麗しの富山 地震・災害編

個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

2017年01月08日

←2017年1月7日 | 2017年1月9日→

全1ページ

[1]

2017年1月8日(日)0時37分

年明けしたと思ったら既に1週間が経ちました。
以前は成人の日は1月15日でしたが今はハッピーマンデーとか言って1月の第2週目の月曜日があてられるようになしました。
そのためこの土曜日から月曜日まで3連休の方も多いのでしょうね。
お正月明けに2〜3日程出社して又お休みがあるのは有難い様なそうでもないような・・・
3連休中位は地震が起こらないで欲しいなと思っていたのですが7日はその通り目立った地震は日本付近ではありませんでした。
1月7日に日本付近で発生した気象庁発表の震度1以上の有感地震です。
--------------------------------------------------------------------------------
7日17時18分頃 鳥取県中部 M2.7 震度1
7日11時20分頃 熊本県熊本地方 M1.8 震度1
7日02時31分頃 鹿児島湾 M2.3 震度1
--------------------------------------------------------------------------------
1月に入ってから1日にはM4台1回、3日M4台6回、5日はM5台2回とM4台1回、6日M4台3回発生しかなり日本付近の地震活動が活発化していました。
M4台以上の地震が無かったのは2日、4日そして7日、5日と6日には2日連続してM4台以上の有感地震が3回ずつ発生しましたが活発化と静謐化が交互にやってきているのがわかります。
--------------------------------------------------------------------------------
6日18時04分頃奄美大島北東沖 M4.3震度1
6日15時10分頃福島県沖 M4.0震度2
6日02時39分頃宮城県沖 M4.4震度2
--------------------------------------------------------------------------------
5日02時53分頃福島県沖 M5.8震度4
5日02時35分頃福島県沖 M4.2震度1
5日00時44分頃福島県沖 M5.3震度4
--------------------------------------------------------------------------------
3日21時13分頃宮城県沖 M4.2震度2
3日20時54分頃宮城県沖 M4.0震度1
3日13時38分頃種子島近海 M4.5震度2
3日06時24分頃青森県東方沖 M4.3震度3
3日03時36分頃三重県南東沖 M4.8震度2
3日01時11分頃岩手県沖 M4.4震度2
--------------------------------------------------------------------------------
1日06時08分頃沖縄本島近海 M4.4震度1
--------------------------------------------------------------------------------
本日1月8日は再び活発化してくるのでしょうか?
世界で発生したM4.5以上の地震ではM5.0以上の地震よりもそれ未満の地震の方が多くなっていますのでそろそろ再び活発化してくるだろうという時期だと思います。
となれば日本付近が再び活発化してくることも考えられます。
3連休の2日目ですが又ヒヤッとすることもあるかも知れません。
1月6日〜7日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
--------------------------------------------------------------------------------
4.735km SSW of Puerto San Jose, Guatemala2017-01-0722:27:2665.9 km
4.799km W of Tobelo, Indonesia2017-01-0721:25:2471.2 km
5.617kmN of Tambulatana, Indonesia2017-01-07 18:11:5978.1 km
4.529km SSE of Sary-Tash, Kyrgyzstan2017-01-0717:36:14 35.8 km
4.520km ESE of Kaikoura, New Zealand2017-01-0717:23:23 10.5 km
4.717km SW of Cuajinicuilapa, Mexico2017-01-0715:16:41 46.0 km
4.535km N of Chilecito, Argentina2017-01-0713:56:1031.5 km
4.7115km S of Biha, Indonesia2017-01-0712:38:08 42.5 km
5.7194kmWSW of Port Hardy, Canada2017-01-07 12:13:5410.0 km
4.887km SSE of Pondaguitan, Philippines2017-01-0711:38:32 70.8 km
5.159kmWSW of Caleta de Carquin, Peru2017-01-07 07:55:3443.5 km
4.6183km WSW of Port Hardy, Canada2017-01-0701:52:2210.0 km
5.044kmENE of Opotiki, New Zealand2017-01-07 01:46:1158.4 km
5.1186kmWSW of Port Hardy, Canada2017-01-07 00:49:00 10.0 km
4.7137km WNW of Pangai, Tonga2017-01-0621:59:29190.2 km
4.889km WSW of Sibolga, Indonesia2017-01-0620:03:3254.6 km
--------------------------------------------------------------------------------
4.7226km NNE of Tobelo, Indonesia2017-01-0619:33:4435.0 km
5.483kmWSW of Sibolga, Indonesia2017-01-06 19:25:00 54.4 km
4.7129km NE of Naze, Japan2017-01-0618:04:30 10.2 km
5.782kmNE of San Pedro de Atacama, Chile2017-01-06 15:30:33142.2 km
5.087kmS of Sungaipenuh, Indonesia2017-01-06 15:15:5591.9 km
5.353kmSW of Jahrom, Iran2017-01-06 11:33:29 10.0 km
4.6134km S of Taron, Papua NewGuinea2017-01-06 10:12:04 10.0 km
4.8183km SW of Nadi, Fiji2017-01-0608:23:02 10.0 km
4.673km SE of Ofunato, Japan2017-01-0602:39:1130.8 km
--------------------------------------------------------------------------------
6日は全部で9回M4.5以上の地震があり、内M5.0以上は4回と半分近くを占めていました。
環太平洋の西側が5回(日本付近が2回)同じインドネシアでもインド洋側でM5台が起きていますが、これは環太平洋の西側に入れておらずその他の区域の緑色に色分けしています。
7日は全部で16回とかなり数が多くなりましたが、M5.0以上のは発生は4回と占める割合は低くなっています。
見ての通り、環太平洋の東側のピンク色が7回とかなり多く、目立って見えます。
ペルー、アルゼンチン、グアテマラ、メキシコが各1回ですがカナダがM5台2回を含む3回となっています。
イメージ 1

