全体表示

[ リスト ]

 ここでは水俣病の歴史から、引き続き「科学原理主義」の弊害について考えてみる。関係する年表は下記サイトをご覧いただきたい。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4444/log1/minamata-01.html
http://www7.ocn.ne.jp/~mimuseum/

 水俣湾の周辺で「猫の踊り病」が注目されたのは1952年。その翌年には、「最初の水俣病患者」が発症する。水俣病の公式確認は1956年5月とされている。同年8月24日に熊本大学医学部に水俣奇病研究班が発足し、11月にはチッソの工場排水に着目した疫学調査がなされ、水俣湾の魚介類による重金属中毒説が出された。厚生省が最初の現地調査を行ったのもこの頃である。既に状況は極めて深刻で、この年の年末までに54人が発症し、17人が死亡している。

 以来、熊本大学医学部の研究班を中心に原因究明に向けた取り組みが始まる。それは、次々と患者が増え、死亡する人も後を絶たない、一刻を争う緊張感の中でなされた取り組みであったが、様々な批判や妨害工作との闘いでもあった。ついに1963年3月、入鹿山教授がチッソ水俣工場スラッジからメチル水銀化合物を検出したと報告、原因はチッソの廃液にあると断じた。実際にはチッソ内部では、そのはるか以前に、同じ結論に至る証拠をつかんでいたのであるが、チッソはそれを隠し続けていた。

 いずれにしても、このことで状況は大きく進展するかに思われたが、実際にチッソがアセトアルデヒドの製造を中止したのは、5年後の1968年5月になってからであり、政府見解として、その原因を公式に認め、新潟水俣病とともに、公害病と認定したのは同年9月26日のことであった。公式発見から実に12年余が経過しており、この間に数千の患者を生み、1971年までに48人、1974年までに100人の死者を出すこととなった。

 水俣病の原因究明と被害対策が遅れたのは、人命より利益を優先する大企業の利益至上主義が、その政治的代弁者たる日本国政府と一部の御用学者に影響を及ぼした結果であると要約することもできるだろう。しかしここでは、本題に沿って、一刻を争うような人命にかかわる課題と格闘している科学者達に向けて、他ならぬ科学の立場からどのような批判がなされたのかを見てみよう。

 水俣病が、直接的には水俣湾周辺の魚介類を食べることで発症しているとの疫学的知見は早い段階で得られていた。1957年2月、熊本大研究班は水俣湾内の漁獲禁止が必要と提言し、同年4月には伊藤蓮雄水俣保健所長の実験で、水俣湾で獲れた魚介類をネコに与えて10日目に発症したことも確認されている。これらをふまえた県の照会に対して、厚生省は、水俣湾内特定地域の魚介類のすべてが有毒化しているという明らかな根拠はないので、漁獲を禁止する訳にはいかないと回答している。典型的に、帰納法の弱点を突く論法であり、確かに、科学論としては間違っていない。

 1958年には、チッソの廃液に原因ありとの報告もなされたが、そもそも、チッソの廃液と患者発生との間に相関が見出されたとしても、相関関係と因果関係は別であり、そんなことは科学の基本であるとの批判がなされた。前回、脚気の歴史で述べた森鴎外の主張と同じである。こうして、新たな現象の発見がある度に、その実体や本質を問う反論や批判がなされた。

 それらの全てを御用学者の妨害工作と断じても、何の証拠もないことであり、事態は進展しない。こうして、どの立場の科学者達も、原因物質の実体、因果関係、および発症のメカニズム解明と理論の構築に向けての研究と論争にのめりこむことになる。

 1958年に有機水銀中毒としてのハンター・ラッセル症候群が注目されると、翌年2月には、厚生省水俣病食中毒部会(=熊本大学研究班)により、水銀に着目した調査がなされた。その結果、チッソの排水口近辺を中心に、水俣湾内の泥土から「水銀鉱山並」の多量の水銀が検出された。さらに、不知火海沿岸住民、とりわけ水俣病患者とその家族の毛髪、および、湾内の魚貝類からも高濃度の水銀が検出された。これを受けて、熊本大研究班は、有機水銀原因説を発表することになる。

 ところが、チッソが工場内で使用していたのは無機水銀であり、無機水銀が周辺の海域で有機水銀に転化するメカニズムの解明なくして有機水銀原因説を唱えるのは非科学的であるとの批判がなされた。

