セとナのルンルン山日記のブログ

元気に歩ける事に感謝して、山を楽しんでいます♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

加波山(会山行)周回



  2017年2月18日(土)
 
  会山行で花の入公園から加波山を歩いてきました。
  会員15名、会員以外1名総勢16名賑やかな山歩きでした
 
     今の時期はヤブツバキが綺麗です 
イメージ 1

     一枚岩到着
     一枚岩を下から見ると素晴らしい〜
     実際に見るともっともっと素晴らしいのだが・・・
イメージ 2

     数年前の写真
          本当ならこんなオブジェが見られるはずだったのだが残念 
イメージ 11

イメージ 12

     一枚岩の上を歩く
     ここも何時もの寒さなら凍結するはずなのだが
     この所の暖かさでご覧の通り氷のかけらもない・・・ガックリ
     氷の芸術を見たくてこの時期を選んだのだが
イメージ 3


     一枚岩の上部をトラバース
     一番の難所も凍っていないのでスイスイ
     会で用意した荒縄も出番なし
     良かったんだか悪かったんだか、でも安全に渡ることが出来てホッとしたのも本音
イメージ 4

            
            写真に納まりきれない大岩
イメージ 10

     天狗の踊り場に出る     
     林道に出て左折、すぐに右折していよいよ燕山への急登
イメージ 5


     燕山山頂 10:30〜35


     燕山を下って加波山神社に到着
     ここから階段を上って旗立石を目指します
イメージ 6


            加波山本宮前にて全員集合
            東京を五時に出てきたと言うご夫婦に撮っていただく

イメージ 14

    
     少し下って
     旗立石(加波山事件)

     自由民権運動の一つで明治17年に栃木県令三島 通庸の暗殺を計画した栃木、茨城、福島の
     自由党16名が加波山を拠点に蜂起したが間もなく鎮圧され7名が処刑された事件
     その時ここに「自由の魁」の旗を掲げたと言われている 
 
イメージ 13



     少し戻って林道に下ります
     何をしてるかと思いきや
     枯草を編んで・・・その後の話しの内容は・・・ご想像で(笑)
     とてもここには書けません

イメージ 7


     天気予報では晴れマークだったが一日中曇り
     途中の広場で寒さに震えながらのランチ     
     
     お腹も一杯になったので戻ります
     林道を左に入り杉林の中を行きに通った天狗の踊り場分岐、一枚岩を目指します
イメージ 8

     素晴らしい一枚岩に乗り
     後は元来た道を車まで戻り今回の山行も無事終わってほっと一息です     
イメージ 9
 
    
    新春ハイキングと今回、そして来月と茨城の山が続きます。
    その合い間に雪山も行きたいね〜と思っているのですが
    

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

酉年に鶏足山を歩く




2017年2月12日(日)
   今年は酉年、そしたらやっぱり鶏足山でしょう。   
   上赤沢Pに車を停め鶏足山〜焼森山を往復してきました。

   お天気も良いので駐車場は満杯かな?と
   しかし時間も早かったので赤沢Pは四台の車が止まっているだけでした。
   焼森山から戻ってくると鶏足山分岐の展望台は人、人、人だらけ
   駐車場に下りてきたら路上にも何台かの車が駐車してあったのでさすが干支の山名の山、
   今年は今まで以上に鶏足山を歩く人が多いんじゃないかな〜   


イメージ 14


     一気に赤沢富士(富士ヶ平山)まで登りここで一休み
イメージ 1
     
     
     先日降った雪が所々残っていて雪山気分 
イメージ 2


     一旦林道に出て鶏足山に向かいます
イメージ 3


     ここから富士山がよく見えます
イメージ 4

イメージ 5


     鶏足山の分岐の展望台にはテーブルが作られてありました
イメージ 6


     ここからも富士山が見えます
イメージ 7

     鶏足山山頂
イメージ 8

     高原山は見えたが日光連山は雲の中
     八が岳、浅間山が見え満足
                                 浅間山
イメージ 9


     焼森山山頂
イメージ 10


     山頂の先のこだま岩まで足を延ばす
     ここでコーヒータイム
イメージ 11


    後は元来た道を戻り山頂の人混みを避け赤沢富士を下った岩の上で早めの昼食を食べ
    地元で開催されている岩間カップの試合の応援にB&Gに向かった 
   
     相手チームは全員頭一つ以上大きい選手ばかり
     立ち向かっていくちっちゃな孫の姿に感動    
 イメージ 12
     
イメージ 13


    寒さに震えながら応援したかいありこの試合に勝ち総合で2位になった
    子供たちのたくましい試合に元気をもらった
    明日から又頑張ろう

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

今日も難台山へ

  2017年2月4日(土)

