GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

「迫る、集団(全員で行くとは言ってない)」。広島、本性を現す!

イメージ 13

イメージ 22

 先頭集団三日目の試練は、石垣主将を除く京伏、荒北、そして小野田君のチームからの脱落!
 その集団も、まとめ役だった広島が離反、激しい動揺が走る!
 いや別に追いつけばいいんじゃ!?

 ご苦労じゃったのォ? 後は各自リタイアでもしてくれや!

見捨てられる「集団」
 ただ、'先頭集団に迫る勢いで上ってくる為には、当然「総北達より集団の方がずっと速かった」ワケで
 その為に、集団は力を使い果たしている、って事なのか?
 逆に広島は「中」で温存してましたし

 ここはアレか、荒北さんと小野田でヒメヒメ歌って「逆に集団を飲み込み返す」流れですね!

 ですよね! アブ!!

寒咲兄『国道139号線、インターハイ三日目、前半の舞台――――!』

イメージ 2

 今回は、まだ「給水所」にも達してない地点なワケか。

ペテン師、嘲る
 インターハイ三日目前半、トップ集団は「チーム」を待たぬ先行逃げ切りの態勢へと移る。
 一方、彼らを追う総北と箱学のチーム集団
 最後尾「集団」と対峙する。

 数分もの差を「1分全力・10分休憩」の大規模協調で詰めてきた大集団に、荒北と小野田が脱落。

 トップが見えたと判断した「集団リーダー」待宮は
 猛追で疲弊した集団を切り離し、温存してきた自チーム・広島呉南工高で本格的な追撃に移った。

 次回、ROAD.8「アラキタ」

今泉『インハイ最終日ってのは毎年こんななのか! 前半から超ハードだ!』

新開さん『今泉くん、たいしたもんだ―――。お待ちかねだよ?』

イメージ 3

 三年、しかも三年トップ! やはり新開さん強ェ!

最もゴールに近い場所
 先頭、平坦最速を誇る新開に引っ張られる格好で、今泉は何とかエース達に追いついた。
 後はエースの風除けとなり、仲間を待つターン……?

 明日のレースの無い三日目、――――先頭にいる奴が、逃げ切ってゴールする事だって出来るんだッ!

 パワフル新開!
 三日目ならではの展開に、休む暇もない今泉!
 なんといっても今泉は一年
 新開達は三年!

 事実上の「二年分の修練、経験の差」が今泉を追い詰める!

今泉『おいおい、一秒も休めねえってのか三日目ってのは……!』

『―――よく解った! 一秒も休まねえ!!』

イメージ 4

 基礎体力の差を活かし、前半から一気に引き離しにかかる新開&福富組に対し
 幾度も驚愕し、なお一歩も引かない今泉!

 言っときますけど、六人揃ったらもっとしつこいッスよ………!

 直後「揃ったらの話だろ?」と返されてはいますが
 普段スカした今泉が、チームカラーとか、積極的に仲間を信頼している姿は見ていて気持ち良い!

 一秒も休めねえ → 一秒も休まねえ!といい、開幕から熱いぜ今泉!

泉田(アブ)『想定していたより、追いつきませんね、先頭に』

小野田『あ、あの主将さんたち大丈夫でしょうかっ!』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 その頃、背後からスゴイ作画で「集団」が迫っていた……!

「想定外」のスタート
 一方、そんな先頭集団の「判断」を知る由もなく、後方は頑張って追いつこうと走っていた
 状況から察し、もうチームは揃わないかもしれない
 と感じ始めていた。

 今日は三日目、もう全員を残す必要は無い――――――!

 想定より早かったが、確かに「三日目である以上、トップ一人だけを考えれば良い」のだ。
 その点で言えば、この展開は「御堂筋の判断」も察せられる

 三日目早々から「チーム本隊が不要になる」なら、もうアシスト石垣クン以外は不要なのだ。

 御堂筋クンなら「この展開」も読みきってそう。そんな何かがある!

回想『おそらく三日目、最終日は全員が必ずゴールできるワケではない…!』

イメージ 8

イメージ 9

 膝に爆弾を持つ金城自身、ゴールできないフラグを感じさせる言葉。

「置いていく」覚悟
 東堂尽八先輩の言葉に、小野田は「昨日のミーティング」を思い起こす。
 この三日目が、この半年の集大成
 現チームの集大成!

 変化に対応し、ワンチャンスを逃すな。チャンスを掴んだ者は、置いていった者の心を積んで走ればいい!

 常勝一位相手にほぼ同等二位、今まで頑張ってくれた礼と共に
 今までは間違っていなかったと鼓舞する金城!

 だがチームの勝利が全員の願い、もし「置いていく」事になっても躊躇するなと金城は厳命する。

小野田『僕にもできる事……、でも“揃わない”んだったら………』

巻島『なんつう顔してるんだ?』

イメージ 10

 金城、田所、巻島、ナイスガイスリートップ体制の総北!

全力で思え!
 それでいい。全員の思いはバラバラでいい、そいつが一つになって前に進むんだ!

