ここから本文です
バンクーバー風車小屋便り・全カナダ「ちびまる子ちゃん」愛好会
韓国系企業のLINEの利用者数は日本が世界一とは!どうして日本は韓国に媚びるのか?

書庫全体表示

過去記事「在特会の反韓デモなど、欧米の外国人排斥暴動から比べれば紳士的に見えてくる」http://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/62251293.htmlにおいて、近年ドイツで外国人への排斥リンチ・殺戮が増大していることに触れたが、いよいよそうしたおぞましい行為が在独日本人にまで及んできたようだ。

ドイツでレストランを経営する日本人料理人が「料理がまずい」ことを理由に、ドイツ人の男2人に暴行され、死亡するという事件が起きた。15日付で環球時報が伝えた。14日付ドイツ紙ビルトによると、死亡したのは「ノザワ」さん(57)で、同国北部のジルト島でアジアレストランを経営していた。事件が起きたのは12日の夕方。ドイツ人の男2人がノザワさんの店を訪れ、牛肉と野菜の焼きそばを注文。だが、2人は食後、金を払わずに逃走した。

その日の深夜、店を閉めたノザワさんはバーの前で偶然、この2人を発見。すぐに近づき、「1人10ユーロ払うよう」求めたが、2人は「料理がまずかった」などと難癖をつけ、払おうとしなかった。押し問答の末、ノザワさんは2人に殴られ、その場に倒れこんだ。ノザワさんは脳出血などにより、13日早朝に死亡。警察は2人の身柄を拘束し、動機などを調べている。ノザワさんはミシュランの星を持つ複数のレストランで料理長をしていたことがあるほか、ゴルバチョフ氏に招かれ、モスクワで腕をふるった経験もある。

 (XINHUA.JP  5月15日) 

2人組の男は島在住の50歳と36歳の工員で、12日夜、ノザワさんの店で無銭飲食して逃走。その後、近くのバーで偶然ノザワさんと遭遇して口論になったという。殴られたノザワさんは救急搬送され、13日午前、脳出血で死亡した。 警察は傷害致死容疑で2人の身柄を拘束したが、証拠不十分でその後釈放し、任意捜査に切り替えて事情を聴いている。 地元紙によると、ノザワさんはイタリアやロシアの有名レストランで働いた経験を持ち、今春から北海のリゾート地として知られるこの島に店を構えたという。

(毎日新聞5月15日)
 
慄然とするような事件だが、看過できないのがドイツの警察当局が、公の場(目撃者が十分いるはずなのだが)の殺戮にも関わらず、犯人を証拠不十分で釈放し、任意捜査にしてしまったということだ。
 
これもやはり前述の「在特会・・」記事でも触れたことだが、ネオナチなどによる近年のドイツ人による外国人暴力及び殺人事件では、警察や情報当局と極右勢力との間に怪しげなつながりがあるのではないかとの疑念の影などが落ちているのだ。
 
ノー天気な日本人は、最近ブンデスリーガで日本人選手が活躍しているのを見て、また第二次世界大戦中には日本との数少ない同盟国であったという理由で、何かドイツを親日国家などと勝手に考えているようだが、斯様な妄想とは裏腹に、近年のドイツにはこうした非コケイジャン(忌まわしい表現で言えば「白人」)への過激な偏見的排斥が大なり小なりあるようだ。
 
我々が見覚えがある有名な事例を挙げれば、女子サッカーにおける五輪決勝戦並びにワールドカップ決勝戦ではないだろうか。双方ともドイツ人の女主審が露骨にアメリカ寄りの偏向審判をしており、五輪ではほうぼうの外国マスコミもその異常な審判振りを(人種問題と絡めずにだが)報道していた。
 
一方、W杯のほうでも、このドイツ人女の人種差別行為はあからさまであった。仔細は過去記事「世界王者なでしこ日本 決勝戦で無視できなかった主審の卑劣行為の数々」http://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/60786183.htmlをご参照願いたい。
 
さらに2006年のドイツ男子ワールドカップでは、同国のマスコミまでもが偏見報道を公然と行っているのだ(「2006年ドイツ・ワールドカップの抽選会を来月に控えての危惧 ① 「ドイツマスコミの報道」」http://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/15518012.html 参照)。

ただローマは一日にしてならずという。こうしたドイツ人による矯激な人種差別暴動・暴行事件は近年外国メディアに注目されたというだけにすぎない。実はこの国19世紀以来伝統的な人種偏見国家なのだ。
 
ヒトラーの人種差別政策は有名だが、それ以前のドイツ帝国時代も同根だった。というかそうした土壌に育ったがためナチス党のようなカルト政党が合法的にドイツの寡占与党になれたのであろう。
 
そのドイツ帝国のラストエンペラーであるヴィルヘルム二世は、日本が日清戦争で近代戦に初勝利し、華々しく近代国家デビューを飾ったことを危惧して人種偏見思想の経典ともいうべき「黄禍論」を発表し、さらに日本を押さえるためロシア及び敵対していたフランスをも誘って日本に対して有名な「三国干渉」をなし、日本の血の代価を無為にしてしまったことは周知の事実だ。


近年ドイツに限らず欧州では方々で外国人に対する人種差別的行動が過激に行われている。それは過去記事「日本人よ!川島(福島)事件でヨーロッパに対する妄想からもう目覚めなさい!」 http://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/62074420.htmlでも触れたとおりだ。
 
