のぶおの趣味日記

器用だから貧乏なのか、貧乏だから器用なのか・・・でも案外充実した日々。そんな日々の出来事を気が向いたときだけのんびり書いてます。

全体表示

[ リスト ]

最近、いろいろな方のDIY日記を調べていて、気になるものを見つけた。
八木澤さんが作っている
サイレンバックユニット
八木澤さんWebへ
見ているうちに欲しくなり・・・買っちゃいました!
というわけで取り付けです。
イメージ 1


機材の準備
これが、今回買ったサイレンバックユニット&サイレンセットと、H8年式のステップワゴン(RF−2)には、アンサーバックユニット用リレーが別途必要だったのであわせて購入。
別途、
・配線コネクター7個(赤の小さいほう)
・平型端子2個
・キボシ端子3個
・サイレンの配線延長用に赤配線2mぐらい(色は何でもOKですが、サイレンの配線にあわせました)
・サイレンOFF用に使うスイッチ
・スイッチに配線をつないだときに接続部を覆う熱収縮チューブ
などを別途用意しました。

※今回の手順は、ステップワゴン H8年式(RF-2)メーカーオプションボタン2個式のキーレスエントリー装着済み車です。ボタン1個式は違うようなので、ご注意ください。※こちら素人です。技術的な問などにはお答えできない場合もあります。参考にしていただくのは結構ですが、一切の責任は負えません。よろしくお願いします。

まずはパネルを外します
イメージ 2

イメージ 3

この4箇所にネジがありますので、すべて外し、右上の部分に金属クリップが引っかかっているので、手前にゆっくり引いて外します。
足元の、サイドのカバーもドアパッキンを外してからパネルをゆっくり引いて外します。
3箇所の金属ピンで引っかかっています。

アンサーバックユニット用リレーの取り付け
ヒューズボックスの右上部にウインカー用の緑色のコネクターがあります。
イメージ 4

作業がしやすいように、コネクターを抜いて、アンサーバックユニット用リレーの2本の白配線を
緑/黄配線と緑/赤配線にそれぞれ配線コネクター(分岐タップ)で接続します。
イメージ 5

次に電源用の配線(赤)をヒューズボックスの12Vが取れる配線に接続します。
イメージ 6

今回は、すでにサンルーフで使用していたので、その配線(白/青)に配線コネクターで接続しました。

ここまでできたらいったん作動チェック
アンサーバックユニット用リレーの黄色配線をアースにつないでみます。
つないだときにウインカーが点灯しっぱなしになればOK。
パーツから黄色配線をアースにつなぐたびに「カチカチ」音がしますが、ショートしたわけではないようです。最初あせりました。。。
黄色配線をアースから外して次の作業に進みます。

※この先は、バッテリーのマイナス端子を外してから進みます。

サイレンの取り付けです。
イメージ 8

いろいろと取り付けられそうなところを探したのですが、ここしかありませんでした。
バッテリー固定のネジにボルトで固定。サイレンのアースは画像左上のボディーに接続。
イメージ 7

配線は、ここから通しました。(車内アクセルペダルなどのところにあお向けで頭を突っ込んで見えます。)
車内側から細いドライバーをゆっくりグリグリしながら突っ込んで、配線が通る穴を作り、配線を通していきます。
ちなみに、サイレンのもともとの配線では、まったく足りないので、2mぐらいの配線を延長用に用意しましょう。
キボシ端子で接続して延長しました。
イメージ 9

さっきのところからエンジンルーム側のここに出てきています。
通したところを一応隙間をなくすために絶縁テープでグルグル巻きに固定します。

サイレンへのスイッチの取り付け
サイレンから車内に引き込んだ配線をハンドル下にある他の配線にうまく絡めて、この位置に出しました。
特に何もスイッチ類のなかった取り外せるプレートのところです。
ここにサイレンのOFFスイッチを取り付けます。
スイッチはプレートにドリルで穴を開けて固定しました。
夜などの鳴らしたくないときにはこれで鳴らないようにできます。
イメージ 10

こんな感じ。
イメージ 11

後で、オーディオをいじったりするときに、パネルを外せるように、配線裏で、平型端子をつないで、いつでも簡単に切り離せるようにしました。

サイレンバックユニットの接続
ドアロックモーターコネクターがここにあります。スポンジでくるまれています。
イメージ 12

作業しやすいように、コネクターを外して、白/赤配線にユニットの灰色配線、黄/赤配線にユニットの白色配線を配線コネクターで接続します。
イメージ 13

配線は、逆になってもOKですが、ウインカーの点滅回数がロックとアンロックで逆になります。
あえてそうしている方もいるようです。

サイレンバックユニットの青配線と、アンサーバックユニット用リレーの黄配線をキボシ端子で接続。
黄配線は結構長いので、適当な長さに切りました。
イメージ 14


インターロックコントロールユニット探し
インターロックコントロールユニットのパーキング配線を探します。
シフトが「P」以外では、サイレンバックが作動しないようにします。
他の方法もあるようですが、みんなこれにしているので、自分もこれにしました。
この灰色のコネクターです。
イメージ 16

