに釣り場に戻りカゴ釣りの仕掛けを準備し16時前に第1投、しばらく流してもアタリがありません。
しばらくして釣友門番さんが登場、定期検診が早く終わったのでとのことでした。

その頃には中堤防に地元の釣り人が次々と集まってきました。
釣れなかった時にはひとりもいなかった釣り場ですので少しは期待が持てそうです。

私たちが釣り座を構えている堤防にも数人が入堤してきて釣りの準備、カイズ釣りの常連さんは仕掛けを片付けて撤収していきました。

暗くなり始めた17時頃にやっとアタリが出始めましたが15cmほどの小アジが多かったものの潮止まり前にはLED装着のウキがスパッと消し込んで22〜24cmの良型が混じり始めました。
時合かと投げサビキに替えたところでズボッと消し込んで竿が満月に、やりとりしながら引き寄せるとヒラメが・・・・・
門番さんがタモを用意してくれましたが2号のハリスだから抜き上げちゃおうと海面に浮かせたところで反転しハリスをぶっち切られて痛恨のバラシ・・・・・

カゴ釣りに戻してボツボツの拾い釣り、群れが小さいのかすぐにまた小アジが・・・・・
潮が止まった20時過ぎ車に戻り食事休憩、カゴ釣りをされていた方が全く釣れないと帰っていきます。
小1時間ほど休んで釣り場に戻り数尾釣ったところで突然フグの攻勢がはじまり仕掛けがぶつぶつ切られてしまいます。
釣り人が増えてきたので泳がせ釣りは無理かとロッドと竿掛けを車に持ち帰りながら22時過ぎに仮眠休憩。

翌22日3時に釣り座に戻りました。
他の釣り人は全くアタリがないと撤収していきますが私と門番さんにはボツボツながら釣れてきます。
門番さんに大きなアタリがあり満月にしならせてやりとりしていましたが姿を見せることなく仕掛けをぶっちぎって痛恨のバラシです。

5時過ぎにはアタリが止まってしまい釣り座を洗い流しごみを集めて撤収の準備、門番さんは小アジを泳がせ大物狙いを始めました。
しばらく見ていましたがアタリがないのでひと足早く撤収しました。

釣行データ 
 潮回り  小潮
 風と波  西北西  1.5メートル
 釣法   遠投カゴアジ
 仕掛け  ハゲ皮7号ほか
 コマセ  アミエビ
 付け餌  紅染イカタン
 釣果   マアジ  15〜23㎝  31

2016年累計
アジ
 釣行回数       3回
 釣果累計       95尾

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

今年は特定の釣り場を除きアジが釣れないためカマスやヒラツメガニをターゲットの釣行が多かった。
過去の釣果データを見てもこんなに釣れないことはなかった。
水温が低いとか潮流が変わったとか特別な理由があるわけではないが我々には分からない何かがあるのだろう。
今回は釣り仲間と出撃日を調整してHGでアジを釣ろうということになり激渋のなか久々に出撃した。

釣り場到着は12時過ぎ、数人の釣り人がいるがアジ釣りではないようだ。
釣り座を確保してコマセのアミエビを解凍すべく汲み上げた海水に浸け、堤防先端からミノーとメタルジグを投げるが反応なく30回ほどで片付け車内で昼食をとる。
午後1時過ぎに釣友門番さんが到着し隣に釣り座を確保、私は車内で休憩を・・・・・

しばらくして釣友ブラックサーフさんが到着して釣り座を確保、お湯を沸かしてコーヒータイムでのんびり談笑。
午後4時過ぎに釣場に戻りアジ釣り開始。

最初のアタリは午後6時前、23㎝の良型だった。
アタリが遠く2時間で7尾と実に渋い!
釣友こばちゃんが覗きに来てしばらく談笑、ここ1週間ほとんど釣れないので今日は釣り具を持たないそうだ。