   雪山にも行けずに難台山ばかり歩いていて気が付いたら二月になっていた〜(汗)
   羽梨山神社で豆まきをしていよいよと思いきや今日も難台山で〜す(◞‸◟)
 
   何時もの歩きじゃつまらないので難台山昔話をしながら歩いてきました。
   あくまでセとナでつくった物語り、時間があったら読んでね〜

   昔、むかしのお話です。
   青年に化けたガマが筑波山から上郷の里に移り住んできました。
   上郷にはそれはそれは美しい娘さんがおりました。

   羽梨山神社の御祭神は、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)で容姿端麗、美女の代表
   という事もありますしね。

   青年は一目で娘さんを好きなり結婚を申し込むのですが・・・
   ある日の事ガマの化身だという事が村の人にばれてしまいました。
   しかし娘さんはどんな姿でもいい、一緒になりたいと両親にお願いするのでした。
   当然猛烈な反対にあいます。
   二人は手に手を取って難台山に逃げて行きました。
   山頂までもう一歩という所で追ってきた人々につかまってしまいました。
   二人は引き裂かれ娘さんは家に連れ戻されてしまいました。
   残された青年はガマの姿に戻り大きな岩の上で来る日も来る日も涙に明け暮れました。
   その岩がある日青年の涙で真っ二つに割れてしまいました。

イメージ 1

   さて家に戻された娘さんは青年を諦めきれずに再び難台山に向かったのでした。 
   岩の上で待っていたのはガマの姿の青年でした。
   二人は結ばれました。
   しかし戻る途中、二人は力尽きて倒れてしまうのでした
   するともう一つの割れた岩が一瞬にしてくっついたのでした

イメージ 2
 
   驚いた村人たちはそこに祠を祭り難台山に登るたびに手を合わせるのでした

イメージ 3

   それから上郷地区は災害もなくみんな楽しく暮らし今に至っているとの事です。   

   なんてね 
   
   う〜んどこかで聞いた事ある話だって


  

   お天気抜群なので話ばかりしていないで景色も見ながら登ります

     伐採地から水戸方面
    
 イメージ 4

     気持ちの良い登山道
     つつじの頃は最高よ〜遊びにおいでね〜

イメージ 5


    急坂を上って一息ついた所から筑波山
イメージ 6


    天狗の奥庭から加波山                燕山
イメージ 8

     アップで                                      日光男体山
イメージ 7
 
     屏風岩上展望所から                                  筑波山
イメージ 9

     屏風岩上展望所から日光連山、アップで
イメージ 10


     マンサクの蕾も膨らんで春はもうすぐ
イメージ 13

    ヤブツバキ
    霜にやられて何時もの美しさに欠けるけどそれなりに綺麗
イメージ 14


    勝手につけたナの木
    双子の孫の高校合格を祈願します
イメージ 12

     
    難台山山頂より筑波山
イメージ 11


   おまけ
    戻って梅畑のかたずけをする
    小梅も咲きだしていた
イメージ 15


     陽だまりハイクにはもってこいの難台山
     青空に誘われて今日の難台山は登山者にランに大賑わいだった
     さすがに山頂はじっとしていると寒かったが陽のある所は昼寝でもしたくなるようなポカポカ陽気
     梅畑の梅も咲きだしフキノトウも出はじめ春の息吹を感じさせるような今日この頃
     せっかく履いたスタッドレスタイヤも使わずじまいで終わってしまうかな〜
     
         雪山が呼んでるって
         行きたいよ〜   
    
     
    

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

   2017年1月14日(土)

     第9回どんと焼きが笠間市上郷地区で行われました。
 
     ナは初めて裏方で参加ししました。
     ナの地区はかまど当番(餅をつくのにもち米を蒸かす役目)

     「火は消すんじゃなくて燃やすんだからね」と憎まれ口のセ
     分かってますよ〜とは言ったもののまったくその通り
     燃やし続けるのは得意じゃありません
     だけどむかつくよね〜

     で今回は諸先輩方に火おこしの手ほどきをして頂き
     何とか無事に火を消さずにもち米を蒸かし終わることが出来ました。

     美味しい雑煮にお汁粉は大好評でした
     最後に釜の炭をとる仕事がこれまた大変、ゴム手袋をしても袖が真っ黒
     その時出来たあかぎれがいまだに痛い
     皆さんのご苦労が身に染みてわかった一日でした。

