こんにちは、伊藤英子です。日々未来設計のために頑張っています。

「カラーコーディネーター」はどんな人が向いてるのでしょう?
「色が好き!」は大前提。同じくらいに大切なのが「人が好き」ということみたいです。
カラーコーディネーターの資格で、できる仕事たちの多さ!

カラーコーディネーターの資格がほしかったら、「カラーコーディネーター検定」の試験に合格することを目指すことになりますね。

■カラーコーディネーターの資格が手に入ると、どんな業界に就職できるんでしょう?

カラーコーディネーターの資格を持っている人が比較的多く就職しているのは、やはりアパレル業界でしょうか。デザイナーとかだけじゃないですからね、アパレル業界で色彩に関するセンスや知識が必要なポジションって。 
それから販売業界にも多いですね。これもやっぱり服とかを売る店舗とかが多いですけどもちろんそれだけじゃありません。 
あとはインテリア業界にも多いですね(インテリアコーディネーターだけじゃないです)。

……カラーコーディネーターのテリトリーをちょっと書いてきましたけど、実はものすごく広い(その分、層は薄い)のでちょっと書ききれません。 
ちょっと変わったところではフラワー業界なんていうのもありますし(実は私もそうなんです)。
実際、いろんなメーカーにも就職をしています。……だけど、それぞれの業界で少人数でしょうからあまり話題にもされないんです。 
たとえば、商品開発をするようなポジションで就職している例があちこちの業種であります。 
どうしてかといえば、最近は(というか、もうけっこう前から?)新しい商品やサービスを開発する場でカラーコーディネーターのアドバイスを求めるケースが多いからです。 
商品開発とかマーケティングをするときは、色彩が見る人に与える要素が無視できなくなっているからですね。 
そういう意味では広告業界にもカラーコーディネーターの需要はありますし、クリエイティブな業界、グラフィック系のデザイナーとかも、ときどきカラーコーディネーター資格をとってます。

この記事に

こんにちは、伊藤英子です。日々未来設計のために頑張っています。

「カラーコーディネーター」はどんな人が向いてるのでしょう?
「色が好き!」は大前提。同じくらいに大切なのが「人が好き」ということみたいです。

女性を引き立たせる洋服のコーディネートやメイクは、その方に心地よさや自信をお届けするためのサービスです。色の理論の前に、相手の気持ちを深く察してあげられることが大切です。
カラーコーディネーターの役割のポイントは、「色を扱いながら人の心に働きかける」ことです。ですから相手と気持ちを共有できることが大切。「人と接するのが好き」、と言えるみなさんに向いています。
その上で人々を納得させる「色彩」の論理が大切になります。特に空間表現や商品開発などの仕事では、自分のアイディアをアピールし、お客様を説得するプレゼンテーション能力は欠かせません。
「イメージをカタチに表現」する仕事には、必ずそのようなプロセスがあります。そこでかならず必要になるのが「色」に関する論理的な思考力です。
趣味で「色彩」を学んでいる人は多い?
お洒落のセンスを磨くために、手芸をもっと楽しむために…。
趣味を充実させるよう取得する方もたくさんいます。

フラワーデコレーションや手芸・工芸などの講座と同じようにとらえ、カラーコーディネーターの知識を趣味や生涯学習に活かされている方は少なくありません。
「色」の知識を身につける魅力のひとつは、自分の「パーソナルカラー」を知ることができることでしょう。人それぞれに微妙に異なる肌や髪や目の色(色素)。人が生まれながらに持っている色素にマッチした配色を、ファッションやメイクに活かせるようになれたら、それだけで楽しいと思いませんか?
もうショッピングで失敗することもありませんし、友達に自信を持ってコーディネートのアドバイスもできます!
また色彩の知識は、フラワーアレンジメントなどの趣味にも役立ちます。色の知識が豊富になると、食器やインテリアを選ぶセンスも磨かれます。いろんな色の活かし方がわかって、生活するのが楽しくなりますね!父との一緒に仕事出来る未来を想像するとワクワクします。

この記事に

未来設計に必要な資格

こんにちは、伊藤英子です。日々未来設計のために頑張っています。実現する日を夢見て進んでいます。カラーコーディネーターになる為に調べています。
・色を扱う仕事に資格は必要か??
必ずしも必要ではありませんが、知識を持っていることの証明になります。

