下町親父の麺道・酒道・お気に入り

旨いラーメンよりも嵌るラーメン好き。夜はラーメンではなくアルコールが酒食(主食)です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

2016年11月30日に惜しまれつつも閉店してしまった、ラーメン二郎大宮店。

それから僅か2カ月後の2017年2月1日、東口にあった二郎とは反対口に早くも開業した二郎系、

ラーメンどでん大宮西口店。北浦和・新都心に続く、どでん3号店目である。


遠出をしたい気分から、開業間もないどでん3号店目当てに大宮に向かってしまった平日昼時。

駅から徒歩10分弱、迷いながらも到着した店頭には、5名のお客さんが並んでいた。

店内にも席が空くのを待っているお客さんが待機している。
イメージ 2

最後尾に並ぶ前にまずは券売機、食券を購入。麺類はラーメンと油そばの2択。

お初という事もあり券売機ボタン左上のラーメンをチョイス。
イメージ 3

入店し、トッピング頭文字「NYA」と書かれた食券を渡すとすぐに聞かれたトッピング。

ラーメンのトッピングはにんにく・やさい・あぶら、油そばのトッピングはニンニク・あぶら・生卵

卓上にはラーメンたれ・一味唐辛子・こしょう・ラー油・レモン水、箸・お冷や・レンゲ。

爪楊枝は券売機の上に置いてあった。
イメージ 4

ラーメン少 280g

トッピングはやさい・ニンニク少し・あぶら別皿
イメージ 5

イメージ 6

二郎標準に比べ小さい丼に盛られた、キャベツ比率が2程の程良い茹で加減のやさい、ライトスタイル。

やさいの側面には、伝えた通りに少なめなにんにく、香りはさほど強くない。
イメージ 7

乳化傾向で、豚の旨味が凝縮されつつもカエシが立っている汁。

極上という言葉が似合いすぎる。
イメージ 8

豚は1枚、旨さに柔らかさを兼ね備えたなかなかの仕上がりである。

丼が二郎標準に比べ小さめだから大きく見えるが、サクッと食べれてしまう。

テボザルにて茹で上げた、平たく縮れた極太麺。

程良い小麦の密度、茹で前で280gのボリューム的には食べやすい。
イメージ 9

透きとおった液体に固形が加わった別皿あぶら。
イメージ 10

別皿のアブラの中にテボザルスタイルにて茹で上げた麺を投入し、つけ麺風に食べると、

アブラの甘みと旨みが優しく包み込んだ麺が軽く満腹中枢を刺激、幸せを感じさせてくれる。


西台二郎の小と同じ麺量280g標記だが、西台二郎より少なく感じてしまったこちらのラーメン少、

350gの麺量でもサクッと食べれてしまいそうだ。
イメージ 11

イメージ 12

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事