ここから本文です
田舎暮らし日記

書庫日記

記事検索
検索

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

春の予感

家の前の土手に、いつの間にかフキノトウが・・・
イメージ 1
もうすっかり花開いて、あまり食用には適しませんね。
心に余裕がないから、身近にある春の訪れを見逃していました。私もまだまだですね。
あまり美味しいものではないのですが、春を感じるために、天ぷらや酢みそ和えにして一度は食べています。ま、別の場所を探して見ます。
 
雪がほとんど無くなったので、ワラビ田の草刈りに行きました。
秋の草刈りを怠けたので雑草が伸び放題、特に長く伸びたカヤが厄介です。
イメージ 2
何とか頑張り一時間経過、もう少しの所でなんと雪が降って来ました。
朝の予報では晴れのはずだったのに、これだから岩手の天気予報は当てになりません。
私は止む無く断腸の思い(んなオーバーな!)で、仕事を切り上げたのでありました。
このまま無理に続ければ、過労死の上に凍死ですからね(ここは八甲田か!)。
 
「雪は深々と降り続き、やがて人の形をした小さな丘を作った・・・」人間の条件・五味川純平

この記事に

温泉手形

今日は天気が崩れそうなので、また温泉に行ってきました。
この時期頻繁に温泉に行けるのは、冬期から4月までの閑散期は安く利用できるからなのです。
イメージ 1
この本を使えば掲載の温泉はほとんど半額です。
今年初めて夫婦で一冊ずつ買って大分利用しましたが、難を言えば乗っている温泉の数が少ない事です。岩手の温泉はまだまだ良い所が沢山あるのに・・・それは正規の料金を払って行けという事なのですね。(ちぇっ!)
 
今日行った温泉は盛岡市の北にある御所湖温泉・花の湯。
イメージ 2
繋温泉と鶯宿温泉の間にあり、意外と普段見過ごしがちの場所です。
フロントはチョット暗いですね。
イメージ 3
ヒマそうなので照明を落としています。節電は悪い事ではありませんが・・・
風呂は内風呂と露店が一つずつとサウナがありましたが、サウナは使えませんでした。これも節電かよ!
露天風呂は泉質がアルカリ性らしくヌルヌルで肌には良いのでしょうが、浴槽内もヌルヌルでチョットすべって転びそうな感じもしました。掃除が行き届いてないかも。
イメージ 4
これが男性用露天風呂。私の生足をサービスしておきます・・・

この記事に

ビフォー・アフター

本日はお日柄もよく絶好のお見合い日和です・・・なんて訳の分からない事を言ってますが、午前10時の気温が14度と、一気に春が来たのではないかと思うくらいの暖かさです。
イメージ 1
ミッキーとケンはハウスの前で日向ぼっこ。
ハウスの中では女房が苗に水やりです。
イメージ 2
両側にあるホーレン草や水菜などの収穫が終わると、花の種まきが始まります。
さぁ、忙しくなって来ますよ、女房が。
 
イヤイヤ、私も仕事はしますよ。(って、当たり前だ!)
今日は果樹で最後に残ったイチジクの剪定です。
イチジクは寒さに強くない為、少し暖かくなった今頃にやるのです。
極寒期にやると、切り口から凍みてしまいますからね。
昔はイチジク自体、宮城県南部が北限とされていました。それが岩手県でも作られるようになったのは、やはり地球温暖化の影響ですね。
温暖化は困りものですが、私の好きなイチジクが作れるようになったのは喜ばしい事です。
 
ビフォー
イメージ 3
アフター
イメージ 4
 
どうです剪定が終わると大分スッキリしましたね。
まるで散髪に行って来たみたいに気持ちイイでしょ。

この記事に

今日、お爺さん()は山へカヤ刈りに行きました。
イメージ 1
秋はススキ(カヤ)の穂が出て趣がありますが、それ以外の季節は単なる邪魔ものです。
その時突如、同行していたケンが何やらただならぬ雰囲気に・・・
イメージ 2
いつもと違い凛々しく背筋を伸ばし、一点を見つめています。
 
その先には・・・
イメージ 3
少し小ぶりな狸が一匹。
角度を変えてもう一枚。
イメージ 4
中心にいるのですが、ちょっと見えにくいですか・・・
さらに近づきます。
イメージ 5
タヌキは右上にいます。
私とケンがこんなに近付いても逃げないのが不思議です。
 
この後ケンが臨戦態勢に入り、寸前まで近づきました。
するとタヌキは「シャーッ シャーッ」とうなり声をあげながら後ろへ転んだのです。その時タヌキの背中にキズが見えました。
かなり深手のようで、このためタヌキは素早く動けなかったのでしょう。
私はケンが飛び掛かろうとするのを制止し、その場を立ち去りました。先の事は目に見えていましたからね。
無益な殺生は避けたかったのです。
 
実は昨夜、ケンが吠えながら山へ入って行ったのを女房が見ていました。タヌキの傷は、案外その時にケンが付けた物かもしれません。
それ以上の事もその後の事も私には分かりません。分かった所で何もできませんし、それが自然の中で暮らすという事なのです。
 

この記事に

ちょっとピンボケ

今日は朝から雨の為、急遽免許証の更新に女房と一緒(女房はお買い物)に盛岡へ。
最終受付10時の5分前に入ったので会場はガラガラ。とんとん拍子に検査が進み、講習を含めて45分ですべて終了しました。免許の更新は受け付け終了ギリギリに行くに限りますね。
早く終わったので岩手一のノッポ・ビル(92m)『マリオス』の展望ラウンジで昼食を。
イメージ 1
レストランから見る盛岡駅。ちょうど秋田新幹線『こまち』が出発した所です。
 
昼食後、ビルにある大ホールから綺麗なオベベを着たお姉さんたちが一斉に出て来ました。
イメージ 2
どうやら盛岡大学の卒業式があったようです。イヤハヤ最近の親御さんたちは、お金が掛かって大変ですね。
(残念ながら写真がピンボケになってしまいました)
 
そして最後は名湯『矢巾温泉』に浸かり、命の洗濯をしてきたのでありました。
イメージ 3
矢巾温泉は紫波郡矢巾町にある昔ながらのひなびた温泉です。かつては多くの客でにぎわっていたそうですが、時の流れでしょうね、今温泉宿は2軒のみとなってしまいました。
共に露天風呂は無く浴槽も小さめですが、泉質が良くいつまでも湯冷めしないので、この日も多くのお爺さんお婆さんで賑わっていました。私たち夫婦もお爺さんお婆さんですが・・・。
(残念ながら、これもピンボケになってしまいました。安物カメラはダメですね。)

この記事に

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事