ぴえ〜るの ベランダカメハウス劇場♪

ギリシャ・ヒガシヘルマンリクガメを、葛飾区で飼育中♪ 庭で元気に育てたい!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

この時期、特にネタもないのだけど、備忘録としてたまには何か書きましょう。
何もないということは、悪いことではなく、ありがたいことだと思うけど、
記しておくことはいいことだと思うし。

イメージ 1
カメキチさん
体重を測ったら1300gあった。最古参で10年を超えた。
ほとんど成長は止まっているけど、気持ち重くなっている。
エサ食いも良好で健康そのものだと思う。
早く動く庭石になってほしい。世話も楽だし(笑) でも、まだ寒いやね。。。

イメージ 2

マツコさん 1800gちょい。さすがにこれ以上大きくなられると困るのだけど
大きくはなっていなかった。不動の1800g。こいつもエサ食い良好。
加温のメスの最大の敵は、冬場の産卵だ。産卵床を用意してもなかなか
簡単に産んでくれないこともあるだろうし、用意するのが大変だ。
庭にあるものを部屋に持ち込むのは一人では不可能(重すぎて腰が死ぬ)。
そもそも冷え切った土に産むとは思えないので、室温で一日は寝かさないとダメだろう。
我が家にはネコがいる。きっと掘り散らかして、部屋を土だらけにし、挙句の果てに
ウンコまでされそうである。なので、産まないでくれるとすごく助かる。
今年は助かった。。。産むなら4月のどっかで庭に出すので、その時産んでくれ。
狭いケージで申し訳ないけど、もうすぐ外に出て好き勝手暴れられるようになる。
でも、まだ寒いやね。。。

イメージ 3

ぴーさん 800g以上あった。よかった。。。
こいつはいきなり泡を吹く奇病があり(獣医師でも原因不明だそうな。感染症ではない)
一時期はいつ死んでもおかしくないくらい衰弱していた。エサを食べずに干物みたいに
軽くなって「いよいよダメか」と思っていたら、根性で蘇生してくれた。
オスで800gなら結構大きい部類ではないかな。こいつにしては申し分のない体重だ。

時々、泡を吹いてくしゅんくしゅん言ってるので、いろいろ試したところ、温度は高めが
良さそうと言うことが分かったので、温度を25度くらいに上げた。スポットの点灯時間も
1時間他のカメより長くしている。もっと上げて長くしてもいい気がするけど、
あまり虚弱になられると庭に出した時が心配なので、これくらいが良いと判断している。
もちろん、何が正解かなど誰にもわからないのだけど。。。
もう少しの辛抱でケージから出れる。でも、まだ寒いやね。。。

ぷー 冷蔵庫
ぺー 冷蔵庫
2匹ともなんとなく大丈夫そうだ。これは本当にわからないけど、例年通りの反応だ。
また春になったら解凍して、庭で存分に遊ばせてやろう。こやつらには今年も
ガンガン卵を産んでもらわないといけないので、無事に乗り切ってほしい。

とまぁ、ホントに特に変わったことは何もない。
でも、これがホントにありがたいことなのだと思っている。

この記事に

開く コメント(0)

いつのまにやら10年に

はじめてのリクガメであるカメキチさん(♀)が来て、もう10年以上になった。
ここ数年はまったくトラブルがない優良児だ。
あまり細かなことを気にしない飼育方法なので(湿度はたまに気にしてるけど)
無事に育っているのはひとえにカメの生命力のおかげ。
イメージ 1

春から秋は庭にいるし、冬場の加温時もシェルターが大好きなので、
エサを食べているときくらいしか見ることがなく、
鑑賞用なのか何なのかわからないカメだけど、いてくれるだけで上等である。
これくらいの距離感が、30年飼うならちょうどいいと思う。
うまく飼えているのかどうかは知らないけど、見た感じはそこそこ快適に
過ごしてくれている気がする。ずっと長生きしてほしい。エサ代はつらいけど(笑)
イメージ 2

この記事に

開く コメント(2)

