GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

真の阿頼耶識の猛威! 誰もが未来に向かう中、過去に狂うアイン、結末は…?

イメージ 62

イメージ 68

 敵に回した阿頼耶識の怖さ、“こんなところで終わらせてくれねえ”とは、言いえて妙な救いの手!
 最後まで熱戦、ガエリオに引導を渡す男まで現れてしまったか!
 赤い足、流星号かと思ったのに…

 俺達は一つだ、俺達は…、家族なんだ! 鉄華団の未来の為に、お前達の生命を賭けてくれ!

こんなの間違ってる!
 そんな鉄華団を、必死に生かそうとしてくれたメリビットさん、どんだけ良い人なんだ本当に!
 相対的に、蒔苗のクソさも際立ちますね!

 次回、「報酬」とか言って蒔苗が裏切る気しかしませんが、どうなるんでしょう?

『手が足りてないんだ…、すぐに戻らなくちゃ…』

イメージ 2

 近郊の廃駅、既に開戦から三日経過、救護も不眠不休だった。

「阿頼耶識」の亡霊
 到着から三日、MS「動力炉」が市街地に害を及ぼす為、鉄華団はモビルワーカーでの突撃を敢行
 が、遂に時間も弾薬も底を尽いてしまった事から
 鉄華団本隊を囮にする作戦に

 幸い、モンタークの手配か、ユージンと宇宙海賊部隊も支援に現れ作戦は成功寸前に。

 しかし「グレイズ・アイン」の猛攻に
 アジーとラフタ、シノが生死不明、記憶が混濁したアインは、クーデリア捕縛だと戦線を離脱

 マクギリスにガエリオを任せた三日月が急行し、辛くもアインを食い止める―――

 次回、第25話「鉄華団<完>」。

メリビット『会敵から既に三日、ギャラルホルンは恐怖すら覚えただろう…』

『彼らの、狂気のような戦いぶりに―――』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 まだ突破できんのか…? 本会議まで後六時間……、やはり荷が重かったか

心ない言葉は背後からの攻撃になる
 早くも三日、モビルスーツ・ワーカーを総動員する鉄華団は、いかに数で押しても止まる事なく
 ギャラルホルンを恐怖させた

 彼は言った、辿りつく場所しかないと。どこにたどり着こうというのだろう…、この地獄を抜けた先に。

 メリビットさん
 そして、アトラ達も寝ずに「戦う」鉄華団。

 しかし彼女のモノローグに、疑念が見られるのも仕方のない状況に……。

 蒔苗のジジイてめえ!

オルガ『―――クソ、いったん退くぞ! 阿頼耶識隊が殿(最後尾)だ!』

イメージ 10

 既にエドモントンが見える場所、しかし、身を捨てての吶喊も次々と撃破され続け
 弾薬も底をついた今、オルガも撤退指示を出す
 僅か5機、阿頼耶識が鍵か

 ギャラルホルンが「内政干渉」するなど、本来あってはならぬのだ。本来はな……

 長期化した理由は本気度。
 そうですな、本来、ここは「分割政府」の軍が出るのがスジですし。

『<すいません隊長、陣形が崩されました!>』

コーリス・ステンジャ元艦長『くっ…、退却して陣形を立て直す!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 多方向から、拠点「廃駅」を爆撃すれば終わる状況ですが、ギャラホは本気じゃないって事ね。

エドモントン突破作戦
 現在、鉄華団は「廃駅」を拠点にモビルワーカー隊が前進、背後をMS隊が守っていた
 MSを市街地に入れたら、都市機能が狂ってしまい
 蒔苗の支持率が下るからだ

 海賊戦で、動力炉が重力を発し、宇宙ゴミを引き寄せデブリ帯を作ってしまうと語られたように

 動力炉は様々な特性がある
 なるほど、確かに火星の「CGS」も辺鄙な場所でしたね

 既にタカキがオルガの指揮車両を操縦、ライドもワーカーに乗せろと言い出す決死の状況

 メリビットさんの目が冷たい…。

三日月『<俺はもう、オルガに賭けてるよ。最初のあの日から>』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 時間弾薬、最後の危険な作戦を立案したオルガは、つい三日月に弱音を吐いてしまいます
 返ってきたのは、三日月の笑顔
 そして背中を押す言葉

