ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

フランダースの犬(原題:A Dog of Flanders)は
英国のマリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー(Marie Louise de la Ramee)の小説
ペンネーム=ウィーダ(Ouida)

舞台はベルギー北部のフランダース(フランドル)地方。
現在ではアントワープから南へ6kmに位置するホーボーケン(Hoboken)が
主人公が生活した村と考えられています。

この作品を執筆した頃には、ホーボーケンにはまだ風車が残っていて、
アロアのモデルと思しき女の子がいたことも確認されている。

原作が書かれたのは1872年ですが、日本語版は…

1908年(明治41年)に『フランダースの犬』(日高善一 訳)出版。
当時は西洋の名が受けにくいと考えられ、
ネロは清(キヨシ)、パトラッシュは斑(ブチ)と訳された。

1929年『黒馬物語・フランダースの犬』(興文社、菊池寛 訳)、
1931年『フランダースの犬』( 玉川学園出版部、関猛 訳)など他にも訳がある。

1950年以降は、多くの出版社が手がけ、活字以外にも1975年に日本で
テレビアニメシリーズが製作され、絶大な人気を得ました。

私も幼少の頃、毎週欠かさず観ていた気がします。(しかしストーリーは殆ど忘却…)

原作は英国人のため「フランダースの犬」は地元には知られず、
日本人からの質問で、物語の舞台になったことが判明しました…。

アントワープ駅前にはネロとパトラッシュの像があります。

日本版アニメ オープニング曲
http://www.youtube.com/watch?v=IMfVDNaBB_I

ドイツ語版アニメ スペイン語もありました。各国語の勉強にどうぞ!?
http://www.youtube.com/watch?v=_9TVvvLA4WU

話を知っていれば感激のラストシーン!?
http://www.youtube.com/watch?v=4CgnKs1cmpg

ベルギー ホーボーケン  デ・アーレント醸造所(Brouwerij De Arend)
1955年までビール醸造所として稼動、残念ながら現在は行っていません。
ワイン輸入元、清涼飲料問屋として存続しており、
この「パトラッシュ」は1996年創設のプルーフ醸造所に生産委託したもの。

ベルギーでは委託醸造が盛んで、日本酒の桶買いやワインのネゴシアン業などを想起しますが、
高品質であることが多く、時代の潮流なのでしょうか…。

孤児のネロと忠犬パトラッシュの哀しくも美しい友情物語に感激したオーナーが、
高品質のビールを造りたいという思いから誕生したのがネロとパトラッシュ。

との事(^^;

●ネロ・ブロンド Nello's Blond    
2000年に誕生。コリアンダーを効かせたアルコール7%のブロンドエール。
ベルギービールを御存知の方は想像通りのオレンジ系風味。
スタイル:ベルジャン ゴールデンエール

●パトラッシュ Patrasche
創立110周年を迎えた2006年に誕生したアルコール8%のブラウンエール。
スパイス・黒糖を想わせる香り、ロースト麦芽の香ばしい甘味が魅力です。
ちゃんと美味しくて驚きました(笑
スタイル:ドュベル

こちらにあります↓
http://www.yoshidawines.com/product/182

当店でも好評ですが、数年内に輸入中止になると想像しています。
気になる方はお早めに。

この記事に

  • 顔アイコン

    wikipediaを参照していたら、ウィーダ(Ouida)の作品とありましたが、
    オープニングを見るとラメーさんとクレジットされています。
    どっちがホント?

    samuchosamucho

    2007/7/3(火) 午前 0:13

    返信する
  • 顔アイコン

    「ウィーダ」はペンネーム、「ラメー」は本名で、同一人物らしいですよ。
    「フランダースの・・・」と聞いただけで、うるっときますね。

    りみ

    2007/7/3(火) 午前 0:34

    返信する
  • 顔アイコン

    最後のエンディングにおける語りが切なさを加速させますね…
    追記しました。

    samuchosamucho

    2007/7/3(火) 午前 0:45

    返信する
  • 顔アイコン

    懐かしいですね☆
    以前ケーブルテレビでもやっていて見たのですが
    やはりエンディングは涙・涙でした。
    かつぽんも覚えていないのですが
    昔 姉と二人で仲良く並んで見ていて
    二人で泣いていたとよく言われました(^^;
    ぜひラストシーンをみながら
    飲みたいビールですね☆ 削除

