東日本大震災への祈りと伝承・みちのく巡礼

東日本大震災祈りと伝承[みちのく巡礼」,シルクロード2万キロの旅、四国遍路

全体表示

[ リスト ]

消えたベゼクリク千仏洞の壁画   灼熱のトルファン4   杜泉新生シルクロード2万キロをゆく197

タイトル右上の「すべて表示」をクリックするとすべての記事がご覧になれます。コメントや傑作ポチもこちらからどうぞ
イメージ 8
    コンピューターグラフィックスCGで復元でされたベゼクリク石窟寺院の壁画「誓願図」

ベゼクリク石窟の写真集と資料

  文物管理所で資料の提供をお願いすると、「中日親善のために…」と言って、写真等の資料をご提供いただいた。
 さらには、壁画のカラー写真が掲載されている写真集と、トルファン地域から国外に持ちだされた多数の壁画の模写が載っている本を安価でゆずってくれた。感謝申し上げたい。
 詳細は記事末の[コラム]を参照してください。
 壁画の模写は黒い線だけで描かれたものであるが、たいへん精密で、写真との対応は容易であった。また、模写に添えられている中国語の説明文がたいへん役立った。


 資料や写真集の転載許可も戴いたので、これも交えてご紹介します。

ベゼクリク千仏洞から消えた壁画


 約100年前にドイツ探検隊がベゼクリク千仏洞で見たものは、完全に砂に埋もれた石窟や、羊飼いの住居と化した石窟であった。ウイグル語で「絵のあるところ」「美しく飾られたところ」を意味するベゼクリク千仏洞は、その名前とは似ても似つかぬ荒廃状態にあったのである。ところが石窟の中に積もった砂を取り除いてみると、ドイツ隊の目の前に忽然と現れたのは、色も鮮やかな多数の壁画であった。(’〕荳疏や⇔驚喊泙覆鼻

イメージ 1
                          ’〕菴

イメージ 2
                          ⇔驚喊

 こうして砂の中から発見された壁画は、その後どうなったのだろうか。現在ベゼクリク千仏洞を訪れても、これらの壁画は、もはやほとんど見ることができなかった。
 では、ベゼクリク千仏洞の貴重な壁画は、この100年の間にどこへ消えてしまったのだろうか。


 ベゼクリク千仏洞から壁画が消えてしまった原因は、ドイツ隊に始まる各国探検隊の調査手法にある。 彼らはベゼクリク千仏洞から壁画・写本・仏像などを採取し、探検の収穫として自国に持ち帰った。とくに、アルベルト・フォン・ル・コック率いるドイツ隊は、膨大な量の壁画を切り取れるだけ切り取って持ち帰ったのである。(H沙門天図・な相華文・ハ仔士慍図など)

イメージ 3
 H沙門天図

イメージ 4
な相華文

イメージ 5
ハ仔士慍図



 さらに悲運なことに、ドイツに持ち帰られた壁画の多くは、その後の第二次世界大戦の爆撃によって失われてしまった。



 こうして失われてしまった壁画に関しては、探検隊が残した調査報告書の写真やスケッチなどが唯一の記録となった。東洋文庫デジタルアーカイブはこのような調査報告書のいくつかをコレクションに加えており、かつてベゼクリク千仏洞を飾っていた壁画を「デジタル化された壁画」として見ることができる。以下ではその中から何点かを取り上げ、紹介していきたい。


ベゼクリク千仏洞に描かれたウイグル人

ベゼクリク千仏洞は、シルクロードの西域北道の要衝であるトゥルファン地方に位置する。
 この地方を8世紀末以降に占拠したのはウイグル人であり、当時は仏教を信奉していた彼らが造営に携わった仏教遺跡の中で、最大のものがベゼクリク千仏洞である。
 ベゼクリク千仏洞の壁画や付近の遺跡から発見された幡には、そうしたウイグル王侯貴族の姿が寄進者(供養者)像として描かれており、かつてのウイグル人の様子を知ることができる。
これらについては前回の記事・ベゼクリク石窟の壁画を見てください。


 寄進者図には前回の記事ような列像が多いが、中には寄進者を単独であらわした例も存在する。その一つはΥ鷽兵埒沺9世紀)で、王侯貴族とみられる男性が華を手にたたずむ姿が描かれている。

イメージ 6
      Υ鷽兵埒

 

