ー平成28年夏ー
 
お盆の時期に精霊迎えに灯すようなアートイルミネーション“和のあかり×百段階段”が、目黒雅叙園にて開催され…
 “あかり”を落とした
東京都指定有形文化財“百段階段”を「日本の色彩」が灯し包み込んでおりました。
 
“あかり”には対象を照らし浮かび上がらせる美しさの他、安心感や温もりなど様々な“あかり”が込められています。
光明や灯火など“あかり” “ともす”からは、道標となったり、慈悲や智慧、活力や希望をさしてくれるありがたい恩恵の“あかり”を感じてまいりました。
 
四年後には、オリンポス太陽神から採火された“聖火”が、日本の地で“ともしび”世界平和の祭典 東京オリンピックが開催されます。
心身ともに鍛え上げ、磨き抜いた力と技を競い、相互に高めあうイベントとして世界の平和を照らし包む“あかり”となる事を願います。
オリンピックは
憲章にもありますように、元来、国家間の闘争ばかりが目的ではありませんよね。
帰属意識は感情移入し易くもありますが
どの国の選手も公平中立に取り組みそして応援し、その努力や才能を認め、オリンピックそのものの原点を大事にした東京オリンピックになりますように。
 
イメージ 1
☆2016東京オリンピック招致キャンペーンで製作されましたが、選考投票で惜しくも落選、幻のエンブレムとなったラペルピン☆
ついに2020(平成32年)、念願の招致開催国に決定!日本がその舞台となりました。
 
さて
今回の企画展は「百段階段」を舞台に、全国から「祭り」「アート」「職人」「伝統芸能」の4つのジャンルを中心に数々の出展者が一堂に会しました。
 
「百段階段」は、その破格な豪華さから“昭和の竜宮城”と呼ばれた建物に配された七部屋「十畝の間」「漁樵の間」「草丘の間」「静水の間」「星光の間」「清方の間」「頂上の間」を繋ぐ階段廊下です。「女神神殿守護サンクチュアリの十二宮みたいです(^^)」
 
今回、年に一度の写真撮影許可の機会でしたので、貴重な場面を少しご紹介させていただきます。
 
イメージ 2
↑歌舞伎舞踊 衣裳 長唄『連獅子』 仔獅子の精
 
イメージ 3
↑日本神話を起源とする石見神楽の大蛇(おろち)
 
イメージ 4
↑石見神楽『塵輪(じんりん)』神二人、鬼二人の対決『鬼舞』
 
イメージ 5
↑青森ねぶた祭
 
イメージ 6
↑天界から地上へ慈悲の恩恵をもたらす昇り龍
 
イメージ 7
↑蒼龍の圧倒的な存在感は凄まじき迫力と威厳
 
☆最後を飾るは、最広間「十畝の間」に墨絵で表現された「龍棲の郷」墨絵師 西元祐貴先生入魂のの作品で、越前和紙に墨絵で“白龍”を描かれていたり、女性画も存在し、独特な世界観に満ちた空間でした。
イメージ 8
…他にも、日本名刀の刀身や螺鈿漆塗りのお棗(茶器)、竜宮城の組子に乙姫の簪(かんざし)や煙管(きせる)など…
紹介しきれぬほどの逸品が出展されていました。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 
イメージ 1
平成27年10月31日(土)午後3時26分にご逝去された細川民族舞踊研究会 二代目 細川千光先生を偲び、お別れの儀がホテルイースト21東京“イースト21ホール”にて執り行われました。
 
イメージ 2
形見の遺品となった、故人の高著『身を置くところで光となれ 東京深川おんなの土性っ骨』
 
先生の座右の銘であった格言を題名とする、米寿の記念に上梓された自叙伝です。
表紙裏には、貴重な恩師直筆のメッセージを頂戴いたしました。
 
思い出されます…
それはもう、数十年前。
浄瑠璃ものの義太夫節「櫓のお七」の稽古の折り、古石場の尊堂に幾度か訪れさせていただきました。その稽古場の柱には「身を置くところで光となれ」と、年季の入った筆書が据えられておりましたね。
 
先生の豊かな心から放たれる温かい光をいっぱいに浴び、今もその光は私達の心を照らしてくださっております。
 
イメージ 3
富士を望み御来光うき放つ様な、まさしく光となった細川千光尊師
 
細川先生といえば、江戸深川門前仲町 富岡八幡宮に成田山深川不動尊 
 
情に厚く
いつも元気で太陽のように明るい先生との思い出は、愉快で素敵な思い出ばかり
 
門仲の
「東天紅」に、味噌田楽のとっても美味しいお店「郷土料理 三河」さん
あの大きな凄いボリュームのケーキをご馳走になったお店は、まだあるのかなぁ
でっかいケーキが嬉しくてたまらなくって、小・中学生当時の記憶なので残念ながら屋号は憶えておりません
 
イメージ 4
富岡八幡宮例大祭奉納のあと、門仲の甘味喫茶「由はら」さんにて
 
当時、石原慎太郎都知事が提唱し、招致活動を進められていた2016東京五輪の機運をもって東京五輪音頭や深川八幡音頭をご一緒させていただきました。
 
イメージ 5
本年平成27年に予定していた細川会記念公演のためにご用意していた品々
幸運の四葉のクローバーの栞は、お財布の中でいつも身近に
 
古石場川辺に咲いた桜並木の道を、退院されたばかりの先生の手をひき一緒に歩いた時のぬくもりは、永遠に忘れることはありません。
 
イメージ 6
イメージ 7
先生の地元地域を大切に愛された長年の奉仕活動や社会貢献をはじめ、義理人情に熱い心の通い合いは国際交流にまでおよび、お別れ会には江東区長様、区議会議長様、民踊連盟会長様を世話人として、細川民族舞踊研究会三代目お家元様、ご一門総結集のもと、非常に多くの方々が集いました。
 
