My Favorite Things /ナイフ製作

趣味や生活の話を書いていくブログです。特にナイフ製作
依頼されてこんなの作ってます。

途中まで作ったナイフが手に負えなくなったので仕上げて欲しいと依頼がありまして、普段は断るんですけどお世話になってる方からのお願いということで引き受けてみました。

削りかけのブレードとハンドルとヒルトを受け取った状態は「あらーー!」って感じだったのですが、何とか元のイメージを崩さずにやってる最中です。
イメージ 1
結構大きいナイフです。
右がある狩猟グループの親方さんが使う予定の骨スキナイフ6インチ位
左がそのグループに所属する狩りガールさん用剣ナタ風ナイフ5インチ位

狩りガールさん増えてきましたね。楽しい趣味なので安全第一で頑張って欲しいです。
そのガールさんは毎日のようにナイトサファリと称して夜中に獣探しの旅に出かけるみたいです!
スゲーーー!
その熱心さに感動して協力したいなぁと思ったのも有りました。

中々初心者の方にはブレードを平に削るのが難しいみたいです。
あとフィッティングが難しいのかなぁ?
次回は最後まで自分でやってみると、より愛着が増すと思います。

使って貰えるナイフはいいですね。ヤル気になります!

もうちょい待ってて下さいね!

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

イメージ 1
なめし中です。
しっぽ切れちゃった。
完成が楽しみじゃー!

この記事に

開く コメント(2)

昨日のナイフをよく見てみましょう。

イメージ 1
ブレードバックにはファイルワークが入ってます。素晴らしい!

イメージ 2
コンビニ限定緑のたぬきとの大きさ比較。控え目のお手頃サイズ。
分厚い天ぷらってのはよくわかりませんでした。

イメージ 3
バットキャップは貝殻のクズをアクリルで固めたものを隠しピンで固定。
なんとなく模様がダマスカスっぽいから使ってみました。

イメージ 4
側面はこんな感じヒルトから斜めに平面で削りました。
ヒルトはステンレス。スペーサーは真鍮です。

自分で作ってアレですけど十分カッコよく出来てて、欲しがる人もいそうなナイフに仕上がりました。

ではネタばらしを!
先日マトリックスアイダにナイフの熱処理依頼に行った時
ハンドル材コーナーにボーンフルートという素材が置いてまして。
私「これでかい穴が開いてるけどどうやって使うの?売れてる?」
マト「いやー売れないっすねー。どうやって使えばいいですかね〜?」

レジ横のアウトレットコーナーに
私「これナニ?」
マト「いやーこないだ倉庫から出てきたんですけど素性がさっぱりわかんないんですよね〜。捨てるのも勿体無いから、売っちゃおうかと。焼きは入ってますよ。」

で、買ってきました。
イメージ 5
右のブレードが2000円。左のハンドルが1500円。

帰りに鈴木刃物さんでこれを見せたら面白がってくれて。
アンチャンがむかーし作ったというステンヒルトを、ヒロシさんが真鍮スペーサーを無償提供して下さいました(感謝)

それを組み立ててジャーっと加工してゴシゴシ仕上げたものですので作業時間が接着待ち含んでも3時間位。
料金がブレード2000+ハンドル1500+ヒルト0+スペーサー0+バットキャップ端材だから0=3500円
な感じで出来上がりました。

通常アートナイフに使うこの手のハンドルは象牙が多いですがこれは牛骨ですので安いです。

ブレードの材質等素性に責任が持てないので売る事は出来ませんが、ウチに置いておけばウチの奥さんがネギとか切るのに使う事でしょう。それもナイフの正しい使い方です。

ネギ切るのに使っても惜しくないアートナイフ!楽しいですね‼

これからナイフ作りやってみようかなって思ってる方達、こういうアプローチではじめるのも有りですよ!

ところでアイダさん、ボーンフルートこうやって使ってみたけど如何でしょうか?

この記事に

開く コメント(7)

なんか出来た!

イメージ 1
ニヤニヤ!

ネタばらしは後ほどやりますので知ってる人は内緒でお願いしま〜す。
中々かっこいいですね!
自画自賛!ワハハ!

この記事に

開く コメント(6)

ランチ食べましょう!

最近のお気に入りランチスポット。
東大宮の玄海寿司さん。

イメージ 1

イメージ 2

写真は、ばらちらし大盛1000円!
小鉢ふたつ、香の物ひとつ、茶碗蒸し、味噌汁付きでこの値段とボリュームなら文句無しですね。(大盛のご飯は二合だそうです。1100円のメガ盛りは4合!)
勿論味も最高です!

近くの方行ってらっしゃーい!

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事