日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

 今年の冬の北海道は暖冬で、例年に比べ降雪量が少なく積雪量は
六割程度とか、じいさんの住む町の道路もすっかり雪が溶けて、路肩に
少し残すのみとなった。

写真は 市の除雪車が一冬の道路に降った雪を堆積した雪山!

イメージ 2

 三月に入ってから好天続きで、このままに春が来そうな気配、郊外の
量販店の花売り場も色とりどりの花が満開。

イメージ 3

イメージ 4

        


この記事に

開く コメント(4)

 
イメージ 1
 
 
 先日、テレビの番組で今は懐かしいSPレコ−ドを、又これも懐かしい蓄音器で
音楽を楽しむグル−プが紹介されていた。
 
じいさんの記憶では昔、我が家にも古い蓄音器とSPレコ−ドがあった様なきがする。
 
イメージ 2
 
 
 テレビの画面ではビクタ−のマ−クの、ニッパ−君の隣に有るような大きな
ラッパの付いた蓄音器で、音楽を聴く人達が映っていた。
画面に映っていた蓄音器はなかなか立派な物で、マニアの方が買い集め機器の
手入れがきっちりとされている様子が伺える。
 
イメージ 3
 
 
 蓄音機はゼンマイ式と後の電気で回す電蓄の二種類有り、じいさんも一度
SPレコ−ドを聴いてみたいものだ。
 
 
イメージ 4
 
 
 我が家の電蓄?とLPレコ−ド、今日はひさしぶりにオペラ・カルメンを聴く、
カルメンのLPは二枚有り、一枚目はマリア・カラスのカルメンでその妖艶で
官能的?な歌声はカラスっ独特なもので、 もう一枚はヴクトリア・デ・ロス・アンヘレスのカルメンで、その清楚で透き通った歌声はカラスとは又違った美しさである。
 
イメージ 5
 
 
 北海道はようやく春の兆しになり、暖かいひが続く、じいさんは古いLPを
引っ張り出し、この春は音楽鑑賞をするつもりだ。  
 
 

 

この記事に

開く コメント(4)

 
 三月に入り雛祭りも終わった、じいさんの住む北海道は毎日良い天気が
続いている。 老夫婦二人の生活は毎日が単調で、特に日に三度の食事の
支度がおっくうで近頃外食が多くなった。
 
イメージ 1
 
 先日も何時ものお寿司屋さんへ昼食を食べに、家内は何時もの握り寿司を、
じいさんは刺身定食を注文。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 定食の小鉢はアンコウの肝和え、卯の花の小鉢、身欠き鰊の甘露煮、イカの塩辛
刺身は、マグロのトロ、甘エビ、ホッキ貝、ヤリイカ、〆鯖、帆立貝、等々
北の海の幸をいただき美味しい昼食でした。
 
これから春の日本海の美味しい魚と言えば、桜鱒の季節!厚めの切り身にして
一塩して焼けば、秋の鮭とは又違った美味しい春の味である。
 
 


 

この記事に

開く コメント(6)

 
イメージ 1
 
 二月も残り少なくなり あと五日程で三月三日桃の節句がやってくる。
じいさんの家のお雛様も半月程前から飾ってある。 この雛飾りは箱形の
雛飾りで出し入れに便利と三十年以上前に家内が購入、それから毎年この時期に
なると箱から出して飾っているのだ。
 
イメージ 2
 
 老夫婦二人の生活では、お雛様を飾っても是と言った事が有るわけでも無く
たま〜に 桃の花でも飾ろうかと言うことになり量販店へ花を買いに行く、以前
春に瀬戸内海一周の旅行で、岡山県あたりでは桜の花と桃の花が同時に、
満開に咲いて本当に綺麗だった。
 
イメージ 3
 
 
 今年の北海道は降雪量が例年の約半分、三月に入り一・二度の荒天は
有るかもしれないが、このまま穏やかに春が来てくれると嬉しいのだが。
 

 

この記事に

開く コメント(4)

 
イメージ 1
 
 じいさんは先日、以前から胃にポリ−プがあり定期検査の為留萌市立病院
へ行ってきた
今時期はインフルエンザの流行と重なるのか、外来フロア−は結構混んでいる。
 
イメージ 2
 
 美人受付嬢はマスク越に名前を呼ぶが、じいさんは近頃少し耳が遠く
なっており、聞き耳を立てていないと自分の名前を聞き逃す。
 
イメージ 3
 
 消化 器内科のお医者さんは若い医師だが、胃カメラの操作が上手く
口からのカメラの挿入も一度のゲエ−(失礼)で完了、ポリ−プは例年と
変わりがないと言うことで一件落着!
 
イメージ 4
 
 

 

この記事に

開く コメント(8)

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事