GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

2日目終戦。キモいと言われても走り続けた真意……、悲しすぎる

イメージ 14

イメージ 25

 また回想かと思いきや、御堂筋の根幹にふれ、丸々一話を回想で使い切りつつ「ゴール」を描く!
 今までのあらゆる行動が腑に落ち、納得させられる第3話
 御堂筋、悲しすぎる……。

 いつも聞こえる幸せの音―――、色にたとえると黄色、けどその時は、少し薄うなっとった……。

前に!
 悪役イメージが一転してしまった御堂筋。
 誰よりも辛い経験が源泉。

 彼の計算を崩した原因が、新開さんとの本気勝負だったというのも印象的。無駄じゃなかった……!

『勝った! 世界をひっくり返してやった! たった一人でねじ伏せてやった!』

イメージ 1

 勝った! 二日目・完!!

■ギリギリの戦略
 インターハイ二日目ゴール前、300m平坦ラスト・スプリント!
 計算し尽くした走りで駆け込む御堂筋翔。

 だが同じく二日目平坦、箱学の心を折る為に「全力」を使ってしまった事が計算から洩れていた。

 決死でゴールへなだれ込む御堂筋だったが
 噛み締めすぎた歯が、彼の原動力、亡き母が褒めてくれた「自慢の歯並び」が欠けた事に動揺。

 その脇を滑りぬけ、箱学主将福富寿一が一位、総北の金城が二位でゴールする。

 次回、ROAD.4「覚悟」

御堂筋『ボクは勝利する男、御堂筋翔クンやぁぁぁぁッ!!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 儚すぎる御堂筋ママ、そして意外に可愛かったかつての御堂筋―――

■御堂筋と今泉
 勝利を確信しきった御堂筋は、自分の強さと正しさを、何故か今泉へと差し向ける。
 御堂筋は、かつて自分自身が味わったトラウマ
 ことごとく今泉に向けていたのだ。

 ボクは母親が死んだくらいで、ペダル緩めたりはせえへんよォッ!

 やはり始まった回想!
 そして始まったのは「母が死んだくらいじゃ動揺しない」という、かつての言葉。

 賞賛され、栄光の道を歩んできた今泉と、御堂筋は対極。
 その反発もあったのでしょうか。

 キモいという口癖も、母親の死というキーワードも、全部トラウマだったのか………。

御堂筋母『翔(あきら)、声かけてくれたら良かったのに……』

御堂筋(回想)『―――嫌や。寝とるのに、声かけたら起きてまうやろ』

イメージ 5

イメージ 6

 優しい子だわ……。

■根源
 小学生の頃、母が入院してしまった御堂筋は、叔父の家に預けられていた。
 それは、決して不自由な暮らしではなかったようだが
 人見知りな彼は、母が恋しかった。

 選手になったら呼んだるわ。……母さん後ろに乗っけてゴールしたるわ。優勝、すんのや

 大好きな母にさえ、どもり、目をそらしてしまう御堂筋。
 けれど本当に母親が大好きだった。

 彼が自転車に長じたのは、2時間かけて通院していたのがきっかけで、いつしか選手を目指すようになった。

『翔やったらやれるわ、なぁ、……歯並びキレイやし?』

イメージ 7

 御堂筋が普段から「歯をガチガチ鳴らしていた」のも、母に褒められたのがきっかけ。
 大切な、誇れる思い出だったのだ。

 実際、力をかけるために「歯を食いしばる」スポーツ選手にとって
 歯並びやケアは、大切だと言われています。

 あのやたら金属音が鳴る仕草にまで、由来があったとは……。というかお母さん良い人すぎるわ。

御堂筋『―――病院の、温かい感じをそのまま積んで走っとる』

イメージ 8

 幼い頃、当時すでにロードレーサーをもらっていた御堂筋は、片道20kmかけて通っていた。
 でも帰り道はとても幸せで、色にたとえたら黄色。

 御堂筋、詩人……

 いやバカにしている訳じゃなくて
 なんとか、気持ちを言い表せる形にしたかったんだろうなー、みたいな。

 原作・渡辺先生ってば詩人。幸せな気持ちを「積んで走ってる」とか「色にたとえたら」とか。

御堂筋『―――そや、げ……』

『<元気そう、やったで>』

イメージ 9

 母相手でさえアレですから、叔母とその家族には、本当に酷いどもり方をする御堂筋。

 おばさん自身は
 怪我した彼に、心配そうな雰囲気がありますし
 一人部屋もらってますし、ロードレースまで揃えてくれていますし、本当に良い人だったようです。

 でも子供二人、要介護の祖父までいたそうで、手が回りきってない感じはちらほら。絶妙。

御堂筋『―――スポーツ選手っ!』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 怖い!

■そして酷い…
 母の言葉に「スポーツ選手」を目指すようになった御堂筋ですが
 運動神経はガタガタでした。

 百個の事できるより、一個の事、とことんできる方が絶対エライやろ――――!

