GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

次週放映休止! 燃え尽きる泉田、そして“総北三年”が燃え尽きる……!?

イメージ 20

イメージ 27

 今クールラストに相応しい、最後のチーム一丸バトルを描きつつ、“三年脱落”の前振りを描く!
 金城さん、ここで引くって事は、脱落を覚悟しているようにしか見えません!
 あの膝の爆弾が炸裂してしまったのか……?

 俺たちの背中を見届けろ! 山の手前までに――――!

セレクション
 疲弊した選手に合わせチーム全体が遅れるより、最後の体力で風除けを担当させ、脱落させる
 平坦エリアもここで最後、つまり新開さんもじきに脱落か…。

 そして試されるCパート!

 やだ田所さんってば超イケメン!って思ったらアレだよ! ひでえCパートでしたね!(極限の褒め言葉)。

小野田『(レースも、もう最後の日…、先輩たちと走れる最後の……)』

イメージ 2

 これが「総北六人」最後のレース、総北、燃える!

■三年生の為に
 インターハイ三日目最終ステージ、残る「平坦」もごくわずか、後は大会最強の登りが待っている
 最後の平坦で、箱学スプリンター泉田は全てを出し尽くし脱落した。

 泉田は「憧れた新開を、インハイの大舞台で引きたい」という誇りを胸に散る。

 同じく総北の一年達も、三年を最後の大舞台で勝たせる為に、自分らの全力を出し切ろうとした
 が、その「全力」を三年生は留め、自分らを見届けろと走り始める。

 金城主将は最後のオーダーに、山に入る手前でチームを切り離すと言い残し、自らが先頭に立つ。

 次回、ROAD.13「激走、山中湖」

『六人揃った最初のオーダーだ…、箱学を追う、お前らの全力を俺に預けろ!』

イメージ 3

 一方、スカシ&鳴子の仲良しコンビは勢いが余っていた

エースの為に、三年生の為に!
 ますます加速する箱根学園に対し、小野田は決意し、金城はオーダーで応える!
 一年トリオ、リタイアを覚悟して突貫!

「「すぐに追いついてやるよ! 俺が<ワイが>引いてッ! あァ!?」」

 既に田所さんが「立ちこぎ」しており
 既に全開、この先は山、次の脱落は田所さんか……、と思ったらコレだよ!?

鳴子『何しとんねんスカシ! ここはワイが引く!』

今泉『お前は身体が小さい、田所さんの風除けには不向きだッ!!』

二人『『しゃあねえ、一緒に引くかッ!』』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 あ、こいつらバカだ(褒め言葉)。

「だったらもっと回せ!」
 三年の為に、自分らが燃え尽きると決めた今泉と鳴子は、二人がかりで田所の風除けとなった。
 互いに軽口を叩き、互いに挑発しあいながら
 二人並んで、先輩を引く!

「なあ田所ッチ、こいつらバカか?」「いいや……、大バカだ!」

 確かにな!
 理屈なんかどうでもいいくらい、気持ちの良い燃え盛りっぷり! 若人ってのはこうでなくちゃ!

 燃えろ一年! 三年に優勝を託す為に、やれる事なら全部やっちまえ!!

小野田『あ、あの! 僕たち限界まで頑張りますからっ!』

福富『絶対、インターハイ、最後、絶対! 勝ってくださいッ!』

イメージ 25

イメージ 7

 貴重な金城の呆然フェイス!

勝つぞ、総北は必ず!!
 そして小野田君に至っては、荒れた路肩も気にせず踏破しまくるファンサービス!
 これだから主人公って奴はッ!

 クハッ! 大バカか…、そうかもな。コイツら、こんなところにきてなお成長してやがる!

 次から次へと総北が燃える!
 ここしばらく、京伏や呉南や荒北と他所様が燃え上がってましたが、やっぱコイツらも熱いわ! だが。

福富『道は牙を剥き、登れない者を次々とふるい落としてゆく―――』

『セレクションがかかる、そこへは六人ではいけない、決してッ!』

イメージ 8

 いよいよ「平坦」の終わり、新開、田所、鳴子、そして泉田の終わりか……? と思いきや。

経験者福富の予言
 確かに、総北は六人がかりで風除けを交代しあい、チーム一丸となって勝ち残ってきた。
 だがこの先、平坦コースは終わり、大会最強の「坂」が待つ

 六人が六人でなくなった時、総北は総北で無くなるんじゃないのか? 金城――――

 他チーム以上に、協調し合ってきた総北
 だからこそ「セレクション」、次々と脱落する状況に耐えられるか?

