スキナモノヲ スキナブンダケ

検索ワードの1位が「グロブローサ」でグッときた。ちなみに2位が「多肉植物 児玉さん」で吹いた

全体表示

[ リスト ]


はい、どーもこんばんは。
チキンフィレサンドのレタスが苦手な pochi です。

まぁなんていうか、
別にチキンフィレサンドに限っての事ではないんですが、
要はですね、温かいレタスがパンに挟まってるのがイヤなだけなんですよ。
あの中途半端に生暖かい感じとか無能すぎ。

でも、コンビニなんかのハムサンドに挟まってるやつとかは全然平気だったりもする。
温かくないから・・・
むしろチーズ選手の方がいらないと思われる時があったりとか、なかったりとか・・・

とにかくですね、
温かいレタスなど断じて認めん!
温かいレタスは好きくないし、それに自分が買う時は芯の部分ばかり入ってる気がしますよ。
 

その点、たまごサンドの安定感は異常。
あの独特の味は家庭では出ないが何が入っている。
 
 
はい、そんな感じです。

 
 

えー先日ですね、交配の事を記事にすると言いましたよ。
はい、確かに言いました。

なので、
本日から2、3日かけて、交配やら種蒔きやらを記事にしていきます。

 

題して!!

 

           完全密着!!多肉素人交配語録     



 

うーん。
なんかダサいし、AVのタイトルじみてるのはいかがなものかと思うのでボツ。
シンプルにと思ってるんですが、どうしてもアクの強いタイトルしか思い浮かばないんですよねー。

どういうことでしょうか?(´・ω・`)




下手げにひねろうとすると、おかしなタイトルしか思い浮かばないので
 
 

 
      『初心者の為の交配、実生講座』 に決定します。


 
これはですね、
初心者による初心者の為の実生、実践講座になります。
まぁ決まったやり方があるわけでもないので、間違いという事は無いかもしれないけど、

独自の交配方法なので、かなりアバウトだったり、間違いやらなにやらあるかもしれません。
その辺の事はあまり深く考えず、ツッコミたい気持ちも抑え、温かい目で見守ってやってください。



はい。
では、早速いっちゃいますよ。


・・・と、その前に。
本日はですね、実生講座1『準備&初めての交配編』 ということで、
まずは受粉の仕組みからお勉強しませう。


 
おおざっぱに説明すると、
種子植物というのは、雄蕊(おしべ)と雌蕊(めしべ)がありまして、
その雌蕊の柱頭に花粉が付着する事によって初めて受粉します。
※結実(種子/実ができる)するかどうかという事は、この時点ではまた別の話なんで、後ほど。

 
図解で説明すると、


イメージ 1
 
 

左から、
①雌蕊は、柱頭、花柱、子房、胚珠とあって、
②柱頭(雌蕊の先端部分)に花粉が付着(受粉)し、
③柱頭に付着した花粉は、花粉管を胚珠に向けて伸ばし結実させる。

と、まぁざっくりだけど、だいたいこんな仕組みで種子や実ができるという寸法。
 
 
 
 
・・・で、本題です。
まずは、交配作業をするに当たっての準備が必要です。
使う用具などは色々あるのですが、
その辺はご自分の都合に合わせ使いやすいものを用意すればよいかと思います。


イメージ 2

                           ↑ 用具一式


左から、
①色々、道具一式 【油性ペン、ピンセット、はさみ、針金(極細)】
  とりあえず、ピンセットが無い事には何も始まらないというくらい必要なもの。

②左の画像と色は違いますが、針金を3,4センチ位に切ったもの。

③小紙片(ラベル用に)
 
④紙片に針金を通し、交配相手、及び、交配日を記入して、蕾下の茎に括り付けます。
  ホントはプラ製の方が良いのだと思いますが、紙だと下準備いらずに針金が通せるから・・・
  まぁ昨年もこの方法で特に問題なかったので、今回もこんな感じです。

