My Favorite Things /ナイフ製作

趣味や生活の話を書いていくブログです。特にナイフ製作

行ってみたかった場所

今週の初めに本業の取引先から電話がありました。
T氏「金井さーん。今週の木曜日静岡にいってもらえませんかー?」
私「えーヤダ遠いもん。」
T氏「突発の現場で向こうに知り合いもいないし困ってるんですよ。」
私「ふーん内容は?」
T氏「✖✖✖を5個取り替えてくるだけです。」
私「え!それだけ?1時間もかからないじゃん。」
T氏「そう、それで日当全額払いで別途交通費全額支給!」
私「行かせていただきます!!!!」
 
 
予定通りさくっと仕事も終わり。
このまま帰るのももったいない中途半端な時間。
「ウーム、静岡名物ってなんだっけ?うなぎ、うなぎパイ、わさび漬け、静岡おでんetc。なんかせっかくだから静岡を楽しんで帰ろう!」
考えること数分、静岡で行きたかったところを思い出した。ナビにそこの住所をいれると、ここから51分で着くらしい。
 
「もしもーし金井ですー。ご無沙汰してマース!今静岡にいるんですよー。寄らせてもらってもいいですか?」
「おいでー!」
急いでウイスキーを一本手土産に買い、いざ目的地へ。
 
そこで待っていてくれたのは!!!
イメージ 1
 
掛川の大親分、山本宣弘大先生。
一度親分の工房にに来てみたかったのですよ。
毎日野良仕事をしてるというので、勝手に山の中で田畑に囲まれてて小川とかが流れてる環境を想像していたのですが、思いのほか住宅街にあってビックリしました。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
作業ごとのエリアがきっちり分けられていて仕事がしやすそう。
またこの空気感が妙に落ち着くんですよね。
 
実は自分ナイフを作るってことよりも、まぁそのなんというかそれを取り巻く環境や業界に嫌気がさしてきていてテンションが下がっていたところだったんですが。
アトランタでの話、ナイフ仲間の話、一本一本のナイフ製作秘話等。私なんかよりも若々しい感性でキラキラした目で話をしてくれる親分に、時間を忘れていろんな質問をしていました。
話し込んでいくほどに自分の気持ちが晴れてくるのがよく分かり本当に来てよかったと思いました。
 
でも親分は7時頃就寝してしまうので本当に時間を忘れるわけにはいきません。
適当なところで帰る旨を伝えると奥様からお土産まで頂き、外まで見送っていただきました。
 
ポツポツと雨が降る夕暮れの東名高速を晴れやかな気持ちで家路についたのでした。
次回またお会いしたときに、再び元気をいただけることでしょう。
 
ありがとう御座いました。
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

悲しい終猟

久しぶりの更新でこの様な事を書くのは気がひけるがこれも私の人生の1ページとして書かせていただきます。

今日発売の新聞に載っているこの記事
イメージ 1
実はこれは私の所属する猟隊で起こった出来事です。
しかも十数人の仲間と書いてますがこの事故は私と亡くなった柳さん二人で歩いていた時に起こった出来事でした。

柳さんは私が狩猟を始めた時からの大先生でチームのリーダー的存在の勢子長(犬を使って獲物を探しだす役割)、この人と一緒でなければ私が猟をやる意味が無いと思っている程に慕っている存在でした。
また自分も特別にかわいがっていただき、私が狩猟を始めて初めて撃った鹿を追い出してくれて探し出してくれたのも柳さんでした。その時の「良かったな!おめでとう!」とニッコリ笑ってくれた顔を今でも思い出します。

その柳さんが私の10m前で崖から転落してしまいました。
新聞の30度というのは身体が止まっていた場所で実際の転落地点はほぼ90度に近いところからの転落でした。

すぐ後ろで見ていたのでその瞬間の事は丸一日経った今も頭から離れません。
最後の会話は「金井くーん、コッチ滑るから気をつけろよーー!」でした。
無線で救助を要請しヘリで搬送して貰うまでの間、時間がとても長く感じ、声をかけたり止血したり身体を温めたりする事しか出来ない私達はとても無力で悔しい思いでした。

私は一番近くにいた事で警察からの事情聴取を受け、それが終わった後に猟友から病院で死亡したとの連絡があったと聞き、余りの悲しさと悔しさに声をあげて泣きました。

埼玉県の狩猟期間は毎年11月15日から2月15日までです。狩猟を心から愛した柳さんは2月15日に永遠の終猟をしたのでした。
例年終猟の時は参加者全員集まり、挨拶をして次回の猟期での再開を約束して家路につくのですが今年はそれが叶いませんでした。


一夜明けた今日、猟隊全員で柳さんの自宅に伺い、昨日先にヘリで帰って今横になっている柳さんも揃ったところで他のグループよりも1日遅く我が猟隊の終猟となりました。

そして我がオジサン達のグループ全員この心優しき頑固オヤジという、とてつもない大きな存在を失った事に、我慢する事なく柳さんの前で泣きました。




今回の事故はベテラン柳さんの不注意による事故です。私は何度も柳さんの凄いところを見ているので今でもそのミスを信じられません。

今後この様な事が起こらないよう狩猟だけでなくスキースノボ、車バイクの運転他アウトドアスポーツ全般をやる方は再度初心に返って気を引き締めて行動して頂きたく思います。

次回は楽しい話題で更新しますねーーーーー!

追記  以前柳さんの為に作ったナイフをブログに載せたことが有りました。併せて下記URLからご覧ください。

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

JKGナイフショー

お陰さまで無事終了致しました。
イメージ 1
なんとなく去年に比べてお客様が少なかった感じがしましたが、色々質問頂いたりナイフファンのナイフにかける熱い思いを感じることができる二日間でした。

また私のナイフを購入してくださった方々本当に有難うございました。

これからも精進致しますので今後ともよろしくお願いします。


金井 洋一郎

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

JKG2日目

イメージ 1

イメージ 2

築地で朝寿司

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

初日の打ち上げ

イメージ 1

イメージ 2

おかしらつき!

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2015 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事