『鮎は瀬につく 鳥は木にとまる 人は情けの下に住む』
 
は、先生の高著の最終話です。
 
私達は、先生の訓示に倣い、自身の最善の心をもって世の中のため、人のために尽くすことを誓います。
 
「先生の御冥福を心より、御祷り申し上げます」
〜お師匠様より、思いやりの込められた数々の御言葉に支えられ、今の私達があります。心より、感謝を込めまして〜

平成27年12月26日(土)ホテルイースト21東京【イースト21ホール】にて
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

国際文化交流会

浅草橋に学舎をおく国際外語学院へ、短期留学生として訪れている学生の皆様との、日本文化体験講習会の模様でございます。
イメージ 1
〜校長先生を中心に台湾留学生の皆様と記念撮影〜

七月から訪日し、一ヶ月間に及ぶ日本語の学習や日本の各地各種の文化に触れ、満喫されたそうです。

留学生にとって、日本の文化は興味深く、憧れ。

そして、滞在終了式前日、帰郷するまさに最後のメインイベントとして組まれた授業でございます。

それは、日本の伝統伝承文化芸能の一つ、日本舞踊です。

ゆかたを着付け、お互いポーズを決め写真撮影したり、フェイスブックに投稿したりと、はしゃいでおりました。

そして、いよいよ日本舞踊のお稽古です。
座礼から始まる礼儀作法から、舞扇の意義と扱い方、振り付けまで学習致しました。
イメージ 2

イメージ 3


その真剣な眼差しと熱き情熱は、日本人顔負けと思わせる程の一所懸命さに感心です。

私達は、台湾からの留学生を歓迎を込めて受け入れましたが、取り分け、台湾の皆様との絆には特別な想いがありました。

四年前
日本が東日本大震災に見舞われた際、台湾の皆様からは特別な配慮をお寄せいただき、厚いご支援を頂戴した経緯もあり、いままた、その方々との御縁に恵まれる機会に胸を熱く致しました。

交流を通じた、相互の友好や親睦はもちろんのこと、今後の御活躍と文化発展を誓い合い、真心の礼節をもって、再会を祈りました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

夏の夜空を華やかに彩る花火をはじめ、提灯や行燈、暗闇に浮かぶ蛍の光、ほのかに灯る御線香など、夏の宵灯りは風情たっぷりです。

指定有形文化財
目黒雅叙園「百段階段」に施された“和のあかり”の数々を拝観してまいりました。
イメージ 1
先ずは「招きの大門」に飾られた、秋田竿燈と仙台七夕の“祭りのあかり”

イメージ 2
「星光の間」に灯るは“ほおずきの灯り”

イメージ 3
「漁樵の間」
眼力といい、刀身の線や筋に至るまで、なんとお見事なこと

イメージ 4
青森ねぶたの勇壮な迫力は、風をおこす様な勢いが感じられます

通常の開催では、写真撮影はできないのですが、今回は特別にお許しが得られましたので、佳き記念となりました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

師匠の師 坂東流家元お好みでありました一膳でございます
盛夏の宵を照らす月の輝きの様な、綺麗なコントラスト
イメージ 1
シンプルですが、蒸しと炊きの効いた贅沢な銘菓は、質・量ともに大満足です。
(また、梅園さんの店員さんは、とっても親切にしてくださいます「感謝」)
 
梅園さんの“あわぜんざい”は、粟ではなく“餅きび”を選定しているそうです
上質でかおり豊かな漉餡(こしあん)と、粒状感のある黄色いお餅のハーモニーは最高の至福
 
実は、紀の国屋さんの“あわ大福”も好んで頂戴するのですが、こちらは、大納言粒餡でございます。色といい、
ほどよい形といい、赤子の頬の様な柔らかさにうっとりの御菓子でございます。
 
取り分け
浅草観音様へ通じる仲見世の中腹ほどに在ります「梅園」さんの“あわぜんざい”は、お家元をはじめ
私の師匠も訪れては、必ず“あわぜんざい”は定番でした。
そしてまた、私達もその“パワー”に謹んで肖りたいと願いまして、浅草教室の帰りにご馳走になっております。
 
ちなみに…
当初の私は、洋菓子派でした
ゴージャスで夢のあるホールケーキは、夢のタワーに思えました。
 
しかし
茶道の世界も学ばせていただいてより、和菓子の意匠や味の奥深さに驚嘆したのです
 
ただ
ただ、甘いばかり(←失礼)と、思い込んでいた餡や砂糖が、なんと!味わい深いことか。。。。。
 
静寂な空間で、季節感や彩など“おもてなし”の心配りが込められた主菓子をじっくりと頂戴する事で、気付いたことです。
隠れていた素材や味わいを感じる味覚まで、覚醒させてくれました。
 
そのお蔭もあって今でこそ“あわぜんざい”をいただくようになりましたが、修行中でありました当時の私はもっぱら“くず餅”が定番でした。
 
********************************************************************************************
くず餅といえば学生当時の通学路だった神楽坂に在る「松屋本店」さんの吉野葛を使った、くず餅でございます☆☆☆贔屓にしております。
********************************************************************************************
 
たっぷりの黒蜜にきな粉を纏ったくず餅の食感は今も好きですが、くず餅やあんみつ等と比較してしまうと、やはり“あわぜんざい”は、地味に思えてしまい、感化される事もありませんでしたね。
 
…が
しかし、やはりこれも伝統であり、文化。
その真髄を得るために、好みをもお福分けていただく喜びを実感し、英気を養っております。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事