さくら農園便り

百姓見習い夫婦の日々の暮らし「里山に 暮らし遊びて 福さくら」

全体表示

[ リスト ]

サル襲来

昨日と今日の朝、待ちに待った雨が降り、カラカラの畑がやっと潤うとホッと一息ついていました。
 
そして昼になり、雨が止んで外に出ると夫が「玉ねぎが倒れとらん?」と一言。
 
「え??もしかして・・」と畑に降りて行くとまず目に入ったのはソラマメ。かたまりの中央がガバッと倒れています。
 
イメージ 1
 
そして、周りには食べ散らかしたソラメメの殻が散乱しています。
 
イメージ 2
 
「サルだ!ひどい!昨日の朝、もう少し大きくなってから採ろうと見ていたばっかりなのに。」
 
でも、昨日も今日も家にいたのに、サルが来たことに全く気がつきませんでした。
 
そういえば、今朝外で数回音がしたけど「?カミナリかな?」と思ったことを思い出しました。
 
畑の被害はソラマメだけでなく、玉ねぎも数個抜かれてあちこちに散乱しています。たいして大きく育っていたわけではないけれど、サルに食べられたとなると悔しい!
 
イメージ 3
 
ほかにも、やっと今年なったイチジクの青い実が、いくつかかじられ枝が折られていました。
 
ジャガイモも抜こうとしたらしいのですが、しっかり土寄せをしていて雨で湿った土が重かったせいか、2本ほど茎が抜かれた程度でした。
 
近所の人に聞いたところ、昨日は夕方6時頃、少し離れた集落に20匹以上群れで来て畑の玉ねぎなどを引き抜いて食べたそうです。そして、今朝は我が家のある集落に来たらしく、サルを追い払うロケット花火の音がしていたとか。
 
家にいたのに、来たことも花火の音も気がつきませんでした。「?カミナリ?」と思った時に外に出てみたらよかったのに残念無念です。夫も「味をしめてまた来るから、外出出来んね。」「今度来たら、ゴム銃で攻撃する!」と勇んでいますが果たして再襲来するでしょうか。悔しいなあ。  農園の妻

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

なんとも言いようがありません。よく原風景なんて言われるけれど何十年前にかえれるはずもなく生きるもの全て必死です。天変地異も地球の生き残りのためかも。山火事がないと実をはじいて子孫が残せない植物もあること知り地球の仕組みにいまさらながら畏敬の念を抱きます。小動物ともうまく折り合ってください。たまねぎ にんにく こしょう などは手をつけないと思っていました。

2012/5/17(木) 午前 10:23 [ toyo ] 返信する

顔アイコン

玉ねぎは大好きみたいです。今、あちこちの畑では、ソラマメやエンドウ豆が収穫時期を迎えていて、これがお目当てみたいですよ。出荷している農家では、死活問題です。困ったものです。妻

2012/5/19(土) 午後 7:03 [ さくら農園 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事