GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

この素晴らしい作品に続編を! おつかれさまっしたー!!

イメージ 1

イメージ 72

 最後の「二期決定」に色々持ってかれましたが、最終話も最低だった! 特に開発者のスッキリ具合な!
 オチも、どーせロクなもんじゃないと思ったら想像以上
 カズマさんどうすんの!?

 神様、もし次に異世界に行けたなら、その時こそはカッコ良く活躍できる素晴らしい世界に行けますように!

チュートリアル終了だったな!
 何かと話題のミツルギも、なんかどっかで畑仕事してて笑えましたが
 二期で再会できると良いですね

 惜しむらくは、OPの子がOVA限定って事だよ! なにこれ当初の予定より短い放送枠だったの!?

駄女神『カズマ、逃げるの! 遠くへ逃げるの!!』

イメージ 2

 最終話でも、「××しなさいよ」から入る駄女神!

乗り越える度に酷くなれ
 デストロイヤーとは、古代王国が開発し暴走、母国を滅ぼしてなお延々と暴走し続ける機動兵器だった
 カズマは、せっかく手にした館を護る為に交戦を決め
 その作戦は見事に成功する

 が、壊れたデストロイヤーは再三に渡り暴発しかけ、やむなく動力炉をワープさせ機体も破壊。

 結果、街は救われた
 が、転移した動力炉が大貴族の館をフッ飛ばし、カズマは指名手配を受けてしまう。

 借金王、犯罪者、ろくでもない称号を背負った少年の明日はどっちだ!(終)

カズマ『苦労して手に入れた家を、簡単に壊されてたまるかー!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 なんてこった、受付の人が本作一週分の作画力を使い切りそうな動きを!?
 
この元ニートに家を護る本能を!
 実はデストロイヤーとは、古代魔法王国が作って暴走させ滅びた、通った後には草一本残らない兇悪兵器!
 まるでアクア様じゃないか! 
 が

 火力持ちならいるじゃないか…? 頭のおかしいのが

 幸い「頭のおかしいの」と
 加えて、結界破りの駄女神、英雄クラスながら実は不死王の貧乏店主が!

 なんで初心者冒険者の街にいるんだよお前ら!

 めぐみん可哀想!

ダクネス『―――私が、そこまで自分の欲望に忠実だと思うか?』

イメージ 11

 かくて一話の労働者なんかが頑張る中、ダクネスは街の盾にならんと、らしからぬ真剣さ!
 前回の世間知らずさが消えた!
 が!

 思うよ? 当たり前じゃん

 クズマさんひでえ!

『私の本名は、ダスティネス・フォード・ララティーナという―――』

イメージ 12

 やはり彼女は本物のお嬢様、実は、近隣を治める領主の娘であったと語る。
 密かに、だが「街を守りたい」わがままを
 己の義務だという

 どっかのアークプリーストはひっぱたきたくなるが、今のお前みたいな我侭は、嫌いじゃないよ

 応じるカズマさんもかっけえのである。

クズマ『…ララティーナ』

ララティーナ『そっちの名前で呼ぶなァ!!』

イメージ 13

 なおララティーナって呼んだらララティーナはめっちゃ怒る模様。
 ダクネス、ダークネスの略かと思ったよ!
 聖騎士なのに!

 かわいい!

受付嬢ルナ『そろそろデストロイヤーが来ます、戦闘準備をお願いします!』

カズマ『おい大丈夫か…?』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 だいじょうび…、わたしはだいじょうび…!?

見せてあげますよ、本物の爆裂魔法を!
 要塞襲来! 防御魔法“解呪”を試みた女神の一撃は、もはや攻撃魔法としか思えない圧を放ち
 威力と根性で、守りを破るが―――

 お前の愛は本物なのか!? お前の爆裂魔法は、アレも壊せないようなヘナチョコ魔法か!

 めぐみんビビってる!
 が、カズマの煽りでコロッと戻るノリの良さ!

 なにぉ! 我が名をコケにするよりも、いちばん私に言ってはならないことを口にしましたね!

 優先順位高ェな!