★ぶりくら市2016御礼

今年も「桑の木本舗」内で、「大和屋」の屋号で
ヒガシヘルマンを販売させていただきました♪
イメージ 1

リクガメにしては、けっこうな数を持っていったのですが、
想像をはるかに上回る多くの方に購入していただけました。
本当にありがたい限りです。
知り合いの業者さんも「買い取りますよ」と助けてくれるのですが、
その場で売れればベストです。カメへの負担もすくないでしょうし、
連絡をいただければ、こちらで飼育相談的なこともできますので。
イメージ 2

会自体も大きなトラブルもなく終了したようですし、
私も酔いつぶれることなく(やや二日酔い)東京に戻れました。
ということで、神戸はホントに素晴らしい街です(笑)
今回お買い上げいただいた方は「神様」です。
買ってくれなかった人は、神様どころか
ただのパッセンジャーですので、次回はぜひ神様に昇格して
くださいますよう重ねてお願い申し上げます♪(笑)

最後はブリーダーさんにまとめ売りしてしまったため、
「あれ?もうカメいないんですか?」ということで、
神様になり損ねてしまった方、すみませんでした。。。。
パッセンジャーではなく、お客様として認識させていただきます。
また、桑の木カルシウム、桑ふりかけをお求め下さった方も
それはそれは大切なお客様です。

ということで、
神様、お客様、運営各位様、その他知人の皆様
どうもありがとうございました♪

この記事に

開く コメント(0)

いよいよ「ぶりくら市」が迫ってきた。天気のいい日は、短時間ではあるが、なるべく日光浴をさせている。昨年の個体より成長が早く、やや甲羅がやわらかい気がするので、エサはヤブガラシをメインにして、日光浴を強化しているのだ。
イメージ 1
このチビガメたちとも、あと10日ほどでお別れである。このまま来年までストックすると、確実に情が移ってしまい、ストックでなく普通の飼育になってしまうということで、売れない場合は全頭ショップに買い上げてもらうことにした。
 
イメージ 3
もっと広い庭と、潤沢な資金があれば、何匹かはおいておきたいのだけど、それは無理というものだ。達者で暮らしてほしい。
 
イメージ 2
今回の「ぶりくら市」では、数量限定ではあるが「目玉価格」での販売も考えている。他所がどう出るか次第なのだけど、横浜ではヒドい目に遭ったので、二度目は許さないつもり。
毎回気を使ってある程度価格を合わせるのだけど、必ずどこかが抜け駆けをする。自由競争だから、文字通り自由で文句を言う立場にはないのだけど、心情的には私の気遣いを返せと言いたい。。。
仕方がないので、こちらも価格をミートする。うちは後発だし、しかも売っているのが私のようなブランド力0のボンクラゆえ、価格で負けたら試合終了である。が、慌ててミートしても時すでに遅し、というパターンが多いので困るのだ。
 
イメージ 4
桑の木カルシウムと桑ふりかけのサンプル、さらに「やまとやのかめせんべい」をオマケでつけますんで、桑の木本舗内、ヒガシヘルマン専科「大和屋」で買ってください♪(笑)


この記事に

開く コメント(0)

★とんぶり市2016

昨日は、国産CB(爬虫類・両生類、エチゾチックアニマルの生体)やグッズの展示即売会である
「とんぶり市」が行われた。今年も桑の木本舗&大和屋で出展。
イメージ 1

ふだんかけない怪しいメガネをかけ、怪しいカタコト日本語で「ドゾ、イカガデスカー」と販売。
桑の木本舗のサプリメントは例年並みでまずまずの戦果。肝心の生体販売はイマイチ。
実に悔しいが仕方がない。やはりカタコトの日本語が敗因だったかぁ(笑)
日本語覚えなおして、出直しだな♪
イメージ 2

 写真は戦利品。カメ界のトップブランド「Melon Melon」のランチョンマット。
実にすばらしい出来栄えで、より一層お酒が進みそう。これが買えただけでも、出展した甲斐がありました。
「お買い上げくださったみなさま」ありがとうございました!!!!!

次回は神戸です。頑張って仕事して、美味しい神戸牛を食ベラレルヨー、ガンバリマース!

この記事に

開く コメント(8)

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事