全体表示

[ リスト ]

殺し合う家族

気がついたら・・・

全然更新してないやんけ!

特に理由はありません。いや、アプリの方が面白くなっちゃったというのが本当の理由です・・・w

ゲームにはまるとそればっかり気になってしまうのは一生治らないようですw

訪問してくださってありがとうございます。すんません。

久々の更新ですが、また私のブラックな趣味の記事です。




最近読んだ本なのですが。

「殺し合う家族」 新堂冬樹

ご存知のかたもいらっしゃるかと思いますが

2002年の北九州監禁殺人事件という実際にあった事件が題材のお話で・・・本のタイトルの通りその事件は家族が殺し合いをしてしまった事件です。

途中マスコミに報道規制がかかり、テレビではやらなくなりました。それほど酷い、あり得ない事件です。

自分の家族を家族同士で殺し合い、切り刻み、子供もそれに加担し、さらに殺されています。

そして死刑判決がでた男性は7人も死者が出ているにもかかわらず、一度も殺人に手を加えてはいないのです。

ただ彼の巧妙な指示のもと家族同士で殺し合ったのです。

マインドコントロール

今でこそみんなが知る言葉ですが、血を流して怪我をするよりも、心が壊れてしまうことはなんとも恐ろしいと痛感します。

興味ある方はウィキででも調べてください。



私は人間心理というものにとてもとても興味があります。

自分自身がとても何に関しても冷めているために、何かにとり付かれた様に心を奪われて、常識を超えた行動を何故人はしてしまうのかという人間心理に深く興味があります。

例えば・・・幼女しか愛せないだとか、痛めつけられなければ快感が得られないだとか、自分の子供を殺すだとか、自分に傷をつけないと精神を安定させられないだとか、友人をなくしてまでもマルチにはまるだとか、全財産をなげうって宗教にはまるだとか、人を殺すだとか、人を殺して食べるだとか・・・

キリがないですが、いわゆうるキチガイになる由縁はどこにあったのかとか、何故そうなってしまったのかとか、答えがあるようでない。

人間って感情があるだけに、感情がぶっ壊れてしまうとなんとも厄介な事になるなとつくづく思います。









この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

ほう、それは興味深い。意外に近くで殺人は起きるものです。
なぎなぎさんの近くにも…
こわっ!

2010/12/12(日) 午後 11:07 [ ディライト ] <<コメントに返信する

そうだね。感情が壊れるとどうしてこうも人は変わってしまうんだろうと思うし、とっても怖いことだよ。。
個人的には脳が壊れてしまうんだと思うんだけど。。
祐ちゃんも、CT撮ったら前頭葉が萎縮してた。
過剰なストレスのせいか、過度のアルコール摂取のせいか、ペンキ屋さんだったからシンナーとかの有機溶媒か、はたまた脳梗塞のせいか・・・原因は分からなかったけど。
怖いよね。。

2010/12/13(月) 午前 6:47 うに <<コメントに返信する

そんな事件があった事知りませんでした(覚えていません)
『マインドコントロール』…私も理解できないんですが サリン事件でこの言葉を知り 『宗教』ってものに興味を持ちました。



自分は面倒臭い性格で 人に期待し過ぎるとこがあって いつも 1人で盛り上がって撃沈されるパターンが多いです



ストレス社会が産み出した現状ですね

2010/12/13(月) 午前 8:22 hac*i*on* <<コメントに返信する

アバター

ディライトさん。ええ。そう思いますね。ある意味私ですら、心が壊れた時、人を殺す事があるのかもしれません。誰にでもその要素は備わっていると思います。

2010/12/13(月) 午前 8:52 naginagi <<コメントに返信する

アバター

うにさん。マインドコントロールは脳の異常ではないと思っています。監禁されて精神が壊れてしまっていると、もう檻に鍵をかけなくても、逃げ出せないのです。
精神の支配は肉体の支配より人間をコントロールできるのです。この事件では女性が洗脳により殺人をいくつも犯しました。病気ではないので、裁判では最初は死刑判決がでましたが、その後無期懲役となりました。
祐ちゃんのように前頭葉が委縮してしまうのも辛いよね。本人ももちろん周りも、もっと辛かっただろうと思います。

