昇地三郎・105歳・習慣健康法・Dr.Saburo・健康長寿

地(しょうち)・健康カレンダー・長生き・棒体操・一口30回噛む・Centenarian・百寿者・手作りおもちゃ親子愛情教室

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

私は、コンサートのスタッフ・小林桜子さまのお勧めで、福岡から飛行機、汽車を乗り継いで館山に出かけました。
会場では、前千葉県知事・堂本暁子さん、前銚子市長・岡野俊昭さん、館山公演実行委員長・里見香華さんとも親しくお話をする機会がありました。

このコンサートは、障害者が健常者と一緒にオーケストラを聴くことを目的に小林健一郎さんの呼びかけで実現したものです。
演奏家もスタッフも全てボランティアだと伺いました。
スペインやハンガリーからこの日のために駆けつけた方もいました。

 コバケン(小林研一郎)とその仲間たちオーケストラ公演は、2005年長野県白馬村スペシャルオリンピック会場での公演が初回、今回の館山公演は8回目です。
  今回も障害者の方々が多数招待されていました。

 また、地元の館山黒潮太鼓や中学高校の吹奏楽団のメンバーも参加してクラシックや歌劇などの名曲が演奏され、合間にはコバケンさんや奏者・歌手の方々のお話もあり、とてもこころ温まる楽しい雰囲気の公演でした。

「しいのみの歌」は、60歳代の人であれば大変懐かしい歌です。全国の小学生が学校から引率されて見に行った映画「しいのみ学園」の主題歌だからです。

この歌をコンサートの中ほどで、コバケンさんのピアノ伴奏・池田理代子さん(ソプラノ)・村田孝高さん(バリトン)のお二人に歌っていただきました。

今年は、しいのみ学園を創立して55周年目の佳節にあたります。
これほど嬉しい贈り物はありませんでした。

私はステージに駆け上がり、コバケンさん、池田さん、村田さん、そして会場の皆様に御礼を申し上げたのでした。


公演の後に開かれた懇親会では、乾杯の前に真っ先にご挨拶をさせていただきました。
これからもこのコンサートには、努めて参加させていただきたいと願っています。

 私は翌日3日名古屋での講演を控えていたため、懇親会を中座して、館山駅から普通列車を乗り継ぎ、3時間半掛かって東京のホテルへ移動したのでした。

この記事に

閉じる コメント(2)

アバター

せんせいこんばんは〜

先生素敵〜
とってもお洒落なお召物ですねぇ
前千葉知事ともお揃いでは有りませんか〜

そして普通列車を乗り継いで3時間半とは…
驚くこと然りです。

何時でも素敵な先生にポチン☆

2009/8/5(水) 午後 9:41 幼児小学生絵画教室 三原色の会 返信する

顔アイコン

103歳で美人に囲まれた元気なお姿!
百歳以上楽しくをモットーにする百趣味シニアのお手本です。ご活躍期待しています。

2009/8/10(月) 午前 9:52 [ EGACITE ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事