【夕のメッセージ】笹井博士自殺はブラックマスコミの決定的急所となった

山崎行太郎がこう言っている。「野次馬気分で、「STAP細胞問題」を、面白おかしく報道した「お前ら マスコミ」が、殺したのだ。」

こういう言い方が普通に出てきた事に注目すべきだ。マスコミが笹井博士を殺した。この主張は説得力がある。あれこれ屁理屈を捏ねて笹井博士の自殺を小さな枠内に押し込めようとしても、この主張を正面から否定できる者は恐らく一人もいない。マスコミ自身は否定する意見を僅かばかりも言う事ができない。つまり、一切の反論不能。特にブラックNHKは。あの報道犯罪番組が笹井博士の自殺の誘引になった点について、如何なる否定も見解も申し述べる事はできない。できる事はひたすら沈黙である。という事は、こちらは徹底攻撃、全面攻撃可能という事である。絶対に反撃が返ってこない。名誉毀損だの法的措置などという一切の反撃手段が取れない。

この状況は小沢事件、不正選挙でもまったく共通である。ただブラックマスコミとしては、笹井博士の自殺の方が圧倒的に痛い筈である。やはりノーベル賞有力候補者の自殺という事実は他のケースとは決定的に違う。人の死ほど人を揺さぶるものはない。人の争い事は所詮は生きている土俵上の話である。どんなに激しい争いでも、双方が生きている事を前提にしている。双方が自分に都合のいい状況環境を作ろうとしているに過ぎない。しかし、そこに人の死が入ると、それまでの土俵が成立しなくなる。もはや争い事ではなくなる。人の死は結論を持ち出す。

笹井博士の死は一体誰の責任か。こういう問題が浮上する事を誰も妨げる事ができない。できる事と言えば、できるだけ小さなものになって欲しいと願う事だけである。他の事件やネタを大きく扱って、国民の記憶から自殺の事がフェードアウトするのを待つ事である。しかしもし誰かに戦略的に問題の浮上をやられたら、お手上げである。今ブラックマスコミはそういう状況にある。ちょっと危ないのである。

ブラックマスコミはこれまで小沢事件でも不正選挙でも、ネット界からの攻撃を軽々と躱(かわ)してきた。発信力の桁違いぶりを見せつけてきた。しかし今回初めて危うくなってきた。笹井博士の死は様々な方面にショックを与えてきたが、何を隠そう最大のショックはブラックマスコミに降りかかるのである。笹井博士を殺した犯人は死刑判決を受けなければならない。その判決を下し、死刑執行するのは誰か。それがネット言論である。ブラックマスコミを殲滅する事なしに日本に民主主義の未来はない。小沢事件でも不正選挙でも我々はブラックマスコミに煮え湯を飲まされてきた。しかし、遂に奴らの急所を掴んだ。笹井博士を殺したのはブラックマスコミだ!と堂々と何度でもいつでもどこでも喚き散らす事ができる。

ブラックマスコミによるノーベル賞有力候補者の追い込み自殺は、報道犯罪という巨大犯罪のシンボリックな事件になる。国民が初めて報道犯罪を実感できる可能性がある。そこまで行くにはまだ大きな距離があるが、ネット言論による攻撃が確実に奴らの痛みを増して行く。繰り返す攻撃がやがて堪え切れない痛みに達する。最早平静を装う事ができなくなる。もうこうなると、一気呵成である。ブラックマスコミの報道犯罪は厳罰を受ける。最早一切の報道犯罪ができなくなる。即ち、ブラックマスコミ大崩壊である。

開く トラックバック

【深夜のメッセージ】笹井博士自殺の引き金はブラックNHKの報道犯罪

笹井博士自殺とNHKの報道犯罪番組の関係はかなり知られている。それは当然である。あんないやらしい番組を放送して9日後に笹井氏は自殺した。関連が誰の頭にも浮かぶ。ネット言論でも多くの論者が関連に言及している。笹井博士と小保方晴子の私信メールを無断公開する犯罪を犯し、何やら情感たっぷりに音読演出したそうではないか。ブラックマスコミは自らの巨大発信力を武器に使う。これが報道犯罪である。丸で国家がひっくり返るかの如き巨大犯罪に見せかける演出で、些細な論文ミスの当事者を犯罪人の如くに仕立てた。笹井博士の事をかなり突っ込んで知るようになった今でこそ分かる事がある。あの報道犯罪番組が如何に笹井氏を追い込んだかという事である。

