GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

感動メーカー田所先輩、最高の賛辞!! 一方、王者はえらい事に………。

イメージ 10

イメージ 13

イメージ 17

※画像右下隅クリックで拡大。

 今週のCパート、本編の余韻が吹っ飛びすぎてヤバい。
 小野田君のニヤリ笑いとか、田所さんの「歌うか!」とか「ありがとよ」とか、今泉のキラリーン!とか
 色々あったのに吹っ飛びすぎてヤバい!

 ともあれ総北再始動! 京伏は憎たらしくも好調!! 箱学無残と次回も気になる!

■連続放映30話突破!
 早いもので36話、深夜アニメ3期分にも達しました。
 ですが劇中はインターハイ二日目に過ぎず、全三日というにはやや中途半端だなと思っていたんです
 が、それも納得でしたね。

 彼が見せているのは、自転車の根源的な面白さです――――

 再録、RIDE8のピエール監督の言葉、これが今しみじみと染みる。
 今までの総決算を経て、総北は再始動する!! なるほど締めにはピッタリのタイミングなのだ!

熊本台一『な、なんば笑いよっとかぁぁぁぁぁぁぁ!?』

イメージ 1

 今週最大のインパクト。これは怖い。

■総北復活!
 全長100kmを数えるインターハイ2日目も、はや残り30kmを切り追い込みを迎えていた。
 チーム内最速たる新開が破れ、精神的に解体しつつある箱学
 狙い通りの勝利を奪いほくそ笑む京伏。

 だがトップ勝負を決しつつある先行ニチームの後方で、遂に総北は全員が合流!

 スタート時点で生じてしまったチーム内のバラつきを回収し
 田所の復調も果たした総北は勝負に挑む。

 次回、RIDE37「王者交代」

御堂筋『シナリオォ………、どおりや!!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 なんじゃそりゃあ!?

■最強最速決定戦!
 自身のトラウマを蹴り破った新開隼人、自ら課した制限を引き千切った御堂筋翔
 理屈抜きの決戦は、ギリギリ御堂筋の勝利に終わった。

 ゴール寸前「ハンドル投げ」を仕掛け、御堂筋はゴールをもぎ取る!!

 極めて軽いロードレーサーの特性を利用し
 ゴール寸前、車体そのものを押し出すテクニックを用いたらしい。そんなのもあるのか!!

御堂筋『間違いないわ、このインターハイの全ての勝利は、ボクの為にあるッ!』

イメージ 5

 勝者は天を仰ぎ、敗者は地に臥す、いつかの巻島vs東堂を思わせる決着。
 が、最大の違いは敗者への敬意の無さであろう!
 この敬意のNASA!

 チームメイト、ライバル、周囲への尊敬を絶やさぬプレイヤーが多い中、異色にして最強! これが御堂筋翔!

手嶋『いま俺達に出来る事は、1mmでも可能性があるなら応援する事だッ!!』

イメージ 6

 早々にスプリンターと合流した京都伏見、箱学、彼らを見送った総北サポーターは途方に暮れる。
 経験者の杉元! この圧倒的に鬱陶しい絶望の仕方!
 さすが!

 手嶋は発破をかけるのだが
 ご覧の通り、給水所ポイントは二日目の折り返し地点。

 残るは平坦、ゆるやかな登りの先にある「山岳賞ポイント」、そしてゴールなのだが……。

金城『―――四人で追いつく気はないさ。だろ、巻島?』

巻島『クハッ、我慢して待ってりゃ良い事あるってな?』

イメージ 7

イメージ 8

 富士山の西側、139号線を走るなだらかな登り! 良いなぁこの雰囲気!!

「けど、来ンだ!」
 しかし主将は強気に攻める! なんたって絶対に諦めない男だからね!!
 志を同じくし、巻島とコンタクトを取り合う金城。

 小野田たちが立ち直ったと知っても、ペースを落とすどころか自らペースアップする男・金城!!

 その圧倒的信頼に応える小野田、なんと既に「集団」をも突破していた―――。

妖怪『―――やっとだ、やっと平坦区間が終わった……!!!』

田所『行け! おめぇのお待ちかねの登りだ!』

イメージ 1

イメージ 9

 来るー、きっと来るー♪

「楽しいですね!」
 一方、小野田君は早くも熊本台一に食いついていたッ!
 もう真後ろ同然じゃあないか!!

 当然、ここまで引っ張ってきただけでズタボロだと熊台は察するが、小野田は逆にニッと笑った!

 熊台をブッちぎりがてら
 小野田は、田所と一緒に走れるから楽しいと笑う。
 一緒に走れるから楽しい! これが小野田坂道の走る原動力なのだ!!