右のプレートマップの赤丸の所がカナダの震源地です。

5.7194km WSW of Port Hardy, Canada
           2017-01-07 12:13:5410.0 km
4.6183km WSW of Port Hardy, Canada
           2017-01-07 01:52:2210.0 km
5.1186km WSW of Port Hardy, Canada
           2017-01-07 00:49:00 10.0 km
この3回の他にはM4.5未満の地震も無く唐突です。
以前太平洋プレートと北アメリカプレートの間に挟まれた小さなプレートがココスプレートと同じ色だったことから、同じココスプレートなのかと思ったのですが、この小さなプレートは「ファンデスカプレート」というそうです。
このファンデスカプレート南部と太平洋プレート、北米プレートの境界線が集まっている場所で目立つ地震が起こったと思いますが、今回は北部の境界線付近でした。
小さなプレートが巨大なプレートの挟まれている様な場所はどうしても地震が発生しやすいのですが、この付近は久しぶりではないでしょうか?
7日は午前中はM5台が3回と結構多かったのですが12時13分のM5.7の後は8回のM4.5以上の地震の内M5台が1回のみと少ない状態です。
この様にM5台が殆ど発生しない状態が続いた頃には、次の活発化してくる時期が近づいていると考えています。
最近は静かな期間がそれ程長くは続かない傾向にあり、地球全体が地震活動の活発期に入っているせいだと思います。
最近動きが激しくなっていた行徳高校ですが、7日は14時台にやや目立つ大きさの動きが出ている他は案外静かでした。
それでもその前日までは動きが激しかったことから8日〜10日付近には目立つ地震が関東から東北地方や伊豆諸島・小笠原諸島等で起こって来るだろうと思います。
行徳高校
1月6日〜7日千葉県香取観測点グラフ
イメージ 2
6日の波形は8時〜15時辺りまでは関東沖から東北沖や関東地方陸上部の前兆を捉えているように見えます。
15時台〜17時頃までには【四角い波形】も出ています。
7日は先ほども書きましたが14時付近にレベルが上がっていた時間がありました。
これはやはり関東沖から東北沖や関東地方陸上部の前兆を捉えているように見えます。
そんなことで1月8日は伊豆諸島・小笠原諸島、関東〜東北沖、関東地方陸上部などが要注意です。

キルナ天文台は6日程ではありませんが、7日も激しい動きが出ていました。
キルナ天文台
イメージ 3
宇宙天気ニュース
2017/ 1/ 5 12:19 太陽風は500km/秒の高速風になっています。 
2017/ 1/ 6 14:11 太陽風の速度は700km/秒に高まっています
                        12月の黒点相対数は 18.9 でした。
2017/ 1/ 7 11:01 600km/秒台後半の高速太陽風が続いています。
                 アラスカの元日のオーロラをどうぞ。
6日が太陽風の速度が700Kmとかなり高まったので対応するようにキルナ天文台のグラフも大きく動きました。
10日後の16日辺りは厳重警戒な上にも要警戒です。
日本地震予知協会シャク暦1月
イメージ 4

キルナ天文台の動きから推測した厳重警戒期間は動きが7日も激しいことから1月17日までに又延びました。
彗星近日点が1回しかない1月の前半ですがキルナ天文台の動きがあるため気を抜けなくなっています。
1月の下旬に4個の内の3個の彗星近日点がやってきますので、このままだとずっと厳重警戒期間になってしまいそうで嫌ですね。
必ずしも日本で発生するという事はありませんが、一番最後にM7台後半の地震が発生したのが南米のチリ12月25日だったため、次のM7台後半の地震が起こるのは日本の可能性も高いのではないか?と疑っていますので安心はできません。
Hi−net 震源マップ
2017年1月7日1時45分〜8日1時45分 24時間マップ
イメージ 5
この24時間は沖縄本島の南西沖辺りに浅い震源の赤いマークが2個ばかりついているだけですが、ここ数日h九州から南西諸島は地震活動が活発でした。
久々に熊本地震震源域が大分辺りまで広がったり、八重山諸島付近で地震が群発したりで震源マークもかなり多かったと思います。

