ポートのブログ

ポートチャレンジカップ主催のポートのブログ。レポとかレシピとか。

全体表示

[ リスト ]

結果の方は大会ブログを見てください。
http://port-challengecup.seesaa.net/

ここでは振り返りをしていきたいと思います。

今年に入って1回目のポートチャレンジカップとなりました。

新制限施行から約1ヶ月、プライマルオリジン発売して1週間後の大規模個人戦でしたが、本当に個性的なデッキが多く、征竜時代の移り変わりを感じました。結果として決勝トーナメントには純粋な征竜が1人、ライロ征竜が一人という結果でした。

「レベルの高いプレイヤーがいなかった」と言われてるかもしれませんが、私はそうではなかったと思います。

今大会を振り返り、プレイヤーそれぞれが自分の好きなカードでデッキを作り、それで勝ちにいくことの面白さを改めて実感しましたし、それが可能になってきた環境だと思います。

事実3位にはマドルチェ、4位はインフェルニティ(アーティファクトタッチ)という興味深い結果となっています。ベスト16には「銀河」もありましたし、純粋なアーティファクトもありました。

今回特に力を入れたのは、フロアルールでした。

これまでの大会では私の経験不足もあり、一貫したジャッジができていない部分があったり、厳しい判断をしかねていた部分があったと思います。しかし、新宿杯やJDCトライアルを通して、フロアジャッジがどうあるべきかを少しは身につけることができました。

その結果、ジャッジの対応がぶれないこと、ケースに応じた罰則のレベルの調整ができ、大きなトラブルを回避できたのではないかと思っています。

また、私がフロアジャッジに専念することができたのは、他のスタッフの協力のおかげです。

こうした分担がしっかりできていること、また他のスタッフもこれまでのポートチャレンジカップを通して成長してきたことが、今回の成功につながっていると思います。

まだまだ未熟な点は多く、参加者の方に納得いただけない部分も多いと思いますが、これからも精進していく所存ですので、一人でも多くの方に参加していただき、満足していただけるようになりたいと思っています。

今後もポートチャレンジカップをよろしくお願いいたします。

3月15日(土)にはチーム戦を開催いたします。是非お越しください!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事