全体表示

[ リスト ]

森田実氏 公明党・創価学会を語る

2011.4.9

森田実の言わねばならぬ【272】

平和・自立・調和の日本をつくるために [272]
《新・森田実の政治日誌》『公明新聞』『聖教新聞』を読む/編集者と記者に正義の意識と逞しい魂を感ずる!/ともに大変にすぐれた新聞だと感じた

「正直は最善の策である」(セルバンテス)


 政党の機関紙では日頃、民主党と自民党2党の新聞を読んでいる。政治評論を行う者として、責任上すべての政党の機関紙を読まなければならないのだが、そこまで手が回らない。時間だけでなく金もないのが真実である。民主党と自民党は先方から執筆者用として送ってくれている。ほとんど執筆する機会もないのに送っていただき、済まぬことだと思っている。
 友人の平木滋さん(第三文明社編集局長)とこんな話をしたところ、「3カ月間、贈りますから読んでください」ということになり、最近読み始めた。平木さんと第三文明社の好意である。感謝している。「3.11東日本大震災」以後のことである。民主党と自民党の機関紙は週刊だが、『公明新聞』『聖教新聞』ともに日刊である。すごいことである。それ以上に、両紙とも内容にすごい迫力がある。紙面から熱気が伝わってくる。記者の力強い気が伝わってくる。このような言い方をしては民主党と自民党の機関紙担当者には悪いが、こちらの両紙にはただなんとなく義務として新聞をつくっているという感じがある。魂がこもっていないのである。だが、『公明新聞』『聖教新聞』には編集者と記者の魂がこもっている。新聞記事の行間から編集者・記者の熱気と正直さと一生懸命さが迫ってくる。
 共産党の機関紙は読んでいないが、どうだろうか? 一度読み比べてみたいと考えている。
 『公明新聞』『聖教新聞』の編集者・記者の魂は真っ直ぐである。そして編集者・記者として有能であると感じた。真実を書いていると感ずる。民主党と自民党と公明党の3機関紙を比べて読んでいると、近い将来、日本の政治の主導権は民主党と自民党から離れて公明党に移るような感じがしてきた。一生懸命・国民への思いやり・強い情熱、これがある組織は強いと思う。
 


 

2011.4.14

森田実の言わねばならぬ【287】

平和・自立・調和の日本をつくるために [287]
《新・森田実の政治日誌》公明党の統一地方選挙前半における「勝利」が教える、地域の人格者の存在の大切さ

「民を視ること傷むが如し」(孟子)


 公明党の知人は、4月10日投票の統一地方選挙前半において、2氏が惜敗したことを残念がっていた。1人は大阪府議選和泉市で惜敗した。1万9000票以上の得票を得たが次点だった。差は僅か約30票だったとのことである。横浜市でも1万票以上の得票で次点。約300票差だったとのことである。しかし、他の候補はすべて当選した。41道府県議選と15政令市議選に擁立した候補者は331人。329人が当選した。2氏だけが惜敗した。大勝利である。すごいことである。
 この原因は何か。公明党・創価学会の底力と努力であることは改めて言うまでもない。ここで最も重要なことを一つだけ記しておきたい。3人の私の親類の高齢者(3人とも80代後半)の体験談である。
 3人の親類はともに60年ほど前から千葉県X市に住んでいる。当時は新興住宅団地だった。やがて自治会がつくられ、近所づきあいが恒常的にできるようになった。最近ある信望ある人格者が自治会会長に連続して選ばれている。人望が厚く、余人をもって代え難い立派な人格者である。人柄は温厚で、謙虚で、何があっても動ずることなく、円満に解決してくれる。この会長のおかげでたいへん住みよい地域社会になったとのことである。
 この人格者の自治会長が創価学会の会員であることはよく知られている。このため、この地域の人々は創価学会に対して好感をもっている。私の親類は、この自治会長さんから頼まれたわけではなかったが、今回の選挙で、自発的に公明党候補に投票したそうである。私の親類は、最近、数名の公明党、創価学会の方々と会ったが、すべての人が謙虚で、上品で、立派な人たちだったと語っていた。
 私の親類は、いままで公明党に投票したことはなかったが、この人格者の自治会長から「公明党候補をよろしく」と言われれば、断ることはできなかった、というより積極的に公明党に投票しただろう、と語っていた。今回の統一地方選挙で初めて公明党候補に投票したのは、人格者の自治会長さんが支持する候補者なら間違いない、よい人に決まっていると考えて、投票したという。高齢者の3人は、親切で人格者の自治会長さんを尊敬し頼りにしている。高齢者3人の近くに頼りにできる立派な世話役が存在していることに私は感謝している。高潔な人格者の存在が、創価学会と公明党の信用を支えている。他の政党にも参考にしてほしいことである。大切なのは日常である。おそらく各地に、千葉県X市の自治会長さんのような立派な創価学会員がいるのであろう。公明党の時代が近づいているように感ずる。

閉じる トラックバック

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事