人間は死ぬのは簡単だが、死に至るまでは長い。本来自ら命を断つ人間はいない。様々な理由で追い込まれて死に行く。最後に一線を越える時、何かのインパクトがある。死の直前は既に準備段階にある。既に精神的に衰弱している。それでも生きようとする力がある限り、一線越えはない。生き物は生きようとするものである。ほんのちょっとした希望で死の淵から蘇る。しかし、一線の前で揺れ動いている時インパクトが襲いかかった時、一線越えが起きる。簡単な理屈である。NHKの報道犯罪が無ければ、笹井氏の5日の自殺は無かった筈である。笹井博士が犯罪番組を見たのかは分からないが、最低限放送された事は知っていた筈である。事実上の有罪判決の如き内容であった事を、笹井博士は自ら見たかどうかは別にして認識する事になった事は疑いない。小保方晴子への犯罪的取材攻撃も大きく報じられた訳だし、笹井博士の心中や如何ばかりであったろう。不正の真相とかいう番組タイトルからしてもう想像がつく。

小保方、笹井博士の両名は既に何か月にも亘りブラックマスコミから報道犯罪を受けて、心身にダメージを負った状態にあった。その上で天下のNHKが満を持してトドメを刺しに乗り込んで来たという形である。民放ではなくNHKであった所が重要である。NHKは公共放送局で、国民の皆様の放送局である。そんなNHKに有罪判決番組を放送されたのでは、もう最高裁判決同然である。既に国家研究機関の管理職にあった笹井博士にとってそのダメージは計り知れない。笹井博士に一線越えを強いたのは、天下のNHKである。

国民の皆様のNHKは実は偽ユダヤ傀儡安倍政権の皆様のブラックNHKであった。今更遅いが、笹井博士がNHKの実体を知ってくれていたならと思う。あんなものまともに受ける必要などなかった。ネットを通して反撃しても良かった。しかし、現実問題、笹井博士も小保方晴子もまともに受ける以外になかった。マスコミは圧倒的支配力を持つ。国家機関に属する両名はブラックマスコミの報道犯罪の犠牲者となった。日本の民主主義を完全に破壊し、天才科学者も自殺に追い込むブラックマスコミ。これが無傷で存在する限り、第2第3の犠牲者が出る。笹井博士の無念の死をブラックマスコミ撲滅に生かさなければならない。笹井博士自殺の直接の引き金になったのはブラックNHKの報道犯罪番組であった事は、相当国民に浸透し得る。これをがっちりと定説化させなくてはならない。あの番組は放送法違反の報道犯罪番組であった事を、これから繰り返し繰り返し言い続けなくてはならない。学校のいじめも社会問題だ。ブラックマスコミの報道犯罪はもっと巨大で深刻な問題だ。国民がこの問題に目を向ける大きな切っ掛けになり得る笹井博士の無念の自殺という事である。

笹井博士の自殺の引き金を引いたのはブラックNHKだ!! 笹井博士の怨念を受けろ!!

開く トラックバック

【朝のメッセージ】実験面での天才性と小保方晴子を評していた笹井博士

重要な記事を発見した。笹井博士自殺の翌日のブラック毎日の記事である。あの須田桃子の記事だ。重要な部分を抜き出してみる。

゛笹井氏は3月29日のメールで、STAP細胞の存在について「STAP現象そのものはリアルなものだと思っています。自分の目が確信したものを『ない』ということは、研究者である限り、できません」と述べた。
 小保方氏に対しては「たしかに実験面での天才性と、それに不釣り合いな非実験面での未熟さ・不注意さが混在したと思いますが、(中略)研究を良心的に進めていたことを否定するのはアンフェア(不公平)だと思います」(3月13日)などとかばった。″

この記事、笹井博士のメール発言は非常に重要だ。STAP現象を自分の目が確信したと言っている。ノーベル賞候補者が確信したと言っている意味。STAP細胞について否定的意見を言う者が非常に多いようだが、世界的名声の研究者が確信とは只事ではない。笹井博士と論争するツワモノはいるのか。私は別にこの言葉が無くてもSTAP万能細胞の存在は確信している。理由はブラックマスコミの報道犯罪である。STAP万能細胞が偽物ならブラックマスコミの報道犯罪はない。本物だから報道犯罪をやっているのである。報道犯罪と言う巨大犯罪が必要だったSTAP万能細胞は間違いなく本物という事だ。

笹井芳樹博士という人物を自殺事件をきっかけに調べて行くと、如何に優れた人物かと言う事が分かった。笹井博士は愛知県立旭丘高校出身である。愛知県一二を争う進学校で近年の数字では東大30人前後、京大も30人前後、国公立医学部も30人前後のようである。嘗ての旭丘は東大合格数70人ほどでベスト10に入っていたそうだ。今時は私立全盛だが、旭丘は県立という所が貴重だ。笹井博士は現役で京大医学部に合格している。愛知県は関東と関西の中間に位置するが、関西に近い学校は京大に、関東に近い学校は東大にという傾向があるらしい。旭丘は京大系である。現役京大医合格の笹井博士は旭丘の偉大な先輩という事であろう。