つい忘れがちになってしまいますが、
ラベルを付ける作業(交配親の明記)というのはけっこう大事ですよ?
売るとか、売らないとかの問題ではなく、自分で交配したモノが何か分かってた方が、
育成のうえでのモチベーションや、愛着もまた違うと思うんですよね。
まぁ他にも理由はあるんですが、その件はいずれ・・・
 

はい。
では、まずは開花しているお好きな多肉を2種類選びましょう。
種子親(母親)になるものと、花粉親(父親)となるものを用意します。
ちなみに、
交配式というのは基本的に 『種子親×花粉親』 で表記します。

 
 
実際に交配するわけではないのですが、交配の参考例として・・・
 
 
 
イメージ 3
                  
                  ↑ 左 ザラゴーサhyb    右 野ばらの精
                       

まずはですね、二つの株をを少し距離を置いて並べるとよいです。
 

すると、どーでしょうか・・・
 
 

 

 
 
イメージ 4

 
  なにやらお互いに気になるようです。

        警戒しつつも、
 
    徐々に、にじり寄り始めます。











 
 
 
 
イメージ 5

 

      お互い確かめるよう
 
      匂いを嗅ぎあいます。

           すると、
 
    段々、警戒心がほぐれてきます。
 






はい。
ここまできたら、もう問題ありません。
あとは若い二人に任せ、邪魔にならないよう、陰でこっそり見守りましょう。

 






 
イメージ 6

                               
 

                                 




イメージ 7

                      はい、キタコレー!!

 
                          
                          
これにて交配終了です。
 

                            ど? 簡単でしょ?
             



 

…って、バカ!!



…って、バカ---!!
 


2回言っちゃったよ、おい!
 
 
そんなワケあるかいっ!                         




・・・すいません、悪ふざけしちゃいましたwww

ここから本当にまじめにいきます。



 
 
えーと。
エケベリアはの花はですね、ベル型なんだけど、花先が大きくカールして開いてるのと、
口が細くつぼまってタイプとがあるんですよ。

 
イメージ 8
   
        ↑ 花うらら          ↑ 七福神        ↑ トリマネンシス      ↑ ピンフィール

 
同じベル型でも、けっこう形が違って色々なタイプがあるんですよ。
交配しやすいのは、もちろん口の大きく開いてるタイプなんだけど、小さくても、まぁ慣れればいけます。



・・・で、
今回、種子親のモニターになる花はこちらです。
 

イメージ 9

                          ↑ 七福神の花


蕾の中で、黄色い花粉をマルマルモリモリ付けた雄蕊(おしべ)。
中心のミドリ色したポツポツしているのが、雌蕊(めしべ)です。

この雌蕊なんだけど、
1つに纏まってくっついてる感じのと、展開してるのとがあります。
まぁ時間差で展開していくのかもしれないけど、
経験則から、交配には特に問題ないみたいなんで、ボクは気にしてません。
 
 


イメージ 10

    ↑ くっついてるタイプ        ↑ 少し隙間ありタイプ          ↑ 展開タイプ


雌蕊は、開花してすぐだと、まだ受粉体勢が整ってないので花粉も付けにくいです。
個体にもよるんだけど、開花から2,3日位経つと、雌しべの先がジンワリしてくるようです。
これは、蜜が出てきてるんですねー。
この蜜が出てきた頃が、受粉体勢が整ったという証。
虫に媒介されてしまう前に、さっさと交配しちゃいましょう。

もちろん、
こちらは種子親になるので、雄蕊は必要ないです。
残しておいてもいいのだけど、自家受粉してしまわないように毟ってしまうのがベストかと。
(自家受粉しても構わないのなら取らんでもおk。)
花びらは、花粉を付ける上でとっってもジャマなんですが、
ジャマなら切ってしまっても構わないし、子房を傷つけなければ問題ないと思います。


 

はい、それでは雄蕊を外していきましょう。

イメージ 11

               

                                
 