 俺だけじゃない、皆もだ。だから賭けてみなよオルガも、俺たちに、鉄華団の皆に―――

 こんな決断して良いのかと
 だが、三日月は、自分達こそオルガの言葉を待っているのだと。

 とっくに賭けているんだから―――

マクギリス・パパ『打てる手は打った、奴らは徒労に終わる―――』

イメージ 21

 一方、「終わらないんだなこれが!」と視聴者に思わせる人物は、マクギリスの父イズナリオ閣下
 彼の政治力強化の為、彼女を勝たせなければならない
 だから「軍隊」まで派遣した

 が、日本国内に戒厳令が出て、米軍が勝手に仕切ってるような状況、むしろ蒔苗氏にはプラスでもある

 さて一度は代表を追われた蒔苗氏が、絶対に勝つという自信の所以は…?

オルガ『乗ってくれるなら、お前達の命ってチップを、この闘いに賭けてくれ!』

メリビットさん『ふざけないで!』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 俺らの誰かが死んだとしても、残った奴らは、そのぶん笑える……!

未来の報酬
 かくて、決意を固めたオルガは「鉄華団」自体を囮に、蒔苗氏と指揮車を突撃させる作戦を立案
 勝利は、今まで、これから死んでいく奴の為だと
 鉄華団を決起させる

 俺達は一つだ、俺達は…、家族なんだ! 鉄華団の未来の為に、お前達の生命を賭けてくれ!

 未来の報酬を得る為に
 オルガの反乱まで、ゴミみたいに使い捨てられてきた少年たち。

 だからこそ、今でも「自分らは長くない」と皆思ってる、だからこそオルガの言葉に同調する!

 タカキ、ビスさんの帽子を継ぐのか…!

メリビット『どうしてなの…、もう、何も…、言えない…!』

イメージ 29

 雪之丞のおやっさんがどこまでも優しい、一番の断絶は、メリビットさんとの育ちの違いなんでしょうね
 死んでも仲間の為になる、死ぬかもしれねーけど行こうぜ!
 なんてフツーは同調できません

 でも繰り返しますが、鉄華団は元々、「いつ死ぬか分からない」って環境だったのが大きい。

 命の軽さ、一朝一夕の仲間じゃないってのが大きい―――。

アトラ『三日月の代わりに、私がクーデリアさんを守ります!』

『それが、私の革命なんです!』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 突撃に際し、メリビットさんや負傷兵は離脱、「秘書」もこれに同行してしまったのか
 或いは、「秘書」の手引きで脱出させたんでしょうか
 きっとそう

 同じく「仲間の死を無駄にしない」、フミタンの死を無駄にしない為に姫様も吶喊!

 そういや、火星時代に車運転してたなアトラ!

三日月『残さず賭けるよ……、俺の全部!』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

 カルタ…、任せてくれ。お前の無念は俺が晴らしてみせる…、ギャラルホルンの未来を俺達の手に!

騎兵隊だ!
 かくて、モビルワーカー隊とMS隊が同時に敵を強襲、一歩も引かずに突っ込む事で
 敵部隊は「橋」に集中

 ようオルガ、ヒーローのおでましだ!

 損害が凄まじい…
 が、この土壇場で「阿頼耶識」のワーカー隊が颯爽と乱入!

 おそらくはモンタークが手配した支援部隊、ユージンと「海賊の少年達」のお出ましだ!!

 ユージンかっけえぇぇぇ!

ボードウィン特務三佐『コーリス・ステンジャ、お前達はMW隊に回れ』

ステンジャの兄者『<しかし、キマリス一機だけでは…>』

イメージ 43

 かくて、「鉄華団」そのものを囮にしたオルガは、タカキの操縦する機体で“蒔苗”を護衛
 水量が減った河を渡河。

 一方、色んな意味で「邪魔者」が欲しくなかったガエリオは人払い

 遂にあの機体が―――

アイン『分かる…、考えなくても分かる…、これがそうなんだ……』

『これこそが、俺が本来あるべき姿!』

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 1

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

 鉄華団もガエリオも、未来の為に戦う中、アインは「過去」に縛られ続ける。

「阿頼耶識」の猛威
 残酷無惨、アジーがラフタがシノが次々倒れ、特にアジーさんは死亡確定と思しき描写…!
 あの足、ドリルにする為だったのか……
 なんて事…

 あれこそが阿頼耶識本来の姿、モビルスーツと一体化したアインの覚悟は、お前達の紛い物を凌駕する!