県立出身で最難関大学に現役合格というのは、情報として結構意味がある。私立中高一貫校は如何にも受験専門校という感じだが、普通の県立校は地域性が色濃い。日本を悪くしたのは有名私立中高一貫校である。笹井博士が県立高校で高校時代を送った事は、人格形成にも良かったという事が言える。笹井博士のバランスのとれた人物という印象とこの辺りが関係あるように思う。

笹井博士に特徴的なのは純粋さである。京大卒業後は大学病院ではなく神戸の市立病院を選んでいる。より現場に近い場所での医療環境を求めたのだ。発想が非常に気高いと言うのか、何かちょっと違うのである。現場での臨床体験から研究者としての限界を感じて、いよいよ基礎研究にのめり込んで行く。笹井博士は人格的に非常にバランスが取れている。尚且つ鋭利である。こういう人物は極めて稀である。研究の為の研究ではなく、常に人類の福祉向上という大きな目標を見据えて研究する。人格に裏付けられた高度な研究能力を持つ人物という全体像人間像が浮かび上がる。

笹井博士は論文執筆の天才と言われていたそうである。京大医現役合格の超秀才と重なる部分である。しかし、笹井博士の最も重要な部分は研究そのものに於ける天才性である。どこにダイアモンドがあるのかを見つける目にこそ天才の所以がある。笹井博士が小保方晴子に実験面での天才性を見出したのも、同じ事である。笹井博士は秀才であり天才であった。小保方晴子はAO入試で早稲田理工に入っている。AO入試は個性を重視する。秀才タイプとは異なる個性派を優先する入試で早稲田理工に入った訳である。笹井博士と小保方晴子はそもそも由来が全然違う。笹井博士は小保方晴子の自由さにこそ価値を見出していた。論文執筆では適当さがあっても、実験では笹井博士も及ばないような天才ぶりがある。発想の天才小保方晴子を笹井博士は最も買っていたのだと思われる。秀才故に天才に枠を嵌められた笹井博士は天衣無縫の天才小保方晴子を限りなく大事に思っていた事は疑いない。

相互補完的な天才同士の繋がり。これが笹井小保方関係を言い表す。笹井博士が小保方晴子を庇い続けたと見られたのも当然であり、この2人は常人では及びもつかない天才世界で結びついていたのである。笹井博士が小保方晴子に対して、研究を良心的に進めていた、と言っていた部分が重要である。論文ミスがあっても研究目的が完全に人類福祉にある時、そのミスに何の罪があるのか。悪意があれば、人類福祉など無関係だ。罪無きミスを何故責めるのかという怒りが笹井博士にあった事になる。日本人の生命科学の天才同士の繋がりに邪悪なものは一切入り込まない。そこにあるのは、純粋と良心のみである。

小保方事件はブラックマスコミが邪悪な目的を持ってSTAP万能細胞を破壊に掛かった事件である。良心の天才科学者笹井芳樹博士は、ブラックマスコミの巨大な邪悪に耐え切れなかった。科学に殉教したのである。真に偉大な科学者であった。日本の科学史に永遠に名を刻む人物である。

開く トラックバック

【夕のメッセージ】日本の天才科学者を殺したブラックマスコミ

STAP事件=小保方事件であった。しかし、笹井博士自殺事件で様相は大きく変わった。自殺という新たな要素はこれまでの形の基本を根本から変える。自殺には究極という要素がある。生きてあれこれ言うのとは前提条件が全く異なる。自殺は究極のメッセージである。ネット言論はこのメッセージを完璧に受け止めなければならない。天才科学者が自らの死を以て伝えた事とは一体何だったのか。我々は何としても明らかにしなければならない。

私はこの前の細川小泉都知事選から一貫してブラックマスコミ追及の言論を展開してきた。小沢事件、衆参不正選挙とブラックマスコミは主役の座を占めてきた。細川小泉の強力タッグでさしものブラックマスコミも敗北するだろうと予期していた。しかし、結果はブラックマスコミの完全勝利だった。ブラックマスコミはこの世の正に帝王だった。最強権力である。こんなものを最強のままにしていたのでは何をやっても無意味だとして、私はブラックマスコミに完全に的を絞って言論攻撃してきた。国民がブラックマスコミの脅威を知らなくては、ブラックマスコミの脅威は脅威のまま暴れまくる。私がブラックマスコミという言葉を使い続けたのは、脅威を強調する為だった。民主主義の最大の決定的脅威はブラックマスコミである。マスゴミやダマスゴミでは脅威を強調できない。マスゴミやダマスゴミとは言葉の根っこが違う。ブラックマスコミとはネット言論の最大の一領域を形成する。単なる名称ではなく、概念を作る言葉である。小沢事件も不正選挙もブラックマスコミの概念の中に含まれる。こういう部分の理解が中々進まず、今以てこの言葉はネット界ですらほんの一部でしか使われていない。マスゴミ、ダマスゴミは使い勝手が良く、ネット界で使い回される。しかしこれではブラックマスコミの脅威は伝わらない。