一般には、色を扱う仕事に資格は必要とされません。しかし、色彩の知識を一通り学んでいることを証明する意味で、カラーコーディネーターの資格を取得しておくことは有利です。
また実際に、洋服やメイクそれからバッグなどの小物類などをアドバイザーとしてトータルにコーディネートする時に、色の知識がなければ、配色の組み合わせを躊躇せずにセレクトすることはできないはずです。
「資格」としてはかならずしも必要でなくても、色に関わる仕事をする人にとって、体系的な知識は欠かせないのです。
カラーコーディネーターの資格で求人はある?
配色のセンスを求めている募集はたくさんあります。

「カラーコーディネーター」の資格を条件、もしくはあると望ましい資格としている求人情報は増加の傾向にありますね。
代表的な求人は、ファッション販売スタッフ、店舗開発スタッフ、インテリアコーディネーなどです。特に百貨店では、カラーコーディネーターの資格を「社内認定ライセンス」と位置付けている会社も少なくありません。
商品販売や空間を作る仕事のなかで、間接的に色についての知識を取り入れているということですね。
「色」だけを専門に仕事をしている方はまだまだ少ないのが現実です。それでも「カラリスト」や「カラーコンサルタント」として活躍している色彩のエキスパートは存在します。そのような先輩も、最初は販売やフードコーディネートなどの仕事から始め、思考錯誤をしながら「色彩」の第一人者へとステップアップしています。
カラーの知識をすぐに活かせる仕事は、案外たくさんあります。根気づよく探していけば入口は必ずみつかります。

この記事に

未来設計に一歩づつ

伊藤英子は小さいころから未来設計をたてています。それは、大工である父と一緒に仕事をするということです。父からも色選びは大事だが難しいということを聞いていたのでカラーコーディネーターになりたいと考えるようになりました。資格を取る途中ですが、いつかは父と一緒に仕事をしたいと日々考えています。カラーコーディネーターの資格を取得するにはどうすれば良いか調べていこうと思います。
色彩検定ってどんな資格?

色彩の知識はどんな仕事に活かせるの?色彩検定の資格取得はどんな人に向いている?まずは、色の効果を活かせる仕事の全体像をチェックします。
色の知識を活せる仕事には何があるのかな?
ファッション業界、美容、WEBデザイナーなど、色を表現する仕事はたくさんあります。
色彩の知識を活かせるフィールドはたくさんあります。ファッションや広告のデザイン、アパレル販売、商品開発、ディスプレイ・建築、セラピーなどなど、さまざまな分野で色の知識は活かされています。
こうした仕事では色を豊かに表現できる感性も大事です。でもそれ以上に、色彩の持つ特性を正しく知り効果的な配色やデザインなどを理論的に説明できる力が大切です。
新婦のパーソナルカラーを活かしたドレスやブーケで、ブライダルをコーディネート。
テーブルについただけで、気持ちが明るくなり楽しい時間を過ごせるレストランの配色。
強い色、弱い色のバランスに配慮し、介護福祉施設などに活かされる彩り…。
もともと色彩に関心を寄せてきた人たちが、これまではセンスに頼っていた色づかいを、理論もしっかり駆使することで多様な分野で活躍しています。

この記事に

 伊藤英子は小さいころから未来設計をたてていました。それは、大工である父と一緒に仕事をするということです。父は自宅の庭に小さな小屋を建てて、その中で伊藤英子のために机や椅子を作ってくれました。腕がいい大工だったこともあり、伊藤英子が成長するに合わせて、机のサイズを大きくしてくれました。市販品では実現できない温かみのあるデザインと機能性は素晴らしく、友達からいいねと褒められると自分が褒められたような気分で嬉しくなりました。父の背中を見て育ったこともあり、自然と父と一緒に仕事がしたいという未来設計を建てるようになりました。高校生になるとその未来設計は具体的になり、カラーコーディネーターになりたいと考えるようになりました。カラーコーディネーターになりたいと感じたきっかけはやはり父の影響です。父が作ってくれた椅子に合わせたクッションを買おうとお店を見に行ったとき、どうしても気に入るものが見つかりませんでした。そのことを父に話すと、クッションカバーを自分で作ったらどうかと提案してくれました。ミシンは持っていたので、好きなデザインの生地を購入して作ってみたら、とても魅力的なものが出来上がりました。明るい色の布地を使って作ったクッションを部屋に置くだけで部屋全体が明るくなったように感じました。その時に、色って部屋の印象を変えるすごい存在だと気づき、色について興味を持つようになりました。父からも色選びは大事だが難しいということを聞いていたのでカラーコーディネーターになりたいと考えるようになりました。資格を取る途中ですが、いつかは父と一緒に仕事をしたいと考えています。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事