My Favorite Things /ナイフ製作

趣味や生活の話を書いていくブログです。特にナイフ製作

過去製作したナイフ 40

記念すべき過去ナイフ40本目は!
株式会社ワールドフォトプレス発行
ナイフマガジン2014年10月号 NO168
88ページに載っているこのナイフ!
イメージ 1
作品名 Mascular (マスキュラー)
ブレード材 ATS-34 4.5mm厚
ハンドル材 もう色々
ブレード長 117mm
 
ナイフマガジンにはもう数回載せていただきましたが、何回載っても嬉しいですねー。
掲載される本人は、いつ発売のナイフマガジンに載るか事前に知らされているので発売日が待ちきれない感じでウキウキしちゃいます。
 
実はこのナイフのブレードは、ずーっと前に外形を削ってあったのですが「あーダメだコリャ。ポイッ」って感じで放置してあったものなんですねー。
 
何がダメだったかっていうとブレード形状の主張が強すぎてハンドルのデザインがまとまらないというか、収拾がつかない感じがしたんです。
これ作った当時は一本のナイフをデザインするんじゃなくてブレードだけとハンドルだけを別々に数種類書いてそれぞれを足してみるみたいな妙な作り方が私の中で流行ってたので上記のようなことがよく起こっていました。
 
あるとき鈴木さんhttp://blogs.yahoo.co.jp/joron1919から一本のハンドル材を入手しましてそれはダイドウッド(着色の木材)なんだけど赤とか緑とかじゃ無くて、本来茶色の木なのにその上から茶色で染めたもの。
鈴木さん「使ったことないからどうなるかわかんないけど金井さんつかってみればー。」
 
持ち帰って端っこを試しに削ってみると、ものすごい力強い存在感を感じたのでそれに合わせたハンドルデザインを書いたところ!!!この間捨てたブレードのデザイン画にぴったり!あわてて鉄屑入れをほじくり返すと、良かった、まだ捨ててなかった。
 
ブレードに「ゴメンよー、ゴメンよー。」などと謝りながら製作したのでありました。
 
このナイフの見所は私が捨てたくなるほどの個性的なブレード形状と、接着剤でベトベトになりながらこれでもかと入れたスペーサー、個性には個性をということでおしゃれなニシキヘビをあしらったシース。
そしてもちろんブレード材復活のきっかけとなったハンドルのウッド材。
 
ブレードが独特と書きましたが刃のラインを見ると実用にもいいですね。フラットグラインドで頑丈だし、しっかり削り抜いてあるので切れ味も抜群!このナイフはきっちり仕事をこなしてくれますよ。商品なので使えないのが残念です。
今度のJKGにも展示しますので見ていってくださいなっ!!
 
ナイフマガジン買ってねー!!!!
 
 
 

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

松本でお買い物

私がナイフを作るときドレメルを結構多用するのですが、専用品の先端ツールが結構高いんですよね。


イメージ 1
これがアマゾンなんかで買うと600円ぐらいだったかな?


今回松本ナイフショーでドレメル用のツールがえらい安かったのでいっぱい買ってきました。

イメージ 2

普通2000円位するドレメルチャックが2個、上の600円位のやつが8本とか切断砥石が数十枚フエルトパッドやら、交換バンドやらその他色々で、、

写真全部でナント!1000円ポッキリ!!!!

うむ、ラッキーであった。

あと土産物屋で
イメージ 3

ザザ虫買ってきた。こっちは1200円位するのでこっちの方が高い。
美味しいけどね。

楽しめましたよー。


開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

松本ナイフショー

私もギャラリーとして松本ナイフショーに行って参りました。
イメージ 1
なかなか雰囲気の良いナイフショーで機会があったら自分も出てみたいなー。

ショーレビューは他の方にお任せ!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

大遅刻

今日、世田谷で仕事があるんですが8時30分集合なんです。

私はいつも前日ナビで時間を調べてプラス1時間前に家を出ることにしてるので今朝6時30分に家を出ました。

結果
お盆休み前を甘くみてました、9時20分現在、まだ到着しません。

埼玉から東京方面に車で向かう方、ご注意下さい!

もう疲れちゃったよ〜。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

過去製作したナイフ 39

先日の猟師さんからのオーダーナイフは此方のコメントでもFacebookでも非常に評判が良くって嬉しい限りで御座いました。

皆様に心からの感謝を伝えたく思い候。
「ありがとぉ〜〜〜〜〜〜〜!」

気を良くしたワタクシ。もう一本のナイフも今回アップさせて頂きたく思います。

イメージ 1
作品名 百発百中 柳さんsp
鋼材 ATS-34 
ハンドル材 鹿の角
イングレーブ 星山文隆氏
2014年6月製作

今回のオーダー条件はハンドルは鹿角、ピカピカ仕上げ(ミラー)。以上
まぁ普段一緒に猟をしてるのでどんなのが好みかって想像はついてたのでそんなに悩まなかったです。

ただブレードの長さを決める時、「今回は短いのがほしいなぁ。コレぐらい。」って指で大きさを示したのでメジャーで測ると5.5インチww
あのーあんまり短くないんですけどw

ウチのグループは長めのナイフが多いですからねー。

前回と同じく手渡ししたら普段クールな柳さんですがやはり大喜びしてくれました。
秋から駆除で使ってくれるとの事なのでレポートを期待しています。

これも同じく撮影してなかったので柳さんの家にあるフォークリフトの上で撮影しました。
これもいいんでない?

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事