全体表示

[ リスト ]

先日、エイボンタイヤの紹介をしました。

グリップ力と、ロングライフの両立。
どのタイヤメーカもしのぎを削ってこの2つを成り立たせる為に、日夜奮闘してるのに、未だユーザーにとっては納得の行く商品が出て無いのが事実です。


ですがそれは実は世間一般に知れ渡って無いだけでちゃんとあるのです!

それがこの「エイボン」だと言う事を☆



実際、自分が最初にエイボンタイヤの事を気になりだして調べてましたが、ネットで検索してもインプレッションはおろか、記事すら全くありませんでした。
(現在でも全くありません。。。。)






そこで総輸入販売元である「ドルフィン商会」さんにコンタクトを取り、詳しくタイヤの事を聞きました。

初めて連絡した田舎業者の自分にも代表の「椋木」さんは親切丁寧に詳しく説明して頂き、納得出来る事柄が多かったのとタイヤに対する思いや作り手のコンセプトが見えたので、「一度使ってみよう」と思い使用してみたのが始まりでした。










因みに皆さんがあまり「エイボン」の名前を聞かないのは単に宣伝してないからです。
それにロット販売やダンピング販売(簡単に言うと安売り)を全くしないので、大手販売店(ラ○○ランド・ド○○○ー○スタンド・南○部品・バイク○○ン・ファミリー○○)などの店頭にも、商品が殆ど在庫して無いのが現実です。



、いや、置いても売れないので置かないのが正解でしょうね。(笑)



だって、情報も無い、安くも無い、聞いた事も無い・・・・・そんなマイナーな商品を誰が買うでしょうか?








しかし、総輸入元であるドルフィン商会の代表、椋木さんは「良さが解る人だけ使ってくれればいいんです」と言います。
実際、使用してる人の多くはバイクショップオーナーの愛車が多いとの事。
まぁ、自分もその1人ですが・・・・・・・σ(^◇^;)




特に九州ではまだまだ浸透が浅く、知らない方が大半なので、之を気に知識として知ってもらえたら嬉しいです。






さて、前置きが長くなりましたが、エイボンタイヤが何故グリップとロングライフの両立を成功させてるのかを説明します。











1. グリップ力と制動力の向上

2. 耐久性の向上

3. 直進時、コーナリング時の操縦安定性の向上






   
  これらを両立させた秘密は、
   

  Variable.   バリアブル   変化する  
  Belt   ベルト   ベルトの  
  Density   デンシティ   密度 つまり VBD
             

ラジアルカーカスに、アラミド繊維のジョイントレス.プライコードを、リムに平行に巻き付ける手法は 今やMCラジアルの常識。
エイボンは工夫しました。


コンパウンドを柔らかくしてグリップ力を向上 させるだけではなく、タイヤの内部構造を変え、適切な剛性を保ちつつ接地面を広くする事により、 グリップ力と耐久性という相反する要素を両立させました。


高い剛性を必要とするトレッド中央部には、プライコードの間隔を狭く巻きつけ高密度に、ショルダー 部へ向かうに従って、その間隔を徐々に広くしてショルダー部の柔軟性を大幅に向上。 ショルダー 部の柔軟性が高いと、直進時の接地面はもとより、コーナリング時にはバンク角が深くなるにつれ、接地面が徐々に広くなります。


当然グリップ力は向上、安定したコーナリングをお約束します。 又、タイヤのショルダー部まで自然 に使えるので、今迄のようにトレッドのセンター部のみがすり減るのを防ぎ、トレッド全面を使用する事により、大巾な耐久性の向上につながるのです。
 

注) VBD構造は、リヤータイヤにのみ採用されています。 フロントタイヤには、従来のラジアル構
造を採用しています。

 