 三日月と同等以上!
 やはり、今までのは「廉価版」だったって事なのか?

 ただラフタは直接の描写がなく、シノは、まだ意識があるらしく目を開く描写あり

 300年前、戦争を終わらせるため生まれた、決戦兵器の強さ!

二度目の「阿頼耶識」

イメージ 59

 一応「阿頼耶識」を敵に回すのは二度目、以前、宇宙海賊の少年達も使っていましたね。
 ただ、彼らは機体が重いタイプ、阿頼耶識の反応を活かすには
 性能的に不向き

 何より、「阿頼耶識の為に開発された」機体とは、いわば現代版のガンダムであるとも言えます

 ガンダムの目的は“阿頼耶識を活かす機体”だった、のですから

ガエリオ『お前だけは俺が倒す! うがぁぁぁぁぁぁッ!!』

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

 対し、阿頼耶識もなく、純粋な技量で三日月に肉薄するガエリオの根性もとんでもねえ!!
 ダメージを恐れず、自ら突っ込む吶喊攻撃!
 なりふり構わぬ戦い!

 が、シノ達を励ますためのおやっさんの通信が「接触」していたアインに伝播

 機体が接触してたので
 中の音が、アインにまで伝わっちゃったのね!

モビルワーカー隊の行方は…!?

イメージ 64

 また、ガエリオがMW隊へ向かわせたギャラルホルンMS部隊、昭弘が倒したんでしょうか?
 でなければ、ユージン達は壊滅する可能性が
 洒落にならんぞ…

 ダンテやチャド、海賊少年たちと押し返しているモビルワーカー隊

 でも、仮に一機でも来たら終わりだよ!?

ライド『団長! LCSを除く全ての通信が切断!』

オルガ『―――正気か、やつら、こんな街中にモビルスーツだと!!』

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 73

イメージ 74

 思い出しました、私はクーデリア・アイナ・バーンスタインを捕獲しなければならなかった!

その思い上がり、この私が正す!
 結果、記憶が混乱したアインは、「CGSに迎えに行く」などと呟きながら市街地へ
 クーデリアと対峙…!

 そうだよなあ…、お前が俺達を、こんなところで終わらせてくれるはずがねえ! なあ、ミカ!

 ギリギリでバルバトス!
 そして、ガエリオと対峙する「マクギリス」の参戦!

 アインは彼自身の人格でこそあれど、記憶が混濁し、正気を失ってしまっているらしい

 が、その強さは規格外!

ミカ『行くぞ…、バルバトス!』

イメージ 75

イメージ 76

 危機一髪、オルガの台詞が、ミカを悪魔みたいに言っててちょっと笑いました
 先日、あの「何をすればいい?」事件からして
 そうですよね!

 クーデリアもかつてと違い、「自分の行いが周囲を巻き込む」と知って、なお立ち向かう覚悟を!

 それは覚悟か
 それとも、アインの言うように「思い上がり」なのか、遂に最終回!

予告クーデリア『最初にあなたに出会った時、私は怖かった―――』

『自分の傲慢を、無知を、迷いを、あなたには、全て見抜かれている気がした

三日月、もうあなたの瞳を恐れはしない

私の心は一つです、たどり着きましょう、一緒に―――』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 1

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

 公式サイトの配信版予告、最後の予告はクーデリア姫様が、本当に奇麗に締めくくる事に。

死屍累々
 ただ、名前付きキャラでの死亡確定はアジーさんだけ、という気もします。
 それでも次々と散っていく姿は
 やはり傷ましい…。

 中盤、まさかのユージン参戦が一番の癒しだったよ! ホント!!

 アインの両肩の武器も
 一見は小口径、しかし普通のライフルと同程度のサイズなのか、精密さも相まって恐ろしい武器でしたね…。

 次回、第25話「鉄華団<完>」。


この記事に

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事