 楽しいか小野田? 俺もだ。おめえが笑うから、俺もつられて笑っちまうんだ!とモノローグる田所も快い!

田所『歌うか小野田! 景気づけに!!』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 言葉にせず感謝し続けた田所は、歌うか!と笑って感謝に代える。
 周囲の目も気にせず、ヒメヒメ歌う田所先輩!
 最高!

 すごく恥ずかしいシーンのはずなのに、BGMの停止、高い空、全てが心地良かった!

 小野田の背中に、田所はピエール監督の言葉を思う。
 走るという根源的な楽しさ。

 やがて、総北の背中を見出した田所は「いいから前を向いて走れよ」と言った。泣いていたのだ―――。

田所『小野田! ありがとよ!! ―――戻ってきたぜチーム総北ッ!!!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 鳴子と田所のダブルツッコミ! 帰ってきたなあ!

「よくやった小野田!」
 田所が、そして合流したチームの面々が口々に感謝を述べる。
 もうマトモに走れなくなっていたはずの田所
 その復活をやり遂げたのだ!

 金城、巻島、鳴子、そして田所!!

 金城の依頼<オーダー>を完遂したと小野田は言い、金城もまたよくやったと返す。

今泉『チームの雰囲気が変わった…? 凄いことをやってのけたからか? いや』

イメージ 16

 一方、チームで誰よりも小野田と一緒に闘ってきた今泉は、雰囲気の変化を察する。
 合理的な走者である今泉だからこそ、非合理な凄さを感じる!

 そうだ……、アイツは出会った時から周りの空気を変えちまう!
 おかしな奴なんだ……!

 おかしな奴(褒め言葉)。
 そう小野田を評した今泉は、シャラリーン☆とイケメンチックに汗を輝かせるのであった――――。

主将『総北は揃った! 行くぞ、始動だ……、陣形を執れ!!』

イメージ 17

 いつ見ても巻ちゃんが邪魔に見えるぜ巻ちゃん!

■残り30km!
 本来「最初の峠で」合流せよ、というオーダーからは遠く離れたものの、合流を成し遂げた小野田。
 彼の戦いに感化された金城は、残り30kmの奮戦を誓う!

 全長約100kmのロングライドコース、その残り30kmである「登り」区間!!

 チーム総北!
 二日目の苦労も潜り抜け、いよいよ再始動やで小野田クン!!

『おい、ウソだろ………! 箱根学園が、バラけはじめてる……!?』

イメージ 18

 おのれ妖怪!

■王者交代……!?
 一方、自他とも認めるチーム最速・新開が敗れ去り、王者箱学は解体しつつあった。
 小野田が、田所を鼓舞し立ち直らせたのとはまるで真逆に
 メンタルの崩れが、体調をも崩してゆく。

 チームを全体を牽引する東堂と福富
 そして新開を破られ気落ちする泉田を真波が、新開当人を荒北が引っ張っている状況。

 御堂筋の「箱学潰し」は成功し、更にトドメを放たんと欲す!

 チーム牽引で東堂もキツそう! ここはお前の出番しか無いっショ真波!ってトコで次回に続く!!!

【悲報】Cパート、完全にツッコミ不在という暴挙

イメージ 19

 いい感じのBGMなのがまた酷い!

アブゥゥゥ♪
 一方、Cパートは本格的なツッコミ不足inサウナ。
 本来ツッコミを担うべき新開だが、相変わらずパワーバーを食うのに急がしい。

 というか、タオル一丁なのにどこから取り出してんの!?

 泉田? いつもの泉田ですねえ。
 この深刻なツッコミ不足! 箱学のお母さんたる東堂、或いはツッコミ役たる荒北が恋しかった!!

次回、王者箱学が陥落する………!? 東堂、山岳賞なんだぞ東堂!?

イメージ 5

イメージ 1

イメージ 12

イメージ 19

イメージ 9

イメージ 20

イメージ 21

 提供は「合いの手する寒咲さん」。エンドカード、いよいよ小野田君が迫っているんだが……。

■不吉……
 インターハイ二日目も終盤、ゆるやかなスプリント「山岳賞」が目前に迫っているハズですが
 サブタイトルから、既に箱学敗北が確定したも同然の状況。

 ゴールタイミング=翌日のスタートタイミングである以上、追いつければ三日目につなげられます。

 一度諦めかけた総北にとっては上がり調子
 しかし、おそらく山岳賞も逃してしまうであろう箱学は「下り調子」のメンタルがキツい。
 三日目を前に、箱学はどうメンタルを立て直すのか!

 頑張れ箱学!
 走れ真波! そろそろお前の出番のはずだ! 

 次回、RIDE37「王者交代」

この記事に


.


みんなの更新記事