『『黒より黒く 闇より昏き漆黒の 我が真紅の混淆を望み給う―――』』

『『覚醒の刻きたれり、無謬の教誨に落ちし理、無形の歪みとなりて現出せよ!』』

イメージ 23

イメージ 1

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 ぶっちゃけ毎回「呪文」が違っていたので、テキトーな詠唱でも発動するかと思われた爆裂魔法
 が、今回ばかりはめぐみんも本気だったのか
 ウィズと同じ詠唱を!

 くぅ…、さすがはリッチー…、私を遥かに上回るレベル…、悔しいでっス…!

 要塞沈黙!
 まさかのAパートでブチ壊れる伝説要塞!

 潰されたあまたの町が気の毒になるくらい、あっさりとした幕引きかと思われたが―――

モブ冒険者『やったか!』『俺、結婚するんだ!』

元ニート『ん…!?』

イメージ 28

 が、冒険者の方々が次々とフラグを立て、その筋に詳しいカズマさんは眉をしかめる!
 テンプレだコレ!

駄女神『さあ帰って乾杯よ! 報酬はおいくらかしらねーっ♪』

カズマ『このバカー! なんでお前はそうお約束が好きなんだー!?』

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 はいはいカズマです

勇気を生むのはいつだって性欲だ
 結果、一級フラグ建築士に応えるように「自爆装置」が起動、冒険者達は上へ下へのの大騒ぎ!
 が、駆け出した性騎士がいた!

 嗚呼…、もう辛抱たまらん! カズマ、私は突撃するぞ! 行ってくりゅ!!

 ドMの本能に火が!?
 なんと、この突撃を誤解した冒険者達までも突撃を敢行!

 彼らは思い出す、この町が破壊されれば、サキュバスのうっふんなお店も消し飛ぶのだと!

 性欲ってすごい!

ダストさん『むしろ、ここで恩返しできなきゃ終わってるだろ!』

イメージ 34

 かくて男達の心に労働者の心まで火をついた結果、哀れ、古代の要塞は性に狂った男達に蹂躙
 一人のドMが、街を救う火をともしたのである
 ドMってすごい!

 ていうか、サキュバス回がこんな場面で役に立つとか予想外すぎるよ!?

 斬新な展開もあったもんだ!

ウィズ『もしかしたら、制御装置を見つけたら自爆を止められるかもしれません』

カズマ『ダクネスのヤツ、絶対考えずに突っ込んだよな…』

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

 なんかすごい技術っぽい王国も、滅ぶのはろくでもない理由という壮絶な訓話。

いつの時代も人は人
 かくて、要塞に突っ込んだむくつけき男達が見たものは、スッキリ成仏した「開発者」の遺骸
 彼は、未練/zeroで成仏していた―――

 お偉いさんがムチャ言い出した…、こんな低予算で機動兵器を作れという……

 古代の暴走機動兵器
 その正体は、低予算での開発を強いられた男の産物―――

 彼はなら「コロナタイト」持って来いや! と無茶ぶり、ホントに持ってこられてやむなく実用化に。

 結果、見事に大暴走――――

開発者『なんかスカっとした! コレ作ったやつ、絶対バカだろ!!』

『―――おっと、これ作った責任者、俺でした☆』

イメージ 41

イメージ 42

 あまりにあんまりな理由で作られ、暴走し、そのまま余生を過ごして亡くなったそうな
 降りられないしな!

 結局、止める手段も発見できず、ウィズが「転移魔法」で動力をどっかにワープさせる事に決定

 cvチョーさん、熱演にも程があるわチキショウ!!

ウィズ『―――カズマさん、お願いが…、吸わせて、もらえますか?』

カズマ『喜んで』

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

 何を? なんてヤボは言わない。俺はここでスッとぼけたりするような鈍感系じゃない……

え? 何だって? 
 その際、不足した魔力を補う為、カズマさんが大人の階段を登りかけたかに思われたが
 そんな事もなく

 魔力をスッキリ吸い上げたウィズにより、暴走炉はいずこか

 全てはカズマの運に賭ける!
 これまで、数多の魔剣とかぱんつとか引き当てた、クズマさんの運に「転移先」を任せる!!