ベゼクリク千仏洞の誓願図


 ベゼクリク千仏洞を代表する壁画といえば、ドイツ隊がЮ栖蠖沺弊栖蟆茵砲般震召靴紳膕萍未諒媛茲任△襦

イメージ 7
         誓願図   この絵は、多くの場面のなかの一場面である。

 この種の壁画が「誓願図」と命名されたのは、それが前世における釈迦の誓願を描いていると考えられたためである。
 では、「前世における釈迦の誓願」とは何なのだろうか。

 仏教はインドの伝統思想、すなわち、人は何度も生まれ変わりを繰り返し(輪廻転生)、あらゆる現象にはそれ相応の原因がある(縁起、因縁)、という考え方を受け継いでいる。 そして、釈迦が覚りを得て仏となったことについても、前世における仏(過去仏)への供養と、それに対する過去仏からの成仏の確約(授記)がその原因である、と説く物語が生み出された。そのため、釈迦がいろいろな人物になって描かれている。

CG再現された「誓願図」

 龍谷大学では、各国の探検家が持ち去り、分散していた壁画のデータを集めて、コンピューターグラフィックス(CG)を駆使して失われた部分の壁画を復元した。
 それが龍谷大学の仏教総合博物館「龍谷ミュージアム」館内に展示されている。これを2000年に見学したことがある。

イメージ 10
 龍谷大学の仏教総合博物館「龍谷ミュージアム」館内にデジタル復元で甦ったベゼクリク石窟寺院の壁画回廊


イメージ 11
 【龍谷大学創立370周年記念】で販売された記念切手シート(2000年)


イメージ 9
  コンピューターグラフィックスCGで復元でされたベゼクリク石窟寺院の壁画「誓願図」(龍谷大学の仏教総合博物館「龍谷ミュージアム」)



[コラム]
ベゼクリク石窟の写真集と資料(参考資料)
 ー命申検А愿馬ト崘貉攅醂す遏團肇襯侫.鵝Ε戰璽リク》石窟』 (新疆人民出版社、上海人民美 術出版社)
       壁画のカラー写真が掲載されている。

 ◆惺眈司媛莉莞邸戞平戟顛楊噂佝納辧
  トルファン地域から国外に持ちだされた多数の壁画の模写が載っている。
 模写は黒い線だけで描かれたものであるが、たいへん精密で、写真との対応は容易であった。また、模写に添えられている中国語の説明文がたいへん役立った。

「9灼熱のトルファン」書庫の記事一覧

閉じる コメント(6)

顔アイコン

石窟の壁画類の繊細な線に鮮やかな色
無くして分かる宝物なんですね。
これらの美のテクニックが日本にもたらされて
今があるんだなーと思っています。
紹介をありがとうございます。傑作ポッチ☆です。

2010/2/15(月) 午後 9:36 文麿

顔アイコン

京ジョージさん
この復元画を見た後にベゼクリク千仏洞に行ってよかったと思いました。実際に窟15窟に足を踏み入れたとき。この復元図の世界が薄暗い窟内に展開されました。

2010/2/16(火) 午後 9:23 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

ほんとうにすばらしいものが国外に持ち去られてのですね。保存という名の持ち出しには私も複雑な気持ちになります。
ポチ!

2010/2/17(水) 午前 10:03 [ chama ]

顔アイコン

chamaさん
それぞれの壁画があるべいばしょにあってはじめて輝きを増すのにな〜といつも思います。

2010/2/17(水) 午前 10:16 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

ご参考までに。
ベゼクリク石窟の壁画は、1978年10月1日号の毎日グラフで、全体の一部分ですが紹介されています。

2010/2/23(火) 午後 4:02 [ 風の旅人 ]

顔アイコン

sei**icnさん
ありがとうございました。図書館へ行って探してみたいと思います。

2010/2/23(火) 午後 10:49 [ moriizumi arao ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者211432721
ブログリンク0384
コメント619836
トラックバック1692
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

知人

おなじみ

おなじみ2

おなじみ3

四国遍路

東日本大震災

登録されていません

絵画

仙台関係

仏教

意見

癒し系

旅と趣味

旅 シルクロード関係

旅 中国旅行と情報

イスラム諸国

登録されていません

旅 世界一周・世界各地

旅 (アジア・アフリカ)

歴史

文学・研究

趣味

標準グループ

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事