 有機水銀が工場内で生成されていた可能性が高まった後も、それがメチル水銀であることが突き止められるまで、科学的な厳密さを問う様々な批判がなされた。チッソ水俣工場のスラッジからメチル水銀化合物が検出されても、それが、チッソ工場の生産工程において生成されることを証明しなければ受け入れられないとの批判もなされた。ついに1967年、チッソ工場の反応容器の環境を再現することで、無機水銀からメチル水銀が生成されることが実験的に証明されたが、これに対しても、実験に過ぎず、理論的な解明とは言えないとの批判さえあったのである。

 メカニズムや因果関係の理論的解明は、科学の一つの目標である。しかし、一刻を争う多数の人命にかかわる課題に取り組んでいる時に、科学的な厳密さに欠ける点をついて、可能な対策提言を先延ばしにしてしまうような批判を行う態度は、まさに「科学原理主義」と呼ぶに相応しい。あるいは「科学バカ」と呼んでも良い。

 「科学原理主義」は、しばしば、実体論や本質論に夢中になるあまり、現象論を軽視しがちになる。その弊害は、水俣の現場に足を運ばずして提唱された数々の珍説を振り返れば容易に納得されるであろう。新しい説が出される度に現場の科学者達は反論のための不必要な労苦を強いられた。

 「科学原理主義」にはまた、現実の社会に潜む「党派性」の罠に、簡単に足下を掬われてしまうような危うさもある。「純粋科学」はそういうものとは無縁であるとの放漫さの故であろう。企業の論理が現実の科学に及ぼす影響にあまりにナイーブな科学者は、どこにでもいる。今では、4大公害病(水俣病、新潟水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜんそく)は高度経済成長の時代の負の遺産であって、そうしたことは過去のものであるとする風潮もあるようだ。しかし、現実はどうだろう。

 先日、7月30日夜のNHKの報道番組によると、最近もまた、島根県出雲市における松枯れ対策の害虫駆除剤の空中散布時に、周辺地域の小中学生や住民から目の痛みなどの被害の訴えが相次いだという事件がおこっている。この時は、農薬を製造・販売している企業の代表、空中散布を指揮する市の担当者、医師や大学の専門家などが呼び集められての原因究明のための検討会が開かれた。

 検討会を続けるうちに、当初この薬剤が人体には無害であると説明されていたのに、後になって、国への許認可届けの書類に、刺激性の反応ありと記されていたことが発覚する。また、薬剤はカプセルに入れて散布されるので、遠方へ飛散することはありえないと説明されていたのが、実際にはカプセルのサイズに大きなばらつきがあり、風速次第では、微細なフラクションが被害分布を説明できるくらいに飛散する可能性のあることも発覚した。さらに、散布許可の条件として地表風速の上限が定められているのに、ヘリコプターが飛ぶ高度での風速の影響が大きいことなど、数々の問題点が明らかになった。

 門外漢としてではあるが、今回の被害は空中散布以外にはあり得ないように思われる。それでも、個々の専門家達の判断は、空中散布と関係あり2名、空中散布とは無関係2名、無関係とは言い切れない7名、と分かれ、結論は先送りになった。「無関係とは言い切れない」が多数なら、この場合、即中止という結論で良い筈だ。

 「科学原理主義」が克服されないかぎり、同じことは何度でもくり返されるであろう。

 最後に本題から少し離れるが、私自身は学生時代に、ほんの数日間、水俣病裁判の準備書面作成にかかわって水俣の漁村における聞き取り調査の手伝いをやったことがある。その際には、現地において原田正純熊本大医学部助教授(当時)の話を聴く機会があった。以来、「ミナマタ」は、私にとって、科学が社会と切り結ぶ現場において、科学者はどうふるまうべきかといったことを考える際の原点として刻まれることとなった。

 その時の原田氏の話で印象に残っているのは、水俣病とは何なのかということ。結局これは、十数万の人々が暮らす環境が人為的に汚染されたということであり、必然的に、そこに暮らす全ての人々が、その悪影響を何らかの形で被ることになった、そういう環境汚染の事件であるということにつきる。「環境汚染」という言葉は、当時既に市民権を得ていた。なんら新鮮みのない当たり前のことを、原田氏がなぜ力説したのか、その意味をどれだけの人々が理解したであろうか。

