ここから本文です
いい釣夢気分!
自称 原人バカサバイバー相模の釣師のブログです

書庫全体表示

記事検索
検索

全354ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1



そろそろ、わかさぎシーズンも佳境に入り思い残すことなく暴れようと

源流釣行の相棒ルアーKとテスターを務める相棒

そして相模の釣師の3名にて相模湖ドーム船へ

前回の借りを返そうと気合十分で相模湖へ乗り込んだ

いまいちわからないローカルルールに悩まされたが

無事に3名並んで釣座を確保していただいた

今回もお約束の遅刻となった相棒にアドバンテージを広げようと

乗り込んですぐに開始した


イメージ 2


相変わらず絶好調の相模オリジナル工房の電動リール&竹穂先

今回で3回目となるルアーKも、だいぶ様になってきている

しかし魚影はあるものの、なかなかワカサギが口を使わない

まだ4匹しか釣ってないのに、テスターであり最強のライバル登場
(30分遅れでした)

これでは逃げ切れないぞと必死に誘うが・・・

不思議なことに相棒が始めると群れが入ってきた


イメージ 3


魚群探知機に反応が・・・・魚群が映る

ここで私は一気に逃げ切りを図る

面白いように数が伸び、多点掛けを連発!!!

相棒&ルアーKの二人に差を広げ、今回は勝てると思った

ここでの油断が命取りになる

相模オリジナルテスターの相棒のヤル気スイッチONしてしまった

怒涛の釣果で、一気に差を縮められてしまった

私が休憩を繰り返しデッキでくつろいでいると・・・・

逆転されてしまう事態・・・・嗚呼


イメージ 4


ルアーK君のジェットボイルで湯を沸かしカップ麺でランチ

3名分ありがとう〜K君

昼食中にも、どんどんと差を広げられてしまう

まだ追いつけると思っていたが相棒は食べながらでもカズを伸ばす妙技を見せる


イメージ 5


デッキではルアーK君が昼寝タイム・・・・

どこでも寝れるのは減流野郎の証かwww



イメージ 6


カモを眺めながら・・・もう追いつきそうも無い釣果に愕然とした

100匹近い差を広げられては、白旗降参です

手を休めることなく怒涛のラッシュを続ける相棒

しかも食いが悪い時は、神業引っ掛け釣りを見せる

俺が教えてやるよ・・・なんて言ってた頃が恥ずかしくなってくる

イメージ 7


けどね俺だって船中真ん中より上ですぜwww

終盤は昼寝してスッキリしたルアーKにも追い込まれ焦ったが

何とか交わして終了となった


イメージ 8


私と相棒の釣果です

見事に相模オリジナルテスターの相棒は船中1位を獲得

そう私の手作りタックルで常連も驚く結果を出してくれた

高級電動リール組を見事蹴散らしてくれたのだった
(製作者本人が蹴散らしたいところだがwww)

私153匹、相棒270匹(撮影後に3匹追加)

100匹以上の差をつけて終了となった

ちなみにルアーK君も見事三桁でした〜


イメージ 9


竿頭を祝ってジャンプ〜♪

私の集中力の無さが露呈したが、相棒の超絶怒涛の急成長には

私の顔も緩みっぱなし嬉しい限りだった・・・・・

そろそろ私も本気を出す時が来たと思えた(もう出しまくってますがね)

次回は接戦になると、いや連敗中だから接戦すると誓った

いよいよ泣いても笑っても、残すところ数回(多分一回)

四桁の偉業目指して相棒と共にワカサギの神に選ばれるよう

やるだけだぜ〜


イメージ 10


反省会は・・・恒例の激辛対決

激辛王の我々にとってはピリ辛でしたが、超絶美味しかったです

ちなみにルアーKは味噌ラーメンでしたwww


イメージ 11


相変わらず美味しいワカサギの天ぷらでしたよ〜




自分の魂込めて造った道具にケチすらつけず

釣りまくる相棒の姿は負けた悔しさなんて屁でもないくらいに嬉しい

そしていよいよ来月から、完全オリジナル電動リール製作がスタート

おかげで素晴しいモチベーションで始められることを感謝♪

ハンドメイドは熱が冷めないうちに作れってね(笑)


