カナダでバイリンガル子育て

カナダでのドタバタ生活&子育て日記です。

全体表示

[ リスト ]

私たちのいるアルバータ州では
幼稚園と小学校1年(Grade 1)から高校3年(Grade 12)までを市の教育委員会が管轄しています(義務教育は5歳か6歳〜15歳か16歳までとなっているので、義務教育は小学1年生から中学3年生までのようです・日本と一緒ですね)。

小学校には幼稚園が併設されていて、ほとんどの子どもたちは幼稚園から通っています。
公立なので、アルバータ州の住民はもちろん無料ですが、留学生は授業料が必要です。

その授業料ですが、
$11,000 CDN per year
最近のレートだと、年間で\1,100,000程度。
そのほかに入学申請料\25,000程度があるようです。

あと、教育委員会が斡旋するホームステイを利用すると
月額$700(\70,000)。ホームステイ登録料$750と保証金$700も必要になるようです。
ホームステイ代には部屋と食事が含まれています。

アメリカだと(州によっても違うかもしれませんが)、健康保険は民間のものか日本で海外保険に加入しないといけなかったと思うのですが、アルバータ州では州の運営する健康保険に加入することができます。月額50ドル程度だったと思います。歯科は含まれていません。

さて、この\1,100,000。
そりゃあ、無料でいける日本の公立校のことを考えれば、もちろん高いのですが…

日本で私立校に通わせると思えば同じくらい、インターナショナルスクールと思えば安いほうになるかもしれません。
ちなみに沖縄のインターナショナルスクールは、月額バス代を合わせて8万円前後と聞いていたので、英語の環境や教育の質の面などを考えると安思えるかな。東京でインターナショナルスクールとなると、完全にこっちの方が安い?(ご存知の方、教えてね)
あ、あと沖縄の基地内の学校に軍属の子ども以外の子が通う場合には年間$16,000(\1,600,000)でした。きっとアメリカの公立校に留学の場合はこのくらいかかるのかもしれません。


<おことわり>
「親子留学 in Canada」については、私の住んでいる地域に関して、私の調べた範囲のことを私なりの解釈で書いています。
さらにカナダ移民局の法律はどんどん変わり、人それぞれの状況で留学のスタイル、ビザの取れる状況は違ってきます。詳しい&正確な情報は、カナダ移民局や留学ご希望地域の教育委員会などでご確認ください。

この記事に

開く コメント(2) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事