   

イメージ 3

          かまどでもち米を蒸かします
イメージ 19

     蓋の取っ手が芸術的
イメージ 1


     もち米が蒸かしあがったら餅をつきます
     黄色い声援が飛ぶと頑張っちゃいま〜すっていう事なのでみんなで声援を送ります
イメージ 2

     320本の篠に丸めた餅をつけて後は焼くのを待つばかり
イメージ 4


     蕎麦打ち名人が揃って蕎麦を打ってます
     プロ並みの腕前、打ちたての蕎麦の美味しかった事
イメージ 21


     こちらの班では雑煮の汁をつくってます
イメージ 20


     薪割も板についていますね
イメージ 22

     セとナの娘に孫達四人も雑煮にお汁粉にお蕎麦と大満足
     二人の孫はサッカーの試合で参加出来ませんでした

イメージ 5

     午後から和太鼓の演技をする保育園の年長さん、たくさん食べて頑張ってね
イメージ 6

     我が家の五人の孫たちも和太鼓の練習に励んだっけな〜
     去年の今頃、和太鼓の練習に励んでいた五番目の孫も懐かしそうに見入ってました
     六番目の孫の和太鼓の姿を見られるのはまだずーと先になるね     
イメージ 7


               笠間市長さんのご挨拶
イメージ 8


               国会議員の額賀福四郎さんのご挨拶 
イメージ 18


               講和を終わった後の国会議員の上月良祐さん(中央)と一緒に
イメージ 9

     PM3:00
     どんと焼きの会場に向かいます
イメージ 10

                  愛宕山
イメージ 11

                           難台山
イメージ 17

     点火しました
イメージ 12

     熱くて近寄れません
イメージ 13

イメージ 14


     そろそろ餅を焼きましょ
イメージ 15


     
     ほっぺもふっくり
     お餅もふっくり
     自分で焼いたお餅は美味しいね〜
     どんと焼きの餅を食べると一年間風邪を引かないと言う事なので
     これで今年も風邪を引かないで元気に一年間が過ごせるかな
イメージ 16


     朝方の強風にちょっと慌てたり、昼頃にはチラホラ雪が舞ったりと・・・
     でもどんと焼きの頃には穏やかな天気になり何時もの年より長い時間
     天に向かって燃えている様は圧巻でした。

     上郷のブランド米のおにぎりは全国でノロウイルスが流行っているとの事で
     今回は振舞うことが出来ませんでした
     楽しみにしてたのに〜と残念がっている人もいました
     来年のお楽しみにね〜

     どんと焼きを開催するには地元の役員さんをはじめ色んな人の協力があっての事
     来年も沢山の人に楽しんでもらえるようにと願いながら家に戻りました

        かまど当番はバッチリだからね〜
        

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

2017年1月7日(土)

   色々あってやっと山を歩く事が出来ました。
   毎年恒例の新春ハイクをみんなと一緒に歩けた事に感謝です。

   岩間発7時38分の下りに乗って一つ先の友部駅で降ります
   ここで水戸線に乗り換え福原駅で降り吾国山を目指します


     久しぶりに電車に乗るのでワクワク     
イメージ 1


     友部駅で水戸線に乗り換え福原駅に到着
     ラジオ体操第一で準備運動をしてから出発
イメージ 2

     分かりずらい所に看板が設置してあり前よりは良くなったかな
     
イメージ 3

イメージ 4

     一旦車道に出る
     休憩してカタクリ群生地を目指します
イメージ 5

     カタクリ群生地を過ぎ吾国山を目指します
     吾国山からは微かに富士山が見えたよ
     
イメージ 6

     難台山山頂 
     水戸から参加の水戸ちゃんこと軽部さんも一緒に         
     ナのカメラの電池切れで事務局の茅さんのカメラで全員集合
     茅さんありがとう
イメージ 7


     最高の山行日和に気持ち良い汗をかき山頂でのランチは格別美味しかった
     餅太りを解消できたかと喜んだのもつかの間
     凄いご馳走の誘惑に負けてしまうのでした

     夕方から何時ものラーメン屋さんで新年会
     セとナは退院したばかりの一人暮らしのいとこの所に夕ご飯を届けるために泣く泣く欠席
     次の機会に又ね〜
   
     皆さんのブログにも遊びに行けずに本当に忙しい年末年始でした
     まだ色々大変ですが少しずつ遊びに行きますね〜
     待ってて下さいね〜

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事