セとナのルンルン山日記のブログ

元気に歩ける事に感謝して、山を楽しんでいます♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2017念3月25日(土)

   宝篋山(ホウキョウサン)

   同じ茨城県内に住んでいながら初めてこの山名を見た時は読めなかった

   そして次に読めても書くのが難しい・・・何故か豊胸山が頭に浮かんで  

   もう大丈夫!ちゃんと書けますよ      

   近くて遠い山、宝篋山に初めて会の皆さんと登ってきました

   山頂からのロケーションは最高だった

   ちょっと違った筑波山を見ながらのランチは写真を撮るのも忘れて食べまくり

   気が付いたら出発時間

   急いで集合写真を撮って下山となった



イメージ 1


     駐車場は満杯
     やっと止める事が出来、田園風景の中をこれから登る宝篋山を見ながら歩く
     今日は常願寺コースを登り小田城コースを下る
                          宝篋山
イメージ 2

     ヤブツバキが多く咲く登山道を沢音を聞きながら
     気持ち良い登り     
イメージ 3

イメージ 5

     異常なほどヘビの嫌いな人が二人参加しているが
     気が付かないで通り過ぎてくれてよかった
イメージ 17

     尖浅間(トガリセンゲン)   
     フリガナがふってなければ読めないね
     日本語はどうしてこうも難しいんだろう・・・そんな事言っても英語も読めないけど
イメージ 6

     もやっていて見えず
     冬に来て富士山を見たいね
イメージ 4

     合体している木が何本かあった
     松の木との合体が珍しかったので(相方の木の名前はわからず)
イメージ 7

     濃いスミレが一本
     ほんとに綺麗!でも名前は分かりません
イメージ 8


     宝篋城 空堀跡
イメージ 9

     宝篋山山頂
     筑波山をバックに記念写真を撮ったら小田城コースで下ります
イメージ 18

     お目当てのコブシはまだ早い
イメージ 10

イメージ 20

     小田城跡が良く見える
イメージ 11

     要害展望所から

イメージ 12

     要害展望所先から小田城跡がよく見える

イメージ 19
     

     さっきまでいた要害展望所
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


     クサボケ
イメージ 16


     駐車場には綺麗なトイレがあり、山頂付近にはバイオトイレがあり
   
     山頂には沢山のテーブルやイスが設置されてあった

     登山道は良く整備されていて安心して歩く事が出来た

     地元の方に感謝です

     次は来るときは歴史についてもう少し勉強して違うコースで歩きたいと思った

        今日は区の総会、そして旅行、山の会の総会と続く
             
        希望・・・山だけに専念出来れば最高なんだけど
    

この記事に

開く コメント(10)[NEW]

開く トラックバック(0)



 2017年3月19日(日)

  ダンコウバイの花に会いたくなって実家のお墓参りを土曜日に済ませてきた
  これで心置きなく奥久慈の山を歩く事が出来る
  想像していた通り丁度良い咲き具合に大満足だった

イメージ 1
          
イメージ 29


     コース

         つつじヶ丘駐車場8:00〜8:20⇒佐中集落8:35⇒国体コース分岐8:50

         籠岩9:30〜35⇒明山分岐9:50〜10:00⇒一枚岩10:25〜35⇒上山・明神川分岐

         11:05⇒上山分岐11:20⇒三葉峠11:30⇒明山11:50〜12:25(昼食)
                                                     
         三葉峠12:30⇒上山分岐12:55⇒町道上山線13:05⇒上山最奥民家13:35

         つつじヶ丘駐車場14:05                                          
         

              8:20
              つつじヶ丘駐車場に車を停め不動滝から歩きます 
              水量は少ない 
イメージ 2


     不動滝の上はこんな感じ
     背中を押されたらひとたまりもないよね〜アブナイ、アブナイ(^-^;
イメージ 3

     岩の間を歩く、楽しい
イメージ 4

     しかしここは真剣に歩きましょ
イメージ 5

     反対側の岸壁に生えてるのは・・・
     これな〜んだ
     イワヒバでした
イメージ 6

     崩れた登山道
     鎖がなかったら・・・ゾー💦     
イメージ 7

     9:30
     そうこうしているうちに籠岩到着です
     岩をくぐって
イメージ 10

     こんな所まで石仏を運んだ昔の人は凄いよね〜
イメージ 8

               長〜い梯子を途中まで登って
イメージ 30

     揺れる揺れる
     ナの体重ではこれ以上無理
     命が惜しいので写真だけ撮って戻りました
イメージ 9

     籠岩の周りもダンコウバイの花
イメージ 11

     
     9:50
     ここは秋には一面紅葉する所
     今はダンコウバイの花盛り
イメージ 12

     ダンコウバイの花
イメージ 13

     10:25
     一枚岩にも寄っていきますよ
     これから行く明山がやけに遠いなと心でつぶやく
                                     明山               
イメージ 14


