GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 整備中のバルバトス、前腕装甲が無いのはフラグ?

暗躍するチョコの人、まっすぐなチョコの隣の人、包容力の三日月の人!

イメージ 29

イメージ 51

 即バレするチョコがアレなのかミカの嗅覚がスゴいのか、おそらくは後者だ! そんな陰謀渦巻く中
 渦中のクーデリアが、ただの気を張っている乙女でしかなく
 アトラとミカが頼もしい!

 ぅ我ら! 地球外縁軌道統制統合艦隊ッ! うぅ〜ン、完璧ッ♪ 我々の力を見せ付ける良い機会だ!

頭の「ぅ」がポイントです
 また、陰謀もクソもなく、「さあ戦争が出来るぞ!」とばかりに張り切る残念艦隊
 真っ直ぐな、ガリガリガエリオさんが格好良いんだ!

 正直すぎる彼は、生き残れるのか!?

艦隊旗艦『アフリカユニオン? なぜ今更?』

イメージ 2

 クーデリアの演説は、地球の分割統治者、ドルト宙域の「持ち主」を動かしてしまう。

独りじゃない
 クーデリアの暴露演説に、ドルトコロニーの持ち主アフリカ連合が動き、ギャラルホルンは撤退に
 彼女は、フミタンの遺志を継ぐ為に「仮面」とも手を組み
 彼の連絡艇で地球行きを決める

 その心的負担は大きかったが、アトラが心配し、ミカが協力を申し出た事で持ち直す。

 待ち受けるギャラルホルン艦隊
 そこには、カルタ・イシューに頭を下げ、参加を許諾されたガエリオ、そしてアインの姿があった

 次回、第19話「願いの重力」。

三日月『凄いなアイツ、俺達が一匹一匹、必死にプチプチ潰してきた奴らを』

『声だけで、止めた―――』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 そんな、汚ッサンが小奇麗なオッサンに!?

声と静寂
 演説は、彼女自身の無知への懺悔、そして虐殺劇が仕組まれたものだという暴露であった 
 当然、暴露に強い裏付けはありません

 が、もしここで彼女が撃ち殺されれば、「暴露」の信憑性を高めてしまう。

 戦場で発信する意味。
 この事態に、当時者であるアフリカ統治者が動き終息に。

 撃ちたければ撃てという彼女の度胸が、結果的に、事態を動かす事に。

 兵士には出来ない事ってワケよね。

アミダ『フミタンの事、残念だったね……』

クーデリア『それで、出発はすぐに出来るのですね?』

イメージ 9

 終息後、フミタンの為にも今は進まねばならない、とばかりに気負うクーデリアの激しい気焔。
 かつてなら、そのまま二、三日寝込みそうでしたが
 今は止まれないという

 私には責任があるのです…、私を信じてくれる人たちの為に、果たさねばならないのです!

 良くも悪くも、フミタンの遺した「責任」の一言が縛る。

お面の男『<突然、申し訳ない。モンターク商会と申します>』

イメージ 10

 そんなクーデリアを訪ね、なんと「仮面の男」、鉄華団には「お面の男」と呼ばれた彼が
 商人を名乗り、鉄華団&タービンズに接触
 より直接的な交渉に

 彼は、「地球に降りる連絡艇」を、クーデリアに提供しようと言いだし――――。

ガエリオ『なぜ謝る? それは俺を助けてくれてできた傷だ』

『謝るのは俺の方だ、まさかガンダムフレームが二機も…、いや言い訳か』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 そんな、久々にクランク二尉が!

ギャラルホルンにて
 その頃、アインは「阿頼耶識」を志願、体内に異物を入れる違和感からガエリオは激しく否定するが
 が、そもそもアインは数多くの差別を受けてきた
 だから構わないという

 いいかアイン、人間としての誇りに、出自など関係ない。自分自身が正しいと思う道を選べ―――

 実は地球出身者のみが所属可能
 アインは、母が火星人で、その出自から差別され卑屈になっていた。

 だが、クランクの言葉で誇りを取り戻せたと―――

『まるで、俺がお前をバカにした連中と同じだと言いたげだな?』

『いや良い、俺はお前のような男を初めて見た―――』

イメージ 17

 アインの出自、ギャラルホルンの歪み、アインの戦う理由を改めて知ったガエリオは
 とある人物に、頭を下げる決意をする事になる―――

 それが彼の死を決めた…、みたいなことにはならんで下さいよ!?

