My Favorite Things /ナイフ製作

趣味や生活の話を書いていくブログです。特にナイフ製作

これは何でしょう?


お久しぶりです。
早速ですが問題です。
これは何でしょう!
イメージ 1

これはステップドリルと言って我々の仕事では必需品で電線なんかを通す穴を開ける道具です。

例えば電線を通す10mmの穴を開けるとき下穴を開けるドリルを複数持ち歩くのは面倒ですがこのステップドリルがあれば段々で下穴を開けてくれるので希望の穴径のところで止めてしまえばOK なのです。


この形状から通称
イメージ 2
タケノコと呼ばれていますw
どれがどれだかわからないでしょ〜⁈


イメージ 3
こうやってインパクトドライバーなんかにつけて使います。


これで鉄板、ボード、木板、コンニャク、プラスチック、チクワ、FRP、カーボン、マカロニなど何にでも穴を開けるのですぐに切れなくなります。

形状的に研ぎ直しが難しいのでいつも使い捨てでしたが、どうにかならないか鈴木刃物製作所のアンチャン様に相談したところ、ベルトサンダーで1段ずつ研ぎ直してくれました!!!!!!(1番上の写真)

私の仲間もこれで困っているのでいくらでやってくれるか聞きましたら、
「受け付けておりませーん!」との事w

見るからに難しそうな作業でした。

でも流石はベテラン職人!
すべての角がビンビンに立ってます。まだ使ってませんが間違いなく生まれ変わった事でしょう。

使うのが楽しみです!

この記事に

開く コメント(4)

狩猟解禁

皆様ご無沙汰致しております。
本日は狩猟解禁日で御座います。

実は先日ブログに書いた狩猟仲間の事故以来、当然なのですが家族に狩猟を反対されてました。

そして猟友会支給のオレンジベストを私の目の届かない所に隠されちゃいました。

私自身隠されているのを知っていたのですが、事故の件もあり返してくれと言えずにいました。
「このまま辞めてしまえば全て丸く収まるんだよな。」

そして猟期が近づいた先日、妻と長男から話しがあると言われ、相変わらず反対していること。ただ何よりも大好きな狩猟を辞めろと言えない事。絶対に事故をおこさず家に帰ってくること。などを涙ながらに言われビニール袋に入った洗い立てのベストを渡されました。

いつもの年とは違う解禁日の今日、集合場所に着いてビニール袋からベストを取り出し着用してポケットに手を入れてみると。
イメージ 1

ベストに付いている、たくさんのポケットのそれぞれからたくさんの御守りと。
イメージ 2

子供達からの手紙が入っていました。

わかった!絶対帰るよ!

私にとって最大の猟果とは無事に家に帰っていつも通りみんなと過ごすことですからね!

この記事に

開く コメント(10)

土日限定!

昨日の日曜日に以前から行ってみたかった土日限定のランチを食べに行ってきました。

場所は埼玉県戸田市にある函館市場というお店。
家からだと30分くらいかな?

イメージ 1

写真はマグロ丼です。
このお店は土日のランチタイム限定で写真のマグロ丼とマグロカツカレー、マグロメンチカツカレーが食べ放題なのです!

ご飯少なめとか刺身だけとかネギトロのみとかカツのみとかの注文OKでなんと大人1000円!

私はというと、マグロ丼×1 マグロメンチカツカレー×1 ネギトロ丼×1 子供が調子に乗って頼んだやつの食べ残し×沢山、という戦績でした。
ご飯の盛りが良かったせいか意外と食べれないものですねー!

近くの方はオススメですよ〜!
混んでますけどね。

次回は倍は食べたいですw

この記事に

開く コメント(8)

やっちまった〜

ナイフのグラインド中ベルトサンダーにはじかれたナイフが足に飛んできた!

イメージ 1

皆さん気をつけましょうね!!

この記事に

開く コメント(6)

行ってみたかった場所

今週の初めに本業の取引先から電話がありました。
T氏「金井さーん。今週の木曜日静岡にいってもらえませんかー?」
私「えーヤダ遠いもん。」
T氏「突発の現場で向こうに知り合いもいないし困ってるんですよ。」
私「ふーん内容は?」
T氏「✖✖✖を5個取り替えてくるだけです。」
私「え!それだけ?1時間もかからないじゃん。」
T氏「そう、それで日当全額払いで別途交通費全額支給!」
私「行かせていただきます!!!!」
 
 
予定通りさくっと仕事も終わり。
このまま帰るのももったいない中途半端な時間。
「ウーム、静岡名物ってなんだっけ?うなぎ、うなぎパイ、わさび漬け、静岡おでんetc。なんかせっかくだから静岡を楽しんで帰ろう!」
考えること数分、静岡で行きたかったところを思い出した。ナビにそこの住所をいれると、ここから51分で着くらしい。
 
「もしもーし金井ですー。ご無沙汰してマース!今静岡にいるんですよー。寄らせてもらってもいいですか?」
「おいでー!」
急いでウイスキーを一本手土産に買い、いざ目的地へ。
 
そこで待っていてくれたのは!!!
イメージ 1
 
掛川の大親分、山本宣弘大先生。
一度親分の工房にに来てみたかったのですよ。
毎日野良仕事をしてるというので、勝手に山の中で田畑に囲まれてて小川とかが流れてる環境を想像していたのですが、思いのほか住宅街にあってビックリしました。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
作業ごとのエリアがきっちり分けられていて仕事がしやすそう。
またこの空気感が妙に落ち着くんですよね。
 
実は自分ナイフを作るってことよりも、まぁそのなんというかそれを取り巻く環境や業界に嫌気がさしてきていてテンションが下がっていたところだったんですが。
アトランタでの話、ナイフ仲間の話、一本一本のナイフ製作秘話等。私なんかよりも若々しい感性でキラキラした目で話をしてくれる親分に、時間を忘れていろんな質問をしていました。
話し込んでいくほどに自分の気持ちが晴れてくるのがよく分かり本当に来てよかったと思いました。
 
でも親分は7時頃就寝してしまうので本当に時間を忘れるわけにはいきません。
適当なところで帰る旨を伝えると奥様からお土産まで頂き、外まで見送っていただきました。
 
ポツポツと雨が降る夕暮れの東名高速を晴れやかな気持ちで家路についたのでした。
次回またお会いしたときに、再び元気をいただけることでしょう。
 
ありがとう御座いました。
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事