 原田氏は、原因のいかんにかかわらず、そこにいわれなき不幸があるなら、国民の生命・財産を守る義務を負う政府・為政者は、ただちに、そして無条件にその不幸の救済にあたるべきであるとも主張した。もちろん、我が日本国政府が、それとは真逆の対応をし続けたことへの批判であった訳だが、本質的には、今もその状況に変わりないだろう。

 原田氏はまた、原因究明ばかりに気を取られて、患者の痛み・苦しみを和らげるための、医師としての治療法の研究がおろそかになったと悔いていた。科学的な原因究明のあり方といったことにも何事かを主張されたと思うが、当時の私にはそうしたことを理解する能力はなかった。

広島原爆の日に記す。

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

いつも15人くらいの訪問者なのに、妙にアクセスが多いなと思っていたら、「百丁森の一軒家(本館)」のnorth-pole さんにトラックバックいただいた記事を読んで納得。
続きがあるそうなので、それを待って、ブクマコメントにもお応えしようと思います。north-poleさん、ありがとうございました。

2009/8/12(水) 午後 9:53 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

下記の2番目のトラックバック記事には水俣病による死亡者数について事実と異なる記述がある点、および、学歴差別ともとれる記述がある点について、同意できません。
削除はしませんが、このような言説は、私が目指しているものとは相容れない主張であることを明言しておきます。 削除

2009/11/5(木) 午前 0:31 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

水俣病の歴史と今回の福島原発事故の酷似には私も驚きました。

2011/3/29(火) 午前 10:30 [ フレディ ] 返信する

顔アイコン

興味深く拝読しました。水俣病について理解を深めたく投稿させて頂きました。
>水俣の現場に足を運ばずして提唱された数々の珍説を振り返れば容易に納得されるであろう。新しい説が出される度に現場の科学者達は反論のための不必要な労苦を強いられた。

「有毒アミン説」という仮説を説いた清浦雷作氏は、水俣湾の魚介類を調べた結果であり、戸木田菊次氏は、有毒アミン説を検証する実験を行い、「有毒アミン説」に再現性があることから「腐敗アミン説」という仮説を発表しました。その後、多くの科学者が検証を行い、同様の結果が得られたのです。「アミン説」は珍説などではなく、科学研究の結果得られたものではないでしょうか?現在の物理学では「天動説」は否定されていますが、ガリレオ以前は「天動説」は珍説ではなく、天体観測から得られた結果でした。〜続く

2012/5/29(火) 午前 1:12 [ afofuruki ] 返信する

顔アイコン

同様に、熊本大学が発表した「有機水銀説」も、当時は仮説でしかありませんでした。とりわけ、当時の科学では「無機水銀から有機水銀が生成される」ということは、理論上考えられず、それこそ「珍説」でありました。このような水俣病の原因追求のような科学的な問題は、学者たちに任せ、科学の発展を待つ以外ないように思います。科学的問題を裁判や裁判官に決着させて良いのでしょうか?

水俣病の問題は、当時の政府の危機管理(人間の健康を損なう事態への対応)が未熟だったということではないでしょうか?その未熟の原因は、科学や技術の進歩に政治や立法が付いて行けなかったことのように思うのです。健康を損なっている環境悪化が問題になっている時に、行政府が指揮権を発動する法的根拠がなかった事が、犠牲者を増やし続けてしまった原因だと考えるのです。その結果、チッソに操業を停止する根拠を科学的議論に委ねてしまった。そのような所に水俣病の問題があるのではないでしょうか?

2012/5/29(火) 午前 1:16 [ afofuruki ] 返信する

顔アイコン

>新しい説が出される度に現場の科学者達は反論のための不必要な労苦を強いられた。


現在「地動説」が支持されていますが、正しいから支持されているのではなく、火星の動きや他の惑星の動きを天動説より、「例外」を設けずに説明できる=より普遍性があるからです。科学の営みは、常に新説がでれば、反論批判されながら、多くの研究者により検証が重ねられて、発展して行くものではないでしょうか?将来、水俣病の新たな原因が、見つかる可能性もあります。長文失礼しました。

2012/5/29(火) 午前 1:17 [ afofuruki ] 返信する

顔アイコン

afofuruki さん、コメントありがとうございます。

腐敗した魚介類に生成されるアミンという物質がどのような性質のものか、人が食して死んでしまう程の腐敗アミンを含んだ魚がどのようなものかご存知でしょうか。当時の水俣周辺の漁民がいかに困窮していたとしても、ただでさえ「奇病」が蔓延して不安が広がっている状況で、そのような魚を食べる訳がありません。素人でも分かる珍説です。

