GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

金城、希望を繋ぐ脱落! ラストステージは富士山中腹までエンドレスの登り!

イメージ 11

イメージ 2

 噂のインターハイ最大の上り坂とは、富士山中腹2000mまで延々と登り続けるエンドレス&激坂コース!
 金城、cv安元さんの必死な叫びは叶わず、仲間に望みを託した第14話!
 冒頭からカタストロフ!

 思いをつなげろ、俺たちの勝負は、まだ終わっていない―――! 届け、総北ッ!!

感動メーカーの競演
 さらに、元主将の寒咲さんによる解説、田所&新開さんが仲間を語るシーンも最高に素敵だった!
 チームのムードメーカー二人が、ここで語り合うとか最高ッショ!

 〆は一期スプリント勝負以来となる、鳴子章吉の見せ場が到来して続くとか、次回が楽しみすぎッ!

金城『出ろ…、出ろ…! 今が勝負の時だ、行くぞ巻島ァ!』

イメージ 3

 自分の肉体を叱咤し続ける金城、しかし不調は決定的なものに―――。

託す者、託された者
 三日間に渡ったインターハイ・ラストコースは、富士山の中腹2000mまで駆け上がる、激坂の20km。
 その入り口で、前日に傷めた脚が動かなくなった金城は
 巻島と一年に後を託す。

 対するは、高校最高のクライマー・東堂尽八を立て、遥か先を先行する王者・箱根学園

 総北はまずスプリンター鳴子章吉を先頭に
 得意とするスプリント走法を、「山」に対応させた、スプリントクライムで口火を切る!

 次回、ROAD.15「鳴子!真骨頂!」

金城『激痛、混乱、試練、それが運命なら抗え、抗え、抗え! 金城真護ッ!』

イメージ 4

イメージ 5

 残りたったの20km、約300kmを駆け抜けた三日間、そのわずか20km……。

「嘘だろ金城ォォォッ!?」
 金城の不調、二日目のラストスプリントで傷めた膝が、チームを引いた反動で炸裂した。
 動かすたびに激痛は走り、金城は咆哮する。

 俺は絶対に諦めない男だ――――、残りたったの20キロだ…、動けよ左脚ぃ!

 動けよ左脚ィ!
 たった20km、たった20kmが三年間の日々を阻む辛さ、悔しさ!

金城『レースは終わった、“俺が”全てを台無しにした―――!』

イメージ 6

 二日目田所とも似ていますが、今度は、自分を温存する為にチームは頑張ってくれたという重責
 全ての結果、不甲斐なさに打ち震える金城!

 今の金城は個人であって個人でない!

 金城さん背負い込みすぎ! だがそれがエース! 辛い。

東堂『福、総北はエース金城が……』

福富『ああ、昨日の最後のスプリントでも――――』

イメージ 7

 福ちゃん、昨日の時点でライバルの不調に気付いていた、妙に不確定要素を気にしてたのはそれか!
 だが、だからこそ全力で走る!

 東堂、全速力でゴールまで行けッ! それがせめてもの手向けだ!

 福ちゃんスパルタン!
 東堂も同様、せっかく最高の舞台で、巻島と最高の勝負が出来るはずだったのに……。辛い。

金城『何だ……、この湧き上がるようなプレッシャーは……!?』

イメージ 8

イメージ 9

 妖怪の仕業だ! 坂の妖怪のプレッシャーだ!!

反響する言葉
 だが、他ならぬ金城自身がかけた励ましが
 金城自身が引っ張ってきた一年生が、彼を元気付け、金城は彼らに託す事を決める―――。

 あ、あの、前に“倒れたら支えろ”って言われたので、声を―――。

 このジャージは六人全員のジャージなんだ…!
 だから、自分以外に託す!

 インターハイ直前、一期RIDE19で小野田にかけた言葉が、今、金城自身を救う!

金城『―――湧き上がるプレッシャー……、そういう事か!』

イメージ 10

 背中に感じた気迫は、後ろの一年生がまったく諦めていなかった、闘志を燃やしていた証拠!
 ゆえに金城は、オーダー変更を発令する!

金城『思いをつなげ、俺と田所の思いも、持っていけッ!』

イメージ 11

イメージ 12

 今泉へ成長を促し、鳴子を目立てと激励し、そして小野田クンに「役割」を託す!

「絶対に諦めない!」
 最後の作戦、最後の二十キロを後輩たちに託し、金城真護が脱落……!
 自分のトレードマークを託しての後退!

 オーダーだ一年、巻島と山を登れ、誰でもいい、このジャージをゴールに叩き込め!

 金城たちの三年間の頑張りを、巻島を背負って走れ!
 一年生、奮起の時!

 肉体的に著しく成長する高校三年間、その蓄積、それがない一年坊主に託すという異例の事態に……!

