T28のマイペース道楽な日々

マイペースにのんびりしたり、たまには無茶なことしていきます!?

全体表示

[ リスト ]

私は子供の頃に溺れかけた経験があり、その恐怖感は人並み以上ありました。しかし今では、プールでは泳ごうと思えばずっと泳げるし、海なら塩分多いからよけい浮くだろうし、たとえ泳ぐスピードが遅くても、もうそんな恐怖を直に感じることはないと思っていたのですが…(_;)
 
イメージ 1
 
イメージ 2
そんなわけで海老江トライアスロン直前練習会に参加してきました!会場へは家から30分くらい、8時30分に受付し、会費は1000円、ついでに震災募金のためのトライアスロン小冊子を200円で購入しました。久しぶりの海水浴ということで、日焼け止めは安いのでなく皮膚に優しい高いものを購入!
 
イメージ 3
 
9時から10分間、砂浜清掃〜。岩瀬の砂浜に比べたら人が捨てたゴミらしいゴミはあまり落ちておらず、拾ったのは流れ着く木の枝や海藻がほとんどでした。その後練習会の流れの説明と、有難い給水サービス、水とアクエリアスをちょうどよく割って、氷も入れてくれるのは感心しましたね〜
 
 
イメージ 4
 
そして水泳がはじまりました!気が付くと、水着は私だけで、他の参加者は全員ウェットスーツを着用しております!その時点で心配だったのですが、海に入るとめっさ冷たい〜!7月でもこんなに冷たいとわトライアスロン協会の方に聞くと、海老江の海の水温は20℃〜24℃、プールでは低くても28℃、高いところは30℃とのこと。4℃以上の差がここまで冷たく感じるなんて
 
ウェットスーツはそもそも浮力よりも第一は低体温症にならないよう、保温のために着るものらしく、
20℃以下になる春先のトライアスロンはウェットスーツ必須というのが分かる気がしました(_;)
 
そして泳いでみると、水中は最初からなにも見えない!最初のうちくらいは底が見えるかと思っていたのに
以前泳いだことのある、福井の越前海岸の海はとても綺麗で水中でも底が見えるのがよかったですね〜
 
 
そしてプールで習得したと思っていたヘッドアップクロール、実際やってみると波がくる瞬間だと思い切り海水ごっくん!(_;)
 
ウェットースーツ軍団においてかれる!
水温とても冷たい!
水中まったく見えない!
お粗末な自己流ヘッドアップクロールが通用しない!
 
クロールをあきらめて平泳ぎに変えるも、この時点で久しぶり溺れる恐怖感を思い出してしまったのか、息を吐けなくなってきて、吸うばかりになって過呼吸状態に!(_;)
これはアカン!ともう戦意喪失、平泳ぎオンリー状態で浜へ引き返すのでした。上がったときは手も足もまったく疲れてないのに息切れだけがスゴイ!恥ずかしながら、完全に溺れるかもしれないという恐怖にビビッてしまいました(_;)
 
イメージ 5
 
その後はバイク、ランの試走となりますが、バイク、ランともに道が狭いといったカンジでした。そして試走なのでコースの説明しながらでスピードは出さず、ウォーミングアップ程度で終了〜
 
今回の海老江大会は参加人数が過去最高でキャパいっぱいとのこと、ランはまだいいけど、スピードでるバイクでこの狭さで大人数が団子、そして前走者と7m以内に近づいてはいけないドラフティング禁止のことも考えると、かなり危なさそうで、バイクで下手に記録狙うのはやめといた方がいいと思いましたね(^^
 
 
イメージ 6
 
そして12時前に練習会が終わったあと、スイムの単独居残り練習!
もし体力が怪しくなってもすぐに岸につけるよう、水深が深くなるブイからテトラポット付近までを泳ぐことにしました。ガーミンで歩いて計測すると50mは余裕であるので、1往復で100mの計算となります。お粗末な自己流ヘッドアップクロールはやめて、クロールと平泳ぎとの組み合わせでいきます。たまに海藻が体にからまるとクラゲか!?とビビったりしつつも、さすが人間の適応力とゆーか、徐々に馴れていきました。
 