マスコミとは巨大発信装置であり、もうそれ自体で脅威である。原爆が目の前にあって脅威を感じぬ者はいない。それが実際に炸裂せずとも、存在自体で脅威を与える。マスコミとはそういう脅威なのである。日本の民主主義は正にマスコミ原爆の炸裂で破壊された。小沢事件、不正選挙はそういう事である。私はマスコミ原爆をブラックマスコミと言っているのである。マスコミの取り扱いには国民は最大の警戒感を示さなくてはならない。マスコミ鵜呑み度世界一など恥晒し以外の何物でもない。あまりにおめでたい。マスゴミ、ダマスゴミ辺りで止まっていてはいけないのである。

STAP事件であるが、異様極まりないブラックマスコミの跳梁跋扈である。マスコミ原爆の炸裂があった。万能細胞の未来が木っ端微塵に破壊された。小保方事件とはそういう事であり、笹井博士自殺事件はブラックマスコミの脅威の究極が出たという事である。ノーベル賞有力候補者が自殺に追い込まれるという事は、正に原爆炸裂があったのである。一般人の個人的理由による自殺とは全く違う自殺である。笹井博士自殺はブラックマスコミによる他殺である。ダマスゴミではこういう言い方はできない事に注意する必要がある。

笹井博士自殺事件はブラックマスコミによる天才科学者他殺事件と言い換えられる。天才が生きる世界をマスコミ原爆が破壊した。今小保方晴子の身の上が非常に心配される。小保方まで自殺に追い込まれたら、もう人類の悲劇である。何としても小保方自殺は防がねばならない。小保方事件は笹井博士自殺事件で終わりにしなければいけない。その為にも事件の決定的部分を抉り出さなくてはならない。

民主主義と人権にとって決定的脅威はブラックマスコミである。

開く トラックバック

【夜のメッセージ】笹井芳樹 小保方晴子 2人の天才

ノーベル賞候補者の自殺。これはどんな事があっても考えられない。正に生きるエネルギーそのもののような研究者の頂点に立つのがノーベル賞候補者である。ノーベル賞受賞者でも自殺した人はいるが、それは納得できる理由があるものである。世の為人の為と研究に明け暮れ大きな成果を上げ、社会的名声も勝ち得、ノーベル賞候補者にまでなって、何で自殺するのか。

しかし、笹井芳樹博士は自殺した。数か月前にはSTAP論文Nature掲載の事で大々的に記者会見があった。注目を一身に浴びた小保方晴子の真横に笹井博士がいた。小保方晴子は笹井博士が引き上げた無名の若手研究者であった。笹井博士の晴れがましい思いも想像できる。ノーベル賞候補者であっても、嘗てこんな大規模な会見は無かった筈である。STAP細胞が如何に巨大なインパクトがあったかという事である。笹井博士もES細胞でノーベル賞候補者となった訳であるが、STAP細胞はまた別次元のレベルだった訳だ。笹井博士にすれば自分が引き上げた愛弟子の業績に自らを重ね合わせていたのだろうと思う。STAP細胞は笹井博士にとっても夢の物語だったのだろう。その夢を実現してくれる小保方晴子に対して恐らく畏怖の念すら覚えていただろう。笹井博士も十分に天才的だが、小保方晴子は輪をかけて天才的だった。笹井博士は小保方晴子に疑いのない天才性を見抜いていた。天才は天才を知るという事だろう。互いの波長の共鳴があるのだ。

天才と凡人は違う。凡人はある意味強い。国家や組織を作っているのは凡人である。凡人には汎用性があると言える。しかし天才はその才が特化している特殊な存在である。全能の神ならぬ人間の天才はその領域が一部に限られる。一部に特化した天才が人間である。小保方晴子の天才は生命科学近傍にあった訳である。それ以外には天才は与えられていない。生命科学分野で小保方晴子は神の能力を噴出させた。笹井博士はこの小保方を見抜いていた。小保方晴子は幼い天才と言える。笹井博士は秀才型の天才で人物的に大人だ。小保方の天才は笹井博士の内面にも大きなインパクトを与えたに違いない。笹井博士の内面奥深くに息衝く天才を激しく揺さぶった事は間違いない。自らの天才で名声を勝ち得た笹井博士は、輪をかけた天才に科学の夢を託した。それがSTAP細胞だったのだ。STAP細胞とは、笹井小保方の両天才の夢であり、成せる業であったのだ。