 同級生にからかわれ
 自分の不器用さを散々思い知った御堂筋、執念の「結論」。

 同級生がとにかく酷い……。そりゃ御堂筋だって、仲間とかそういうの信じられなくなる訳ですわ。

御堂筋『速いで? 前に、前にって、めっちゃ進むんや』

母『そう、前に……。素敵な乗り物やなぁ、頑張り屋の翔にはピッタリや』

イメージ 14

イメージ 15

 本当に、早すぎる人だった………。

前に!
 遠距離通院のみならず、練習も死に物狂いでこなす等、御堂筋もまた「頑張り屋」です。
 そうした息子の長所を良く知り、褒める母
 彼の言葉に優しく応えてくれる母

 めっちゃ嬉しい、誇りやわ。

 不器用で朴訥だった御堂筋に、「こいだ分だけ応えてくれる」という自動車はピッタリでした。
 早くも優勝を飾り、我が事のように喜んでくれる母

 御堂筋クンの伸びは当然の事やったんやなぁ……。

母『何があっても前に進むんやで…、あんな小さかった子が、勝つんやなぁ…』

『<いつも聞こえる、幸せの音……、色でたとえると黄色い色…>』

イメージ 16

イメージ 17

 しかし、せっかくの一日退院とレースが重なった日を目前に、母親の容態が急変。
 死期を悟った母は、前に進めと励ますと共に
 強くなった翔の成長を喜ぶ。

 幸せの音、黄色い色―――、けどその時は、少し薄うなっとった……。

 御堂筋、おそらく最後の抱擁。
 喜びに震える彼が、ぽつりと少し薄ぅなっとった……と呟くのが物悲しい。

 少し薄くなった、彼の幸せの色。本当に物悲しい。

『いつもの同じ、変わらん朝やのに、ぽっかり穴が空いとぉ気がする……』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 御堂筋のおかしな自転車は、“子供用フレームのまま”無理やり使い続けてるせいだったのか!?

■「御堂筋」誕生
 約束は果たされることなく、母が死んでしまった事すら幼い御堂筋には受け入れ難かった。
 ただただ、母に誓った「勝利し続け、選手になる」為だけに
 あらゆるものを切り捨てる御堂筋! 

 そやな、勝つで……、選手になるで、勝ち続けるで、この自転車で―――、何があっても進むんや!

 勝利の為に、どしどし「ルール内での合理的な戦法」も追求し
 その為に罵倒されたこともあった。

 今泉にそうしたように、どんな手段を使ってでも「勝つ」事だけを追求した結晶、それが今の御堂筋翔!

御堂筋『勝つんや―――、かまわんわ“千切れろ”足ッ!!』

イメージ 21

 しかし、計算だとギリギリ持つはずだった足が、計算より早く限界を迎えてしまった。
 同じく二日目のスプリント、新開相手に「限界」を使ったからだ。
 予想より早く疲労していたからだ。

 もうゴールや、ボクが欲しいのは「勝利」ただ一つやぁッ!!

 あの新開戦で、箱額の精神をへし折り、一度は瓦解に追いやったのも事実。
 とはいえ、新開さんの爆弾がここで爆発するとは!
 さすがです新開さん!

アニメ1期35話でへし折り、37話で復帰するまで箱学はお通夜だったんですよね。懐かしい。

御堂筋『勝利! 勝利! 勝利やぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 食いしばりすぎたんだ………、握り締めすぎたんだ………、歯は長いお友達だったんだ…。

■支えてきたもの
 もはや後先も何も考えず、限界を越えた足で「前へ」と踏み込む御堂筋。
 だが、自慢の歯が欠けてしまった実感に
 その足を鈍らせる。

 ボクは―――、負け…!? 敗北……、敗北……者…………?

 自慢だった「歯」
 支えてきたものが折れた瞬間、心をも折られる御堂筋。

 その脇を三年生二人がすり抜けていき、ついに二日目、本インターハイ初の「勝者」が決定!!
 勝者は高らかに天を仰ぐ!

 その姿は青と白、紛れもなく箱根学園主将、福富寿一の姿であった――――。

Cパート、謎の緊迫感と共に「強者」が吼えるッ!!

イメージ 27

イメージ 29

 フッ……、いつもより多く回っているッ!! なんてケイデンスなんだ!!

染之助染太郎のように
 悲しいピアノの音と共に終幕したインターハイ二日目、圧倒的強者による圧倒的かくし芸の練習!
 チッ、福ちゃんのかくし芸は皿回しだと!?
 金城主将にも匹敵するぜ!

 お、……おれは強い!

 が、仲居の叔母ちゃん闖入に、寿一は集中を乱す……。
 強い!(確信)

 心が折れそうなときほど胸を張る寿一! さすが箱学を率いるエースだぜっ!!

提供はお母さん、……ってコレただのトラウマじゃないですか!

イメージ 7

イメージ 28

 悲しいシーンを、敢えてコメディに転用するスタッフ。

俺は強い!
 繰り返しますが福ちゃんは強い! 強かった!!
 初日同着、二日目にして「勝利」をもぎ取ったのは我慢し続けた男たちのリーダー、福ちゃん!!

 総北はトラブル内容を思えば大善戦ですし
 1期35話金城さんは一回「引き役」をして、余計な疲労をしています。納得。

 気になるのは、御堂筋が「チーム京伏を、事実上瓦解させてしまった」事
 なら、オープニングに出ている「広島」の役割って
 もしかして……?

 次回、ROAD.4「覚悟」




この記事に


.


みんなの更新記事