イメージ 12
 
 
                  こんな感じで、一本ずつ丁寧に雄蕊を外します。
 
             試しに1つだけ花びらを全部外しました、 結果は1ヶ月後くらい。




 
一方、花粉親になるモニターはというと、

イメージ 13

                           ↑ 花うららです。


雄蕊は、葯(やく)と呼ばれる花粉の詰まった半葯が2つと、葯を支える花糸から形成されていて、
その半葯の中に、花粉嚢(かふんのう)という袋状の物を備えています。

・・・で、
その葯が開き、黄色い花粉がボフボフっと出てきたら花粉が使用可能になります。
見た目コロコロした感じの雄蕊はまだ使用不可、いくらやっても花粉は付かないんで・・・
 

イメージ 14

                          ↑ ラウイの花


開花前のラウイの花の中を覗いてみました。
葯がまだ閉じていてコロコロしてます。花粉も出ていません。
 
 

 
 
はい。
それでは、先ほど外した花粉親である花うららの雄蕊を・・・

イメージ 15
                   
                                          ↑ 七福神の雌蕊に優しく塗りたくります。


柱頭にしっかり花粉がのるように付けます。
 
 

そして、
 
イメージ 16

             ↑ 最初に準備しておいた花粉親のタグを花茎に括り付けます。

 
 


はい。
まぁそんな感じで花粉付けは終了です。

花粉をつける手段は、この方法以外にも、
細くて柔らかい筆で塗ってもいいし、カットした花粉親の花(花ビラ毟り済み)を、
直接グリグリ種子親の花の中に突っ込んでも良いと思いますよ。

以前、錦玉園に訪問した際、
児玉さんは、細い筆で花粉を採り、そのままパサパサ付けてた。
とってもプロフェッショナルな手さばきだったのを今も覚えてますよwww 
その時の記事




あ!!
忘れてましたが、
種子親となった七福神の外した雄蕊はですね、
 
イメージ 17
 
 
今回始めての試みなんですが、
今までは、余った?雄蕊は捨ててたんだけど、冷凍保存がきくという事なので、
いつでも使えるようにと、魔封波のごとくカプセルに封印し、冷凍保存にしておきました。
 
 
 
 

はい。
ということで、以上を持ちまして、本日の、
初心者の為の交配、実生講座1 

『準備&初めての交配編』 はこれにて終了です。


明日は、『種収穫&種蒔き編』 をお送りする予定です。




                 それでは、( ´・ω・`)ノ バイナラ

 

 
 

この記事に

閉じる コメント(20)

顔アイコン

温かいレタスがダメということは、ベーコンレタス炒めは、食べれないんだ。おいしいのに。

交配させるにはまず、『お見合いさせるんだ』、( ..)φメモメモ
その時、釣書は書かないの?
そっか、「種子親×花粉親」が、釣書になるんだね。
あとは意気投合した若いお二人に任せるのか。( ..)φメモメモ

みんなこうやって交配しているんだ。
よくわかりました。ポチ先生。
そこで質問です。
受粉する時間は関係ないですか?
キュウリは、午前中がいいと、聞いたことあります。
凸☆

2012/5/17(木) 午前 9:36 [ くまたろう ] 返信する

顔アイコン

おはよう(*^-^)
Ba-Baが一番知りたかった事教えて戴いて有り難うございました(=∵=)

実は一つ試してみた苗があるのだけど!?上手く出来てるかは
神のみぞ知るで・・・!!
次回も楽しみにさせています。早く〜みたいw(*^ω^*)
傑ぽっちΩポン!

2012/5/17(木) 午前 10:22 ばぁばです! 返信する

なーんかうまくできないなーって思ってたけど、
あたしは交配前のお見合いを全くしてないせいか!
そーよね、いきなりやったらだめよね。。そっかそっかー。。
ブフッwww