STAP事件という小保方事件は隠れた笹井事件だったのである。ここに笹井博士自殺の根源がある。STAP事件は小保方笹井事件、否、笹井小保方事件だったのである。2人の天才の夢が事件によって徹底的に打ち砕かれた。天才はその領域が壊されたら生きる事はできない。笹井芳樹博士の自殺はこれである。笹井博士は小保方晴子とは異なる社会的圧力にも曝されていた。しかし、自殺を決定づけたのは天才の否定である。しかし、笹井博士には小保方晴子への夢託しが救いとしてあった。万感の思いを託した遺書を小保方晴子に残す事ができた。笹井博士の天才は壊されたが、人間としての救いはあった。

笹井博士の自殺は天才科学者の自殺であった。追い込んだのはブラックマスコミである。日本の宝を破壊したブラックマスコミ。その存在は絶対に許されてはならないのである。

開く トラックバック

【深夜のメッセージ】笹井芳樹博士は万能細胞の神になった

我々一般国民が思う以上に笹井博士の自殺は科学業界関係者に衝撃だったに違いない。何しろノーベル賞候補者だったのである。まだ52歳の若さであった。正に世界のトップランナーが突然行き倒れたのであるから、世界中のレース参加者全てが仰天した事は疑いない。我々に身近な例で言うと、イチローが自殺したようなものである。病気とか事故なら驚きも一定の範囲内だが、自殺となると衝撃は半端じゃない。何故だ?となる。自殺は死の驚きを何倍にも増幅する。私も笹井芳樹博士については何も知らなかった。しかし、今回の自殺事件で初めてこの人物と正面から向き合うようになった。自殺がそうさせたのである。生き物は自殺しない。人間だから自殺する。ものを考えるから自殺も起きる。考える力を持ったが故の負の側面を象徴するのが自殺である。自殺は人間の人間たる部分に根を張る。人間は他人の自殺に心を揺さぶられるものである。自殺は最大のメッセージである。よく芸術家は自殺する。芸術家は自殺でメッセージを送っているのである。

自殺した世界の有名人を見てみると、科学者だって自殺した者が結構いた。しかしその自殺の理由は個人的なものが多い。科学者だから自殺したのではなく、人間だから自殺したという感じだ。笹井博士は今を時めく科学者で、研究に行き詰っていた訳じゃない。個人的理由で自殺する事はなかった訳である。個人的理由でも自殺は衝撃的だが、もっと大きな理由で自殺となると衝撃は破壊的だ。笹井自殺は正にこれであった。

それまで生きていた人間が自殺するのは、決定的理由があるからだ。大きな理由だけでは自殺とまではならない。大きな理由が決定的になった時、自殺が起きる。この決定的理由が破壊的衝撃を生み出す。笹井博士にとって決定的理由は何だったのか。単に大きな理由だけでは自殺にはならない。大きな理由から決定的理由までには大きな距離がある。ここを見誤ってはならない。

笹井博士にとっての決定的理由は万能細胞にある。笹井博士は純粋な科学者だったのである。真理の探究に自らのアイデンティティーを感じていた科学者だ。この部分が小保方晴子と瓜二つである。私はもちろん小保方の事も何も知らなかった訳だが、事件から小保方を知るようになって、天才性を感じるようになった。僅か30歳だから、その天才性は正に剥き出し状態で見える。そこ行くと、笹井博士はオブラートに包まれていた。記者会見を見ただけでは分からなかった。しかし、自殺後の後追い検証でオブラートが剥がれて、純粋さが浮き上がってきた。小保方と笹井博士は科学者としてのアイデンティティーが極めてよく似ていたと言える。笹井博士が小保方晴子を理研に引っ張り上げたのは、天才を見たからだ。笹井博士にとって小保方晴子は自らのアイデンティティーを重ね合わせられる存在だった。小保方事件は笹井博士にとっては、正に自らの事件だったのである。小保方晴子の苦しみは自らの苦しみになった。小保方事件は笹井博士のアイデンティティーをずたずたにした。理研の幹部として立場は反小保方である。小保方事件は笹井博士にとっては正に身が2つに引き裂かれるものだった。

ブラックNHKの小保方晴子への取材攻撃、そして報道犯罪スペシャル番組放送。笹井博士のアイデンティティーは完全に2つに引き裂かれた。これが決定的理由である。自分を前に駆動させてきた科学者アイデンティティーの力が今消滅した。笹井博士は自殺の扉を開けた。自殺によって笹井博士のアイデンティティーは守られた。それが科学業界に破壊的衝撃を与えたのだ。

自らの死を以て科学者のアイデンティティーを守った笹井博士は、正に科学の神の領域に達した。笹井芳樹博士は万能細胞の神になったのである。小保方晴子は神の意志に沿って、地上で万能細胞の女神にならなくてはならない。