 改めて、まっすぐな男なんだなガリさん!

『成功の暁に、ノブリス・ゴルドン氏と、マクマード氏が得るハーフメタル利権』

『そこに、我々も加えて頂きたい―――』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 まるで、「ノブリスとテイワズ代表は繋がってるぞ」と、警告しに現れたような仮面さん。

偽りの仮面
 一方、「仮面」は将来的な利権と引き換えに、鉄華団の現地パトロンになろうと申し出を行い
 締結を待たず、大量の物資を提供

 ってゆーか、なんでチョコの人がいンの?

 そして即バレ!
 チョコは、情報と物資両面でクーデリアを支援する。

 のみならず「自分の目的はギャラルホルン是正、利害は一致する」と、正直に明かしさえしたのだった。

 さて、本当に是正だけが目的なのか…?

オルガ『今のままじゃ、ダメなんだ…!』

イメージ 21

 また、口振りからして「ノブリスが姫様を裏切った」と、オルガも知っているようで
 彼と大親分、マクマードが繋がっていた事実に
 当然、二人は衝撃を受けます

 が、それはまだ「そういう情報を話して貰える立場じゃない」と飲み込み、貪欲に成長しようとする姿も。

 久々のオルガの危うさ、お父さん頑張る!

ミカ『すごいな、アイツ……』

アトラ『無理してるんじゃないかな…、中継の時の足、ちょっとね、震えてた…』

イメージ 25

 一方、緊張が解け始めたクーデリアを、フミタンの死の衝撃が再び襲い始めていたが―――
 アトラは、「彼女が無理している」事を強く察知し
 気遣おうとする

 また、来週はガエリオとアイン、チョコの人、オルガとユージンの中の人で副音声あり。

 ユージンはイサリビの操舵士ね!
 この副音声は、ディスク版には収録予定がないそうなので、録画必至の特別回なんだそーな。

カルタ・イシュー『ぅ我ら! 地球外縁軌道統制統合艦隊!』

イケメン部下『『『面壁九年(めんぺきくねん)、堅牢堅固(けんろうけんご)!』』』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 面壁九年とは辛抱強くやり遂げるという事、壁に向かって九年も座禅したという故事より。

地球外縁軌道統合残念艦隊!
 一方、ガエリオが「頭を下げた」相手とは、その“鉄華団迎撃”を担う艦隊の中枢
 カルタ・イシューであった。

 これだけ我慢させてお預けなんてナシよ…? 早く来なさい、捻り潰してアゲるからッ!

 戦う絶好の機会!
 しかし、このcv井上喜久子ノリノリである。

 地球圏の実質的な支配者、セブンスターズの当主たち、そして「あの男」に実力を見せる機会!

 あー、これ酷い目に遭うパターンだ!

記者たち『前代表の、マカナイ氏が立候補されるとか?』

『マカナイ氏の、贈収賄疑惑ですが――――』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 みんな覚えてるかな? チョコの人と折り合いが悪い、彼のお父さんだよ!

イズナリオ・ファリド
 一方、なんと「クーデリアが対面する予定」の分割統治者、マカナイ氏は既に失脚していた。
 で、新代表のバアちゃんが会っていたのは
 マクギリスの父。

 という事は、もしや同乗してる金髪少年、チョコの人の弟さんか!?

 もしや、正妻による異母兄弟とか…?

