円陣健作が語るSEOの真実

アクセスアップに有効なSEO対策を模索中です!

アクセスアップ

すべて表示

SEO対策に関する疑問から…

SEO対策…この言葉はホームページを作成したものなら誰しもが一度は耳にした言葉ではないでしょうか?
これはアクセスアップのための技法というより、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略です。
よく言うと検索エンジン(特にYahoo、Google、Bingなど)に相性のよいページを作ること…。悪く言うと検索エンジンのアルゴリズムの裏をかいて上位に表示されるテクニックということになります。
私もSEO対策について、いろいろと勉強しました。Googleのページランク理論から始まって、キーワード割合、ページ内リンク数、強調タグの割合、キーワードの近接度…。
最近では、同一カテゴリーからのリンク、分散IPリンクなどなど…日に日に複雑化しているというのが現状です。正直言って決定打となったSEO理論・アクセスアップ技法はありませんでした。
それと、これらをまともにやっていたら、時間も金もSEO対策に費やすばかりで、肝心なサイト内容の充実という本質的な部分を失うこととなってしまったのです。
1年前の私は上に書いたようなSEO対策を行なっていました。成果が出たかというと、使った時間と金に見合ったアクセスアップ効果は得られなかったというのが実情です。
もちろん、SEO業者やSEOの専門家という人の言う理論を否定しているわけではありません。私もそれらを学んだ一人として、業者の言う教科書的な理論でアクセスアップの効果が現れたことも多少なりともありましたから…。
しかしながら、検索エンジンのアルゴリズムとSEO理論はイタチゴッコを繰り返しているというのが現実です。新しいSEO理論が登場すると、皆がこぞって行なう…。しかし、検索エンジン側としては、上位表示すべきではないサイトの順位を押さえ込むためのアルゴリズムを開発する…。この繰り返しで、決定打となるようなSEO理論に出会ったことはありませんでした。
私は「SEO対策」とは、それを利益としている業者には申し訳ない言葉になるかもしれませんが、「水もの」だと思っています。…と同時にSEO対策やアクセスアップ技法そのものが「秘儀」や「裏技」でなければならないとさえ考えています。つまり「SEO理論やアクセスアップ技法とは、一般公開した時点で、その方法論の生命を失う!」と言っても過言ではないのです。ここら、大いなる矛盾が発生しているのです。
例えば、よくある宣伝文句に「当社のSEOを行なうと特定キーワードで検索エンジンで間違いなく上位表示します。○○サイト様は、圏外→1位となりました。」というのがありますね。ビジネスとしては、よくありがちなモデルだと思います。
よくよく考えてみてください!これを本当に信じれますか?私がもし本当にこのような理論と技術を発見し、ビジネスとして利用しようとしたら、まず人には公開しません。自分でショップを作って一人勝ちしようとするでしょう。SEO業者やSEOの専門家と名乗る人の運営するサイトが、立派な理論で武装されているにもかかわらず、ターゲットとしたキーワードで上位表示できていないことや、大手ポータルの広告を使って売り込んでいるといったことは、よくあることですから…。
これらは、ギャンブルの必勝法・投資などの各種の儲け話に酷似している気がしてならないのは私だけでしょうか?(そんなに儲かるなら自分でやれば…といったかんじですね。)
ここ1年間の私は、やっとこのカラクリに気づいたのです。というよりSEO対策というものにハマりすぎて事の本質を見抜く力が欠如していたのです。
今、私が学んでいるのはSEO業者やSEOの専門家の理論や教科書ではありません。実際に努力と研究をされ、試行錯誤のうえ、しかるべき成果がでているWEBサイトからなのです。
そこで、私が学んだ有力サイトの一部を下記に紹介いたします。…と言っても直接、運営者と接触したわけではありません。勝手にサイトを閲覧し、分析することにより勉強させてもらった次第であります。
ただし、これらのサイトが何故にSEO有力サイトであり、検索エンジン上での特定キーワードで上位表示に成功はているかを書くことは、上記で私が語ったことと矛盾することとなるので、あえて控えさせていただきます。興味ある方は、自ら下記のサイトの研究してみてください。

あと、SEO対策についての王道と思えることだけは、記したいと思っています。なぜなら、これだけは小細工なしの普遍的なSEO対策であり、必ずやアクセスアップへ通じるものと信じているからです。大手検索エンジンとしても、このアルゴリズムだけは簡単には変えられないことだという核心を持っているからです。