開く トラックバック

【朝のメッセージ】小保方晴子は殉教者にはなれない

科学の殉教者と言えばガリレオ。地動説を唱えたガリレオはローマ教皇庁から異端審問にかけられた。でっち上げの裁判にかけられたという説もあるそうである。1612年に第1回異端審問所審査にかけられ、地動説を唱えないように注意された。第2回審査は1633年で、有罪判決。終身刑。しかしすぐに減刑され、大司教宅に身柄を移される。1564年生まれのガリレオはこの時69歳。翌年ガリレオを看病していた長女が死去。更に3年後片目失明、その翌年両目失明。5年後1642年ガリレオ死去。78歳。時の権力に睨まれた科学者は有罪判決後不幸な晩年だったようである。とは言え、死刑判決を受けた訳ではない。殉教とは命を失う事だから、正確にはガリレオを殉教者と言うのは正しくないと思うが、観念の世界では通じると言う気もする。

ガリレオの受けた迫害の経緯を見ると、笹井芳樹博士こそ正真正銘の殉教者と感じる。ローマ教皇庁が今はブラックマスコミである。地動説が万能細胞である。地動説が出回ると困るローマ教皇庁である。万能細胞が出回ると困るブラックマスコミ(偽ユダヤ権力)である。人類はこの4百年間進歩無しである。権力の本質に変化無しという事である。

笹井博士は数世紀に1人の科学の殉教者である。ローマ教皇庁の時代にはマスコミなど無く、ブラックマスコミ時代の科学の殉教者は自死に追い込まれた。ガリレオがあの時代の科学の殉教者となった事で、ローマ教皇庁は時代遅れの権力者というレッテルを人類史によって貼られた。今笹井芳樹が殉教者となった事で、やがてブラックマスコミ(偽ユダヤ権力)が時代遅れの権力者のレッテルを貼られる事になる。嘗ては時代の流れはゆったりだったが、今はインターネット時代である。殉教者の出現によって時代遅れの権力者は急激に時代に取り残される。

科学者の殉教とは、考えてみるとおかしな表現だ。殉教とは辞書にはこうある。

「信仰する宗教のために自分の命を捨てること」「自らの信仰のために生命をささげること」

宗教や信仰の為に命を捨てる事が殉教であり、科学者は宗教や信仰の対極にある存在である。宗教に関わる殉教者は数多くいただろうが、科学者と殉教者の間には途轍もない距離がある。笹井博士は厳密な意味では人類史上初の科学の殉教者であるだろう。小保方晴子の行動によっては、時代遅れの権力者は一気に奈落に沈む。

小保方晴子は科学の殉教者にはなれない。何故なら、殉教者笹井芳樹から科学の信仰に帰依するよう遺言されているからである。小保方が命を捨てれば生命科学の火、万能細胞の火は消える。笹井博士は殉教して科学の火を守ったのである。小保方が命を捨てれば科学の火は消え、殉教とはならない。単なる自殺である。「絶対、STAP細胞を再現してください」の遺言は、正に殉教者の言葉である。小保方晴子には遺言を残すべき相手がいない。殉教者の言葉を受け止める以外に道は無い。

開く トラックバック

【夕のメッセージ】笹井芳樹博士は科学に殉教した

人間の死は最大のメッセージである。集団的自衛権容認に怒って焼身自殺を図った人物がいた。もしマスコミがまともであったならば、大々的に報じられ国民世論へのインパクトは凄いものになっていた筈である。その事を恐れてブラックマスコミは完全に情報封鎖した。ブラックマスコミの国民社会への罪は計り知れない。

そのブラックマスコミがSTAP事件、小保方事件そして笹井自殺事件の主犯となった。笹井芳樹博士の死が自殺か他殺かの問題は完全には解決されていない。しかし、ブラックマスコミが笹井博士を死に追い込んだ事は疑うべくもない。笹井小保方を標的としたSTAP事件は、日本のブラックマスコミの正体を見事に曝した事件である。ブラックマスコミの報道犯罪はそれが作る空気の中で為されるもので、他のどの国にもない異様な空気はブラックマスコミ、マスコミ一体となって作られたものである。マスコミの巨大な発信力を最大に効果的に使ってこの空気が作られた。我々が常日頃から普通に感じているこの空気には異様が巧妙に仕込まれている。要するに我々はこの空気に麻痺させられているのである。それ無しにSTAP事件はあり得なかった。小沢事件も同じである。個別の報道犯罪の背後にブラックな空気がある。この目に見えない空気故に、報道犯罪は繰り返される。この空気こそマスコミ鵜呑み度世界一の原因である。報道犯罪は空気の犯罪である。マスコミ問題の難しさがここにある。