イズナリオ『民衆は常に偶像を求めるものだ…、いや虚像を、かな』

『真実などに、興味は無いものだ――――』

イメージ 34

 そんな脚の悪いらしい現マクギリス家当主もいれば、「失脚した」というマカナイ氏ってば
 鼻歌し、豪邸でワインを飲みまくり
 絶好調であった

 まるで、白馬の王子が攫いに来るのを待つ、プリンセスの気分じゃわい♪

 楽しそうだな!
 なお、「革命の乙女」ではなく、幸運の女神としての、クーデリアが来るのを待っているらしい。

アミダ『手のかかる子ほど可愛いんだろ、アンタはさ?』

名瀬『でなきゃ、お前みたいな暴れ馬に、恐ろしくて手は出せないさ』

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

 笑いながらも、ふっと真顔になっている名瀬のアニキが印象的。

ガチムチ☆大決戦
 また、立場的に動きにくい名瀬は悩んでいるらしく、一方、ガチムチとピアスは模擬戦で大決戦し
 可愛いラフタの眉を曇らせる

 意外だな、お前がこんなに責任感があるヤツとは思わなかった……

 とはガチムチの談
 対し、シノは「戦ってるほうが性に合う」と。

 海賊戦などで、白兵戦チームの指揮を取り、部下を死なせたと後悔していたノルバ・シノ。

 清々しいピアスだわ、うん。

臭いのキツイ雪之丞『随分、男前になったじゃねェか…』

『これで、少しは機動力が上がってくれりゃあな』

イメージ 42

イメージ 1

 また、バルバトスは改造され、前回の戦いでアイン機から脱落した腰部ブースターを強奪
 両碗の装甲がないのも、もしかして…?

 俺らはサポートしか出来ないから、出来る事、出来るだけやりたくて!

 そして今週も頑張るヤマギ(同性愛、もしくは性別偽装疑惑)。

クーデリア『あの男さえいなければ…!』

『それでも地球へ、目的の為、あなたの遺志を継ぐ為には…!』

イメージ 43

 一方、クーデリアはフミタンの死の原因を「仮面」に押しつけ、それでも彼と共闘する覚悟を固める
 ノブリス件といい、清濁併せ呑むようになり
 成長を重ねるクーデリア

 危うい成長。

三日月『―――アンタは凄いよ、ギャラルホルンの連中を声だけで止めた』

『あんなの、オルガにだって出来ない』

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

 オルガにも出来ない、とかいう三日月的最上級褒め言葉(多分)。

抱きしめてあげたりとか!
 が、そんな彼女を「心配する」アトラ、「手伝う」というミカが現れてくれた事で
 クーデリアも決壊する 

 あんたが地球に行く責任があるっていうなら…、俺は、全力でそれを手伝う!

 ミカさん男前!
 泣く二人、まとめて抱きしめるとか男前!

 そんな二人の後押しにより、クーデリアは「仮面」と組む事を正式に受諾、物語はより強く動く

 彼の船で、クーデリアは地球へ…!

フミタンの遺したもの

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

 また、フミタンに支えられてきたブリッジクルー、少年達も彼女を追悼する場面が…。
 彼らにとって、とても貴重なおやつを持ち寄り
 彼女に捧げる少年達

 また、ラストでキャビンに戻ってきた姫様、目が真っ赤になっていたのが細かい

 毒を食らわば、だ!

そしてアトラちゃんの目指す「未来像」といえば

イメージ 56

 今週の彼女に、第10話で描いた「理想の家族像」を連想しますが、そんな駆け引きというより
 ただ、純粋に支えたって気がしますね
 アトラちゃんだもの

 計算というか、ただただ心配で、一番頼りになる人=ミカに頼んだみたいな。

 ホント、最後まで生き残って幸せになって欲しいもの。

予告・ダンテ『俺はな! 悔しいときは、黙って電子回路図を眺めンだ!』

『整頓された情報を眺めてっとよう―――』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 1

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

 存在感がねえやら地味やら名前がわからねえやら言われて落ち込んでのが、無駄に思えてくンだ!

頑張れダンテ・モグロ!
 そんな、切ない次回予告で凄くダンテっていうか、前回の鼻血とかタービンズ戦のハッカーさんだよ!
 ともかく今回、政治的に色んな動きがあって
 面白い回でした。

 特に、クーデリアが会いに行く人物が、とっくに失脚しているのが納得!

 敵も抜かりはないのね。
 また、ガリガリガエリオがどんどん良いキャラになって、次回あたりで死にそうで怖いわ!

 次回、第19話「願いの重力」。


この記事に

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事