 
イメージ 7
 
100mで平均2分40秒、プールだと2分切れるのに40秒も遅いとわ!目標確認のための平泳ぎを入れているのと、目標に向かってジグザグで進んでいるのと、往復時のターンでプールのように脚を蹴れないこともあるのでしょうね。ま、泳ぎに関しては溺れる恐怖感を多少克服できただけでもよしとします(^^)v
 
浜に上がったとき、波に脚とられてフラフラして倒れそうになりました。1.5キロの半分でもこんな状態とわそして着替える最中何度もくしゃみをしてしまい、身体がけっこう冷えているのを実感しました(_;)
 
やはりオープンウォーターは侮れない!水着のままでもなんとかなるかもと迷っていましたが、ここはおとなしくウェットスーツをレンタルすることにします(^^
 
スイム
練習会では戦意喪失で100mも泳いでない!?
単独居残り、テトラポット往復練習
0.8キロ 21分31秒
2.2 km/h (26'53 /km)
 
バイク
23分47秒 7.09キロ
平均 キロ3分21秒 
平均 94bpm 最大108bpm
 
ラン
15分1秒 2.56キロ
平均 キロ5分52秒
平均 114bpm 最大129bpm
 
今回の練習会で自分が実力ははっきりわかりました。オリンピックの平均タイム、2時間40分内を狙う目標は、もはや下方修正どころでありません、制限時間ギリギリ完走でよしとします(^^
水泳、バイク、ともに安全第一にまったり楽しむことにし、ランだけ50分切り目指そうと思います!('')
 
7月12日追記
 
 
イメージ 8
 
ウェットスーツが届き、休みをとったのでさっそく試泳することにしました。本当なら海老江で泳ぐのが一番なものの、天気が悪いので海も荒れている可能性あり、無難にプールにしました。
 
県のプールは2時間で510円と割高なものの、ウェットスーツ着て泳ぐのが許可されていて、プールも50mと長くて水深も深くて実戦的!?
 
ウェットスーツを早速着用!サイズはよく分からないので、首囲、胸囲、腹囲、身長、体重などを送って、レンタルするところにお任せにしたところ、サイズはSMTとなりましたが、私には正直キツイんじゃないかと思っていたところ、やっぱりキツキツ!!(_;)
 
イメージ 9
 
しかしゴムで伸びるからこんなものか、ウェットスーツを着ると体が締まって見えるのがいいですね!(^^)v
今回フルスーツとロングジョンで迷いましたが、夏場なのでロングジョンにしました。
 
で、早速プールへ。午後2時以降に来たので人が少なくてラッキー!そしてさっそくどれだけ浮くものかと思ったら、浮き輪のようになにもしなくても顔が水面に出ているほどは浮きませんでした。レンタルだけに新品でなく年数経っていて、ゴム内の気泡がそれほどないのかも?
そして、早速泳いでみると、確かに下半身が浮くのでキックがさほど必要でなく腕の力だけでガンガン泳げます。しかし目標見失わないために、平泳ぎもまぜていくのですが
そして泳いでみるとゴムで押さえつけられてる感触からかキックがやりにくい!クロールなら浮力あるから問題ないけど、平泳ぎのキックがやりにくい!(_;)
 
ウェットスーツでのプール水泳データ
 
クロール 100m 1分37秒   3.7 km/h (16'10 /km)
平泳ぎ  100m 2分16秒   2.6 km/h (22'40 /km)
 
1500m 休憩なし、クロールと平泳ぎ混合
 
28分45秒 100m平均 1分55秒  3.1 km/h (19'10 /km)
終わった直後の心拍数は138bpm
 
クロールは速くいけるけど、平泳ぎはウェットスーツが逆に脚の動きを邪魔して遅くなるといったところですね。フルスーツだと腕もゴムで動き邪魔され、クロールも遅くなるのでわ!?
泳いでいる最中、どんどんウェットスーツないに水が入っていきましたが、オーダーメイドでないだけに、これは仕方ないことなのでしょうかね。ちなみにウェットスーツを脱ぐ時間は45秒くらいかかりました。下手に早く脱ぐと足を攣ることもあるそうなので、レースでも確実にゆっくり脱ごうと思います(^^
 
今回の試泳でスイムに対する不安が減り、大会へのモチベーションがまた上がってきましたね!(^^)/

この記事に

開く コメント(12) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(0) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事