ブレーキペダルの位置にあお向けでもぐりこみ、ハンドライトで照らして探します。
わからなかったら、バッテリーのマイナスを戻して、エンジンをかけて、リバースに入れて、ピンコン音が鳴るところを探します。
車が走らないように気おつけてくださいね。
※もし、バッテリーをつないだ方は、ここで今一度マイナスを外してから次に進みましょう。

イメージ 17

青/黒配線にサイレンバックユニットのオレンジ配線を配線コネクターで接続します。
※ACCに接続のほうが・・・という八木澤さんからのご指摘を受け、この配線に関しては、後日パーキング配線からACCにつなぎなおしました。パーキング配線でも特に問題は発生しませんでしたが、心配だったので直しました。心配な方は、最初っからACCに繋いだほうがよろしいかと思います。作業内容の画像など、なくてすみません。撮り忘れました・・・

イメージ 15

サイレンバックユニットの緑の配線と、サイレンから延長されて来て、スイッチを経由した赤の配線をキボシ端子で接続します。

最終段階です!
サイレンパックユニットの電源となる赤の配線を、先につなげたアンサーバックユニット用リレーの電源の赤配線に配線コネクターで接続。
イメージ 18

サイレンバックユニットのアース配線の黒をボディーアースに接続。
イメージ 19


ドキドキの作動チェックです
さあ、どれだけサイレンがうるさいかがわからないので、サイレンスイッチをOFFにして、最後にバッテリーのマイナス端子を戻して、いよいよ!!

始動!!
「ピカッ! ピカッピカツ!!」
感激〜〜〜〜〜!!!!

サイレンスイッチをONにして、始動!
「キュンッ! キュンッキュンッ!!」
で・でかい!ちょっと近所迷惑だ・・・!!

今日は、暗くなったので、明日サイレンを少しふさいで音を小さくさせよう。

いずれにせよ、自分でできた達成感と無事作動したことに感激!
いろいろと狭いところに手を突っ込んだので、手は傷だらけになったけど・・・

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

はじめまして、のぶおさん!

八木澤さんのHPの「サイレンバックユニットのユーザーさん」のリンクからやってきました!
僕の愛車は同じステップのH11年式のスピーディーに乗っています。
相変わらずロック・アンロックの確認が判り難く困っています。
そんな訳で、僕もこの度、サイレンバックのサイレンセットを購入しようと思っています。
のぶおさんのDIYを見ながら参考にさせて頂こうと思っているのですが、一つ判らない所があります。
それは・・・エンジンルームへの配線の這わせ方です。
画像で見た感じだとペダル上部の配線カバーに直接穴を開けるのですか?
配線を通す道具は何を使っているのですか?
簡単に配線を通せますか?
一人で出来そうですか?
今もなお、調子良く作動していますか?

色々質問して申し訳ありません。
安くない買い物なので、つい慎重になってしまいます・・・

最近僕も車DIYに目覚めて、ルームランプ自作や、フットランプLED自作化等作っています。

長々と大変申し訳けありません。
もし、お時間がありましたらどうぞ宜しくお願い致します。

2007/6/16(土) 午後 3:10 [ - ] 返信する

顔アイコン

love_is_cash1972さん
すみません。最近パソコンを開いていませんでした。確認遅れてごめんなさい。
非常に度素人仕事のため、強引な方法をとっています。(汗)
車内側から配線カバーに細めの配線と合いそうな太さのプラスドライバーをグリグリと押し込み、配線を通す穴を開けます。(他の配線を傷つけないように)
エンジン側に行って、ドライバーの先っぽが突き出していいたら、車内側から2cmぐらいドライバーを抜いてすぐにエンジン側に行って開けた穴が収縮していかないうちに、配線を押し込む。
また車内のドライバーをずらして、またエンジン側にすぐ行って配線を押し込む。
3回目ぐらいにドライバーを完全に抜き取り、すぐにエンジン側から配線を押し込む。
これで、車内側に配線の先っぽが出て、引っ張れました。
エンジン側の穴は、最後に一応絶縁テープで一回ぐるっと巻いてふさぎました。

本当はもっといい方法があるのかもしれませんが、こんな強引な方法で何とかなりました。。。
偶然かもしれません。

今も絶好調に作動しております。

頼りない返事でごめんなさい。がんばってください!

2007/6/29(金) 午前 11:03 sea27rock 返信する

顔アイコン

のぶおさん
こんにちは、細かく教えて頂きありがとうございました。
実はもう既に購入して、取り付けてあります。
ですが、配線の通し方が良く判らず、ドア内側から這わせました(汗)
やはり見た目が悪いので参考にして再チャレンジしてみます。
ドライバーで貫通できるという事は、車内からエンジンルームまではそんなに距離はないのですね?
因みに僕もスイッチ式にしました(パクリですね(^-^ゞ
ありがとうございました!

しかし良い音ですねぇ〜♪
セキュリティー度が増した感じがします。

2007/6/30(土) 午後 0:21 [ - ] 返信する

顔アイコン

love_is_cash1972さん
やっぱりちょっと返事が遅かったですよね。
でも、無事ついてよかったですね。
そーなんです。セキュリティー度が増した感じがしますよね。
親戚の家でロックするたびに「セキュリティー付けたんだー。」なんていわれます。(笑)
DIYってサイコー!
八木澤さんに感謝です。

では〜。

2007/7/1(日) 午前 1:14 sea27rock 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事