巻島『任せろ金城! 俺はイレギュラーが得意なんだ!』

イメージ 13

 唯一残った三年、クライマー巻島は本命として温存され、得意とする変則さを武器とする!
 その見せ場、楽しみですね!

金城『山の手前のこんなところだからこそ、まだ繋がったのかもしれんな…』

イメージ 14

イメージ 1

イメージ 15

イメージ 16

 エース金城、堂々たるリタイア……!

チーム総北
 仮に、「一年を切り離した後に、この不調が爆発していたら」本当に勝負は終わっていた。
 或いはセレクションし、早々に一年を切り離していたら?

 思いをつなげろ、俺たちの勝負は、まだ終わっていない―――! 届け、総北ッ!!

 金城が「全員チーム」を続けた恩恵、炸裂!
 福ちゃんも鉄の動揺!

 不運に遭っても、絶対に諦めない総北となって最終局面に挑む――――!

寒咲元主将『県道150号線、須走口、別名ふじざみライン』

『時に、20%を越える激坂も続く地獄のステージ、その先がゴールだ』

イメージ 18

イメージ 20

 cv諏訪部さん、穏やかな語りが実にダンディじゃんよ。

ヤマヲススメ
 一方、もう役割を終えた総北サポーターは、状況不明のまま、車でゴールへと先回りをしていた。
 目指すは富士山の中腹、標高2000mの「雲の上」まで!

 標高2000mっていったら
 そう、谷川岳・三つ峠・霧が峰辺りより高いのか!?(富士は標高3,775.6m)

 過酷!

手嶋さん『勝つさ、金城さんたちはその為に三年間積み重ねてきたんだからな!』

寒咲元主将『ウチだけじゃない、何処のチームだってそうだ……』

イメージ 19

 あの広島だって熊本台一だってみんな三年間頑張った、けど残れるのはほんの一握りという現実。
 そして二年・手嶋は、一握りどころか「大枠」にすら入れなかった
 力になれなかった悔しさ。

 そして寒咲元主将は、やってくれるさと希望を繋ぐ――――!

新開『迅くん!? また並ばれたなっ!』

田所『よく言うぜ、新開!』

イメージ 17

イメージ 21

イメージ 22

 ここにきて、この二人の対話が見られるとは!

スプリンターズ
 後方、「総北の賭け」を見届けた田所と新開は、並び、互いのチームの行く末を見届ける。
 特に「常勝」新開は、田所の熱さに驚かされたようだ。

 王者にとっちゃ“ゴールは護るもの”かもしれねえが、俺たちにはいつだって“切り開くもん”だからな!

 追いついて熱い握手!
 パワーバーのプレゼントとか、ナイスガイすぎるぜこのコンビ!

 その後、アバウトな作戦を指摘され、タハッ!とか言っちゃう田所さんも良かった!

田所『ウチには限界を知らねぇ、紅い豆粒がいるんだ!』

モブ観客『174番って、あいつスプリンターじゃねえのかよ!?』

イメージ 23

イメージ 2

 いつものモブ観客の人、いい声してるぜ!

スプリントクライム!
 一方、田所の熱い信頼を背に受けて突っ走るスプリンター、次回、激坂スプリンター鳴子回!
 本来は平坦走者の鳴子が、一期RIDE_08で初披露するも
 相性で敗れた、懐かしい必殺技!

 ワイがナニワのスピードマン! 総北の天才ロケッター!! 鳴子章吉やぁぁぁぁぁぁぁッ!

 田所と逆に、軽くパワー不足な肉体
 その真骨頂とは……?

 次回、期待!

Cパート、「王者」箱学エース福富寿一、一生の不覚―――!

イメージ 24

イメージ 25

 写真はやめて差し上げて!?

「ぬぅぅ!?」
 Cパートは、何かと「指差しポーズ」が多い三年生に刺激され、福ちゃんもバァン!
 なおガチで怖がられた模様。

 大丈夫、福ちゃんは強い!

 もう見てるだけで痛々しかったよ福ちゃァん!!

提供、金城主将、異能覚醒は自転車系の中で

イメージ 26

イメージ 1

 痛みに追い詰められた結果、金城主将が覚醒する! ……って提供は遊びすぎでしょ!(褒め言葉)

このジャージは六人全員のジャージなんだ!
 エースを背負い、その責任を背負い込み諦めようとした金城主将、その思いを託す回。
 リタイア後の姿を見るに、ガチで辛かったらしく
 ホントよく走れたもんです。

 前回、田所の陰に隠れるように脱落した新開さんも、ここにきて再び名調子!

 担当cv、日野聡さんも先日ご成婚とのこと
 おめでとうございます。

 次回、ROAD.15「鳴子!真骨頂!」



この記事に


.


みんなの更新記事