いずものこころ

みんなで古代出雲を探検しましょう!

古代出雲の謎

すべて表示

『スサノヲの御子神の謎』

スサノヲの御子神が『出雲国風土記』に出てくるのを網羅し、その地名と、そこで祭神とされている神社をあげると、次のようになります。 青幡佐久佐日古命(アオハタサクサヒコ): 意宇郡大草郷(八重垣神社)、大原郡高朝山 。 都留支日子命(ツルギヒコ): 島根郡山口郷 (布自伎美神社)。 国忍別命(クニオシワケ):島根郡方結郷 (方結神社)。 磐坂日子命(イワサカヒコ): 秋鹿郡恵曇郷(恵曇神社)。 衝桙等乎而留比古命(ツキホコトオルヒコ): 秋鹿郡多太郷 (多太神社)。 八野若日女命(ヤノノワカヒメ): 出雲郡八野郷(八野神社)。 和加須世理比売命(ワカスセリヒメ):神門郡滑狭郷(那売佐神社)。 ところで、スサノヲは京都の八坂神社の主祭神ともされています。八坂神社には、素戔嗚尊(スサノヲノミコト)、櫛稲田すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

2003/11/11講談社学術文庫からの出版です。 ¥1,155(税込) 出版社/著者からの内容紹介 ・・・『古代、日本列島と朝鮮半島は対等な立場で交易を営んでいた。その交易によって繁栄していた日本海側から大和へと権力が移動し ...すべて表示すべて表示

1986年09月 東京大学出版会からの出版です。 レビューには、 『〈古代日本海文化圏〉の発見が、新しい〈日本古代史像〉を創出する。いま、古代史のイメージが変わる!日本海の特色として、海外関係、外国文化の流入が予想以上に ...すべて表示すべて表示

学生社から、2011年8月の出版です。¥2,310(税込) レビューには、 ・・・『邪馬台国の場所と纒向遺跡、纒向遺跡の最新発掘調査の成果、土中から姿を現わした大型建物群の復元、邪馬台国東遷説など、纒向遺跡・邪馬台国・卑 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事