ここから本文です
どら焼き親父写真館
訪問者数777,777人を突破いたしました。

書庫全体表示

【2015年8月30日】
以前、神田松永町に住んでした紀伊国屋利八が新宿区神楽坂『光照寺』さんに供養塔を建立していた記事を書きましたが、今度は足立区千住桜木町で、同氏が建立した『子育地蔵』の碑を発見しました。
足立区千住桜木町付近は、鎌倉時代既に集落ができていた古い土地で、江戸時代初期の日光道中開設とともに成立した「千住宿」に対し「元宿」として奥州街道などの諸街道街道の要衝の地としても賑わい、千住に設けられた市場は江戸三大市場として幕府の御用市場ともなり、元宿には荒川や隅田川からの舟運の荷揚げ場として元宿堀が設けられました。

イメージ 1

現在では堀も埋め立てられてしまっていますが、堀のあった場所の近くに建つ碑には、正面に『弘法大師 子育地蔵大菩薩』と刻まれ、側面にこの碑を建立した証として『施主 神田松永町 紀伊国屋利八』、反対面には『天保十一歳庚子(1840)秋九月建立』と刻まれています。
食料難の江戸時代に、生きること難しい街の子供たちと親のためを思た奇特な利八が建てたのでしょうか。

イメージ 2

江戸以外でも発見できた紀伊国屋利八の碑を追って、奥州街道の宿場町巡りでもしてみたくなる(マンホール撮影も兼ねて)発見でした。

日本ブログ村 鉄道ランキングに参加しています。

この文字をクリックしていただくとランキングが上がります

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事