GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

さあ監督、ここからが正念場です! タローさん、もう処置なし過ぎる……

イメージ 1

イメージ 24

 元々、爆発などエフェクト作画を得意としていただけに、3Dの存在に危機感を覚えていた遠藤さん。
 それでも先輩の言葉を受け入れ、向き合う姿がカッコ良かった!
 足を止めず、3Dと向き合おうとする遠藤さん!

 歩み寄って、3Dの長所も短所も知って協力して、アニメの質を上げていくんじゃないのか?

「人のせいに(以下略」
 サブタイトルの回収が、本当に秀逸でした。
 伸びてきた「他人(分野)」と認め合い、協力して自分を変えてゆくという事。

 ベテランが柔軟で前向きである事も、素敵だと思います。

 あと、タローさんの「いるよな、こういう奴」具合が、もう勘弁して欲しいレベルに!(スタッフの思う壺の反応)

本田デスク『万策尽きましたぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜』

イメージ 2

 一方、デスク(編集長)も限界だった。

■本田デスク、激闘篇
 アニメーションの大本となる「絵コンテ」が、締め切り一ヶ月を過ぎてほぼ白紙――――。
 切羽詰った本田は、専用の「カンヅメ部屋」に監督を閉じ込め
 励ましながら一歩一歩進んでゆく。

 だが本田は知らないが、八話の作画監督・遠藤が降りるトラブルが発生していた。

 3Dと手書き、元々あった焦りをタローに煽られた遠藤だったが
 先輩作画マンの北野氏に諭される。

 だが、その「八話ラスト」とつながる九話、あおい担当回にさらなるトラブルが!

 次回、♯06「イデポン宮森 発動篇」

総務の興津『本田君、例のもの、使う?』

鬼の本田『――――俺は、鬼になるッ!』

イメージ 3

イメージ 4

 これより我らは修羅に入る!

■時には座敷牢のように
 絵コンテ遅れは致命傷の域に達し、本来の予定を一ヶ月もブッ千切っていた。
 本田は心を鬼にして、木下監督を幽閉する―――。

 これぞ武蔵野アニメの最終兵器、いわゆる「カンヅメ」という奴である!

 というか監督、から揚げソング歌ってる場合じゃねえ!
 人権? 知った事か!

 不透明な絵コンテに 悩んでつまづいた時も 本田君の監禁で乗り越えられるから!

タロー『八話のラストカットの件で、下柳さんとモメて……』

あおい『え? なんで3D監督と?』

イメージ 5

イメージ 6

 困るタロー、ジト目のあおい、あおい可愛い!

発端は?
 八話、遠藤さんが作画監督を降りると言い出した件は、タローが「内々に処理したい」と強弁する
 一番年下のあおいになら、責められても怖くないし……。
 セコいよタロさん!

 ダミーで爆発も作ってみたんです。作画さんの参考になれば……。

 発端は、3D班の人が気を利かせてくれて
 その「目安の試作品」を、監督と演出が気に入ったことにあった。

 あくまで目安、そして「これなら作画の負担を減らせる」という気遣いだったのだが……。

作画の遠藤『3Dじゃなくて、俺に描かせろ! 作画でケレン味だすところだろ?』

タロー『遠藤さんが描くって言ってます。3Dだとケレン味が出せないって』

イメージ 7

 いちいち、イラッとくる言葉に変換するタロー……。

「連絡役」の大問題
 が、間に入ったタローが「言葉を置き換えた」のが原因で、作画と3D班が険悪に。
 なんたって、両者の言葉を煽るよう置き換えているのだ
 怒らないはずがない。

 連絡役が、「他人の言葉を、勝手な解釈にして」捻じ曲がった連絡をし
 余計な一言を付け加えるという暴挙

 CGの下柳さんは凄く気を遣ってるのに、火の無いところを大火事にしやがったよタロー……。

 もはや聞いてて笑えない!
 スタッフの連絡役、制作進行に一番向いてないじゃないですかー!