     ウグイスカグラ
イメージ 15


     ダンコウバイ越しに明山
イメージ 16


     赤いヤブツバキが疲れを癒してくれる
イメージ 17

     椿の中ではヤブツバキが一番好き
イメージ 18

     何を撮ってるの〜
イメージ 19

     と思いきや
     登山道に咲いていたタチツボスミレかな
     あんな格好で一生懸命撮ったのにボケててガックリのセ
イメージ 20

     これは何スミレ
     スミレってほんとに難しいです
イメージ 21

     11:30
     三葉峠
イメージ 22

            この急登を頑張れば山頂はもう少し
イメージ 23


     明山山頂11:50
     天気予報ではもう少し良かったのだが・・・
     竜神大吊橋も霞んでぼんやり、当然バンジージャンプをしているだろう人も見えない
イメージ 24

     シュンランは少なかったけど帰りに見ることが出来た
イメージ 25

     
     13:05
     上山集落に出て里道歩き
イメージ 26

     舗装道路の里道を暫く歩き途中から登山道に入る
     ダンコウバイ越しに奥久慈男体山
イメージ 27

     
     急な階段を下りて10分弱歩けば駐車場
     駐車場着14:05
イメージ 28


        目的のダンコウバイは見頃のものが多かった
        所々終わってしまったのもあったがまだ蕾のものも多く暫く楽しめるだろう
        思わぬヤブツバキ攻撃に亀足になってしまったセとナでした
   
        今日も良い歩きが出来たな〜と思いつつ
        いつの間にやらお休みなさい  
        ごめんね、そしてありがとう〜( ◠‿◠ )
        
        

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

愛宕山清掃に参加して

 2017年3月12日(日)

   青少年育成岩間地区市民の会主催の愛宕山清掃に参加してきました。

   小学生、中学生、一般の方が愛宕山大駐車場に集合
   三班に分かれての清掃となりました。
   私達は中学二年生と共に滝入不動堂方面を周回
   さすがに道路には目立ったゴミはなかったのですが道路から一歩入った道路脇には
   結構なごみの量
   みんなで拾って綺麗にしました。

     市民の会会長さんの挨拶
     大勢の中学生が参加しました
イメージ 1


     山の会の会長さんと一緒に出発します
イメージ 2


     ここにもあるよ
イメージ 7



     あそこにもあるね
イメージ 3

     小学一年生の孫はゴミを見つけては登ったり下りたり     
イメージ 4


     何を拾ってきたのか相当重いゴミを交代で運ぶ中学生
     ナも手伝おうと持ってみたが重くて持てなかった
イメージ 5


    今回参加した子供達はこれから先ゴミを捨てない、そして捨ててあるゴミは拾う
    きっとそんな大人になってくれるだろう
    どこに行っても故郷の愛宕山を忘れないで欲しいと願いながら家に帰ってきた
  

             
  
        双子の孫が中学校を卒業しました(^O^)/
     
   2017年3月13日(月)
     そして今日、二人とも県立高校に合格してとっても嬉しい日になりました。
     特にお兄ちゃんの方は東関東大震災の一年前にお風呂で溺れて一時は植物人間の
     宣告を受け、そこから這い上がり頑張ってきました。
     色んな人の助けがあって今日の日を迎えることが出来ました。
     感謝することを忘れずに恩返しできる大人になって欲しいと願うセとナなのであります。

イメージ 6

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

古賀志山

2017年3月4日(土)

      四月の会山行の下見に行った
    ほとんどが年金受給者なのであまり岩場を通らず花を楽しめるコースに設定
    時間もたっぷりとって

イメージ 18

     中尾根と言ったら一番岩から三番岩がメイン
        でも今回は岩場を避けてカタクリ群生地に向かうコース
     4月にはこの辺り一帯カタクリで覆いつくされるでしょう
イメージ 1


     一枚葉は出ていたがこれには花が咲かない
     後から蕾を抱いて出てくる二枚葉に花が咲く
     この分だと会山行の頃は丁度良いかも
イメージ 2


     二枚岩
     ここはヒカゲツツtジの群生地
     下まで様子見に行ってきたセ「今年は蕾が少ないなぁ〜」
     でも初めて見る会員は満足するだろう
イメージ 3