イメージ 12







わかさぎドーム船〜相模湖の激闘 END








広告






この記事に

イメージ 1


仕事と釣に追われる日々を過ごしていると他のことができないことが多い

一番代表的なことが・・・ヘアカットwww

年度末は滅多に休めない日曜日に美容室に行った

サクッとカットしていただき、さてこれからどうしようか

昼前から渓流に行く気もしないので山歩きに決めた

今回は未だ登ったことのない松茸山

山と高原地図にコースが載ってない山だ

とにかく早戸川下流域の登山口へと向かう


イメージ 2


丹沢のアングラーなら、この看板を目にした人も多いだろう

とりあえず、看板に書いてあるコースをじっくりと見ながら

午前11時からでも余裕で帰ってこれるのを確認し登り始めた


イメージ 3


かれこれ5年近く丹沢オンリーで登り続けると

歩いたことの無い登山道ルートが少なくなった

だから低山とは言え、今回はなんか新鮮な気持ちで登り始めることが出来た

想像していたよりも良さげなコースから始まった


イメージ 4


特別、危険な箇所も無くファミリー向けかもしれない

忘れかけていたドキドキを久し振りに味わう

未開のルートって本当に気持ちがよいね


イメージ 5


地図にも載ってないしGPSを見てもコースが載ってないので

どの付近に居るのかさえわからない・・・・

山頂までどのくらいだろうか・・・・

登り一時間だと看板に書いてあったが・・・・


イメージ 6


おそらくピークのようなので、ここが松茸山山頂かな

標識すらないので困ったwww


イメージ 7


山頂付近には防火水が設置されていた

山火事に使うのだろうけど・・・水足りないでしょ?


