GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

アニメや漫画感想、スミ入れ程度のプラモのお話など。元ガンダム・ネットワーク・オペレーションブログ(引退済)。

全体表示

[ リスト ]

ガンダムビルドファイターズ 第1話「セイとレイジ」補足のお話

いきなりのOVA級作画から、コメディタッチな本編へ。さて何処へと向かうのか?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 キッチリ「アルビオン」と書かれた母艦から出撃するビルドストライク! この辺の作画は凄まじかった。
 三機で突撃してくるザクも、マシンガン2機とバズーカ1機なのが心憎いですよね。
 三連星ザクのボックスアートか!

■第1話記事の補足
 載せ切れなかったネタの補足。色々グッとくる良い第一話でしたよね。
 というか冒頭の『08スーパーに……』というお母さんの台詞も、後から考えてみるとすごく意味深。
 アレか、ラルさんみたいなのがいるのか08スーパー。
 倍返しするのか08スーパー。

 本作は無料ネット配信しており、バンダイチャンネルなどでも視聴可能です。

レイジの故郷? アリアンとは。そして気になる「ドアの開閉」

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 レイジ初登場時、まるでスペースコロニーのような作画だったのも良い演出でしたよね。
 実は単にひっくりかえっていただけ、ってのが。

■アリアン
 初登場シーン「何度来てもここはすごい、アリアンの何倍あるんだ?」という台詞が色々意味深。
 そんなレイジ、バトルの時に『幽霊のように忽然と出現した』イメージですが
 よく見るとバトルの前後で扉が開きっぱなしに。

 という事は?

セイくんのガンプラと「テレ東番組」と「MBS番組」

イメージ 10

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 結構言われているセイ君の展示ガンプラ。遠景から見ると「エクシアまで」で止まっている模様。
 自室にはSEED系、デュエルやアビスなども飾ってありましたね。

 ビルドファイターズのタイトルバック右下のように、2013年などの「作品制作年」があり
 2007年作品のエクシアまでならギリギリ参加可能という噂。
※00二期は2008年、劇場版2010年、AGE2011年。

ゲーム人口は世界601万人、うち日本が298万人

イメージ 11

イメージ 12

 ギャンの質量攻撃は「そうきたか!?」の一言。このアイデアこそガンプラバトルよ!

■父さん、布教中
 セイの言葉によれば「外人でも知らないものは居ない」という普及っぷり。
 また、バトル直後のセイくん戦績シーンはご覧の通り。
 8連敗達成。

 少ないのでは? という声もありますが、海外ではキットやゲーム機など入手ハードルが高いはず。
 その辺を鑑みると、けっこうリアルな数字ではないでしょうか。

第8回ガンプラ世界選手権、プロモーション映像!

イメージ 13

 本アニメの予告プロモーションビデオをほぼそのまま流用。紅いウイングさんマジカッコイイ。

 ディジェもご覧の活躍ですが、HGUC化がぜひとも望まれますね。
 やるしかないでしょうこのビッグウェーブで。 

サザキ君のリベンジは、もちろんギャン系、新作HGUCで是非……

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 色々見所満載だった今回のクライマックス、リベンジマッチ!
 ギャンが水平に放ってきたミサイル群を回避するシーン、あの作画だけ見ても素晴らしい!!

■「ギャン、出る!」
 敗北したサザキ君も終わってみれば良いキャラでした。
 ギャンにちゃんと手を入れてますし。
 声が広橋涼ですし。

 彼の為にも、是非新作HGUCとしてR・ジャジャを! そしてその改造ガンプラを! と押したいところ。
 ギャン系も色々ありますがここはRジャジャでしょうRジャジャ。

リングアウト・ルール

イメージ 18

 今回、そんなサザキ君が狙ったように「場外負けは敗北」ルールもあるようです。
 これは今後も使えそうなシチュエーション。

■壊れるガンプラ
 また、ルールと言えばここが注目点。
 ですが従来の『プラモをスキャニングしてゲームする』方式だと、データさえあればガンプラが不要です。
 ガンプラを『動かす』システムならではの合理性もあるのではないでしょうか。

模型部のガンプラ!

イメージ 19

 次回予告も楽しすぎる……。

■特徴
 左上、BB戦士「殺駆頭」。見間違えようのないデザイン。
 その隣、ガンダム00「ティエレン」。右足の特徴的な形と、左足の盾らしいパーツ。

 左端、????
 左2番、??? 側頭部の線、体型、ガンダムXの「ドートレス」系? しかしバックパックが異なる。
 左3番、ガンダム+ガンタンク。男の夢。

 左4番、シャア専用リックディアス(小説版)。ビームバズーカとカラーリングが特徴。
 左5番、ディン、ガンダムSEED量産機、翼と東部が特徴的。

 左6番、ガンダムアスクレプオス。W外伝G-UNITの可変機。通称ズゴックガンダム。
 左7番、MS-06R-2、高機動型ザク(MSV)、ロバート・ギリアム大佐機。カラーリングと脚部装甲が特徴。

 左8番、ライブザクウォーリア(SEED運命)、まんまである。
 右端、真・武者頑駄無、ゲーム用にカトキ氏がリファインした武者頑駄無。メカニカルな外観が特徴。

■青いザクR-2と言えば?
 青いザク供脚部の形状から「MS-06R-2」、ライデンと同型機と確定。
 そんでカラーリングからはロバート・ギリアム機となりますが、実は昔の資料だとギャビー機………。
 今回初めて知った気がしますよ。散々ゲームで見てたのに。

 1984年・復刻版MSVハンドブック3、連邦編62〜63ページより。
イメージ 20

関連記事

 ガンダムビルドファイターズ 第1話「セイとレイジ」

閉じる トラックバック

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。
Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

検索 検索
 今日全体
訪問者6771116118
ブログリンク033
コメント0299
トラックバック01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事