    [ かつぽん ]

    2007/7/3(火) 午後 0:46

    返信する
  • 顔アイコン

    あまりにもかわいそうなラストで号泣したおぼえがあります。そしてかわいそすぎてこの物語が嫌いになってしまいました・・。でもビールは別です♪

    muu*u*wagon

    2007/7/3(火) 午後 8:56

    返信する
  • 顔アイコン

    かつぽんさん、物語の内容は憶えていましたか?
    このビールで思い出し、改めて一人パソコンの画面に向かい涙ぐむ吉田でした(笑

    samuchosamucho

    2007/7/4(水) 午前 10:46

    返信する
  • 顔アイコン

    むぅ2さん「子供番組なのにそりゃないよ」って声もあるでしょうね…
    切なさも人を育みますが。

    samuchosamucho

    2007/7/4(水) 午前 10:48

    返信する
  • ちょっと違うけど、シメイ(Chimay)は置いてないですか?

    小福

    2007/7/4(水) 午後 4:09

    返信する
  • 顔アイコン

    フランダース、キヨシとブチでは人気出なかったかもね。
    ウチの嫁は「かわいそうすぎて子供に見せるものじゃない」と言ってます。

    RT

    2007/7/4(水) 午後 4:33

    返信する
  • 顔アイコン

    小福さん、シメイは10年以上も定番ですよ。

    samuchosamucho

    2007/7/4(水) 午後 7:11

    返信する
  • 顔アイコン

    RTMGTさん、確かに奥様の気持ちも理解できます。
    ハッピーエンドが多い中、「あの世」行きですもんね…。

    samuchosamucho

    2007/7/4(水) 午後 7:14

    返信する
  • この話はこの間新聞の日曜版か何かに載っていました。本当に悲しい話でしたよね。何回見ても泣いてしまいます。

    [ - ]

    2007/7/4(水) 午後 9:42

    返信する
  • 顔アイコン

    キヨシもブチも天国で幸せに暮らしました…うぅっ。

    samuchosamucho

    2007/7/5(木) 午後 7:30

    返信する
  • 顔アイコン

    ブルジョワもルーベンスの絵画の前でつぶやいたことがあります。「パトラッシュ。眠くなってきたよ」。アントワープ(アントウェルペン)は実はファッションの町でもあるんです。日本でもラフシモンズやドリスヴァンノッテン(たぶん)というブランドなどがここ出身です。さらにダイヤモンド。宝石鑑定士の資格を取りたくて留学する人が多い町ですよ。

    [ tro*s_e*oil**75015 ]

    2007/7/10(火) 午前 1:49

    返信する
  • ブログにはUPしないかもしれませんが、中々企画物にしては良い出来だと思います。

    [ brillat savarin ]

    2007/7/20(金) 午前 2:12

    返信する
  • 顔アイコン

    ブルジョワさん、コメに気付かなくて失礼しました。
    ファッションとダイアモンドも有名ですが、
    具体的な名も出てくるあたり流石ですね!

    samuchosamucho

    2007/7/22(日) 午後 4:40

    返信する
  • 顔アイコン

    ブリヤさん、状態も良いですね。
    管理さえ良ければ、そこそこ熟成もできそうです。

    samuchosamucho

    2007/7/22(日) 午後 4:49

    返信する
  • 結局ブログにUPしてしまいました・・・・(^^;)

    [ brillat savarin ]

    2007/8/17(金) 午前 0:29

    返信する
  • 顔アイコン

    有難うございます。
    ブリヤさんが同じものを3本というのは意外でした(笑

    samuchosamucho

    2007/8/17(金) 午前 0:51

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事