「環境省 国立水俣病総合研究センター」による水俣病の歴史と教訓を詳細にまとめた報告書が公開されています。タイトルは、「水俣病の悲劇を繰り返さないために −水俣病の経験から学ぶもの−」です。これで検索してみて下さい。そこに、次のように書かれています。

「海で生活する漁民は、早くから工場排水を疑っていた。後の有毒アミン説につながるような、弱った魚、浮いた魚を食べたので漁民家族が水俣病になったという説は間違いで、作為的ですらある。目の当たりに水俣病の恐ろしさを直視した漁民が見るからに有毒な魚介類をあえて多食したとは考えられず、漁民に発症の責任の一端を帰するようなとらえ方は誤りである。」 削除

2012/5/30(水) 午前 0:01 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

<続き>
>当時の科学では「無機水銀から有機水銀が生成される」ということは、理論上考えられず、それこそ「珍説」でありました。

仮説と言えども優劣はあります。本質的な原因が未解明である段階でその優劣を決めるのは、現象論(この場合は疫学調査の結果)をどれだけ説明できるかということでしょう。患者の地理的分布、患者と毛髪水銀量との関係、「排水口近辺の水銀量」等々、あらゆる現象論が「有機水銀説」を支持していました。一方、「有毒アミン説」が出されるより前に、既に多数の胎児性水俣病が報告されていますが、「アミン説」では説明できません。

「無機水銀から有機水銀が生成される」ということが、当時、理論的にあり得ないと否定されたのではありません。単に、うまく説明する理論が構築されていないと理解されたのであって、この違いは本質的です。あらゆる現象論がこの仮説を支持していたことから、後にチッソ工場の反応容器の環境を再現しての実験が行われ、実際に無機水銀から有機水銀が生成されました。単なる珍説とは考えられていなかったからこそ、このような実験が行われたのです。 削除

2012/5/30(水) 午前 0:03 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

<続き>
>このような水俣病の原因追求のような科学的な問題は、学者たちに任せ、科学の発展を待つ以外ないように思います。科学的問題を裁判や裁判官に決着させて良いのでしょうか?

これは何を仰りたいのか良く分かりません。実際に、水俣病の原因追及は科学者達がやったことです。水俣病の科学の発展によってその原因が突き止められ、裁判所がそれを追認したのです。もしかして、まだ本当の原因は未解明だとお考えですか?

>行政府が指揮権を発動する法的根拠がなかった事が、犠牲者を増やし続けてしまった原因だと考えるのです。

1958年頃までに蓄積されたあらゆるデータは、チッソの工場排水が限りなくクロに近いことを示していました。同年6月には、厚生省環境衛生部長がチッソの排水が原因と国会答弁し、通産省にチッソに対する指導を要請しています。法的根拠があったからです。ところが通産省はこれを拒否します。そうした中、「アミン説」が、学術雑誌ではなく通産省への報告書という形で提出されました。通産省の頑なな態度を下支えするのに役立ちました。 削除

2012/5/30(水) 午前 0:05 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

<続き>
「新潟水俣病」は、1965年5月に患者の発生が報告され、7月には26人の患者とそのうち5名の死亡が確認されています。なぜこんなことが繰り返されたのでしょうか?

>現在「地動説」が支持されていますが、正しいから支持されているのではなく・・・
>将来、水俣病の新たな原因が、見つかる可能性もあります。

確かに科学の成果は、まだ間違いが発覚していないに過ぎないものです。しかし、そこで終わってしまっては単なる不可知論に過ぎず、科学が社会に益するところは何もありません。新たな原因が見つかったと発表されても、それが究極のものである保証はないからです。その前提で、私のこのエントリーの趣旨は、人が次々に死んでいく、その本質的な原因が科学的に未解明である段階で、その問題に取り組む科学者はどのように行動すべきかについて述べたものです。このエントリーの補足として書いた2009/8/15の「「水俣病の歴史」についての補足」もあわせてお読み下さい。