 寂しい! お前がそう思うなら全力で思え!
 寂しい、楽しい、みんなと一緒に走りたい、お前のそういうのは勝ち負けには関係ねえ!

 けど、意外にみんなの背中、押してんだぜ?

 小野田の「チーム全員で走りたい」、その思いが「揃わない」事にショックを与える。
 そんな小野田に、それはそれで良いと巻島は言う。

 六者六様、それぞれに違う想いが一つになって前に進む! やっぱ巻ちゃんは良いこと言うわ!

真波『感じる? 解るだろう、キミなら?』

『―――荒北さん、すぐ来ますよ? ほら、ブワァ〜〜〜って!』

イメージ 11

イメージ 12

 ブワァ〜って! 植木等さんかよチキショウ!!

ビッグウェーブ
 その頃、ついに「第三位チーム」だった京都伏見も、その他の小規模なチームも次々と飲み込まれ
 いよいよ「集団」は先頭チームを射程圏内に捉える!

 クッハ! コイツは正直、想像してなかった―――――!

 いち早く予感していた真波
 同じく予感しつつ、単に「真波がピリピリしている」と誤解していた小野田。

 そうこうしている内に、いよいよ「集団」が姿を現す―――!
 その様、まさにビッグウェーブ!

 予感していた真波を除き、王者箱学と総北、トップチーム全員が驚愕する事態が到来ッ!!

泉田『後ろから集団、来ますッ!』

東堂尽八『解ってる! 巻ちゃーんッ!!』

イメージ 23

 あとコレ全くの余談ですが、東堂、何故ここで巻ちゃん呼んだし!
※協調してるからです
 ですってば

荒北『―――この集団、コントロールして遅らす』

『(この状況を読めなかった俺のミスだ……、ったく、疲れるぜ…!)』

イメージ 1

 この異常事態にあって、何でもない風を装いつつ、内心は深い後悔、責任感で居残る荒北!
 遅らすゥ〜と気の抜けたような声と
 内心の責任!

 cv吉野裕行氏の名演!

 直後のグチャグチャグチャ!という演出も相まって、まるで死にに行くみたいじゃないか! 

回想金城『<全員が、ゴールできる訳ではない……!>』

田所『振り向くな。振り向いたら総北は終わる……、小野田は、置いて行く!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 鳴子、振り向くな、鳴子ー!

蛇の腹の中で
 荒北を取り込んだ「蛇」は、総北からも小野田を脱落させ、囲い込むように取り込んでしまう。
 今までも、小野田を見捨てず「一緒にゴールだ」と約束した鳴子
 巻島、田所の涙の決断……!

 取り残されたとか? しょげた顔ばして、総北のクライマー君?

 追う時は最強、追われると弱い小野田。
 そんな彼を、二日目「田所事件」で戦った熊本のエースが励ましてくれた。

 いまやすっかり「リーダー」を信じきった肥後もっこすは、小野田くんを待宮に紹介するのだが……?

待宮『ご苦労じゃったのォ? 後は各自リタイアでもしてくれや!』

『バァカ! 敵まで連れてくバカがどこにおるん?』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 きたない、広島きたない。

用済み
 疲労し勝利を諦めた集団に、「勝利」の可能性を与えてコントロールしていた待宮。
 だが、いよいよ「先頭チーム」に絡めるとあって
 その本性をむき出しにする!

 代わろうや、三日目始まって俺たちは……、イッペンも全開で走っとらん!

 常識的に考えれば、先頭チームが見えたという事は、エースを含む先頭集団もすぐそこという事!
 今まで体力を温存してきた広島は、ここにきて突出!

 ボトルのように「用済み」だと投げ捨て、小野田ごと集団をパージしてしまう――――!

Cパート泉田『アブ!? す、すいません……、アブ!? アヴゥ!?』

荒北『うるせぇ!』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 cv阿部敦さん、つまり上条当麻さんによる強烈な出アブ!!

泉田はホラーが苦手事件
 Cパートは、福ちゃんと尽八を除く箱学レギュラー、ホラー映画を見に行くの段。
 仲良いなオイ!?

 ていうか泉田うるせえ! 荒北もいうるせえ!!

 荒北さん、泉田に視線が行きすぎだぜ!
 どんだけオカン属性なの!

 そしてこの面子、東堂は巻ちゃんとして、福ちゃんが居ないのは何故さ!? 福ちゃんホラー苦手説提唱。

提供、「石道の蛇」金城主将、ホラーな状況に凍るの図

イメージ 22

 目と鼻水の書き換えって、どんだけ無駄な手間かけてんの!?(褒め言葉)

ホラー広島
 このCパートから「次回がアラキタ」ってのがまた! 一体何をやらかしてくれるのか!?
 リーダーと信じた待宮に、見捨てられた「怒り」よりも
 疲労、徒労が先立つと思われる集団。

 ここから全員を鼓舞すると共に、他人を頼るのではなく、レースとしての本懐に立ち戻る展開か?

 荒北さんなら、荒っぽい言葉で立ち直らせてくれそうですし
 小野田君がどう絡むかも楽しみ!
 あと広島は滅びよ!

 次回、ROAD.8「アラキタ」



この記事に


.


みんなの更新記事