作画の遠藤『お前は、どっちが良いと思ってんだ!?』

タロー『俺的には手書きスけど…、エフェクト作画の時代は終わったんスよ…』

イメージ 8

イメージ 23

 お久しぶりです瀬川さん。

■決定打
 こじれた関係を、タローは「頭を冷やせば……」と先送りにし、更に問題を悪化。
 トドメに、手書きエフェクトは終わったと……。

 まあ彼は、最初エフェクトの作画で認められたから、ショックだったんでしょう――――

 かなり前後しますが
 彼のライバルである瀬川さんによれば、元々得意分野だったんです。

 それが「奪われた」と誤解同然に思いつめ、タローがトドメをさしたのだ、と………。そら怒るわ。

宮森あおい『どー考えても、高梨さんに問題があると思います』

高梨タロー『そうかぁ? 交渉人として、やるだけの事はやったんだけど…』

イメージ 28

イメージ 9

 あおいの服、「いつもの服に上着を着てないだけ」なのね。

■もうダメだ!
 事、ここに至ってまったく自分が悪かったと思ってない……、だと…………!?
 そんなタローに言うべき事はなく
 デスクへ報告を急ぐ。

 遠藤さん、えくそだすっ!全体から降りることになったらどーすんだよっ!

 自分が説得する
 だから、協力して欲しいと言い募るタロー。

 もう正直、タローさんが喋れば喋るほど事態が悪化しますから………。何か長所があるのでしょうか?

作画の遠藤『そうだ、デニーズでも行くか?』

奥さん『ウチで飲もうよ、ローンあるんだし♪』

イメージ 10

 奥さんはcv橋本ちなみさん。まだ無名キャラ中心の新人さんですが、良い声。

■妻帯者の遠藤
 一方、キレて早退した遠藤は、出来た妻の姿に思わず「これで良いわけないよな……」という表情
 別に短気な訳じゃなく、今回はタローが悪いのですから
 タローが悪いのですから!

 しかしこの人、ちゃっかり妻帯者だったのか!

 同じく作画の瀬川さんとビミョーな関係だから、ついてっきりそっちかと……。我ながら恋愛脳。

デスクの本田『“裸の催眠術師”ですか? スゴい人気でしたもんね?』

木下監督『もう十一年前だけど……、あの頃は若かったなぁ…』

イメージ 11

イメージ 12

 11年前……、「鋼の錬金術師」ですね。ってソレ水島努監督やない、水島精二監督やー!!

■座敷牢にて
 一方、同じく困った人である水、木下監督は、初監督作が大ヒットした当時を思い起こしていた。
 初監督で大成功、続くオリジナル「ぷる天」で大失敗……

 ―――これ以上遅れると、ぷる天の二の舞です。作画も安定しています……、最後まで頑張りましょう

 監視役として一緒にカンヅメになりながら
 厳しく、優しい本田デスク。

 思わずぐっと鉛筆を握り、監督は立ち向かう! たとえ一ヶ月遅れであろうともっ!!

社長『唐揚げ、揚ったよ? サクサクだよ……?』

本田デスク『―――絵コンテ、一枚上げたら一個あげます』

イメージ 13

 冷めちゃうよぉぉ〜〜〜〜〜〜〜〜! 本田さん容赦ねえ! マジ、リスペクトッス!
 監督が完全に獄中。

 もー、ホント監督ってダメだし熱いし可愛いし、良いキャラしてますわー。ずるいわー。

作画の堀田『俺、北野さんがやってた“超飛空洋館マジダス”見てましたっ!』

『“北野サーカス”、超カッコ良かったッス!!』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 1

 マクロスの板野一郎さんじゃないか!

■3Dと手書きと
 一方、時間が空いた作画の遠藤は、後輩の堀田を連れ「北野三郎」と酒盛りをしていた。
 北野氏は手書きアニメの大家の一人。

 歩み寄って、3Dの長所も短所も知って協力して、アニメの質を上げていくんじゃないのか?

 かなり酔った後、つい「自分たちは不要なのか」と愚痴ってしまった遠藤に
 北野は厳しい言葉を言った。

 3Dは「敵」ではない、共に手を取り合いクオリティを上げる「仲間」だと諭す北野氏。

『上手くいかないことを、人のせいにしているようなヤツは、辞めちまえよ!』

イメージ 16

 生まれ育った新しい技術に、自分の培ってきた技術をどう生かしてゆくのか?
 北野氏は、3Dアニメータの育成に関わる形を取った。

 とはいえこれは「大家」の北野氏の答え。

 これから30年、40年と、ローンを返し家族を養うためには「自分の居場所」が必要です。
 クオリティを上げても、仕事がガタ減りするのも困る。
 難しいところ。

 なお、現実の板野一郎氏もCGの育成に力を入れてらっしゃるそうです。

作画の絵麻『だんだん、3Dの仕事増えてるもんね……、あたしも不安』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 美味しそうに食べる作品って、好きです。

■将来
 遠藤さんの話は、悪事千里を走るの勢いで広まりつつあり……、同じく作画の絵麻は不安になる。
 偶然一緒になったあおいに、オムライスを振舞う絵麻。
 ケチャップ絵だけど、さすがプロ!