ラウィの花は無理やり開いたのですか??
花粉が出る前ってあんななんですなー。
そーいえば、ユリとかもそんなだったですね。
基本はどれも一緒ですなー。

次回も楽しみにしてます。
絶対にカビない方法を教えてください!w

2012/5/17(木) 午後 2:24 [ Shizuka ] 返信する

顔アイコン

こんにちは ぽちさん
すごい・・・・・プリントして保存版です。 いや〜本にして
出版すべきです。
ほんと わかりやすいし やっと理解できた(=^・^=)ってかんじ
ポチさんが投稿してくれなかったら 解らないまんま(自己流で)
交配していたところです。 てんてんとしては 世にトンデモナイ
疑問的な物を創る事に 蟠りを感じていたんです。(大げさかしら)
我が子は 農学の花卉専攻していたのに 忘れたと言って 非協力的
なんですよ・・・・・・愚痴
薬のカプセルに入れて冷凍するんだ〜〜〜〜〜
参考にさせて 頂きます。
ただ するか しないか 肩こりと戦うか は・・・わかりません ありがとうございました てんてん(=^・^=)

2012/5/17(木) 午後 3:40 [ てんてん ] 返信する

くまたろさん>

ベーコンは、ほうれん草と炒めるのがソーグッド!
レタスは認めませんwww

そうだよw
出会いが大切だから、まずはお見合いから始めましょうねw
ほんで、その後は… …ね♪
お二人にお任せしましょうwww

筆でやる人も結構いると思うから、
みんながみんなこの方法かは分からないよ!!
それに他の交配方法もあるかもしれないしねwww

受粉する時間?
もちろん夜でしょw(笑

イヤ、それはウソ。。
晴れの日の午後がいいとか聞くけど、ボクは仕事行く前の午前中に交配してるよ♪
ちゃんと種子も取れてるし、午前中でも特に問題ないんじゃないかなww

凸ありがとw

2012/5/17(木) 午後 6:40 pochi 返信する

ばぁばさん>

こんばんは。。
いえいえ、早速お役に立てたようで良かったですwww

1つ試してみたのですね。。
うまくいってるといいですね〜。
交配は、ちゃんと種子ができてるかを見るまでドキドキですよw

続きは、もうしばらくお待ちくださいね〜

ぽっちありがとうございま〜すwww

2012/5/17(木) 午後 6:45 pochi 返信する

あは、レタスね。
なんか口でかみきりにくいし、食べにくいし、確かにしんが多い気がする。


しかし、この記事素晴らしいよ。
一番大事なのは、やはりお見合いね。
伸びた花芽同士がたまに絡み合ってるのとかない?
あれは、深夜にひっそりあいを語りあってるんかね。
え?大事なのはお見合いじゃないって?

いやいや、わかりやすい。
これならできそうだーと思うような。
でも、ここからが大変そうな予感。

冷凍保存...φ(・??・´*)ヵキヵキ♪
すごいなー。

2012/5/17(木) 午後 6:47 ゆずりんご 返信する

shizukaさん>

そうですよw
ちゃんとお見合いから始めなきゃイカンですよ(笑

…って、我ながらくだらない事を書いたな。。。と、ちょっと反省www

ラウイは、少しだけ覗かせてもらいましたw
他にちょうど良い花粉の出てないおしべが見当たらないし、
ついでに、花も大きいので見やすいかなって思ってねwww

そうそう、大体あんな感じww
花粉袋開く前のってあんまり見ないでしょ。。

絶対にカビない方法?
ボクが知りたいですよwww
てか、先日の苗床少しカビってきた。。
湿度が高すぎるのかなぁ〜

2012/5/17(木) 午後 6:53 pochi 返信する

てんてんさん>

こんばんは。
いやぁ〜ありがとうございますww
ただ自分の作業した内容をを記事にしただけなんですけどねw

まぁ、必ずしもこれが正解であるわけではないので、
自分なりの交配方法を試すのも良いと思いますよwww

個人的には、作った交配種を世に出すつもりは無いのであまり深くは考えてませんが、
なるべく素性のハッキリした物を使う方が良いと思いますよw

花粉保存は初めてなので、次の交配時に使えるのかどうかは未知の領域ですwww

2012/5/17(木) 午後 7:09 pochi 返信する

顔アイコン

ぅんぅん冷凍、サボちゃんでもやってた。。。|・) ジーッ

2012/5/17(木) 午後 7:25 [ ニコるるるるる〜♪ ] 返信する

ゆ〜り〜さん>

でしょw
でも、基本おいしから買ってまうんだよね〜

あっ!ホント? 素晴らしい?
ありがとね〜www

もちろんそう。。お見合いは大事だよ。。
出会っていきなりなんてナシでしょ!(笑
あぁ〜、それねぇ〜。。
ボクも考えたんだけど、流石にそこまでするとやりすぎかなっと
思ったんで、
控えめの感じの絡みにしたんだよんww