2010/12/13(月) 午前 8:59 naginagi <<コメントに返信する

アバター

mimiさん。地下鉄サリン事件はその言葉が出回る事となった事件ですね。洗脳されてしまった人に罪はないのかあるのか。
洗脳した人は完全にその人の精神を支配してしまっているので、私個人的には洗脳された人に罪はないと思います。ただ・・・誰かに精神を支配されないくらいの強い意思と精神を私は持ちたいと思います。
人に期待しすぎるんだねw
めんどくさい性格というか、それでは傷つく事が多かろうに。と思います。
私は自分ができるからといって相手にもそれを求める事は無駄だと結婚生活で熟知しました。人はそれぞれみんな違う。

2010/12/13(月) 午前 9:07 naginagi <<コメントに返信する

あの事件は猟奇殺人系でも他とは一線を画すよね。
恐ろしいよ。
確か共犯の嫁ともその母親ともヤってたって言うんだからもう何が何だか・・・。
死体が全然見つかってないんだっけ?
裁判はどうなるんだろうね?

2010/12/13(月) 午後 3:30 ちうべい <<コメントに返信する

アバター

酷いコトをやらせてた子どもはどうなったか知りたいよ…
でも読むのが怖い…

同じ福岡県人って嫌だなぁ。。。

2010/12/13(月) 午後 4:06 ぉ花☆くみ <<コメントに返信する

アバター

ちうべいさん。鬼畜すぎて、文章にするのも恐ろしいですが、松永太は共犯の女性の姉と母親と肉体関係を持ち、それで家族が崩壊していたったと言われています。死体はずべて小さく切り刻まれ煮込まれ、それを子供に手伝わせていたのだからなお恐ろしい。
裁判は今のところ松永は死刑、緒方は無期懲役だったと思います。

2010/12/14(火) 午後 3:19 naginagi <<コメントに返信する

アバター

お花さん。子供は通報した少女を含めて松永と緒方の子供2人と預かっていた子供2人で5人いたと思います。
通報した少女は殺人にも死体遺棄にも加担しているため、その後どうなったか心配ですね。しかし自分の父親を殺されているので、両被告を相当憎んでいたらしいです。

2010/12/14(火) 午後 3:23 naginagi <<コメントに返信する

顔アイコン

あったねー、この事件。

洗脳。
ってのは、おそろしいね。
でも、人間って誰でも、何かしら、洗脳されてるんだろうね。
マスコミによる世論操作だったり、
有給とらせない会社の社風だったり、
オウムだったり、
江戸時代は、ちょんまげゆってたり。。

2010/12/16(木) 午前 1:19 [ s r i k r u n g ] <<コメントに返信する

アバター

s r i k r u n gさん。ちょんまげは洗脳だったのかw
人間の精神って本当に摩訶不思議だと思いますね。この事件は世界でも類を見ない凶悪事件だと思います。本来なら報道して、もっとみんなに考えさせるべきだとおもいますけどね。

2010/12/16(木) 午前 7:45 naginagi <<コメントに返信する

顔アイコン

やっぱさ、それがあたりまえ。
と、いう雰囲気に、入れられちゃうと、
人間、そーなっちゃうよ。
仕事で、思いつめて、自殺しちゃう人もそーだしさ。
正しい価値観って、あるよーで、ないよーなもんだと思うよ。。

2010/12/16(木) 午前 8:36 [ s r i k r u n g ] <<コメントに返信する

アバター

親や妻や兄弟や子供を殺して刻んで煮込むとか、もういくら洗脳だからといってなんで?って思うけど、実際自分がその立場だったらやってしまうのだろうか・・・とか考えると悪寒です。
正しい価値観って何を持ってそういうのかって言われら確かにそうだね。

2010/12/16(木) 午前 9:37 naginagi <<コメントに返信する

「いわゆうるキチガイ」は普通にシナ人に見られますね。
福岡での一家惨殺留学生なんかもその部類ですね。

2010/12/25(土) 午後 1:48 れおん <<コメントに返信する

アバター

私はキチガイにとても興味があります。どうしてキチガイになったのか。生まれた時からキチガイなんてほとんどいないのです。シナ人の残虐さも育った環境によるものではありませんか?

2010/12/25(土) 午後 10:00 naginagi <<コメントに返信する

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事