平和のための京都の戦争展

毎年夏、立命館大学国際平和ミュージアムで開催しています
イメージ 1
イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

2016年の日程

2016年は、8月2日(火)から7日(日)に開催します!

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

京都・滋賀・奈良の有名寺院管長さんが揮毫してくださった
色紙、半切を、戦争展の期間中ずっと展示即売します!
 
イメージ 1
 
 
 
 

この記事に

はじめまして

◆戦争の歴史から現代の平和を考える
平和な世界をつくりたいと誰もが思っているのではないでしょうか。
戦争をしたい人って、きっといないと思う(もしかしたら、ごく少数はいるかも‥)
 
それではなぜ戦争は起こるのか?
 
戦争の歴史から現代の平和を考えることは、大事だと思います。
 
戦争はどのように起こされたのか
満州事変、盧溝橋事件、南京戦、フィリピン戦、沖縄戦
いまだに残る戦争の傷跡=戦争責任を考える
平和な東アジアをつくるために私たちのできることは
 
◆原爆と原発
人類は、制御不能な核エネルギーと共存できない
 
若狭の原発に事故が起こったら
京都はたちまち危なくなります
 
原爆と原発の問題を考えます
 
◆核兵器のない平和な社会をつくるために
私たちのできることは?
憲法9条を守ろう。
 
イメージ 1
 
これは、戦争体験のお話を、紙芝居などで、わかりやすくお話ししてくださっているところです
子どもたちも、ぜひ来てね。
 
 
 

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事