(有)厠之雲黒斎商店

自分の事で手一杯。仕事は請けられません。

TOP

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1
(中村良夫 「グランプリ2」より)
昨1969年の後半から新しい英国のレース・カー・メーカーとして颯爽と、実に颯爽と登場してきたニュー・フェースにマーチ・エンジニアリング(March Engineering)がある。オックスフォード・シャイヤーのビスターに本拠を置く工場で、同時に自社のレース・チームを持ち、若手ながらマクラーレンのM−7 AF−1、同じくM−6BのCam-Amカーの設計経験を持ち、かつ、コスワース・エンジニアリングでユニークなコスワース4輪駆動F−1をマイク・コスティンの指導で作ってきた、現在若手No,1のロビン・ハード(Robin Hard)をチーフ・デザイナーとし、旧F-2ドライバーであり、大学では工学を卒業したハードとは大学の学友で、自身は経済史を専攻したアラン・リース(Alan Rees)がチーム・マネージャおよび総務を担当し、リエイゾン・オフィサーとしてはすでにベテランのマックス・モーズレイ(Max Mosley)が主として外部スポンサーとの折衝に当たると共にPRも担当している。製作部隊の担当としては、彼らの中では最年長の、工場経営経験豊かなグラハム・コーカー(Graham Coker)をもって4人の共同経営スタッフを形成し、アラン・リース率いるマーチ・レーシングはクリス・エイモン、ジョー・シファート、同じくマーチ車を提供するケン・タイレル・チームは現ワールド・チャンピオンのジャッキー・スチュアート、同じくマーチ車を使うアメリカの巨大チームSTPでは、世界一速い男と言われるマリオ・アンドレッティ(Mario Andretti)と少なくとも4人の現在最高のトップ・クラス・グランプリ・ドライバーを抱えて1970年から多彩なスタートをする========
 
にいかれてます。
 
このブログは、私の体験談を書いています。
現在進行形ですから、すっごくやばいことも有ると思います。
勢いに乗って、無茶もやっています。
今まで巧くいっているのも、たまたま偶然が重なっていると思います。
また、私自身、ご指摘、ご教授を頂いた方のノウハウについて、作為的に表現をぼかしたり、公表を差し控えている内容もあります。
やっていることは事実ですが、このブログと、実際は一致しない場合もあります。

ですから、私の行為を皆さんにお勧めすることはありませんし、もし、真似をされるのであれば、このブログは情報のひとつ、技術的内容の多い読み物とお考えになり、ご自分の意思で、ご自分の責任で行ってください。

本ブログの類似行為による、被害、損害について、私は一切責任を負いません。

よろしくお願いいたします。

この記事に

開く コメント(0)

謹賀新年

イメージ 1
 
今年はもっと走りたいですねぇ。

この記事に

開く コメント(9)

イメージ 1
 
(中村良夫 「グランプリ2」より)
昨1969年の後半から新しい英国のレース・カー・メーカーとして颯爽と、実に颯爽と登場してきたニュー・フェースにマーチ・エンジニアリング(March Engineering)がある。オックスフォード・シャイヤーのビスターに本拠を置く工場で、同時に自社のレース・チームを持ち、若手ながらマクラーレンのM−7 AF−1、同じくM−6BのCam-Amカーの設計経験を持ち、かつ、コスワース・エンジニアリングでユニークなコスワース4輪駆動F−1をマイク・コスティンの指導で作ってきた、現在若手No,1のロビン・ハード(Robin Hard)をチーフ・デザイナーとし、旧F-2ドライバーであり、大学では工学を卒業したハードとは大学の学友で、自身は経済史を専攻したアラン・リース(Alan Rees)がチーム・マネージャおよび総務を担当し、リエイゾン・オフィサーとしてはすでにベテランのマックス・モーズレイ(Max Mosley)が主として外部スポンサーとの折衝に当たると共にPRも担当している。製作部隊の担当としては、彼らの中では最年長の、工場経営経験豊かなグラハム・コーカー(Graham Coker)をもって4人の共同経営スタッフを形成し、アラン・リース率いるマーチ・レーシングはクリス・エイモン、ジョー・シファート、同じくマーチ車を提供するケン・タイレル・チームは現ワールド・チャンピオンのジャッキー・スチュアート、同じくマーチ車を使うアメリカの巨大チームSTPでは、世界一速い男と言われるマリオ・アンドレッティ(Mario Andretti)と少なくとも4人の現在最高のトップ・クラス・グランプリ・ドライバーを抱えて1970年から多彩なスタートをする========
 
にいかれてます。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
 
MARCH702-6について、うだうだ書いてます。
MARCHと言う会社は、1960年代後半から1990年代まで存在した、「レーシングカーを作って、売った」会社で、一時はセカンド、サードカテゴリーを牛耳っていた時代がありましたが、バブルと共に弾けて飛びました。
 
時代はECOで、ECOに反するヒストリック・レーシングカーですが、なるべく長く走らせたいと考えています。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
 
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
 
さて、私の超個人的、又、「MARCH 702-6」と言う超マイナーな車両に絞った、超オタク要素の濃いブログにお付き合い頂き、大変有難うございます。
 
本ブログは、私の備忘録的要素が大きいため、読者様の事は全く考慮していませんが、「共感できるぞ〜」とか、「ためになったぞ〜」とか、「ここはどうなってるんだ〜」など、ご意見、ご要望がございましたら、何なりとお申し付けください。
 
世の中的に、「ECO」が進む中、ガソリンを消費し、クリーンではない排ガスを撒き散らす「ヒストリック・レーシングカー」をと何処まで維持できるかわかりませんが、精一杯頑張ってみようと思います。
 
 

この記事に

開く コメント(4)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事