昨日から学校が再開しました。

今日はグランド練習。一昨日までの今シーズン最強寒波(!?) は無事に過ぎ去ったようで、風もなく暖かく感じる一日でした。

いつもどおり坂ダッシュからスタートし、その後はグランドでハンドリングやランニングの基礎的な練習を行いました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

まだまだ日暮れが早く、あっという間にボールが見えなくなってしまいます。暗くなってからは、グランドの未整地部分を地道に雪踏み。

イメージ 8

その後は校舎内に移動し、パススキルに絞った練習をして終了しました。

イメージ 9

イメージ 10

今日は非常に地味な練習でした。しかし、弱小の雑草軍団にとってはとても大切な練習。地味でも真剣に取り組まねばなりません。まだまだ下手くそなんだから。

成長には「蓄える」時期と「発揮する」時期がある。今はまさに「蓄える」時期。

*兎(ウサギ)と亀(カメ)
俊足の兎が鈍足の亀に負けた理由は、後ろの亀を見て余裕をかまして怠けていたから。「己を過信して怠ければ失敗する。あきらめずに継続して努力をすれば報われる」という教訓です。自分なりの歩幅でいい。一歩後退しても、また頑張って二歩前進。常に前を見て、あきらめず努力することが大切。

桜陽ラグビー部は兎ではない。
間違いなく亀。

地味な練習が続いても、自分の力としてしっかりと蓄えていけばいいのです。

   

この記事に

開く コメント(0)

小樽スクールと交流

  
本日は、小樽ラグビースクールの中学生と交流練習会を行いました。場所は小樽市教育委員会の敷地内にあるグランド。

イメージ 2

 はじめに体育館に集合、挨拶から⬇

イメージ 1

 その後、体育館横のグランドで練習開始。
 アップから一緒に行いました⬇

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 ハンドリング練習⬇

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 中学生はとても上手でした。

 バチバチのコンタクト練習も⬇

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

最後は、中学生の選手たちにボールキャリーとボディーコントロールの方法を指導させてもらいました。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

中学生の選手たちは皆素直で、真剣に練習に取り組む姿が印象的でした。とても素晴らしい!本校選手たちにとっても、中学生の手本になろうと意識高く取り組むことができ、時には指導しながら非常によい刺激になっていました。

もっと早く、このような交流の機会を持つことができたら良かったと痛感しました。本日はラグビースクール高井コーチには大変お世話になりました。

来週も交流練習会の予定です。
場所は本校グランドで行います。

*********************

さて、冬休みも今日で終わり。
明日から学校が始まります。
全校集会、そして確認テストから。
新年の良いスタートを切れるよう、
しっかり勉強して臨むこと。

練習は明後日から。
雑草魂で頑張りましょう。
  
   

この記事に

開く コメント(0)

今後の予定

  
本日はOFF。部員たちはしっかり休養していることと思います。また、センター試験に挑んでいる3年生たち。必死に頑張っていることと思います。これまでの努力の成果をしっかり発揮できるよう祈るばかりです。

さて、冬休みも明日が最終日、明後日から学校再開です。以下は2月末までの予定です。

イメージ 1

部活動停止になる2月中旬までに3度の遠征を予定(現在調整中)していますが、詳細は決まり次第連絡します。

毎年のことながら、冬休み明けは練習できる日数が非常に少ないです。特に2月は推薦入試に伴う部活動禁止日(完全下校)や、学年末考査がある関係で月の半分も練習することができません。3月も卒業式や一般入試がある関係で部活動ができない日が多くなります。あっという間に春休み、そして新年度を迎えます。今後は、いかに個人の取り組みを充実させるかが大切。選手個々の意識が問われます。

*********************

明日は当初OFFの予定を変更し、市教委(旧東山中学校)体育館に9:00集合、小樽ラグビースクールの中学生たちと合同練習を行います。ケガ人もおり動ける人数は限られますが、初めての交流なので楽しみです。

練習は体育館横の屋外スペースで行うようなので、学校グランド同様、スパイク持参、厚着をしてくるように。

時間厳守で集合すること。

     

この記事に

開く コメント(0)

心を鍛える

  
最強寒波はさすがに手強いです。
身体の芯から冷える感覚。

道内のある地域では−29℃を記録したとか。
−11℃の小樽はまだマシな方ですね… (笑)

今日もグランド練習。陽が射した時間帯はほんのわずか。ほぼ吹雪の中の練習でした。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 5

これまでの指導経験から、厳しい冬を前向きに乗り越えられたチームは必ず伸びる。追い込まれても諦めず立ち向かおうとする精神力、少々のことでは動じないハートの強さ、何よりチームの連帯感がより一層強くなるもの。北海道の厳しい冬は、技術だけでなく心を鍛えるシーズン。ラグビーは、心の強さとチームへの忠誠心が必要なスポーツですから。

話しは変わりますが、先日の芦別ウィンター合宿では、部員たちと寝食を共にすることであらためて多くの発見がありました。

例えば食事の時。

食事をしながら常に携帯をいじる者、喋ってばかりでいつも食べるのが遅い者、「身体を大きくしたい」と言うわりに少食な者、ご飯や味噌汁の配膳を積極的に手伝う者、準備も片付けも人任せで何もしようとしない者…

宿舎での布団運びや掃除の時。

自分の布団だけをせっせと運んで休憩する者、いつまでも荷物を広げっぱなしで周りに迷惑をかける者、掃除機をかけたりゴミを集めたり、自分にできる仕事はないかと積極的に動き回る者、自分の役目が終わればそこで終了、まだ掃除や片付けをしている仲間がいるにも関わらずそれを手伝おうという気が回らない者…

この他にも、自分のことに没頭するばかりで全体を見渡すことができない者、要領が悪く何事もうまく段取りできない者、後片付けや荷物の整理ができない者、タイムマネージメントができない者…

まだまだ子どもの集団。ラグビー以前に躾が必要だなぁ〜 と感じる場面が多々。何かと発見が多かった遠征でした。

今後も「心を鍛える」指導が必要。

厳しい環境や条件を言い訳にしない。
ラグビーを通じた人間性の向上。

桜陽ラグビー部、永遠のテーマです。

明日はOFF。明後日は予定を変更し、小樽市教育委員会の体育館で小樽ラグビースクールの中学生と交流を行います。

初めての試み。楽しみです。

********************

さて、明日から2日間、大学入試センター試験が行われます。ラグビー部10名の3年生のうち7名はすでに進路が内定。残る3名が明日からの戦いに挑みます。

イメージ 8

先日、センター直前講座のため登校していた池田に後輩たちからの激励の色紙を贈呈。檜山、土屋にも受け取ってもらえたようです。

椋哉、悠也、慎太朗、健闘を祈る!

  

この記事に

開く コメント(0)

最強寒波に負けず!

    
今日も寒い一日でした。
屋外にいると、寒さが肌に突き刺さる感覚。

現在、北日本の日本海上空には今シーズン最強クラスの寒波が流入しているとか。実際、道内の一部地域では暴風雪が吹き荒れています。

そんな中、雑草魂でグランド練習。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

多少吹雪いた時間帯はあったものの、視界が遮られるほどではありませんでした。途中でアクシデント発生も、大事に至らず良かったです。

今日も3年生の清水が参加。
ありがとう。

冬休みも残り3日になりました。
明日もグランドで行います。
  

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事