森へおいでよ!

お立ち寄り頂き、ありがとうございます<(__)>

全体表示

[ リスト ]

木崎湖とフクジュソウ

昨日に続いて今朝もとってもお天気が良かったので、そろそろ咲いているかな?と思って木崎湖まで行ってきました。
案の定、スプリングエフェメラルの先陣を切ってフクジュソウが姿を現してくれました♡

このフクジュソウやカタクリ、イチリンソウ属、 セツブンソウ、ムラサキケマンなど、 早春、他の花に先がけて花を咲かせ、逆にまわりの木々や草がすっかり緑になる季節になると、地上から全く姿を消してしまう植物のことを、ヨーロッパでは「スプリング・エフェメラル(春のはかない命)」とか「エフェメラル・プラント(短命植物)」と呼んでいます。

福寿草はキンセンカ科の多年草で、落葉樹林の下などに自生します。
学名Adonis amurensis。
Adonisはフクジュソウ属。欧州産の福寿草は赤花で、ギリシャ神話に登場する、イノシシの牙に突かれて死んだ青年アドニスの、傷から出た血のように赤い花ということだそうです。
Amurensisはアムール川流域のという意味です。

江戸時代の1645年頃に出された俳人・松江重頼の『毛吹草』にフクジュソウの句があることから、江戸時代初期には日本に入って来ていたのではないかと考えられます。

福寿草は2月の旧正月の頃咲きだすことから、正月の飾りとされ、めでたい意味の「福寿」を和名としたとか、和名の由来には諸説あり、「元日草」や「朔日草(ついたちそう)」など、おめでたい別名もあります。

根茎を乾燥したものを生薬名で、福寿草根と呼び、強心、利尿の薬効があるそうですが、全草有毒で、特に根と根茎に有毒成分が多いそうですのでご用心!

花言葉は「悲しき思い出」「永久の幸福」「回想」「思い出」「幸福を招く」「祝福」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事