記事では丁寧にやってるけど、意外とアバウトな感じでもいけるみたいよw
交配も数が多くて大変だなぁって思ってたんだけど、
それらの収穫で倍の作業になる事に気付いた今日この頃です。。

花粉を冷蔵庫に入れといたら怒られそうだ。(笑
『なんやの、これぇ〜』…ってねw

2012/5/17(木) 午後 8:26 pochi 返信する

にこるっち>

そっか、冷凍保存した事ある言うてたよね〜
…で、その花粉は使ったん?


あっ!なんか、めっちゃ見とる。。。


チッwww

|д・)ジーッ

2012/5/17(木) 午後 8:30 pochi 返信する

顔アイコン

レタスのお味噌汁とか炒め物とか、結構好きですけどね♪

実生はむかーしむかし、セントポーリアではまってました。
しかし現在の私には性が合わないらしく(笑)
芽が出ると興味を失うんですよね、いけませんね、育児放棄ってやつです。
野菜の種は冷蔵庫保存して数年使っていましたよ。
花粉を冷蔵庫で怒られるだなんて!
冷蔵庫には塗料とか香水とか石けんとか入っていますよ(勿論しっかりフタをしています)
湿度も低いので保存場所には最適なんですよね♪

2012/5/17(木) 午後 10:22 [ めりー ] 返信する

顔アイコン

次の花咲くまでに捨てられとった。。。|3・)ジーッ

2012/5/17(木) 午後 10:44 [ ニコるるるるる〜♪ ] 返信する

顔アイコン

こんばんは★初めまして〜(^^)
いつも拝見させてもらってます!
細かく説明していただき、とってもわかりやすいです!次回も楽しみにしてま〜す!

2012/5/17(木) 午後 11:38 [ yokko ] 返信する

すごい分かりやすいです!
交配の仕方をいろいろネットで調べてみたけどいまいち分からなかったから〜〜。
私も挑戦してみま〜す♪

ポチ☆

2012/5/18(金) 午前 8:53 ジャカジャカ 返信する

めりーさん>

レタス自体は嫌いではないんだけど、温かいレタスがね…
なので、レタスチャーハンも苦手ですwww

育児放棄…
それはあかんですよw(笑
生まれてきたコは大切にね。。。

野菜の種の保存ですかぁ〜。。。
そういえば、以前に永久凍土から発見された種子が発芽したと聞いた事がありますよ〜
まさに自然界の冷凍保存ですな。。

興味のない人にはまったく関係ないものですからね〜
花粉とはいえ、冷凍庫にそんなものが入ってるのはイヤなんじゃないですかね〜www

2012/5/18(金) 午後 1:11 pochi 返信する

にこるっち>

えっ!!!

そうなん。。。


やっぱり、お父上に?

2012/5/18(金) 午後 1:13 pochi 返信する

yokkoさん>

はじめまして、こんにちは。
ご訪問&コメントありがとうございますw

自己流になりますが、参考にしていただければ幸いですww
実生していく上で、自分でも記録になってよいかなぁっと思ったので記事にしました。

また、いつでも遊びに来てくださいね♪

2012/5/18(金) 午後 1:38 pochi 返信する

ジャカジャカさん>

ほんとですか!ありがとございま〜す♪

ボクも、最初はブロガーさんの交配記事を参考にしながら、
手探り状態で交配してました。。。
まぁ、あまりにもアレな結果だったんで、今回、色々試行錯誤しながら記事にしましたww

是非試してみてくださいね♪

凸ありがとうございますw

2012/5/18(金) 午後 1:39 pochi 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事