目に見えない空気の犯罪の犠牲となったのが笹井芳樹博士であった。自殺他殺に拘ると、問題の核心を外してしまう。マスコミ問題、ブラックマスコミ問題は目に見えない空気問題であり、笹井博士の死の意味をこの問題と結びつけて考える事が決定的に重要である。ノーベル賞候補者が何故死に追い込まれたのか。こんな事は世界の科学史に無かった筈だ。もしあれば、我々は知識として誰もが知っている筈である。知識がないという事は無かったという事である。世界の科学史に前代未聞の自殺事件は日本だからこそ起きたのである。その日本を支配しているのがブラックマスコミである。

日本のブラックマスコミの異常さは小沢事件ですっかり経験しているが、STAP事件のピークとしての笹井自殺事件によって決定的な認識レベルに達したと言える。それはやはりノーベル賞候補者の死というものがさせているのである。笹井博士の死はSTAP事件に幕を下ろしたような感じがある。死を前に物をしゃべっていた人間がしゃべれなくなった。みんな黙ってしまった。笹井博士の死は巨大な影響があったのである。

その影響とはただ皆に無言を強いただけの事であろうか。本当の影響はもっと違う所に出るのではないか。それこそがブラックマスコミの空気の問題ではないか。目に見えなかった問題に気付かせるという影響ではないか。ブラックマスコミ問題の根源に光を当てたのではないか。ノーベル賞候補者を死に追い込むブラックマスコミの異常さ。小沢事件とも異なるアングルを与える笹井博士自殺事件である、

笹井芳樹博士は小保方会見から1週間後の自らの会見で、理研管理職としての立場と、純粋に科学者としての立場から2つの異なる考えを表していた。論文の撤回には同意していた。しかし、STAP現象には本心では確信を持っていたようだった。論文撤回は管理職としての自らへの強制があったのである。しかし、科学者としての純粋な思いはその事で萎む事はなかった。笹井博士は2つの思いの間で揺れ続け、終局的に科学者の思いを取った。科学者の思いが現実への妥協を許さなかったのだ。そういう科学者だったからこそノーベル賞候補者にまでなったのだろう。

笹井氏が打ち立てた名声をも上回る負の力が笹井氏を襲った。笹井氏もそれが何か見えなかっただろう。見えていれば対処のしようもある。見えない力で追い込まれた時、人は死への扉を開ける。ブラックマスコミの見えない空気が笹井氏を死に追いやった。現実的対応を笹井氏に許さなかった科学者の純粋な思い。笹井氏は科学に殉教したのである。ブラックマスコミが笹井氏を殉教に導いたのだ。

ノーベル賞候補者の死がブラックマスコミの深奥の闇に光を当てた。

開く トラックバック

【深夜のメッセージ】ロシアマスコミでもSTAP事件は報じられていた

いつもチェックしているVORの過去記事をチェックすると、少なくともSTAP事件に関して2つ記事が出ていた。小保方会見と笹井自殺事件である。VORはロシアの国営メディアである。ロシアは今ウクライナ問題で大変だからSTAP事件に大きな関心を払う余裕はないだろうが、事件そのものはちゃん扱っていた訳である。もし小保方晴子がロシアに救いを求める行動に出れば、一気にロシア国民の関心を集める事は疑いない。ロシアはウクライナ内戦でも、ウクライナ兵のロシアへの投降、亡命申請を大きく扱っている。ロシアは対外的発信にエネルギーを注いでいる。小保方亡命などとなった場合は大ニュースになる事は確実である。小保方ロシア亡命は一気に世界的大ニュースになる。ロシアはスノーデン以上の扱いをする筈である。スノーデンの場合は表向き我関せずの姿勢を見せておかねばならない。米が引き渡せと言っているからである。しかし小保方晴子の場合は、日本が小保方を引き渡せと言う筋合いではないから、ロシアは小保方晴子を積極的に保護する姿勢を見せても何の問題もない。寧ろ政治的に利用できる。即ち、民主主義国家ロシアの成熟度を国際的に示す格好の事例となる。

当然ながらロシアはSTAP事件の正体を検証する。小保方晴子が疑惑人間なら保護する意味がない。小保方晴子から事情を聴くのも当然である。そして話に筋が通っていると判断すれば、ブラックマスコミの迫害から守り、研究環境を与えるだろう。ロシアの科学界に判断を求めるのも当然である。笹井芳樹の名声は世界的で、その笹井が小保方を励ましている遺書を残した事は重要である。科学界がまともなら小保方に支援の手を差し伸べるのは当然である。

ロシアの判断基準にブラックマスコミが大きく影響するのは疑いない。異常な小保方バッシングに関心が高まらない筈がない。笹井自殺事件の真相にも目を向ける。小保方晴子の亡命申請が理解されるのは確実である。