日本地震予知協会<今日の一言>
—引用します—
2017.01.07 -0746-
◎九州南部、活動活発
 九州南部の活動が目立っています。
★昨年12/24  08160817 トカラ列島近海 2回の震度4(鹿児島十島村)

1/6 18:04  奄美大島北東沖 M4.3 最大震度1(鹿児島十島村)

1/7 02:31  鹿児島湾 M2.3 最大震度1(鹿児島十島村)

15日午前、鹿児島県の薩摩硫黄島の噴火警戒レベルが1から2へ引き上げられました。2に引き上げられたのは3年半ぶりです。
10日は1月最初の彗星近日点とMN(月が最近)が重なる日です。
—以上引用終わり—
イメージ 6
Hi−net 震源マップ
関東地方から北海道まで拡大図

福島県沖の震源マークの塊は相変わらずかなりのマーク数になっていますし、はるか沖にもマークがついています。
茨城県北部も相変わらず赤いマークが黒くなるほど数多く余震が群発しています。
銚子付近は陸上部は殆ど発生が無く銚子沖に南東方向に震源域が小さく突き出しています。
珍しく伊豆諸島付近もマークが無く房総半島の南東沖にM3程度のマークが1つついているだけです。

ちょっと気になるのが東京湾の一番深い所か千葉県北西部に極小か小規模のマークが2個ほどついていますね。
千葉県北西部も以前は頻繁に有感地震があった所ですが、最近は少なくなっています。
余りに少ないとそろそろおこるのでは?と思うのが常。
千葉県北西部だと東京よりも神奈川県東部がより震度が大きくなったります。

宮城県北部とその沖から岩手県南部では内陸部までマークが並んでいます。
それよりも目立つのが、宮城県沖から岩手県沖の東方はるか沖、青森県東方はるか沖まで、綺麗に弧型に並ぶ震源マークです。
青森県の下北半島の東方はるか沖にはM3クラスの赤いマークが目立っています。

北海道の西方沖のM4〜M5クラスの2個の深い震源の青いマークも眼立っていますね。
イメージ 7


甲信、北陸から近畿中国・四国地方東部付近拡大図

最近串田さんの予測は見ていないのですが京都府南部や琵琶湖の周り、滋賀・岐阜県境付近に赤い震源マークが多いように見えます。
この辺りが串田さんの大地震予測区域に入っていますので気になってしまいます。

和歌山県北部の群発はこの24時間はそれ程多くはありませんが中部や南部、紀伊水道からその沖にも極小地震が起こっているらしいのが気になります。

先ほど日本地震予知協会<今日の一言>を引用しました。
そこに九州南部、活動活発とありました。
6日の事になりましたがアキラの地震予報では鹿屋圏内に現在は一番規模が大きな地震発生合図が出たというお知らせもありました。
5日の父島圏内も前よりは規模が大きくなっていますし、鹿屋圏内では余りこれ程大きな地震発生合図は出ないので気になります。
アキラの地震予報
鹿屋圏内にM5.8クラスの地震発生合図が単一出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、 一週間程地震発生に要注意です。
特に、火山活動が活発や雷災のため、異常値の検出の可能性も有ります。
2017.(01/06 1041発信)
父島圏内にM4.0M5.2の地震発生合図が沢山出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、地震発生の可能性が有ります。
 一週間程地震発生に要注意です。
2017.(01/05 1050発信)

Yahoo天気・災害頁
イメージ 8
南西諸島に低気圧があって前線が発生しています。
Yahooニュースでは「奄美地方に120mmの猛烈な雨」と出ていました。
雨の被害も心配ですが豪雨となった場所は後日地震が起こることも多いので雨が止んでからも警戒は必要です。
北海道の更にkitano太平洋側に強い低気圧がありますので、もしかしたらこの低気圧が自身発生を抑圧しているかもしません。
低気圧と低気圧に挟まれた本州から北海道では低気圧に負けず地震の発生があるかも知れません。
特に高気圧下にある伊豆諸島から小笠原諸島が心配です。

夕方わんこを連れて散歩に行った途中カラスの変な鳴き声に遭遇しました。
未だかつて聞いたことが無い鳴き声で大騒ぎをした後一斉に北方向に飛び立っていきました。
塒が北の方にあるのかも知れませんが、それにして妙な鳴き声でひと騒ぎしたのは何だったのでしょうね?
最後に大きなカラスが「アー」と一声鳴いて飛んで行ったのが印象的でした。
頭痛が又酷くなっきました。

度々更新していますが、今晩は正常に更新できています。

この記事に

開く コメント(10)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事