星への誘い

自然が好きな天文マニア「星への誘い」の管理人のブログです。

全体表示

[ リスト ]

北海道旭川のサイパル科学館で2月16日午後から17日午前に開催された木星会議に参加してきました。
木星会議は、1974年の仙台開催が1回目で、その後ほぼ毎年開催され続け、今回が第36回でした。
私は、東京で開催された第28回から参加しています。第29回が旭川だったので、旭川は2回目でした。
会議は全国各地で開催されるので、観光旅行を兼ねてもいます。
私が行けた場所は、高松、多賀、仙台、姫路、東京で、妻と一緒の時もありました。

16日は、昼過ぎに集合なので、家を5時前出て、羽田発6時50分のAirDo55便で仙台に向いました。
出発前に小惑星2012DA14を撮影予定だったので3時半に起きたけどベタ曇りで駄目でした。
羽田は、昔は浜松町経由のモノレールでしたが、今は京急でストレートに入れるので楽になりました。

旭川空港にはほぼ定刻の21時半頃に到着。気温は氷点下10度程度でしたがそれほど寒く感じません。
陽射しがあり風が無い為か、顔など露出部は痛い感じでしたが、それ以外は横浜の朝の方が寒い感じ。
会場のサイパル科学館も雪に囲まれており、近くの建物には長いツララが下がっていました。
イメージ 1

イメージ 2

木星会議は北海道大学の高橋幸弘教授の特別講演でスタートでした。
特別公演は、「北大ピリカ望遠鏡と飛翔体で探る惑星と地球の大気」です。イメージ 9

この講演は市民講演会を兼ねていたので一般の方々も参加されていました。
イメージ 15

以下、高橋教授の公演で投影された資料を撮影した画像を数枚アップしますが、説明は書きません。
興味のある方はコメントで質問して下さい。
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

下は金星のスーパーローテーションの周期変化の説明です。
イメージ 3

気球に望遠鏡を乗せて高度30km付近で数時間から数日間、木星を撮影する計画の説明です。
イメージ 4

イメージ 6

特別公演後、旭川天文同好会会長、サイエンスボランティア旭川会長、旭川市博物科学館館長からの挨拶、参加者の自己紹介でした。
その後、堀川さんから木星の近況報告(2012年〜2013年)が行われました。イメージ 5

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

その後記念撮影を行い木星会議初日は無事終了。
イメージ 13

夜は旭川駅近くの大雪地ビール館にて懇親会が行われ、大いに盛り上がりました。
イメージ 14

懇親会後2次会、ホテルに戻ったのは24時を過ぎていました。

管理者のWebサイト「星への誘い」へもお越しください。

この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

女の人もたくさんおられますね。驚きです。最近の女性はすごい!

2013/2/18(月) 午後 2:35 tos*ia*i*unko*obaya*hi 返信する

顔アイコン

そのような学会があるなんて知りませんでした。題名見た時にてっきり、木星の撮影をとことんやったのをシャレて「会議」と称したのかなと思ってしまいました。
面白そうですね。

2013/2/18(月) 午後 5:04 [ Skywalker ] 返信する

アバター

大変貴重な会議内容のご紹介ありがとうございます。
自宅に帰ってから再度じっくりと読ませて頂きます。
氷点下10℃がそれほど寒くないなら、3月の育樹やガリバーなら問題無しです。
又は昨日出かけた雪入は北天は比較的暗いです。
旭川の土産話ついでにご一緒しませんか?

2013/2/18(月) 午後 7:00 ☆シュミット☆ 返信する

顔アイコン

ヨネヤンさんこんばんは

有意義な会議でしたようで。
僕も仕事がなければ参加したかったです。
木星の北半球の変化に驚きました。
こやって並べると一目瞭然ですね。
木星観測は親から子へ、孫へ受け継がれないといけないと
月・惑星研究会で教わったことを思い出しました。

2013/2/18(月) 午後 7:27 タキ 返信する

顔アイコン

木星は短期間で激しく変化する部分もあれば長期間かけてゆっくりと変化する部分もあって複雑ですね。
興味深い資料をありがとうございます。

2013/2/18(月) 午後 11:36 ようかん 返信する

顔アイコン

としこばさん、コメントをありがとうございます。
この頃は女性でも宇宙に関心を持たれる方が多くなりました。
女性の天文学者も多いですよ。

2013/2/19(火) 午前 9:57 ヨネヤン 返信する

顔アイコン

Skywakerさん、コメントをありがとうございます。
学会ではなく、木星観測を行っているアマチュア活動家の集会です。
でも、高橋教授や渡部国立天文台副会長など、プロの方々の交流の場にもなっています。
木星や惑星の情報交換などが出来るので貴重な集まりです。

2013/2/19(火) 午前 9:59 ヨネヤン 返信する

顔アイコン

シュミットさん、コメントをありがとうございます。
土日の旭川は幸運にも風が弱く陽射しもあったので耐えられましたが、風があれば外出したくなくなる寒さでした。
関東南岸では北天を狙えないので、雪入は魅力的に感じました。
季節風が強い時に行ってみたいです。

2013/2/19(火) 午前 10:03 ヨネヤン 返信する

顔アイコン

タキさん、コメントをありがとうございます。
木星の近況は、木星の状況がよく理解でき、助かります。
高橋教授の公演はかなり面白く、有意義でした。それだけでも行った甲斐がありました。
機会があれば参加を検討してください。

2013/2/19(火) 午前 10:05 ヨネヤン 返信する

顔アイコン

ようかんさん、コメントをありがとうございます。
木星は短期的な周期変化と長期的な変化が混在しており、観察するのが面白い惑星です。
是非木星にも挑戦して下さい。

2013/2/19(火) 午前 10:06 ヨネヤン 返信する

顔アイコン

木星会議は本当に活動規模が大きいですね。
木星の動きはここ数年でも大きく変化しているんですね。長期的な変化と近頃の太陽の活動などもつながっているかと思ってしまいます。

2013/2/19(火) 午後 10:24 とりぷるあい 返信する

顔アイコン

とりぷるあいさん、コメントをありがとうございます。
最初の高橋教授の特別公演は一般の方も自由参加だったので、かなりの賑わいでした。
木星は太陽から遠いので、太陽熱の影響も多少はありますが、内部からの熱の影響が主だそうです。

2013/2/20(水) 午後 0:03 ヨネヤン 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事