間もなく釣友mobaraさんが到着するそうなので夕食休憩に戻る。
mobaraさんが到着し持ち寄ったお弁当や副食などを並べて談笑しながら夕食、午後9時車内で休憩をとり11時に釣りに復帰するもアタリがない。
30分ほど投げるも無反応だ。
車に戻って休憩し3時半に復帰、先に戻ったブラックサーフさんとmobaraさんに確認するとボツボツ釣れているとのことですぐに投入する。
ボツボツながらウキが消し込まれる。

午前6時まで投げ続けたがアタリが遠のいたので釣り座を洗い流して撤収した。

釣行データ 
 潮回り  大潮
 風と波  北北東  2.0メートル
 釣法   遠投カゴアジ
 仕掛け  ハゲ皮7号
 コマセ  アミエビ
 付け餌  紅染イカタン
 釣果   マアジ  18〜24㎝  18

2016年累計
アジ
 釣行回数       2回
 釣果累計       64尾
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

土曜日に捕獲した32杯のヒラツメガニは全て配ってしまいましたが、カニの味噌汁が食べたかったので九十九里浜に出撃してきました。
餌は土曜日の残りのブリとマグロのあら。
午前7時過ぎに到着し、ウェーダーを履きフローティングゲームベストを着用して離岸流で潮が払い出しているポイントに入りました。
餌袋に餌を多めに詰め込んで第1投

オリャ−! ビューン ドボーン!
北風が強く細粒の砂塵が一緒に吹き付けて細ロープ巻きの木枠に堆積していきます。
15分ほど流して引き上げるとワタリガニが1杯掛かっていました。

イメージ 1

2投目を投入して寒さと砂塵を避けるため車内で待機。
2投目と3投目はなにも掛かっていません。
小雨が降り出したので投入後は車内に避難です。
下げ4分を過ぎたころから投入たびに掛かるようになり多い時は8杯掛かります。

イメージ 2

寒さと吹き付ける砂塵に右隣に入っていた人は数投で撤収していき、他には誰も投げていません。
11時ころには風も幾分弱まり青空が広がりました。
潮が下げるにしたがって仕掛けの出がよくなり15分ほどで引き上げても何杯か掛かっています。
午後2時半、上げ3分になっても掛かってきますがお裾分けしても十分な数を捕獲したので撤収しました。
帰宅して数えたところ47杯でした。
イメージ 3

この記事に

開くトラックバック(0)

メインのアジが釣れない!
昨年暮れから数ヶ月も釣れないなんて私の釣果記録を確認しても一度もなかったことだ。
そこで昨日もヒラツメガニを獲りに九十九里浜に出かけました。
6時過ぎに到着しウェーダーを履いてフローティングゲームベストを着用して離岸流のポイントへ入った。

カツオとブリのあらを餌袋に入れ膝上まで立ち入って第1投
オリャー! ビューン ドボーン
と放り投げる。
本来なら引き波に引かれて仕掛けが沖に運ばれるのだがほとんど出て行かない。
10分ほど待って仕掛けを引き上げると2杯掛かっていた。
イメージ 1

2投目 3投目は掛かっていない?
サーファーが上がって来て原因が分かった。
岸に並行して深さ1.2m幅20mほどのヨブがありその先は30cmほどの浅瀬になっている。
これでは仕掛けが離岸流に乗って沖に運ばれることはないのだ。

イメージ 2

こまめに移動しながら仕掛けを投入するも掛からないか1〜2杯だけ。
潮が落としたら沖に砂洲が出来てしまった。

既に11時を過ぎたが20杯に届いていない。
ここでヨブが出来ない場所へ500mほど大きく移動した。
気合を入れなおして
オリャー! ビューン ドボーン

離岸流に乗った仕掛けが沖に向かって出て行く。
15分ほどして引き上げると3杯
次は2杯掛かっていた。
早く移動を決断していればと悔やむも
 後悔は先に立たず
の喩どおりである。
干潮近くになりその後の予定もあるため撤収した。
結果は32杯
近いうちにリベンジしよう。

イメージ 3

この記事に

開くトラックバック(0)

全38ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事