嘗てメディアバッシングを理由に亡命するなんて事は世界に無かったであろう。小保方事件の異常性は日本のブラックマスコミにある。ブラック国家米でもこんなブラックマスコミ報道はない筈である。日本のブラックマスコミの異常ぶりは半端じゃない。日本の外国特派員協会も日本メディアの異常性をよく指摘する。だから、小保方ロシア亡命は一気に世界のマスコミに受け入れられる。日本メディアの異常ぶりに一気に世界の関心が集まる。小保方事件の序に小沢事件にも再度関心が高まるだろう。日本メディアが世界のメディアから報道の対象となる。相当盛り上がるに違いない。日頃の思いと言うか積年の思いを吐き出すように、日本から世界へ日本メディアの異常性が発信されるだろう。日本ブラックマスコミの終焉が見えてくる。

小保方ロシア亡命は日本国民にショックを与える筈である。日本国民は世界一のマスコミ鵜呑み度国民である。マスコミバッシングが亡命の理由となった事を知って、目を覚ます切っ掛けを得る国民も相当出てくるだろう。騙され続けてきた事に目が向き始めると早い。小保方ロシア亡命は日本のブラック支配構造を崩壊させるパワーを秘める。ロシアが小保方晴子を大歓迎するのは間違いない。

開く トラックバック

【夕のメッセージ】小保方晴子はロシアで一気に蘇る

モスクワ大学への留学についてはネット情報で沢山得られる。意外に簡単なようだ。正規留学、長期、短期留学などいろいろメニューがある。小保方晴子と同じ早稲田の露文科学生のモスクワ大学留学記などもあって身近に感じられる。ネットが威力を発揮する。嘗てなら突破不可能な状況でも、インターネット時代なら突破可能な情報があっという間に得られる。この時代環境の決定的変化を生かさなければいけない。

小保方晴子がロシア留学を希望しその旨を公表すれば、それだけで大きな動きが起きるだろう。手助けしてくれる人が大勢出てくるだろう。何よりロシア側から誘いの手が伸びてくるだろう。小保方晴子は本来ノーベル賞級の研究者である。ノーベル賞ですら釣り合わないほどのとんでもない影響を人類全体に及ぼし得る。ブラックマスコミ世界で迫害された小保方晴子は、まともなマスコミ世界では大歓迎される。小保方晴子の人生は正に天国から地獄、そして地獄から天国だ。今の地獄で人生を終わらせては絶対にいけない。地獄と天国は紙一重だ。

小保方晴子はまだ30歳に過ぎない。若過ぎる程に若い。ほんの僅かな意識転換で地獄の環境も天国に変える事ができる。留学の窓は常時開いている。まず兎に角生活環境を根本的に変える事が必要だ。ブラックマスコミ世界では小保方晴子は常時監視、衆人環視でどうにもならない。精神に変調を来たすのをじっと待つような状況にある。マスコミ世界なら小保方晴子は自由な空間を満喫できる。衆人環視は一切ない。もうこれだけで小保方晴子は生き返る。今置かれた状況が如何に異常なものか、ロシアに行けばすぐ分かる。今の問題が如何に馬鹿げた事か、今更ながらに分かる。そして怒りが込み上げるだろう。小保方事件の正体は世界の1%勢力による政治弾圧事件だったのだ。何が論文不正だ。そんなものでノーベル賞級の科学者が自殺に追い込まれるか。

小保方晴子はまず兎に角生活環境を根本的に変える事だ。ブラックマスコミ世界を早く脱出する事である。まず兎に角、当たり前に息ができる世界に場所を変える事である。ブラック国家日本にいる事は一瞬でも勿体無い。ロシアに行けばオール解放区である。小保方晴子にまたあの笑顔が蘇る。そしてすぐにSTAP細胞が再現されるだろう。小保方晴子の天国はすぐそこにある。気づくか気づかないかの差はあまりに大きい。気づいてほしい。イヤ気づかさねばならない。

小保方晴子の蘇りはSTAP細胞実現に止まらない。ブラックマスコミ世界の崩壊を齎すだろう。ブラック国家日本の崩壊に直結する。日本のブラックマスコミ崩壊はブラック国家日本の崩壊であり、世界政治も大激変に見舞われる。世界の1%勢力による支配構造も崩壊する。小保方事件は世界の1%勢力による政治弾圧事件であり、小保方晴子の蘇りは1%勢力の崩壊を意味する。

小保方晴子には途轍もない革命力が秘められている。ロシアに行く事だけでその革命力が現実になる。小保方晴子はロシアで必ず蘇る。そして世界を変える。

開く トラックバック

[ すべて表示 ]

Yahoo! Choctle

.

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事