     休憩してリラックス
イメージ 4


     559P
     雪の日光連山を眺めてここで早めのランチ
     中々見えない那須方面の山も見え「今日の下見はラッキー」
     満足、満足
イメージ 5


     もやっていたが終日日光方面の山々が見えていた     
イメージ 10


     古賀志山山頂
     真新しい看板、テーブル、丸太のベンチ
     整備されていて感謝
イメージ 6


     御嶽山に向かう途中の岩場
     左下に迂回路もある
イメージ 11


     御嶽山山頂
     「撮りますか〜」と休んでいた三人の女の子たちの嬉しい言葉
     「ありがとう」
     聞けば真岡女子高の生徒、先生かと思った人はお父さんだった
     この春高校生になる双子の孫もこんな風に素直な明るい高校生になって欲しいと願った
イメージ 7


     気になっていた三角山が皇海山と分かりみなスッキリ気分
イメージ 8

     古賀志山まで戻り、北コースを下る
     途中の登山道は凄いことになっていた
     台風の影響でズダズダに分断された登山道
イメージ 9


   唯一、満開のマンサクが遠目に見えた
   下見も無事終了してリーダも一安心のようだった
   後はお天気が良いことを祈るばかり


   
    3.11 東関東大震災の日が近づいてきている
    あの時、杉花粉が黄色い煙になって山全体に立ち昇った様を6年経った今でもはっきりと覚えている
    その時の事を思い出させるようなスギ花粉の飛来にクシャミに鼻水が止まらない

     我が家から見る愛宕山方面は杉の木が多い       愛宕山
イメージ 17


     写真見てるだけで鼻がムズムズ
イメージ 15

     この写真を見て花粉症になってしまったらごめんなさい
イメージ 16


     では気分を変えて
     我が家の梅畑のフキノトウ
     もちろん夕食は天ぷらでした
イメージ 14

     家の周りの花々
     タンポポ
イメージ 12


     癒されます
     ホトケノザ            難台山
イメージ 13


 

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

日光社山

2017年2月26日(日)

  雪山に行きたい〜
  雪山が呼んでる〜
  せっかく履いたスタッドレスタイヤの出番がない〜
  そんな思いもあって・・・さてどこの山へ・・・
  那須?日光の山?迷った挙句に日光社山を歩いてきた
  路面凍結が心配だったイロハ坂
  拍子抜けするほど何事もなく
    周りの山々の雪も今までになく少ない状態だった
  
  立木観音先のゲートPに車を停めて9:00に歩き始める
  雨量観測所手前の上り坂でアイゼンを履く
  帰りは阿世潟でアイゼンを外す

     前方に社山・・・かっこいいね。でも遠いな〜
 イメージ 1

     振り返ると日光男体山
     日光白根山方面は雪が降っているようだ
イメージ 2


     駐車場から林道を一時間余り歩いて左折、社山への上りになる
イメージ 3


     登る事20分で阿世潟峠
     手前の階段は凍っている所があって嫌らしかった
     アイゼン履けば良かったかなと後悔
イメージ 4

            ここから本格的な上り
            でもこんな状態なのでしばらくアイゼン無しで歩く       

イメージ 5

     この先の
     雨量観測所手前まではアイゼン無しで歩けた・・・が
     雨量観測所手前の上りは凍結していて嫌らしくアイゼンをつける
イメージ 6

イメージ 7

     社山山頂を通り越し先の展望を楽しみここでランチにする
     日光白根山の方は雪が降っているようだった
     ランチの間も時雨れて雪が舞った
イメージ 8

     帰りに山頂で記念写真
     12:45社山を後にする
イメージ 9

     中禅寺湖を真下に眺めながらの下りは楽しい。ルンルン
イメージ 10

     中禅寺湖に浮かぶ唯一の島
イメージ 11

     駐車場に戻る林道からは朝方ガスっていた日光白根山が真っ白に輝いていた
     疲れた身体に林道歩きが長くて嫌になってしまうけどこの景色を見るとそれも吹き飛び
     又来よう!って気持ちになる 
     そんな不思議な魅力をもった山が社山だ  
     駐車場15:00着  
イメージ 12

   
   セとナの所は雪も殆ど降らずにせっかく履いたスタッドレスタイヤも出番無しに終わりそうだ
   すり減っていくタイヤを見ながら   
   きっとノーマルタイヤに替えた途端にドカ雪が降ったりしてね〜と思ったりして
   往々にしてそんなものだから
   もう一度ぐらいは雪山に行きたいと願いつつ、もう少しこのままでいようと思うのであった
   

         雪は少なかったがルンルン歩きが出来て満足満足

         また来るよ〜ありがとう〜社山
   

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事