歴史の本の感想・メモ

16〜20世紀初頭の軍事が中心。陸戦重視。約1ヶ月に1回の更新。知識不足ですが宜しくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

新陰流軍学「訓閲集」

「兵法」と言えば、まず頭に浮かぶのは中国の兵法だろう。
じゃあ、日本の兵法は如何なるものだったのか。それを知るために、偶然見つけたこの本を足がかりにしたい。

「軍を発すべき二、三年も前より敵国へ間諜を遣わして、国家の風俗を知って後、兵を発すべし」
「敵と大河を隔てて対陣する時は、河端近く陣取ること悪し。二、三町も引き退いて取るべし。その故は味方より斥候出て馬を乗り廻す時、地形ひろければ、敵より見るに勢いあるものなり。敵懸かる時、半渡りを打つに利あり」
「推し出し行く道中にて、大河を前にあてて陣取る事なかれ。もしその夜、河向うに敵来るか、また大雨降りて俄かに水増して明日越しがたきこともあり」
「合戦の時に至りて、主将より唯今槍を始めよと使い来るといえども、唯今合戦をすれば我が負けと見極める時は、戦うべからず」逆(戦うなという命令が出ている時に勝てる機会がある時)なら戦うべし。
「敵の人数三百にして味方千ある時は、七百を隠して三百を以て戦うべし。徳を得る事五つ有り。一つには、敵、味方の小勢を見て侮りて急に戦い早く疲れる。二つには、大勢一同に戦えば大勢を頼りあいて、味方の気怠る。三つには、大勢進退安からず、小勢は自由なり。四つには、大勢には友(共)崩れあり、小勢にはなし。五つには、しばしば戦いて引き上げるに、敵、勝ちに乗り追う時、新手七百ありて追い返して、敵を敗せしめん」

「堅固の城は力攻めにすべからず。耕作の生じる時と米穀の実なる時、押し寄せて、これを切り捨て兵糧の盡(つ)きるを待つこと」
「城を攻める時日を定めることなかれ」必ず敵に知れてしまうから。日を決めず、事前に決めた合図で攻めるようにすればいい。
「兵糧は城中人数数千人に三万石余。この上は多きほどよし。塩は千人に五千石、大豆二千余石。油、干魚、干菜、海草、弓矢、玉薬、火縄、限りなく篭むべし。右は三年の蓄えなり」

他にも、陣形、こういうことがあったら不吉だ、首実検の作法など様々書いている。思っていたより、幅広い内容だった。

この記事に

開く コメント(3) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事