簡単に言うと「バックリンク」と「アンカーテキスト」の重要性です。これは、SEO対策・アクセスアップ技法の古典とも言うべき理論ですが、10年以上大きな変化はありません。あまりに基礎的すぎるため最も重視すべき部分にもかかわらず、SEO対策熟達者ほど軽視したり、ある意味バックリンクに変化球をつけたがる傾向にあります。
まず、貴方は、YahooやGoogleの検索窓に「いいえ」というキーワードを入力したことがありますか?さて、第1位に何が出るでしょうか?「いいえ」という言葉の語彙解説…。「いいえ」というサイト…。もし、このように考えた方は、SEO対策の初歩に立ち返ってみてください。
「いいえ=Yahoo」もしくは「いいえ=Google」なのです。諸外国では「いいえ=ディズニー」というのもあるそうです。
これは、WEB上に無数に存在する18禁サイト(成人向けサイト)のトップページに18歳以上ですか?という設問をしているからです。「いいえ」というアンカーテキストのリンク先は、YahooやGoogleとなっているのが一般的です。(18歳未満は、もう一度健全なサイトをYahooやGoogleで探しなさい!という意味だと思います。)
YahooやGoogleは「いいえ」というキーワードとはまったく無関係なのです。もし、例えば「㈱いいえ」という名前の企業や「いいえマーケット」などのサイトがあれば迷惑な話ですよね。YahooやGoogleに向けられた強力かつ膨大なリンクのおかげで、これらのサイトが1位に浮上することはまず不可能でしょう。通常、企業名やサイト名を入力すれば、よほどのペナルティーを受けていない限り、そのサイトが最上位に来るはずですし、本来そうあるべきだと思います。
しかし、バックリンクとアンカーテキストという強大な力の前には太刀打ちできないのです。それだけに、SEO対策・アクセスアップ技法上、このバックリンクとアンカーテキストというもの自体が普遍的であると言われる所以なのです。(私自身、この結果から同一カテゴリーリンクの有効性すら疑っている現状です。YahooやGoogleというサイトと「いいえ」は誰が考えても同一カテゴリーとは思えないはずですから…。)
他サイトからのバックリンクとアンカーテキストがSEO対策には、いかに重要か!という一例にすぎませんが、普遍的と思える例であり、公開したところで、そうそう簡単にバックリンクの恩恵が受けれるものではないことなので、敢えて、ご紹介させていただきました。

このページを見られている方々は、おそらく「SEO対策」や「アクセスアップ」と言ったキーワードで入って来られた方々がほとんどだと察します。私は、SEO業者でもなければ、SEOの専門家でもありません。単なるWEBサイトの作成者でありSEO対策に関してはシロウトです。

もちろん自分勝手な考えや間違いも数多いこととは思いますので、参考程度にしてください。また、この記事を参考にして、各自サイト運営者が行なうSEO対策についての責任は一切負いかねますので御了承ください。
さらに、この記事に関して異論や営業妨害と感じるSEO業者やそれに関連した方々が閲覧されましたら、このページ自体が上位表示され、多くのWEBサイト運営者の目にさらされているという現実を紳士に受け止めていただきたいと思っています。なぜなら、シロウトの作成したこのページ自体を否定すること自体、プロとしてナンセンスなことだと思いますから…。取るに足らない、このページが上位表示されること自体、SEO対策上、一種の敗北と認めざるを得ないからです。

なお、下記の参考サイトは私の独断と偏見で選んだサイトです。私の考えに共感していただき、このページへリンクを張ってくれたサイト様もありますが、中には私の考えを受け入れていないと思われるサイトもあります。ただ、私的にはとても参考になるサイトだと思い紹介させてもらっている次第です。

SEO対策的に有力サイトであることに間違いありませんが、あくまでSEO対策上の参考とするだけで、直接、下記サイトへ問い合わせするような行為は御遠慮ください。


社会保険労務士 千葉事務所
労働・社会保険や、人事・労務管理の分野を専門に扱っています。労働・社会保険の手続き業務をベースに、就業規則の作成や変更、賃金、労働時間、退職や解雇をめぐる諸問題解決のお手伝いなど、人事・労務管理の面から企業の発展をサポート致します。対応地域は、基本的には武蔵野・多摩・東京23区。

磁気水.コム
2000年の開設以来、磁気水の良さを世の中に広めることに活躍しているサイトです。
このサイトは、活水器メーカー「アークテック」の永久保証付きの活水器を紹介するとともに、一般的な浄水器と比較しても優るとも劣らない家庭用浄水器や浄水シャワーなどの販売を行なっています。


山梨の日帰り温泉−つむぎの湯
格安料金と温泉効能の評判などから、山梨では人気温泉となっています。館内には農産物の直売、地域の産業である印鑑作成カラオケなどのコーナーなどがあり、入浴以外の目的での来館者も増えています。また最近では、Youtube動画を活用し、国内のみならず海外からのアクセスアップも試行中。最新作として「 ラジオ体操などの活用によるウォームシェア」や「Energy conservation in Japanが有名となっている。

newton/ニュートンのtltソフト
newton/ニュートン社tltソフト公式ホームページです。資格取得や学校教育の学習ソフトにつきnewton/ニュートン社特許の方式と合格保証制度を特色としています。newton/ニュートン社正規代理店KJライセンスネットが運営しています。

浴衣ゆかた〜源氏物語〜いそや
浴衣(ゆかた)の老舗ブランド「源氏物語」専門サイトです。浴衣(ゆかた)の老舗ブランド「源氏物語」は、東京日本橋の堀井株式会社のオリジナル商品です。毎年、CM、テレビ、雑誌など、様々なメディアに取り上げられる、こだわりのゆかたをお楽しみ下さい。

筆耕、宛名書き−日本墨書院
ビジネスニーズに応える毛筆筆耕サービスの専門業者です。 師範級の筆耕陣がビジネスマナーに従った標準書式でお書きします。



.


みんなの更新記事