日本の在特会でもここまで過激なことはしていない。日本人はいい加減ドイツや欧州に対する幻想から覚醒すべきであろう。

 
参考;
「なでしこジャパンの世界制覇は欧米人の人種偏見を打ち破る事象を引き起こした」
:
http://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/60794416.html

「デンマークが敗れた理由 ―デンマークは勘違いしていた」
http://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/59572824.html
 

閉じるコメント(8)

  • 顔アイコン

    ドイツが日本と同盟と言っても実際は当時のソ連と不可侵条約を結んだりと何股にもかけていて不誠実とはこのことですね。幻想を感じる方がどうかしていますね。私はやはり国内旅行がいいですね。傑作&TBします。

    千葉日台

    2013/5/17(金) 午前 7:13

  • 千葉日台さん
    仰せのようにドイツは日本と誼を通じているときも日本と戦っているシナに秘密裏に軍事援助をしていました。
    しかもヒトラー崇拝者達の経典ともいうべき、わが闘争というヒトラーの著書では日本人のことを公然と「黄色いサル」と呼んでいるのです。この部分は戦前日本語に翻訳された時日本側が勝手に削除していました。
    またシンガポールが日本軍によって陥落したとき、ヒトラーは、「アーリア人種が黄色人種に敗北するとは屈辱だ」と側近に語っていたそうです。
    日本の右翼はこうしたヒトラーの言動や思想も知らないから、未だドイツを親日国家のように我田引水しているのでしょう。

    ナイスとトラックバックを感謝します。

    ちびまる子評論家の彩帆好男

    2013/5/17(金) 午後 7:54

  • 午後 11:32 さん
    まったく在特会とはレベルが違います。繰り返しますが彼らは言葉だけですが、ドイツのネオナチは暴力・暴行しかも殺人まで繰り返しているのです。そのうえドイツ警察や情報局もそうした戦慄を厳しくとりしまろうとはしないのです。今回の件でも目撃者がいるはずなのに、証拠不十分で釈放ですからかなり悪質です。

    以前からの主張ですが、シナや韓国の妄言とは異なり、ドイツは戦時中のことで十分な謝罪など本当はしておりません。第一次世界大戦敗戦前まで自国の領土の何十倍にも及ぶアフリカ植民地支配をしていましたが、それらの国には未だに謝罪などしていないのですから。
    もちろん太平洋地域の島しょ国の国々にも謝罪はしていません。

    左翼とシナ・韓国・欧米の歴史観は露骨な牽強付会であり、欺瞞が多いようです。

    ちびまる子評論家の彩帆好男

    2013/5/18(土) 午前 5:36

  • ほんと21世紀になってもドイツは日本の同盟国だなんて思っている人いますからあきれます。 いまだにヨーロッパじゃ人種差別が強いんですね。信じられません。

    [ 日替わり弁当 ]

    2013/5/18(土) 午前 7:44

  • 顔アイコン

    サイパンさん
    ドイツは日本に次々抜かれました。
    指導国としてアジアの片隅の小国と言う卑下したところが貴殿主張の通り本来は人種差別本家ですから・・・こう言うことが起きても不思議ではありませんね。
    ただ事件に対する日本の政府外務省のふがいなさに実に腹立たしいですね。
    その点米なら厳正な捜査検証を要求しているでしょうね。

    [ 天空 ]

    2013/5/18(土) 午前 11:23

  • 自由 さん
    もうそうなると教条主義をも超えて、宗教じみていますね。そこまで現実に無知かあえて知ろうとしないのでしょう。右も左もそうした固陋な欠点があるため様々な問題を引き起こすのでしょう。

    海外での現実は庶民として生活して初めてその真骨頂が見えるでしょう。
    騙されてはいけません。

    ちびまる子評論家の彩帆好男

    2013/5/18(土) 午後 3:04

  • 天空さん
    確かに国家として面白くないことがあるのかもしれません。しかるに今回の愚昧な犯人達は日本人もシナ人も区別できない無知な差別的輩だったようです。ドイツの教育もおかしくなっているようですね。それにしても警察までぐるとは異常すぎますね。

    私もこんな重大事件に政府が沈黙を守っていること瞋恚に耐えません。それどころか日本の大手マスコミもつっこんだ報道が少ないです。これではドイツに舐められるだけでしょう。

    仰せのように諸外国ならアメリカのみならず、韓国あたりでもネット市民がネット攻撃などすることでしょう。日本人は官民そろってマゾヒスティックですね。

    ちびまる子評論家の彩帆好男

    2013/5/18(土) 午後 3:08

  • 辞書に首っ引き さん
    ナイス感謝します。

    ちびまる子評論家の彩帆好男

    2014/7/14(月) 午前 7:16

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(1)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

  • 大脱走

    大脱走のマーチです。 日本では「大脱走」と言うタイトルになりましたが、正式には「The Great Escape」です。   大脱走は先の大戦中のドイツ軍に捕まったアメリカ兵の脱走劇がモデルで主演は故・スチーブ・マックイーンです。   刑務所の床に穴を掘って脱走する計画をしているのが途中で見つかります。 それでも最終的には脱走し、最後は・・・。     さて、私は最近...

    千葉県日当台からの徒然日記

    2013/5/17(金) 午前 7:13

トラックバック先の記事

Yahoo! Choctle

ブログバナー

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です

検索 検索
 
今日
全体
訪問者訪問者249506413
ブログリンクブログリンク0220
コメントコメント1829398
トラックバックトラックバック01141
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23 24 25 26
27 28 29 30 31

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)
本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事