 てか、これが「キスシーン」だったんかい!! 

 しかし―――

カズマ『おいおい!? コロナタイトは取り除いたはずだろうが!?』

イメージ 48

 なんと、しつこく爆発したがる要塞、今度は内部にたまった熱が逃げ場を求めて
 やっぱり街ごと爆発しそうな事態に!
 しつこいな!

 無論、ウィズとついでにカズマの魔力は空、だがしかし――――。

駄女神『何すんのよヒキニート! この非常事態に!!』

元ニート『非常事態だからだよ!』

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

 なら、次はアクアから吸い取って、もっぺん爆裂魔法を叩き込もうとクズマさんは提案するが
 大きな問題が

 待って! 私の神聖な魔力を大量注入したら、この子きっと消えちゃうわよ!

 不死王も成仏するレベル
 すげえ、ただのマイナス要素だけどやっぱ駄女神様すげえ!

めぐみん『―――真打登場!』

あらくれ『ハッハッハ! チャンスは一度、お前の輝きに賭けるぜ!』

イメージ 52

イメージ 53

 そこにまさかのあらくれに背負われ、めぐみん登場って、ホント忙しいな最終回!
 人馬一体!

 なら、めぐみんに魔力をブチ込んで再び爆裂魔法を―――

めぐみん『うわっはー! 何するんですか!? セクハラですか!?』

カズマ『バカ、効率を気にしてのドレインタッチだ!』

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

 要はカズマがドレインタッチ(アクアから)吸って、(めぐみんに)吐くという戦法
 めぐみんは本当に可愛いなあ!

 そういや、奪うだけでなく「分け与える事も出来ますよ」でしたっけ。

 さすが不死王スキル、チートである。 

めぐみん『おおゥ! これは…、過去最大級の爆裂魔法が放てそうですっ!』

『もうちょい…、もうちょいイケます…、やばいですぅ…♪』

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

 他はともかく、爆裂魔法の事に関しては、私は誰にも負けたくないのですっ!!

この素晴らしいチュートリアルに終焔を!
 かくて、「最初からコレ撃っとけば、一発でデストロイヤーを粉砕できたんじゃね?」級の爆裂が
 本作最後の一撃となった―――
 なお

 貴様の指示で転移させたコロナダイトだが、大領主アルダープ様の屋敷を吹き飛ばした!

 カズマさん
 無事、お尋ね者にクラスチェンジ。

 戦後、これで「ゲームの導入部分が終わった」と思ったのがフラグだよ!

 やーいバーカ!

アクア様『カズマさん!? 犯罪者だよカズマさん!?』

『もう魔王を討伐するどころの話じゃないじゃないの! 聞いてるの!?』

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

 神様、もし次に異世界に行けたなら、その時こそはカッコ良く活躍できる素晴らしい世界に行けますように!

カズマさんの明日はどっちだ!
 てなワケで、まだ借金も返せてないのに「国家転覆罪」までかかったカズマさん
 その明日は二期で!

 アニメオープニングでは、一人だけ未登場の子がいますが、そっちはOVAに登場とのこと!

 原作九巻!
 オリジナルブルーレイ付属の豪華版ですよカズマさん!
 
 ジャンケンで負けたら服を脱ぐ意の古代語が綴られ告知済み! http://konosuba.com/goods/?mode=books

アニメ二期は制作発表のみ、詳細は今後!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 1

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

 カズマさんこと、cv福島さんが冴え渡った最終回だった!

この素晴らしいコメディに続編を!
 てなワケで、終わったという余韻に浸る間もなく「次があるぜヒャッホウ!」エンド。
 プリズマ・イリヤみたいに、二期は一年後ってパターン?
 同じ全10話で最終話告知だし

 ともあれ、最終話だけに作画も良かったというか、キャラデザイン絵より良いくらいだったし!

 何より声優さんの演技がね!
 もちろん、どの方も色んな作品に出演されてますが、今回は演技のおかしさが抜群だった!

 それを導いた方、演出脚本ともかくスタッフの皆さまおつかれさまでした!


この記事に

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事