身近な野鳥図鑑

撮り貯めた野鳥の写真を整理し野鳥図鑑として公開。ただいま鋭意編集中

オシドリ


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

コシアカツバメ

イメージ 3


イメージ 1

ツバメより一回り大きく、胸に黒い斑があるのが特徴。

イメージ 2

徳利状の巣を作るため、トックリツバメという別名もあると言う。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ごあいさつ

2011年から撮り始めた野鳥の写真を整理し、種類別に掲載しました。
今後も追加していく予定です。

【撮影者】
掲載されている画像は、全て私(sabitori)が撮影したものです。

【撮影地域】
ごく一部を除き、ほぼ全て千葉県内で撮影。

【撮影機材など】
キヤノン EOS7D f5.6-400mm たまにf4.0-600mm
(その他、ニコン D700 f4-300mmや、 スマフォのカメラで撮ったものもあり)
三脚はほとんど使用せず、手持ちで撮影することが多い。
野生動物の生活を邪魔しないよう、近くで長時間粘ったり追いかけたりせず、散歩感覚で撮影。

※鳥の種類ごとにか書かれている説明等は、あくまで私個人の主観です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ハマシギ

イメージ 1
手前はタシギ。
その後ろがハマシギ(冬羽)、くちばしの先端が、やや下を向いているのが特徴。
1月に撮影したので、地味な色をしているが、夏になると羽に赤褐色の帯が現れる。

はましぎ と聞くと、立原正秋著、同名の小説を思い出してしまう。

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

コチドリ

イメージ 2
コチドリ。春の訪れとともにやって来る。
東風吹かば・・・のコチ(東風鳥)と思っていたら、コ・千鳥だそうで。


イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事