1.グリツプ力、耐久性はもちろんの事、VBD構造は直進時はもちろん、コーナリング時の操安性
(ハンドリング)を大巾に向上しました。
   
2.独自のシンプルなパターンはブロックが大きい為、偏摩耗を防ぎ、そのライフを通して(装着時
から交換時まで)安定したハンドリングを実現しました。
   
3.排水性に関しては、センター部のプライコードの密度が高く、ショルダー部に行くに従い低くな  る 為、接地面が下図の様なボート 型になります。



イメージ 1



このボート型の接地面が水切り性を向上させるのに、大変効果があるのです。グルーブ(溝)の比 率が低そうなストームですが、溝の巾が広いため、ネガティブ比(溝と山の比率)は従来のアザーロとほぼ同じ 。 ボート型の接地面が排水性を向上させていますから、見た目よりはるかに雨天時に 強いのです。
   

4.ストーム独自のパターンの特徴として、先に述べた様にブロックが大きいので、偏摩耗が少な
い事と制動力の増大及び走行音(ノイズ)が小さい事があげられます。
   
MCラジアルを大巾に進化させたVBD構造のストーム、是非一度おためしください。





エイボンは偏摩耗を防ぐため、AV55フロントのパターンを工夫すると共に、ブロックを大 きくしました。
注) フロントタイヤには、駆動力がかからず制動力だけなので、偏摩耗しやすく、パターンによって
は、比較的早い時期にトレッドの左右が鋸の歯のようになり、ハンドル振れやオーバーステアーな ど操縦安定性をそこないます。



イメージ 2



3. VBD構造図の説明
   
A. 強靭なアラミド繊維のジョイントレスベルトが、すべてのリーンアングルにおいて、完璧な断面形状を提供。 低速から高速域まで、コーナリング特性は安定しています。
   
B. 高速時の安定性と耐久性を高める為、VBD構造のセンター部はプライコードが非常に狭い間 隔で高密度に巻かれています。
   
C. VBD構造のショルダー部は、プライコードの間隔を徐々に広く巻いている為、柔軟性が向上し荒れた路面でも跳ねにく く、常に安定した接地感があります。 又、直進時、コーナリング時共に接地面が増大しグリップ力が向上します。
   
D. 大きなブロックパターンが、すばらしいブレーキングと均一な摩耗、及び低いロードノイズに貢献。

   
E. AV56リヤーには耐久性を考慮したロングライフのスポーツツーリング.コンパウンドを使用(VBD構造なのでグリップ力は大きい)。
AV59スポーツにはグリップ力を重視したスポーツコンパウンド、AV59スーパースポーツには、よりソフトなウルトラスポーツ コンパウンドを採用すると共に、レース等ハードなコーナリング時の安定性を高める為、トレッド部に2枚のベルトを追加しています。
   

 







と、まぁ、専門的な説明はこの様なのですが、自分が使用して思った感想は下記の通りです。



【メリット】

なんと言ってもロングライフ!!
高いグリップ力
タイヤノイズが全くしない
コーナリングがとても安定している
冷間時でも安心グリップ
エアーが殆ど減らない
4年使用してもひび割れ1つ無し
使い切る最後までグリップ力が落ちない


【デメリット】
少々値段が高い
まがりにもメジャーでは無い・・・・




と、まぁこんな感じです。。。。。。






そしてコレ↓がハイグリップタイプ(行動使用可です☆)



イメージ 3








さぁ、次はバイアスタイヤでーす(^ー^)ノ

この記事に

閉じる コメント(3)

アバター

ん〜気になるメーカーとなりました(^_^)/~~

2008/12/6(土) 午後 10:52 goc_nori 返信する

noriさん>来週この前のフルチューンGSにこのバイパースポーツを履かせます!
インプレもしますよ〜♪

2008/12/7(日) 午前 11:09 momo 返信する

BS,ミシュラン、ピレッリなどのメジャーより優れてるとは思わないが劣ってもいない
私が気に入ってるのは MADE IN ENGLAND ってこと
女王陛下の国で造られたタイヤで走れるとはなんたる光栄、でしょ?

2016/8/23(火) 午前 9:21 [ マーブ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事