イメージ 8


唯一山頂付近から望めた丹沢山塊の景色

木々に囲まれて、景色はあまり見れません


イメージ 9


昼食を食べたかったのだがベンチすらないので歩いてたら

分岐点まできてしまった・・・・

仕方ないので下山を開始した

下山中も休憩できるベンチが無く困った


イメージ 10



結局は麓を流れる水沢川園地の東屋で昼食となった

渇水している水沢川が視野に入った

川原では家族がBBQを楽しんでいた


イメージ 11


湯を沸かし、エースコックのわかめらーめん味噌を食べる

寂しく男一人で食べる昼食

男一人で食べても美味しいカップ麺

寂しいとは思わない、孤高の源流アングラーの私は慣れっこだ

ちなみに友達が居ない訳じゃない、むしろ多い方だ

誰も居ない東屋で昼寝をして帰ることにした


イメージ 12



お約束の自撮りジャンプ〜〜〜〜〜♪

関係ないけど俺はサンシャイン池崎が好きだ・・・・・・


しかしながら渇水している川ばかりですね

源流シーズン本番に向け、自分のすべきことをするだけだね











丹沢・松茸山トレッキング END











広告










この記事に

イメージ 1


仕事の忙しさのピークを迎えながらも体を休めることなく

俺の渓流解禁準備は自分自身を鍛えることだと言聞かせ

体力、メンタルを鍛えるために時間を見つけては山歩き

とは言え、休日となると早起きは油断して失敗に終わる

午前8時起床では、ロングコースを歩ける山は無理

って事で、登ったばかりの近くの山をコースを変えて登ることにしました

本当は、鎖場の多い難攻不落な低山に向かったのですが

駐車場が釣り人で満車で諦めてココにしました


イメージ 2


宮が瀬湖畔の駐車場に車を止めて、ひたすら湖畔沿いを歩く

30分ほど歩くと、土山峠からの登山道が出てきます

今までは下山に使っていたコースなので

ここから登るのは初めてなので若干フレッシュな気持ちでした


イメージ 3


花粉の多い植林地帯を抜け、冬枯れした登山道を歩きます

休日なので人気コースは混雑してそうです


イメージ 4


途中で、ほぼ廃道となった林道を歩くと

再度登山道へ向かう標識が現れます


イメージ 5


尾根をひたすら歩き、稜線に到着すると

革籠石山に到着

最初の山頂ポイントです

低山とは言え、このコースは長いので侮れません


イメージ 6


仏果山へ向かう稜線は痩せてくるので要注意です

両側は崖となっており滑落の危険があります

この付近は痩せてる場所が多く危ないです


イメージ 7


途中で現れる丹沢山塊を見渡せる風景

雪はだいぶ溶け、丹沢山、蛭が岳の雪も溶けたようです

景色を眺めながら小休止


イメージ 8


ちょっと危険な鎖場が現れれば仏果山山頂は近いです

山頂のほうからは、人の声が響いてきました

ハイカーが沢山休んでいるようです


イメージ 9



仏果山山頂到着〜

着いてビックリ、休憩できるベンチが満席状態

結局、展望台も登らず次の目的地へ向かいました


イメージ 10



途中で見つけたベンチで一休み

お茶を飲みながら、行動食のソイジョイをかじりました

久し振りに多くのハイカー達と挨拶を交わす日になりました


イメージ 11


高取山手前にある、宮が瀬越

軽く小休止して空腹を我慢し高取山を目指します


イメージ 12


アップダウンもあり低山ながら歩き甲斐のあるコースです

汗をかきながら、自分頑張れと自分を応援します


イメージ 13


とりあえず山頂に到着〜高取山

いや〜お腹すいているのでホッとしました


イメージ 14


最近仲良くしている釣り仲間から頂いた香港カップヌードル

最近は国内でも販売してますが、日本語が書かれてない

香港カップヌードルですよ〜超美味しいです

ハイボールをプシュ〜っと一人乾杯www


イメージ 15


暖かい季節になりましたが山頂付近は未だ寒いです

ダウンを羽織り、ピリ辛のカップヌードルが染みます


イメージ 16


他の登山者が居なくなったのを見計らってwwww

飛躍を祈願してジャンプ〜〜〜


最近では浮遊していると言われてますwww



イメージ 17


たっぷりと休憩し下山開始です

直接、駐車場付近まで続く登山道を使います


イメージ 18


これからの季節(4月中旬〜11月)は山ビルに注意です

しかしながら丹沢=山ビルになってしまったな〜



イメージ 19


湖畔駐車場に到着〜しばし車中で昼寝をしました

気温も上がり、新緑の季節も近づき

トレッキングの季節になります

例年なら渓流解禁し釣りもしたいところですが

今年は、源流にこだわりたい気持ちもあって

もう少し自分自身を虐めておこうと思います











丹沢・仏果山〜高取山〜土山峠ルート END











広告









この記事に

イメージ 1



相模の釣師さんは渓流解禁しないのですか?

いろいろ考えもあって未だ解禁してないのですが

仕事が落ち着いたらマイペースでいこうと思っています


久し振りに横浜界隈で仕事が合って帰りにメバリングしてきました

日中は暖かくなったとは言え夜は未だ寒いです

防寒着に着替え恋する遊び島にやってきました

釣り人はおらず、独占状態


イメージ 2


真冬と違い、夜の始まりが遅いのでメバルタイムは少なくなるばかり

18時過ぎに日没を向かえ、早速キャストしてみた

とりあえず釣っておこうと言うことで

ガルプベビーサーディンからスタート!


イメージ 3



小ぶりではあるが久し振りのメバルの登場

メバル君の眼が可愛いですね〜

数匹のメバルと遊んだ後にルアーチェンジ

メバル用に購入したエリアトラウトのスプーン


イメージ 4


一投目のフォール中にド〜〜〜ン!!!

パールホワイトのスプーンでヒットしました

港湾では良型の22cmでした


イメージ 5


ヒラヒラとスローで巻いてもヒット!!!

今夜はスプーン日和かなwww

高活性のメバルを存分に楽しめました


イメージ 6


プラッキングにチェンジしてダイビングビートルでもヒット!

足場の高いポイントが多い東京湾では

ディープタイプのミノープラグが実績高いですね

波動も効果でてそうだけどね


イメージ 7


明日も仕事なので、数時間で終了しました

そんでもって、マルチアングラーを目指す相棒を誘って

翌日も行ったのですが・・・・何と完ボ

初メバリングの相棒に釣らせたかっただけに残念でした

自然相手なので仕方ないけど厳しいですね自然って(汗)

深夜の家系ラーメン食べて終了となりました




イメージ 8







メバリングin横浜ベイエリア END







広告







この記事に

キンメ料理三昧

イメージ 1



帰宅して、連夜のキンメ料理三昧となりました

釣果は・・・私のミスで6匹とイマイチでしたが

二人で食べるには十分すぎるのです

港から帰宅する時は、今夜は何にしようかな〜っと悩みます

今日はコレで、明日はコレだなとwww


しかし帰宅と同時に戦争状態になります

ソッコーで船釣り道具を洗ったり片付けたり

そして一気にキンメダイを捌きます(約二時間)


イメージ 2



当日は、新鮮なキンメダイを贅沢にシンプルに塩焼き

これやってみたかったんですよね

めちゃ旨いんです〜シンプルな塩焼きがwww

もう一品は、炙りにしました


イメージ 3


2日目の夜は・・・お約束キンメダイの煮付け一人一枚

私の場合、訳あって煮付けに酒類は入れません

ちょっと高めのノンアルコールめんつゆ+オリゴ糖を使っています

適度な浸かり具合から適度な中火で落し蓋をして15〜20分

物凄く旨いです、超旨いです


イメージ 4


初日の炙りは疲れからか見た目が悪かったので2日目の炙りを乗せます

綺麗に鱗を落とし、3枚にして炙りの準備

金属製のトレイに氷を敷き詰めて乗せます

3分乗せて待ってから一気にバーナーで炙ります

皮だけを炙り身に熱を通さないためです

イメージ 5


好みですが、私は脂が浮き出て焦げ目と香ばしい香りを感じたら終わり

キンメの皮が焦げて脂で照かれば成功です


イメージ 6



焦げ目が黄金色になってたら完璧です

いい感じに皮だけ炙れました〜


イメージ 7


この旨さ癖になりますね〜超絶旨いですからwwww

もう赤霧島が止まりません・・・・

やばすぎる旨さです本当ですwww


イメージ 8


嗚呼〜今夜も飲みすぎちゃったwww

しかしながらキンメは癖になりますね〜

次はいつ行こうかな

とっても美味しかったですよ〜








キンメ料理三昧 END






広告







この記事に

全354ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事