 将来かぁ…………

 先輩が危機感を感じる状況って、後輩はもっと不安になるものです。
 将来、アニメの作画はどうなってゆくのか…

 そしてあおいは、制作進行という「現場の仕切り」から、どんな道を辿って行くのでしょうね?

あおい『本田さんに絶対相談すべきですよ!』

タロー『いや、これは俺の戦いだ………、次の手を決めてから相談する』

イメージ 20

 一方、タローさんは「朝からず〜〜〜っと、代役の作画監督を探し回っていた」らしい。
 しかし説得を諦めたなら、はやく相談しないと!

 これは俺の戦いだ……!

 責任を背負い込んでも、その「責任」をタローさんは取る事ができません。
 失敗した時、迷惑するのは他の人なのです。 

 そんな戦いは、決して「俺の戦い」なんかじゃないですってば! 迷惑なんですから!

本田デスク『もう、総集編いれてラクになりたいですか?』

木下監督『い、いやだっ!』

イメージ 21

イメージ 22

 水島監督の代表作「ガルパン」は、12月の最終話が総集編、3月に11話と12話を放映した事で有名。

■頑張りましょう!
 タローさんがダメ方向で決意を固めていた頃
 制作進行の責任者である本田は、木下監督のやる気スイッチを連打しつつあった。

 前代未聞ですよ、最終回が総集編。僕は「えくそだすっ!」をそんな風に終わらせたくないです―――。

 もう自虐としか思えない!
 締め切りを破り、今まさに本田デスクを地獄につき合わせながら、今度こそ監督は奮起する。

 やる気を煽り、自ら身体を張る本田デスク、これがデキる男ってものか……!

あおい『遠藤さん?』

遠藤『ちょっと、頼みたい事があるんだけど………』

イメージ 24

 翌日、北野さんの説得に「実際に3Dモデルを見てみたい」と思い立った遠藤は
 少しばつの悪そうな顔であおいに頼み込む。

 真剣な目で見入っていた遠藤氏は、その出来栄えに驚かされ、何かを掴んだようだった。

 遠藤氏が折れる格好か?
 いやあ、色々あったけど雨降って地固まるって奴でしょうか。………と、思いきや!

作画の堀田『九話が作画だったら、遠藤さんも作画ッスよね?』

あおい『え!?』

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 作画の堀田さん、北野さんの説得の際、酔い潰れてたんですよね………。

熱い「援護射撃」
 が、説得を聞いていなかった堀田氏が、遠藤さんへの「援護射撃」を敢行!
 九話冒頭、爆発シーンを手書きしちゃったのだ。

 同じシーンなら、作画で統一しなきゃマズいっしょ?

 八話の続きのシーンであるため、繋ぎ合わせるには「八話も手書きでないとダメ」。
 九話担当のあおいは、弱りに弱ってしまう。

 なおタロー、宮森も同じ土俵になったな!と逆に喜んだ模様。作品の完成を心配しろよぉ!?

予告『次回、イデポン宮森 発動篇』

イメージ 14

イメージ 25

 まさかの堀田さん。あのシーン、トラブルの前振りだったのか!

またも九話に!?
 またも、あおい担当に二次被害!?
 タローさん勘弁して!

 情報を「伝える」べき立場が、恣意的な言葉に変換し、憶測を付け足して混乱させる………
 こんな連絡役はイヤだ!

 本作が、業界アニメである以上、美化されてないキャラは大切なスパイス。
 でもこれ、もうスパイスってレベルじゃないよ!
 炎の問題児だよ!

 次回、♯06「イデポン宮森 発動篇」

■用語集はこちら
 公式 http://shirobako-anime.com/


この記事に


.


みんなの更新記事