ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

ミラノです。
でっかいドゥオーモが町の中心に聳え立っています。

このミラノのドゥオーモ(イタリアでドゥオーモとは、町を代表する教会堂のこと)は世界最大のゴシック建築。
14世紀から、約500年という長い歳月をかけて建造されたのだそうです。

印象はとにかく「でかい」のひとこと。
その迫力に圧倒されてしまいます。

イメージ 2

ドゥオーモは屋根の上に上ることもできます。
ドゥオーモには135本の尖塔があるそうで、そこには無数の聖人たちが立っています。

イメージ 3
ミラノの街を見下ろす聖人たちです。 レースのような繊細な装飾が見事。 北イタリアの中心都市であるミラノの人口は約130万人。 ロンバルディア州の州都であり、イタリア最大の商業都市としても知られています。 ミラノといえば、ミラノコレクションをはじめとするファッションの町としても有名ですね。 町にはお洒落な女性がたくさん闊歩しておりました。 また、世界で最も有名な歌劇場「スカラ座」もありますね。
イメージ 4

ドゥオーモの前は美術館になっており、ちょうど私が訪れた頃、「ピカソ展」が行われていました。

ドゥオーモの屋根から見た、ピカソ展を待つ長蛇の列です。

イタリアも日本も同じですね。
巨匠の展覧会はいつでも大混雑です。

イメージ 5
ドゥオーモ内部のステンドグラスです。 パリやシャルトルといったフレンチゴシックのものに比べると、イマイチ感が否めないステンドグラスでした。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
これは「スフォルツェスコ城」です。 ミラノ公爵フランチェスコ・スフォルツァによって1450年に建造された平城です。 とても無骨な城ですね。 内部は博物館・美術館になっています。 ミケランジェロの最後の作品「ロンダニーニのピエタ」もありますよ。 また、ミラノにはダヴィンチの名画もあります。 サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にある「最後の晩餐」。 遠近法の技法を取り入れた、これ以上はないといっていいほど有名な宗教画ですね。 私が訪れた時は修復中で、現在のように綺麗にクリーニングされた絵ではなかったのですが、修復家たちが作業をしている様子を見学することができました。
イメージ 9

これはミラノ中央駅のプラットホームです。
ミラノは駅が立派なことでも有名です。

駅舎の写真がないのが残念なのですが、まるで美術館や博物館のような駅舎でした。

この駅の食堂で食べたペンネアラビアータがうまかったのを思い出しますね(いたってフツウのペンネでしたが、本場で食べた初めてのペンネはうまかった)。


詳しい地図で見る



アフィリエイト 私のおすすめ:
ミラノコレクション2010 カネボウ フェースアップパウダー【ミラコレ】

この記事に

閉じるコメント(18)

  • イタリアに行った時、ミラノは行かなかったんですよね〜〜
    本当に立派なドゥオーモですね〜〜!!
    最後の晩餐も見てみたいです・・・

    [ モチコ ]

    2007/7/27(金) 午前 0:28

    <<コメントに返信する
  • お〜〜〜 すごい すごい いいなぁっ 俺も 行ってみたいです

    [ 建築や ]

    2007/7/27(金) 午前 3:48

    <<コメントに返信する
  • 素晴らしい細工ですね。レースみたい、たしかに。

    nnv*9*1

    2007/7/27(金) 午前 6:15

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    ピノコさん、最後の晩餐は今はかなり厳重に管理されているみたいですよ。

    さるみみの見た世界

    2007/7/27(金) 午前 7:01

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    建築やさん、ミラノは私もあまり見なかったので、もう一度行ってみたいです。

    さるみみの見た世界

    2007/7/27(金) 午前 7:02

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    飛び回れKさん、コメントありがとうございます。繊細で壮大で、フランスの大聖堂とは、また違った魅力がありました。

    さるみみの見た世界

    2007/7/27(金) 午前 7:04

    <<コメントに返信する
  • なんだか、街そのものが芸術ですね〜☆ 建築物の精巧さと、日本人にはない感性や芸術性に、とても惹かれました♪

    大杉水穂

    2007/7/27(金) 午後 11:06

    <<コメントに返信する
  • イタリア行ってみたいです、オペラとか聴きたいな〜♪

    [ mon**ys200*h19 ]

    2007/7/28(土) 午前 0:33

    <<コメントに返信する
  • 500年かけてつくったのですか。宗教の情熱ってすごいですね。
    そういえば数百年経った古いステンドグラスはガラスの上部が引力で薄くなっていると聞いたことがあります。

    [ BARRY ]

    2007/7/28(土) 午前 11:48

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    大杉さん、同じゴシックでもフランスとイタリアとでは全く違ったものになってしまうのが面白いです。

    さるみみの見た世界

    2007/7/28(土) 午後 5:14

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    モンキーさん、イタリアはスペインと並んで見所が多い国ですよね。

    さるみみの見た世界

    2007/7/28(土) 午後 5:14

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    バリーさん、ヨーロッパのカテドラルって何百年もかけて造られたものが多いようですね。
    ガウディのサグラダ・ファミリアもあれだけ時間が掛かっているというのは、当然のことなのかもしれません。

    さるみみの見た世界

    2007/7/28(土) 午後 5:16

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    うっひゃーよくこんなに上手く尖塔の写真撮れましたね@@ミラノもツアーで行きました。美術展の人すごいですね。長蛇の列って日本だけかと思いました〜

    puchan

    2007/7/29(日) 午後 3:01

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    ひぐまさん、フィレンツェのウフィッツィ美術館もかなり並びましたよ。名画はみんな見たいんですね〜。

    さるみみの見た世界

    2007/7/29(日) 午後 6:26

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    ミラノというと、どうしてもサッカーです。今年、来日しますね♪楽しみです。TBしますね♪

    かいざぁー

    2007/8/6(月) 午後 10:10

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    カイザーさん、ACミランですか。
    私はサッカーは詳しくないのですが、セリエAは見てみたいです。リーガ・エスパニョーラは現地で観たんですけどね。TBありがとうございます。

    さるみみの見た世界

    2007/8/6(月) 午後 11:55

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    ミラノは芸術の国ですね。今はACミランを思い浮かべますね☆それにしても深みを感じる街ですね☆

    masao

    2007/8/11(土) 午前 10:44

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    まさおさん、ACミラン。サッカーファンならそれですよね。

    さるみみの見た世界

    2007/8/11(土) 午後 8:30

    <<コメントに返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(1)

トラックバックされた記事

  • アルプス&イタリア〓

    ミラノ→ピアチェンツァ(イタリアvsモロッコ)→クールマイヨール、モンブラン→ツェルマット(&マッターホルン)→ユングフラウ中腹のクライン・シャイデック(Klein Scheidegg) →(ゴールデンパスラインで)ルツェルン→(ウィリアム・エクスプレスで)アンデルマット、

トラックバック先の記事

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事