また、2008年5月15日から5回に分けて、「科学的」とはどういうことだろう」と題した論考をまとめています。ご批判いただけましたら幸い 削除

2012/5/30(水) 午前 0:07 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

回答ありがとうございます。
>「奇病」が蔓延して不安が広がっている状況で、そのような魚を食べる訳がありません。

事実をご存知ないようですね。明らかに腐敗していると分かっている魚を食する人はいないです。

>素人でも分かる珍説です。
清浦雷作氏の論文を読んでいらっしゃらないようですね。読んで理解できれば、そのような評価はなさらないと思います。

>弱った魚、浮いた魚を食べたので漁民家族が水俣病になったという説は間違いで、作為的ですらある。

私の知る限り、このような事を清浦雷作氏は話しておらず、その後の検証した研究者もそのような発言はしていないと思います。有毒アミンが少量(or微量)含まれている魚介類は、必ずしも弱って見えません。

2012/5/30(水) 午後 10:50 [ afofuruki ] 返信する

顔アイコン

>漁民に発症の責任の一端を帰するようなとらえ方

「原因物質の特定と、その摂取経路を知突き止めること=漁民に発症の責任の一端を帰するようなとらえ方」ではありません。前者は科学者の探求であり、科学者は「漁民に責任がある」などという論じ方をできません。科学の営みは、因果関係を明らかにすることであり、責任を明らかにすることではないからです。

「漁民に責任がある」というのは、政治の分野です。この点において、ブログ主さんは、科学と政治を混同されているように思います。

2012/5/30(水) 午後 10:50 [ afofuruki ] 返信する

顔アイコン

>患者の地理的分布、患者と毛髪水銀量との関係、排水口近辺の水銀量」の現象論が「有機水銀説」を支持していた。

ブログ主さんは、疫学を学ばれたことがあるでしょうか?簡単に言えば、原因と結果の関係を突き止めて行くのが疫学です。似た分野に人類生態学という分野がありますが、こちらは現象を現象として捉えようとする学問です。

患者と毛髪水銀量との関係、「排水口近辺の水銀量」などが、疫学的に「有機水銀説」を支持できているわけではありません。なぜなら、これだけでは、因果関係が分からないからです。一方「有毒アミン説」を「支持する」研究報告が多数報告されました。こちらの場合の「支持」というのは、実験で「再現性」が何度も確認されたからです。ですが、当時は、明確でない点が双方にあり、大いに議論がなされたのです。「有毒アミン説」と同様の結果を出した研究論文が多かったのですから、「珍説」とは言えないでしょう。「天動説」を「珍説」と評価しないのと同じです。

2012/5/30(水) 午後 11:35 [ afofuruki ] 返信する

顔アイコン

更に、私見をお伝えするはずだったのですが、明日以降にさせて下さい。ご査収の程、よろしくお願いします。

2012/5/30(水) 午後 11:43 [ afofuruki ] 返信する

顔アイコン

なるほど、その論文を読んで評価すべきですね。私は2007年に開催された「水俣病事件報道を検証する」と題するシンポジウムの原田正純さんの報告からの孫引きで、戸木田菊次氏の論文の内容を理解したつもりになっていました。そこには次のように書かれています。

「たとえば東工大の清浦雷作教授は、水銀ではなく、魚のなかの有機アミンだという説を出します。それから戸木田菊次教授は、実験をしています。水俣の漁師は貧しいから腐った魚を食べたのではないかと論文に書いてあります。いろいろなところから魚をとってきて腐らせて猫にやったら猫が死んだ。あたりまえではないですか。問題は、死んだ猫が水俣病だったかどうかが問題で、それはやっていないのです。そういうことを論文に書いて発表していますから、今でも私たちは見ようと思えば見られるわけです。」 削除

2012/5/31(木) 午前 1:05 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

ところで、清浦さん、戸木田さんの論文を読みたくて学情センターのCiNiiで検索するのですが、どうしても該当論文が見つけられません。これはどうした訳でしょうか。よろしければ、論文タイトル、掲載雑誌名、巻、号、ページなどお教えいただけないでしょうか? CiNiiに収録されていないということは、もしかしたらご本人が取り下げられたのかも知れませんが、「歴史的な価値」があり、ぜひとも入手したいと思いますのでお願いします。

疫学の問題については、「アミン説」が実験で何度も再現されたという時に、何が再現されたのかという問題とともに、論文を読んでから私の考えを述べたいと思います。

それから、一つおうかがいしたいのは、afofuruki さんでも、今の時点で「アミン説」は間違いだったと認められると思いますが、もしそうなら、何故清浦さんや戸木田さんは間違ったのかについてお考えをお聞かせ下さい。その上でまた、科学と政治の問題についても書かせていただきたいと思います。 削除

2012/5/31(木) 午前 1:06 [ さつき ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


みんなの更新記事