 全開の御堂筋に続き、、福ちゃんの予言……。

金城『(総北は、このジャージ六枚が揃って完成形だ……)』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 金城もまた、それは百も承知だった。しかし。

泉田、出撃
 金城はあくまで六人いたからこそ、ここまで来れたとチームメンバーを誇り
 再び箱根学園に並ぶに至った。
 だが

 極限まで身を絞り、削ったほうが勝つ! チーム六人、全員で戦う場面じゃないんだよッ!

 次に使い切るのは泉田!
 一日目、二日目も、最後はアシストとエースだけが飛び出したように、レースの最後は「絞り込む」!

泉田『僕はシングルゼッケンだ! 誇り高い箱根学園、六人の一人だからッ!』

『軋む…、限界を越えた筋肉が、鉄のように軋むんだ…』

イメージ 1

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 これが速いんだ……、けど、それはもう“終わりが近い”事と同義なんだ………!

誇り高く
 もう「平坦」の終わりは近い、自分が「任された」意味を理解し、泉田はひたすら踏み込んだ
 踏んで踏んで、余計な雑音が全部すっ飛ぶ領域まで走る
 これが速いんだ………!

 総北、引き離しました! …後は、頼みます―――――!

 泉田の実感がこもった語り!
 cv阿部敦さんの、最後のこれが速いんだ…!からが特に熱く、寂しかった……!

 華々しいスタートの後は、地道にメンバーを引っ張る役を務めてきた泉田、彼も退場か………。

泉田『新開さん…、ずっと、照れくさくて言えなかったことが、あります…!』

『――――いつか、新開さんと走る為に…!』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 27

イメージ 17

 新開さんが今も昔もテライケメンすぎてつらい。

「悔いは無い」
 今は、総勢数十名の強豪校で二年生レギュラーという、超人的な立ち位置にいる泉田塔一郎。
 だがそれも全ては、あこがれた先輩と一緒に走りたかった
 引退前に、インハイで一緒に走りたかった

 お前は追い込みすぎなんだよ。もっと褒めてやれ、自分を。

 生真面目な泉田が憧れた新開。
 先輩と一緒にインハイに出られるチャンスは、長い人生でも、可能性すら二回しかない貴重な時間

 総北二年を思わせる熱さで、泉田塔一郎は満足し、悔いなく散っていった―――

金城『福富……!』

福富『選べ金城、何時までも、仲良しでは走れない』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 毎度ながら、金城と福富も以心伝心過ぎィ! ライバルの共感である。

最後のオーダー
 福富と箱学の覚悟を見届けた金城は、山に入る前に、チームを切り離す最後のオーダーを下し
 同じく田所と巻島を連れ、共にチームの風除けとなった。

 俺たちの背中を見届けろ! 山の手前までに――――!

 巻ちゃんの熱い激励!
 一年坊は、足手まといの自分たちが振り落とされると覚悟する。

 だがこの動きは、どうみても三年生が自らを燃やし尽くす場面にしか……、総北、勝負の時!!

Cパート金城『オーダーを発表する! 一年は全力で俺たちを引っ張れ!』

『全てを田所に、エースに託せッ!』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 店員さん、cv田中あいみさんの長台詞がビミョーにすげぇ!

決戦のオーダー!
 Cパートは、弱ペダCパート史上屈指の熱さで描き上げた、熱い大食いタイムトライアル……!
 なんだこの無駄な熱さ!?
 素敵!

 当店指定の28のメニューを、60分で食べきったお客様、全品無料!

 BGM含め、無駄に本編してて笑えすぎる!
 お前ら真面目すぎィ!

 ってか、金城主将、店内ではお静かにお願いします! 主将うるせえ!!

なお田所、またも消化器系に不調を起こした模様。ダメじゃん!

イメージ 24

 俺が出そう……! ごちそうさまでした…!

総額24800円
 オチ、まさかの震える金城。泣くなよ!
 いや泣いていい!

 ってか「お好み焼きのオカダ 市原支店」って、10話に出てきた待宮の店の支店じゃねぇか!! 宮ァ!

提供、泉田<一年生時代>、新開にパンパンぶたれまくり劇場

イメージ 18

イメージ 24

イメージ 26

 燃え尽きてるゥ!?

年内最終話、泉田と総北の魂!!
 ゴール前で絡めるかは幾つもハードルがあるんだ、人生と同じだ、いつも不平等だ……
 だったらどうする? 決まってる!

 そいつをどうやってひっくり返すか、考えるんだよ!

 熱い巻島節と共に、三年が「考え抜いた結論」を引っ張っての「続く!」
 いいところで続くなぁチキショウ!

 だが、誰からの為に自分を使い切るのがチームメイト魂! どうなるか予想し、放映を楽しみに待つ!

 次回、ROAD.13「激走、山中湖」
 燃えるタイトルだ!



この記事に


.


みんなの更新記事